女主人公エロRPG「Mazurka~リンネの花時計~」(木工用ノスタルジィ)体験版感想

Mazurka~リンネの花時計~
Mazurka~リンネの花時計~ [木工用ノスタルジィ]
8/20の予告新作で、とある宿屋に泊まった女主人公がループに巻き込まれてしまうという作品です。体験版では最初の1ループ(5日間)をプレイでき、エロシーンは男たちによるレイプや女獣人とのプレイを見られました。本編は2019年09月中旬発売予定です。
人間と魔物がともに暮らす田舎町にやってきた、旅人の少女リンネ。
その町で彼女は『5日間をループし続ける』不思議な呪いをかけられてしまいます。
ループごとに刻まれていくえっちな経験に戸惑いながら、
何度も繰り返されるリンネの5日間が始まります。

輪姦されるバッドエンドから始まり…


開始するといきなりエロシーンで、女の子がぶっかけられハメられまくっています(この女の子が本作の主人公)。監禁されてこの状況になったようですが、詳しいところはここではまだわからず。


行為が終わったあと、謎の女に声をかけられます。”いいえ”を選んでもただゲームオーバーになる(タイトル画面に戻される)だけなので、”はい”を選んで話を進めます。

1日目は平和な日常


“1日目”に戻り、ここからゲームスタートです。5日間うまく立ち回り、このバッドエンドを回避しようというのが本作の基本コンセプトと思われます。なお主人公は先ほどのエロ行為のことを忘れてしまってました(ただ”何かを忘れている”という自覚はあり)。


操作的には、方向キーで行動決定する場面が多かったです。独特な操作形態ですが、わかりやすく表示がされ、戸惑うことなくゲームに入れました。シャワーを浴び、着替えて左へ進みます。


主人公は宿屋に泊まり始めた宿泊客で、しばらくこの宿に滞在する予定です。

続きを読む →

エロSLG「サキュバス魔王のえちえち快進撃!!」(サオヒメダルク)体験版感想

サキュバス魔王のえちえち快進撃!!
サキュバス魔王のえちえち快進撃!! [サオヒメダルク]
8/19の予告新作で、サキュバス様が手下とともに人間達と戦っていくというエロSLGです(SRPGスタジオ製)。体験版では最初のステージをプレイできました(エロ要素は騎乗位・フェラ・敗北触手陵辱)。本編は2019年09月上旬発売予定です。
サキュバス魔王は男の精液を吸収するほど強くなる!?
敵のリーダーを倒せばステージクリアになるが、
できるだけ多くの男兵士を倒した方が精液を搾れる!!
スペルマボーナスで魔法のアイテムを作って部隊を強化しよう!!

サキュバス様が復活


魔物達が人間にやられて劣勢な状況から話はスタートし(なおこの会話の”魔王様”は主人公とは別)、


困った魔物達は新たな魔王を召喚します。この召喚された魔王というのが本作の主人公であるサキュバスです。


魔王様は、まずは味方3キャラを強化します。会話はほどよくコミカルで、テンポよく進みました。

続きを読む →

女主人公エロゲ「学園パンデモニウム」(レベル1)体験版感想

【20%OFF】学園パンデモニウム
学園パンデモニウム [レベル1]
7/5の予告新作で、女主人公2人が敵から逃げつつ学園からの脱出を図るという作品です。体験版は2F職員室に到達するあたりまでをプレイできました(エロシーン3つあり)。本編は2019年08月上旬発売予定です。

追記:8/18に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,468円、136ポイント還元(20%OFF価格、9/14まで)
天の光(アマノヒカリ)学園の教師として働いている姉妹、雨宮花穂と雨宮志穂には人に言えない秘密がありました。
二人は魔界から人間界へとやってきた淫魔、サキュバスの末裔だったのです。
しかし、魔術の発達により人間から魔力を奪う必要の無くなった彼女たちは、正体を隠して平和に暮らしていました。
ところが、そんな穏やかな日常は、突如として終わりを迎えます。

