Category Archives: 女主人公

女主人公エロRPG「エクリプスの魔女」製品版攻略2(Aルート)

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]
2023年05月31日発売の新作で、見習い魔女のリズが村を出て旅をしていくという話です。前記事では、王都パトリオルトの問題を色々解決した後、魔女狩りが始まったところまで進みました。

DLSite販売ページ 4,400円、400ポイント還元

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(王都パトリオルト到着~魔女狩り開始)
セレーヌ村という小さな村に住む魔女見習いリズは
1人前の魔女になるために、母親であり魔女の師匠でもあるアレッタから
毎日魔法の手ほどきを受けている。

リズはアレッタから課せられた魔女見習い卒業試験をクリアし、
1人前の魔女になると『魔女の理』に従い、村を出て世界を旅することになる。

王都から逃げ、港町ヴィライドへ



まずは魔女狩りから逃れるAルートから見ていきます。国による魔女狩りにより、リズはパトリオルトの街にはもういられない状況です。抜け道から脱出し、次に着いたのは港町ヴィライドでした。国境を越えた先ということで、ひとまず安全そうです。



話を聞いて回ると、サハギンのせいで船が出せず、皆困っていました(道具屋は右上にありますが、この段階だと買い物はまだできません)。



左下にある漁師組合に行くと話が進み、海の洞窟でサハギンを倒してくることになりました。町の出口は右上です。


海の洞窟にトラップ的な物はなく、サハギンは雷が弱点でした。なおこのボスは、倒さないと話が進みません。


撃破後、場面変わってパトリオルトの城で、ユーグという男が新たな国王になっていました。ユーグと占い師のエロシーンがここで入りますが、レイプ感は特になく、合意でのHのようです。事後、ここで初めて、タイトルになっています”エクリプスの魔女”というワードが出てきました。

続きを読む →

女主人公エロRPG「エクリプスの魔女」製品版攻略1(王都パトリオルト到着~魔女狩り開始)

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]
2023年05月31日発売の新作で、見習い魔女のリズが村を出て旅をしていくという話です。やり応えあって面白そうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 4,400円、400ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「エクリプスの魔女」(ONEONE1)体験版感想
セレーヌ村という小さな村に住む魔女見習いリズは
1人前の魔女になるために、母親であり魔女の師匠でもあるアレッタから
毎日魔法の手ほどきを受けている。

リズはアレッタから課せられた魔女見習い卒業試験をクリアし、
1人前の魔女になると『魔女の理』に従い、村を出て世界を旅することになる。

王都パトリオルトで情報集め

セーブデータは体験版の物が引き継ぎ可能です。今回はLV12・処女のセーブデータを引き継いでプレイしました。


ラビアの町をあとにした主人公が次に向かったのは王都パトリオルトで、先にラビアの町を出たフェイスが向かったのはこの街です。さっそくギルドに向かうと、主人公の村に昔住んでいたエリーが受付嬢をやっていて、再会を喜び合います。




翌日、街で話を聞いて回ると、ディックという男の悪評があちこちで挙がりました。どうやらこの男、相当恨みを買っているようです。



道具屋の品揃えは、ハイポーションやハイエーテル、ミックスポーション(HP・MPを50%回復)が並んでいました。アクセサリは、新たにブレスレットが増えています。価格は効果1つが1000G、2つが2000G、3つが3000G、性能は効果1つが+10、2つが+10、3つが各7%でした。LV12の段階だと、7%より+10のほうが効果が大きいです(7%は+5でした)。今回は魔力・防御のブレスレットを3つ購入しましたが、魔法を使ってくる敵が結構いるので、魔力・耐性もいいかと思います。

なお店主いわく、アンデッドの予防薬を買っておけとのことでしたが、それなりにレベルを上げてある場合、苦戦するような戦いは特になく、買わなくても問題はありませんでした。