平和な日常が、突如一変


女3人は平和に生活しているものの、正体は異界から来たサキュバスです。お姫様な雨宮花穂(アメリア 画面中央)を、雨宮志穂(シルヴィア 画面左)とリリス(メイド服の女 画面右)がサポートしているという関係です。


異界の女王様から知らせが入り、異界に戻ってくるようにとのことです。急な話に困惑しつつ、今日は入学式ということで慌てて学園へと向かいます。


回想が入り、ユナというのが主人公たちの敵になります。


入学式前、赤リボンの新キャラが登場です。病欠の生徒に代わって生徒代表として挨拶に立つとのことですが、不気味な目つきでいかにも悪役といった雰囲気です。(ただシルヴィアたちはそのあたり気づかず)


登壇するところでようやく女の危険性に気づくものの、手遅れでした。ここまでの和やかな空気から一変して一気に緊迫した雰囲気になり、学園がこのサキュバスに乗っ取られ、男子生徒達がエロ化してしまいます。

続きを読む →

「ナンパビーチを誰とでもヤリまくりヌーディストビーチにしよう!!」(貴様巻きソフト)体験版感想

【30%OFF】ナンパビーチを誰とでもヤリまくりヌーディストビーチにしよう!!
ナンパビーチを誰とでもヤリまくりヌーディストビーチにしよう!! [貴様巻きソフト]
8/13発売の新作で、海の家店主な主人公がビーチをエロ化しつつ女の子たちをナンパしていくというSLGです。体験版では20ターンまでプレイでき、女の子のノーブラが見られました。

DLSite販売ページ 756円、70ポイント還元(30%OFF価格、9/10まで)
FANZA販売ページ 1,080円、200ポイント還元
あなたはとあるナンパビーチに店を構える「海の家」の店主です。

あなたの目標は、このナンパビーチを、女の子たちがトップレスやヌードで歩き回り、
誰とでもすぐにエッチなことをヤリまくるような、夢のヌーディスト・ナンパビーチに変えてしまうことです。

様々な噂を流したり、セフレのビッチギャルに実演を頼んだり、イベントを催したり、自分でもナンパ&プレイをしたりして、
ナンパビーチの雰囲気を改変し、夢を実現させましょう。

いきなりいろいろ行動可能


本作にストーリー的なものはなく、ゲームを始めるといきなり行動可能です。コマンドが色々あり、なにからやっていけばいいのか悩みました。体験版は20ターンで強制的に終わりで、初見時は何も成果が出ないまま(ナンパは失敗続き、ビーチのエロ変化も起こせず)終わってしまいました。

付属の説明書によると、”まずは[ビーチの雰囲気]を良くして、余裕があれば[女達の興奮度]も上げていきましょう”とのことです(=プレイを広めたりナンパ値を上げるのは雰囲気を上げたあと)。ただ序盤は雰囲気を上げるのに必要な金が足りなく、思うようにいきません。


操作的には、画面上部の女の子を左クリックするとナンパできました。ただ主人公の”ナンパ能力”が低いと成功しません。


ナンパ(声かけ)は、ナンパ能力が2桁あると声かけには大体成功するようでした。ただナンパ能力はせっかく上げてもターン経過でどんどん下がっていくので、序盤にいきなり上げるよりは、ビーチの雰囲気を上げるなどしてから上げた方がいいように思いました。

続きを読む →

キャバクラものエロゲ「CLUB・ナチュラルハート」(童心茶屋)体験版感想

CLUB・ナチュラルハート
CLUB・ナチュラルハート [童心茶屋]
8/10の予告新作で、ひょんなことから亜人キャバクラを知った主人公が日々通っていくという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版ではヒロインの1人、ドラゴン娘を指名できました。本編は2019年08月下旬発売予定です。
亜人と人間が互いを認め合い、共存している現代。
”俺”はアルバイトで生計を立てる生活を送っていた。
そんなある日、酔っ払いに絡まれている亜人の女の子を
助けたことがキッカケで、人生初のキャバクラデビューすることに!?

困っている女の子を助け、店に案内される


雰囲気は現代っぽいものの、獣耳の亜人が普通に生活している世界でした。主人公はバイトで稼いだ金を遊びにつぎ込む生活で、どこかいい店はないかと探していると、ドリームクラブ風メイド服なネコミミな亜人娘がタコ男に絡まれて困っている現場に遭遇します。タコ男が酔っていてまともに歩けないことに気づいた主人公は、ネコミミ娘の手を引いて走って逃げます。


ネコミミ娘は助けてくれたお礼として店に案内してくれ、なかなかゴージャスな雰囲気です。


礼として今日はタダにしてくれるとのことです。なお主人公は遊び好きではあったものの、キャバクラに来るのは初めてでした。

続きを読む →

女主人公エロRPG「堕落の淫蕩吸血鬼」(がぶ飲みとろろ昆布)体験版感想

堕落の淫蕩吸血鬼
堕落の淫蕩吸血鬼 [がぶ飲みとろろ昆布]
8/10の予告新作で、眠りから覚めたゴスロリ衣装な女吸血鬼が居城を取り戻すべく冒険していくという話です(RPGツクールVXAce製)。体験版は眠りから覚めるところから始まり、セントアルマの町に到着後、緑の街道・ミノタウロスの洞窟を探索するあたりまでをプレイできました(エロシーンは山賊・オーク・ゴブリン・人間剣士・人間魔術師など)。本編は2019年09月上旬発売予定です。
ある夜、見知らぬ墓地で目を覚ました吸血鬼のドリス。
近くにいたシスターに問いただすと、自分の所有する『幽霊城』は、
百年前に、謎の怪物の王に奪われたという。

激怒したドリスは、自らのお城を取り戻しに、
人間の領地を抜け、怪物の領域に向かうのであった。

久しぶりに目を覚ますものの、なぜか見知らぬ墓場


主人公の吸血鬼(画面右のゴスロリキャラ)が墓場で目覚めるところから話は始まり、まずは近くにいたゾンビ達と戦闘になります。


ゾンビ達は弱く、通常攻撃で楽々勝利できました。なお画面左下の”BLOOD POINT”は敵撃破などで増えていき、魅了にらみ(必殺技)をやるのに必要になります。


勝利後、なぜ自分が”幽霊城”ではなくこんな墓場で寝ているのかとご立腹です。逃げた人間のシスター女を追いかけて下方向へ進みます。戦闘はシンボルエンカウントで、敵の数はほどよく少なめでした。

続きを読む →

女主人公エロRPG「女騎士カレン ゴジャ島漂流記」(ランドカット)体験版感想

女騎士カレン ゴジャ島漂流記
女騎士カレン ゴジャ島漂流記 [ランドカット]
7/20の予告新作で、島へと流れ着いた女騎士が元の国に帰るべくエロ聖職者とともに島を探索していく話です(RPGツクールVXAce製)。体験版は島に流れ着くところから始まり、森を抜けて妖精と会い、村の男から精液を回収してハンマーを修理するあたりまでをプレイできました(エロシーンは羞恥系が4つあり)。本編は2019年08月中旬発売予定です。

追記:8/10に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
アルフロラ王国の騎士『カレン』が所属する王国騎士隊は、
魔物との戦闘でゴジャ島に流れ着いた。
安全な場所を探すカレンは、島の魔物と遭遇し戦闘になるが、
ゴジャ島の魔物には通常の攻撃が効かずピンチに陥る。
そんな彼女の前に現れた島の聖職者『ザモ』に危ないところを助けられ、
カレンは、ザモと共に王国へ帰るための船を探すことになる。

オープニング 強敵に吹き飛ばされ、島に流れ着く



オープニングはスキップ可能です(スキップすると島に着いたところからスタート)。主人公の属する騎士隊が強敵と出くわしてピンチに陥り、他騎士は劣勢と判断して撤退しようとするものの、主人公は戦うことを主張します(逃げ切れる相手ではないという判断)。主人公は気が強く男勝りな感がありました。