ギルドを見て回ると、街に来た目当ての一つであるフェイスとあっさり再会できました。鍛錬に付き合うを選ぶと、さっそく戦闘になります。勝利すると、7300もの経験値が得られたほか(最初の1回勝つのは結構キツく、ハイポーションを使ってしまってOK)、フェイスとは繰り返し戦うことができました。今回はここでしばらく戦いを繰り返し、キリのいいLV20まで上げておきました(18を超えたあたりからなかなか上がらなくなりました)。なおメインストーリーが進むとフェイスはここからいなくなってしまい、いつまでも戦えるわけではありません。

ここで覚えた主な魔法は、まずはLV15でハイヒールを覚えました。ヒールは回復量が少なくてボス戦だと使い物にならなかったですが、ハイヒールは十分な量回復でき、以降はポーション類を使う場面はなかったです。LV20でブレイジングとグレイシアを取得し、どちらも強力な全体攻撃魔法でした。

アスール鉱山で素材探し


ギルドで頼まれたのは、モーリの塔のアンデッド退治と封印です。主人公は封印魔法を使えず、ロクサーヌという錬金術師の手を借りることになりました。ロクサーヌの家は、街の左上、前に金髪女が立っている建物です。


ロクサーヌは魔女が苦手なようで、主人公を警戒するものの、エリーの名前を出すと態度が変わって協力的になりました。魔導具を作ってくれることになったものの、そのためにはアスール鉱山で採れる素材が必要でした。必要な素材は、アクアマリン、キャッツアイ、ライオライトです。


街の出口は右下です。さっそくアスール鉱山に向かうと、重すぎて動きが取れず、服を脱ぐことになりました。


探索していくと、宝箱はすぐに見つかったものの、中身は”アクアマイン”だったり”アクママリン”だったりと、微妙に名前が違っていました(各フロア、1つずつ正解が配置されている)。鉱石は各フロア1つしか持っていけず、宝箱2つめ以降は、今持っている物と入れ替えるか選択することになりました。1フロア目の場合、正解の”アクアマリン”は、フロア真ん中あたりにありました。

育成的には、このあたりになると消費MP増加とレベルアップ頻度の低下により、ここまで余裕だったMPが少し枯渇し始めました。ここで装備の1つを、魔女の指輪(ゲーム序盤、ハイオークを倒した報酬として入手)に変更し、このあとゲームラストまでこの指輪がとても重宝しました(MP満タン状態で装備すれば、ほとんどの場合回復量が消費量を上回り、MPが全然減らない)。


3フロア目、右上の宝箱から、パッシブスキル”物理攻撃の応用知識の書”を入手です。効果は(物理)攻撃力20%アップです。

ここは他と違って、集め終わっても勝手に街に戻ることはありません。帰還はテレポートストーンを使うと便利です。このアイテムを使う場面はここ以外ほぼないので、遠慮なく使ってしまってOKです。ロクサーヌに確認してもらうと、無事に合っていて、魔導具”レクイエム”を入手です。


たいていは正解を持ち帰って話を進めるかと思いますが、非処女の状態でわざと間違ったものを持ち帰る(1つ間違えればOK)とエロ展開がありました(ロクサーヌと共に触手に犯される)。なお勝手に話は進まず、改めて鉱山に行って正しい物を持ち帰る必要があります。


さくっと非処女にしたい場合、夜のスラムにいる商人からディルドを買い、宿屋でのオナニーでディルドを使って処女を散らすという方法があります。

モーリの塔でアンデッド退治



レクイエムが手に入ったら、次はモーリの塔へと向かいます。ここは特に仕掛けなどはなく、すんなりとボスのところに到着できました。


リッチを倒して帰還すると、ギルドマスターが昔話をしてくれました。好きな魔女がいたものの、その魔女は他の男と一緒になってしまい、一見仲のいい夫婦だったものの、裏では彼女は虐待されていました。調査に向かったものの、既に彼女は死んでしまっていて、ギルドマスターは口を濁しましたが、その彼女が先ほどのリッチで間違いなさそうです(その男が誰なのか、名前は出ずじまいでした)。

フェイスがディックと結婚することに


場面変わってフェイスの家で、親が婚約相手を勝手に決めてしまっていて、一度会ってくれと頼んできます。フェイスは気乗りしないらしく、きっぱり固辞するものの、父はわかってくれず。結局伯爵家の意向には逆らえず(子爵より伯爵のほうが立場が強い)、会うことになってしまい、結局フェイスは結婚することになってしまいます(ここまで話が進むと、フェイスはもうギルドにはいません)。


フェイスの婚約者はディックでした(街のあちこちで悪い噂を聞いた男)。ディックの悪行やフェイスの家の事情がよくわかっている冒険者の皆は、怒りと苛立ちを隠さないものの、どうすることもできず。


場面変わってスラムで、ディックに恨みを持つ男が襲いかかるものの、ディックは余裕たっぷりです。結局男はディックに全く歯が立たず。


その後占い師が登場し、ディックに魔族が取り憑いていることに気付き、主人公に情報をくれました。取り憑いている魔族を祓うアイテムが、サブラムという獣人の街にあるそうです。

フェイスのサブイベント



さっそくサブラムに向かいたいところでしたが、イベント記録を見ると、”フェイスを追いかけて”というサブイベントが発生していたので、まずはそちらをやることにしました。アスール鉱山に向かったフェイスに、ライオライトではなくアクアマリンを採ってきてほしいという伝言を伝えに行くことになります。



フェイスは1フロア目の左の方にいました。用件を伝えた後、お互い裸同士ということで微妙な空気になります。結局レズ的な展開にはならず終わってしまいましたが、このイベントをやることでサイドストーリー”火照る体を一人慰める夜”が開放されまして、そちらでエロシーンを見ることができました(ただ興奮した要因はあくまでも裸になったことで、オナニー中にリズの名前が出てくることはありませんでした)。

砂の遺跡で看破のロザリオを入手


メインストーリーに話を戻しまして、サブラムの町へと向かいます。この町は、20年前に魔女アレッタ(リズの母)に助けてもらっていました。


上の方にある町長の家へと向かい、魔族を祓うための”看破のロザリオ”を借りたいと申し出ると、町長は最初こそ微妙な反応だったものの、リズがアレッタの娘だとわかると協力的になります。”看破のロザリオ”はここにはなく、”砂の遺跡”に封印されているということです。


砂の遺跡は、レバーを操作しながら進むことになりました。レバーは各フロア1つのみなので、特に難しいことはありません。



2フロア目にある”活力の魔力操作の書”は、毎ターンHP自動回復のパッシブスキルです。ゲームラストまで使える、最終級の装備でした。


ここはボス戦はなく、目的の”看破のロザリオ”をすんなりと入手です。これでディックと契約した魔族を祓えるようになりました。

結婚を阻止するべく、屋敷に潜入


街に戻ると、フェイスの結婚が間近だということで、もう猶予はありません。ディックはレイランド家の屋敷にいるはずということで、リズはさっそく向かうことにします。


一方フェイスと顔を合わせたディックは、フェイスを見下し横柄な態度です。こんな男と結婚しないといけないのかとうんざりするフェイスなものの、下手に逆らえば家はなくなり、両親や使用人が皆処刑されてしまうかもしれず、自分が我慢するほかに皆が生き延びる道はないと覚悟を決めます。なお父親は、ディックの本性に気付いておらず、フェイスの将来のためにもなんとかして結婚を決めようと必死でした。