魔物の力は圧倒的でしたが幸い殺されることはなく、吹き飛ばされるだけで済み、物語の舞台になる島に流れ着きます。2人いた仲間の他騎士のうち、一緒に流れ着いたのは片方のみで、もう1人は少なくとも近くには見当たらず。先ほどまで口論していた男のことを心配するあたり、人の良さがうかがえました。まずは村を探すことになります(スキップするとここからスタート)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「魔法少女ノーブル・ローズ」(No Future)体験版感想

【30%OFF】魔法少女ノーブル・ローズ
魔法少女ノーブル・ローズ [No Future]
7/20の予告新作で、ひょんな事から魔法少女になった主人公が悪と戦って負けて陵辱されるという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では敵に追われての初変身から始まり、最初のボス敗北までを見られました。本編は2019年08月中旬発売予定です。

追記:8/9に発売になりました。
DLSite販売ページ 982円、91ポイント還元(30%OFF価格、8/15まで)
悪の組織から街を守る魔法少女の戦いを描いたRPGです。
ほとんどの敵が戦闘中にエッチな攻撃を仕掛けてきます。
敵の行動に伴い立ち絵が変化し、責めに耐える魔法少女の姿を見ることができます。

バイオ兵から逃げるものの、挟み撃ちされて窮地に


少女2人がバイオ兵に追われているところから話は始まり、敵は一般人が戦って勝てる相手ではなく、ひたすら逃げるほかありません(=この時点ではまだ魔法少女ではない)。


逃げ切れたかと一安心したところで、新たなバイオ兵と出くわして逃げ道がなくなります。片方が囮になってもう片方を逃がそうとするものの、見捨てて逃げるわけにもいかず。力がほしいと願うと、光に包まれて変身することができました。この舞華という少女が本作の主人公です。


さっそく戦闘で、2ターンほど経過すると、魔法”シャインスラッシュ”を使えるようになり、これを使えば撃破できます。なおこの戦闘に関しては敵は拘束攻撃はやってこず、”様子を見る”を繰りかえしてもHPが半分になったあたりで主人公が勝手にヒールを使ってしまいました(なのでこの戦闘に負けることは恐らく不可能)。

2人の関係性


場面変わって舞華の部屋で、ふたりはお嬢様とメイドという関係でした。ただ舞華としては、親しい友人・対等な関係でありたいようです。昨日何が起きたのかを2人で状況整理したあと、試しにもう一度変身してみます。メイドの方は魔法少女に思い入れがあるらしく、変身時の姿に名前を付けるべきと力説しますが、舞華の方は名前なんか別に…とテンション低めで、対照的で面白いところでした。そうこうしていると敵の出現を感知し、戦えるのは自分だけだからと、発生地に向かいます。

続きを読む →

「ボクはキミを離さない ~ゴメンナサイ、ボク、彼が好き~」(アパタイト)体験版感想

ボクはキミを離さない ~ゴメンナサイ、ボク、彼が好き~
ボクはキミを離さない ~ゴメンナサイ、ボク、彼が好き~ [アパタイト]
8/2発売の新作で、男の娘主人公のロープラノベルゲーです(シナリオは坂元星日さん)。体験版では姉と彼氏のセックスに聞き耳オナニーするところから始まり、姉の彼氏による手コキなどが見られました。

DLSite販売ページ 1,512円、42ポイント還元
FANZA販売ページ 1,512円、280ポイント還元
ボク……木野山蓮は子供の頃からずっと、
幼馴染で隣の田沢さん家のお兄ちゃん……晴樹くんに、憧れていた。
そしてボクの初恋の人は彼で、今現在の好きな人も彼だ。
でも、そんなこと、言えるわけがない。

彼は、女の子が好きだ。
彼の恋愛対象は、女の子だ。
でもボクは男で……

姉と彼氏のセックスに聞き耳立ててオナニー


いきなりエロシーンで、蓮というのが本作の主人公です。隣室から聞こえてくる、姉のまどかとその彼氏の”晴樹くん”のエロ行為に聞き耳を立ててオカズにしています。主人公の恋愛対象が姉ではなく、その彼氏の方というのが本作の面白いところでした。