動けるようになったら、街の右下から出て”レイランド家”へと向かいます。


どうやって屋敷に入ったものかリズが思案していると、リズとロクサーヌが情報を持って駆けつけてくれまして、地下通路から忍び込むことになりました。


↑は一見行き止まりですが、下に抜けられます。


4フロア目で、堅牢の魔法壁の書を入手し、効果は防御力と魔術耐性が15%アップです。


ここはボス戦はなく、ザコに負けることでエロ展開(バッドエンド”伯爵家御用達肉便器”)になりました。EVENTに進む前のセーブデータを残しておくと便利です(ルート分岐前のセーブデータとしても使えます)。


屋敷ではフェイスがディックに迫られていて、リズが駆けつけると、ディックの様子が変化し、急に苦しみだしました(看破のロザリオの効果)。


部屋の様子を怪しい老執事を見ていて、この執事の正体は駆けつけた母アレッタによりすぐに明らかになりました。2人は戦いになるものの、逃げられてしまいます。リズたちも、祓った魔族を取り逃がしてしまいました。

デズモンドを倒し、街に戻ると…


逃げた悪魔を探すべく皆で相談していると、ロクサーヌから、ドクトスの森に逃げたのではという情報が出ます。フェイスは街に残って襲撃に備え、リズが向かうことになりました。


ドクトスの森のボスはデズモンドで、どの属性も大体同ダメージでした。勝利後、デズモンドは、”居場所があると思うな”と不気味なことを言い残します。

このデズモンド戦およびこのあとの衛兵との勝ち負けで、本作のルートが大きく分岐し、全く違うストーリー展開になりました(分岐は分かれたっきりで、合流することはありません)。全て勝った場合は港町ヴィライドに逃れるAルート、3戦いずれかで負けると捕まって罪人の町エルガスト送りになるBルートです。


慌てて街に戻ると、物々しい雰囲気になっていて、国による魔女狩りが始まっていました。衛兵との戦闘は2回ありまして、1戦目が終わったあと(ギルドに向かう直前)のセーブを残しておくのが管理しやすそうです。なお衛兵の弱点は雷でした。

続きはこちら
製品版攻略2(Aルート)
製品版攻略3(Bルート)

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]

女主人公エロRPG「エクリプスの魔女」(ONEONE1)体験版感想

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]
2023年05月15日の予告新作で、村で過ごしていた見習い魔女が、村を出て各地を旅していくという作品です(Unity製)。体験版は母に稽古をつけてもらっているところから始まり、ゴブリン退治をしたあと村を出て、最初の町の依頼をあれこれこなした末、スタンピードに対処するところまでをプレイできました(エロシーンは敗北エロが5つのほか、領主相手の奉仕エロや、自室でのオナニーもありました)。本編は2023年05月31日発売予定です。

追記:5/31に発売になりました。
DLSite販売ページ 4,400円、400ポイント還元
セレーヌ村という小さな村に住む魔女見習いリズは
1人前の魔女になるために、母親であり魔女の師匠でもあるアレッタから
毎日魔法の手ほどきを受けている。

リズはアレッタから課せられた魔女見習い卒業試験をクリアし、
1人前の魔女になると『魔女の理』に従い、村を出て世界を旅することになる。

主人公は見習い魔女

まずrarファイルの解凍については、7zipを使ったところうまく解凍できました。自分の環境の場合、普段使っているLhaplusだと何回やっても途中で勝手に終わってしまい、うまく解凍できず。


最初に難易度選択があり、ノーマルモードとイージーモードからの選択です。今回はイージーを選択しました。イージーだと、”勝ったことにする”を選べます。



処女設定が終わるとゲーム開始で、今作の主人公”リズ”は魔女(まだ見習い)でした。サークルさんの過去作は女騎士など男勝りで気の強い前衛職が多かったので、珍しい印象です。師匠である母”アレッタ”に教えてもらっていて、今日も修行に励んでいて、まだまだ母には遠く及ばないようです。



水浴びを終えると、幼なじみのカミラという女の子が話しかけてきました。皆でゴブリン退治に行くとのことです。


会話後、すぐ下にある家に入り、母に話しかけると、いつになく真剣な雰囲気で、見習い卒業試験を受けるよう言われました。まだまだ母にかなわない主人公は、自分なんかが試験を受けていいのかと困惑します。

続きを読む →

女主人公エロRPG「35才魔術師の搾精一人旅」(アンクルおじ)体験版感想

35才魔術師の搾精一人旅
35才魔術師の搾精一人旅 [アンクルおじ]
2023年05月26日の予告新作で、発情の呪いを食らってしまった女魔術師が、呪いを解くべく精液集めに奔走するという話です(RPGツクールMV製)。体験版は野いを食らってしまうところから始まり、医者に見てもらって詳細が判明した後、最初の依頼を終えるところまでをプレイできました(エロシーンは発情を抑えきれずのオナニーや、魔物や街の住人によるセクハラなど)。本編は2023年07月中旬発売予定です。
20年バウンティーハンターをしている魔術師マリアーヌ(35才)。
受けたクエストは必ず完遂する凄腕。
人嫌いでプライドの高い彼女は、全て一人でこなしてきた。
そんな彼女がとある任務中、強力な呪いを受けてしまう。
解呪には、期限内に種族問わず大量の精液を摂取しなくてはならないと告げられる…。

発情の呪いを食らってしまう



主人公の女魔術師は人間嫌いらしく、1人で依頼をこなすのが常です。いつものように敵を追い詰め、とどめを刺そうとするものの、敵はやられる間際に何やら魔法を放ってきました。油断していた主人公はこれを食らってしまいます。


しばらくすると主人公の体に異変が生じ、原因がなんだかわからないまま、なんとか自宅へと戻ります。




翌日、動けるようになったら自宅を出て街のハンターズギルドへと向かいます。主人公は街から少し離れたところに1人で住んでおりまして、ハンターズギルドは街に入ってまっすぐ上に進むとあります。



ギルド員の勧めで医者に診てもらうと、主人公が食らったのはエロと弱体化の呪いで、解くには60日以内に大量の精液を集める必要がありました。これが本作の主目的になります。ただ体験版でプレイできるのは最初の10日のみなので、この精液集めについては気にしなくてOKでした。


エロ化の呪いは強力で、自宅に戻った主人公は我慢できずにオナニーしてしまいます。幸い24時間ずっと発情しっぱなしなわけではなく、発情の呪いが現れるのは夜(PM6~)のみでした。

続きを読む →

本格派ファンタジーRPG「竜と大剣」体験版感想1(オープニング~ソフィア加入)

【30%OFF】竜と大剣
竜と大剣 [スタジオドビー]
2021年12月11日の予告新作で、両親をドラゴンに殺された女が復讐するべくギルドに入って依頼をこなしていくという本格派RPGです(RPGツクールMV製)。体験版はギルドで門前払いされるところから始まり、修行の末にギルドに加入して3人の仲間を集め、様々な依頼をこなした末、飛空挺を空に飛ばすところまでをプレイできました(エロ要素はメインクエストがボス戦の敗北エロなど、サブクエストがフェラやストリップなど)。本編は2022年02月下旬発売予定です。

追記:2023/4/23に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,925円、175ポイント還元(30%OFF価格、4/29まで)
実在しないはずの怪物【ドラゴン】によって両親を殺害されたクレア。倒すべきドラゴンを探すため、ドラゴンを倒す実力を得るために冒険者ギルド・フテラの門を叩く。クレアは冒険の中で同じくドラゴンを追いかける3人の女性と出会う。

ギルドに向かうものの、相手にされず

まず始めに、作者様の攻略サイト「竜と大剣攻略情報サイト」に、クエスト一覧や各クエストの進め方などが出ていまして、そちらを見ながらプレイすると効率的でした。本記事はそちらでわかりにくかった点を中心にクエストを紹介していきます。