回想 日に日に募る晴樹くんへの想い


行為が一段落したところで回想に移り、晴樹くんは隣家に住む、2才年上の幼なじみです。晴樹くんへの好意が年々強まるものの、男が好きということを誰にも言えず隠しておこうと思っていました。が、姉と付き合いだしたことで感情を抑えきれなくなりだします。今は聞き耳オナニーで我慢しているものの、限界が近く、暴走してしまう前に、一人暮らししようと考え出しているという状況です。

衝動的に姉の下着を着けてしまい…


ある夜帰宅すると、家に姉がいません。風呂上がり、姉の下着を目にし、衝動的に着けてしまいます。姉に興奮しているわけではなく、興奮対象は晴樹くんで、付着した晴樹くんのものと思われる精液に興奮していました。もし自分が女の子だったらと空想するうち、まずいと思いつつもオナニーしてしまいます。


が、オナニー声を晴樹くんに聞かれてしまっていました。晴樹くんは主人公の変態行為に引いたりはせず、自分への好意を知って嬉しそうです。なおボイスは主人公にあり、晴樹くんにはなしでした。晴樹くんはセックス中の主人公の覗き見行為に気づいていたものの、姉の方に好意があると思っていたとのことです。後ろから抱きしめられつつ手コキされますが、晴樹くんは姉の方が大事だといい、主人公としては複雑・嫉妬系の感情です。(行為は姉が帰ってきたことで終了)

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想3(ギルド依頼、賞金首)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。今回は前記事でスルーしてしまった各ダンジョン50Fボスや、ギルドの依頼をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(メインクエスト1~3章)
製品版感想2(メインクエスト4~最終章)
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

クリア済みダンジョン50Fで、強化ボスと戦える

クリア済みダンジョンを探索しつつ、これまでスルーしていたギルド絡みのイベントをやっていきます。各ダンジョンとも50Fにいる強化版ボスを倒すと、強力なレア装備が手に入るので、50Fに到達できそうな時は帰還せずに狙っていきたいところです。


ギルドで教えてもらえる賞金首は、必要フラグなどはなく、普通に探索を進めていけばそのうち遭遇できました(山賊首領ザパランは例外で、教会から専用ダンジョンに行く必要あり 詳しくは記事下部)。逆に言うと、運が悪いとなかなか出会えません。確率的には、体感だと20Fに1F程度の割合で遭遇できました。↑の白オオカミ(バーゲスト)は単体で現れ、賞金首の中では戦いやすい部類ですが、それでも手強いです。


体験版で結局勝てなかった緑蜂(デザイロコーパ)は、ゲームクリア後に戦ってもかなり手こずりました。すごい勢いで集団で接近してきてがんがん削られるので、ある意味ラスボスよりきついです(特に開幕直後に取り巻きを呼ばれた場合が危険)。陽光の加護など手持ちのバフ系アイテムを全力で使ってなんとか撃破できましたが、体験版で勝てなかったのも無理はない強さでした。
(追記:後ほどニューゲームで再戦した時は、なかなか取り巻きを呼ばなかったこともあり、意外にもあっさりと倒せました 操作に慣れている場合はそこまで難敵ではないかもしれません)


ダンジョンを進んでいくと、たまにヌイ族が大量にいる部屋に出まして、それぞれヌイまんじゅうとアイテム(ランダムで何種類かあり)を交換してくれます。特に聖窪の種火(買うと4000G)が出ると非常においしいです。なのでここに備えてヌイまんじゅうを多めに用意しておきたいところです。


森50Fを目指す場合、35Fあたりから出だす赤オークが難敵でした。体力がかなり多く、+10バクダンですらワンパンはできません。あとは瀕死になると自爆するので注意です。今回はゲームクリア後に+10装備と大量の回復アイテムを持って挑んだものの、それでも50F近くの階を進むのは骨が折れました(何度か瀕死に追い込まれました)。

続きを読む →