吟遊詩人が酒場から追い出されるところから話は始まり、女の子があとを追いかけてきまして、


ドラゴンについての語りが入ったあと(クレア達の冒険譚をこの吟遊詩人が語るという体のようです)、場面が街に変わり、クレアというキャラで操作可能になり、このキャラが本作の主人公です。なお今やるべきこと・クエスト一覧はメニューの2列目左端・クエストリポートで確認できます。


まずは冒険者ギルドへ向かいます。まっすぐ上に進み、門の横にいる衛兵に話しかければ、あとはギルドに自動で移動してくれました。


クレアはドラゴンに強烈な恨みがあり、これが本作の主テーマでした。ドラゴン退治の依頼を出そうとしますものの、ドラゴンなんて空想の生き物だと話をまともに聞いてくれず、クレアはギルドを出て行ってしまいます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女」(しもばしら工房)体験版感想

【10%OFF】エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女
エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女 [しもばしら工房]
2022/4/21の予告新作で、男に騙されて借金を瀬尾事になったシスターがダンジョン探索やバイトをしたりして金を稼いでいくという話です。体験版では最初の10日間をプレイでき、ダンジョン探索(3Fまで)や悪霊退治、酒場でのバイトなどができました。本編は2022年10月中旬発売予定です。

追記:2023/3/26に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,683円、153ポイント還元(10%OFF価格、4/8まで)
主人公エニシアが、借金返済のために頑張る物語です。
その過程で様々な問題を解決したり、えっちな目に遭ったり、えっちな目に遭ったりします。

悪い男に騙され、多額の借金を背負うことに


最初に難易度選択があり、3段階からの選択です。日数と金額は、たとえば聖女モードの場合、30日以内に100万ゴールド返済する必要がありました。簡単なモードを選びたい場合、聖女モードとのんびりモードのどちらがラクか判断に悩むところです。のんびりは日数こそ制限がないものの、返済額が聖女の3倍もあり、稼ぐのはなかなか大変そうです。ただ体験版の場合、どのモードでも借金完済は恐らく不可能なので、どれを選んでも大きな違いはなしでした。


オープニングはスキップ可能です(飛ばすと利子返済の必要がなくなるところまで飛びます)。主人公は零細教会のシスターで、動かせるようになったら右の階段から下り、上の方にある?を調べます。あるはずの土地の証文は見つからず、商人に騙されていつの間にか土地の権利を奪われていたことに気付きます。


そんな感じで主人公は借金を背負ってしまい、規定日数以内に返済する必要に迫られます。

雑貨屋で友人から情報入手



説明が終わるとさっそく自由に動けました。まずは教会を出て街へと向かい、友人がやっている雑貨屋は街の右下です。


主人公のために店を売って金を作ろうとする友人を慌てて止め、酒場で働き手を募集しているという情報を得ます。

続きを読む →

女主人公エロアクションゲーム「TRAGISCH」(紅玉)体験版感想

TRAGISCH
TRAGISCH [紅玉]
2023年03月04日の予告新作で、盗賊に捕まってしまった女の子が、アジトからの脱出を図るという話です。体験版は誘拐されてアジトに連れてこられるところから始まり、鍵を見つけ出して次のエリアに進む、というところまでをプレイできました(エロシーンはイラマチオやレイプが見られました)。本編は2023年03月中旬発売予定です。

追記:3/17に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,210円、110ポイント還元
盗賊達に連れ去られてしまった少女アリシア。
劣情に駆られた男達やモンスターの魔の手を逃れ、彼女を脱出させましょう。

突然誘拐され、囚われの身に


女の子が男に誘拐(男達の口ぶりからすると、恐らく金目当て)されてしまうところから始まり、強引にキスしてくる男に抵抗し、怯んだスキにとりあえず逃げた、というところで動かせるようになります。スチルがとても贅沢に使われていて、主人公の怯えて嫌がる様子がしっかり表現されてます。

続きを読む →

女性上位エロRPG「汝は淫魔なりや?」(にゅうステーション)体験版感想

汝は淫魔なりや?
汝は淫魔なりや? [にゅうステーション]
2023年03月01日の予告新作で、淫魔になってしまったシスターが主人公の、女性上位もの作品です。体験版では村人に手コキするエロシーンを一つ見られました。本編は2023年03月中旬発売予定です。

追記:3/10に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,430円、130ポイント還元
とある平和な村……
村外れの教会に住むシスター”カトレア”は真面目で敬虔なシスターであった。
しかし、ひょんなことから彼女は封印されし淫魔の力をその身に宿し、衝動的に村の男を襲ってしまう。

村人を巨乳で籠絡


体験版はいきなりエロシーンから始まりまして、(詳しいところは不明ですが)主人公カトレアは既に淫魔になっており(ただ見た目は普通の人間と変わりない)、村人の1人に魔物の疑いをかけられ警戒されている、という状況です。捕まるわけにはいかない主人公は、大人しい雰囲気のこの村人にまずは色目を使い、自分はか弱い女で無害だとアピールします。



無害だと確実に思わせたい主人公は、続いて自慢の巨乳を触らせ、村人は感触の気持ちよさにあっさりと騙されてしまいました。最後は男が勃起したことに素早く気付き、巧みな手コキで責め立てていき(淫魔の力のおかげで、テクニックが以前よりアップしている模様)、男はたまらず勢いよく射精してしまいます。こうして疑いの目から逃れることにひとまず成功した、というところで体験版は終了です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ソルルイ -after mini-」(えのきっぷ)体験版感想

ソルルイ -after mini-
ソルルイ -after mini- [えのきっぷ]
2023年02月12日の予告新作で、元の世界へと戻ってきた女主人公が謎のゲームに巻き込まれてしまうという話です。体験版では、4つある部屋のうち、2つのそれぞれ途中までプレイできました(エロ要素は授業中の男子生徒相手や、森での触手責め・敗北など)。本編は2023年02月下旬発売予定です。

追記:2/26に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,870円、170ポイント還元
本作品は魔法の力を手に入れたヒロイン【ルイ】を操作し、
それぞれの4つのステージに挑戦するオムニバス形式の短編アダルトRPGです。

凌辱・催眠・戦闘エロ・敗北エロなど、ヒロインの尊厳を壊すようなシチュエーションが中心。
圧倒的アニメーション数によって織りなす立ち絵エロに特化した作品になります。

敵の策にハマリ、ゲームに巻き込まれてしまう


本作は「ソル・ルイ-異界の魔法少女-」(2011年発売)の続編的な作品です。自分は前作は未プレイですが、冒頭で簡単に説明をしてくれまして、とりあえず主人公がどういう状況かは理解できました(簡単に言うと、現代世界から異世界に飛ばされ、敵を倒して元の現代世界に戻ってきたところ)。


異世界から帰ってきた主人公”ルイ”ですが、魔物狩りがまだ続いています。


出くわしたチュベロスなる魔物(魔族)は言葉を話せて、一見友好的です。攻撃されそうになったチュベロスは、何やらゲーム的なものを提案してきました。主人公は攻撃せずに話を聞いてしまい(選択肢はなし)、最後まで聞いてしまったことでなにやらゲームの参加条件が満たされてしまいます。引きずり込まれたこのゲームから脱出するのが本作の目的でした。


ルールを破ってチュベロスに攻撃しようとすると淫紋が発動するとのことで、敵が目の前にいるにも関わらず、攻撃することはできません。

続きを読む →

工房系エロRPG「リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 」(AQ organization)体験版感想

【10%OFF】リズとロゼの工房  借金姉妹の工房日誌
リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 [AQ organization]
2021年12月27日の予告新作で、親の借金を肩代わりすることになった姉妹が依頼をこなしたりしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は借金を背負うに至る経緯が語られるプロローグと、常夜の森や炭鉱の討伐依頼や、夜の娼館でのバイトなどがプレイできました。本編は2022年06月下旬発売予定です。

追記:2022/11/25に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,683円、153ポイント還元(10%OFF価格、12/8まで)
辺境の村に暮らしていた若き錬金術師の双子姉妹――『リズ』と『ロゼ』。
幼い頃から厳しい訓練を課せられてきた2人は、両親が行方不明になると自堕落な生活を送っていた。
そんなある日、公爵令嬢『レミィリア』から、保証人としての多額の借金返済を命じられる。
慌てて夜逃げするも軍船に捕まってしまった姉妹は性奴隷の紋章という呪いを刻印され、
『階層都市ファラン』にて、借金返済の労役と冒険者としての過酷な試練を命じられてしまう。

難易度選択について


最初に難易度選択があり、Peaceful~Hardの5段階からの選択です。自分は初見時は一番簡単なモードでやることが多いのですが、本作で一番簡単なPeacefulはLV99でのスタートで、さすがに簡単すぎるように感じたので、その1つ上のCasualを選択しました。なおここで決めた難易度は、プロローグを終えると簡単な方向にのみ変えることができました(変更は工房内、中央上のベッド右でできます)。

PeacefulとCasualは借金返済の必要がなく、選択時は簡単すぎるようにも思えましたが、実際Casualでプレイを進めてみたところ、冒険者ランクを上げるなどやるべきことが色々と多いほか、Casualでも十分すぎるほど敵が強く(全滅してゲームオーバーになることもありました)、借金がないからといってゲームが退屈になるということはなかったです。

一番大変だったのはダンジョン内の謎解きで、謎がなかなか解けずに行ったり来たりしているさなかにも敵が容赦なく襲ってくるのがきつく感じました。今回はなんとかCasualで乗り切りましたが、そのあたりが大変に感じたら、Peacefulに下げてしまうのもありかと思います。

両親の厳しい教育から解放され、ダラけるものの…


プロローグ(スキップ可能)は以下の通りで、かなり手順が多く長かったです。船内で目を覚ますところから話は始まり、なにやら牢屋に閉じ込められていて、本人もなぜこんな所にいるのかよくわからない様子です。さっそく操作可能で、まずはこの牢屋からの脱出を図ります。タル、ランタン、桶、床に開いた穴を調べることができ、4箇所調べ終わると布団で寝られるようになり、寝ると回想が入ります。


一族は錬金術師の名門であったものの、両親が乗った船が行方不明になってしまいます(単なる事故なのかそれとも何者かによる事件なのか、詳しいところは体験版では明らかにならず)。あとを継いだ主人公姉妹は、ここではまだ借金のことは知らされておらず、特に何もせずぐうたら生活を送ります。ピザの配達にやってきた配達員も呆れ、真面目に働くよう熱く促すものの、姉妹は全く聞いていませんでした。

なぜ姉妹がこうなってしまったかというと、幼い頃からの厳しい教育のせいで、錬金術師としての勉強・研究に嫌気がさしてしまっています。ようやく厳しい生活が終わって開放感に浸っている状況で、このぐうたら具合には同情の余地がありました。


お金がなくなるまではこの生活を楽しもうと考える姉妹でしたものの、やってきたレミィリアという女から、この家が自分の所有となったと告げられます。親が乗っていた船には積み荷があり、船や積み荷を失った代価としてこの家を渡すことになったという次第です。しかも家だけでは返しきれず、多額の借金を抱えることになりました。一晩時間がほしいと食い下がり、なんとか譲歩してもらいます。

姉妹は素直に借金を払うつもりはなく、他国へ逃げることを選択します。船に乗り込むものの、運が悪いことにその船も海賊に襲われ、こうして牢に閉じ込められることになったという次第です。

続きを読む →