エロアクションゲーム「アユラクライシス!」(ダメージ床の上で)製品版感想

アユラクライシス!
アユラクライシス! [ダメージ床の上で]

8/1発売の新作で、女主人公もののエロアクションゲームです(ウルフエディタ製)。いい操作感で、ドットエロもよくできてましたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元

体験版感想はこちら
エロアクションゲーム「アユラクライシス!」(ダメージ床の上で)体験版感想
戦闘中にえっちな事をされちゃう、えっちなアクションゲームです。
H要素がシステムに組み込まれているゲームが好きな人におすすめです。
アニメーションは全て手書きドット。

えっちな事をされると、発情値や快感値が上がっていったり
Hな状態異常にかかったりして、セリフやモーションが変化していきます。
感度や性嗜好、パッシブスキルなどが育ってえっちに弱くなり、セリフや受ける快感等が変化していきます。

難易度設定と買い物

アユラクライシス! 難易度設定
難易度は4段階あり、開始時の設定の他、あとから拠点で自由に変更できます。今回はイージーを選択しました。なおHARD・HELLといった高難度はLim値にボーナスありということですが、自分の腕だと最初のうちは歯が立たず(食らうダメージが大きすぎて少し囲まれると即死してしまい先に進めない)。

アユラクライシス! 買い物
最序盤は、町で経験の書(ひとつ¥500G、初期所持金は¥1000)を買ってきて使うと効率よく進められました(最初に使うと数レベル一気に上がります[2冊使うとLV5→LV14])。

ステージ1 森

アユラクライシス!森
アユラクライシス!森
ステージの作りはほぼ平坦で、難しいことは考えずにガンガンコンボしつつ進んでいけます。このステージの出現ザコはゴブリンとオークでした。エロ攻撃はバックでハメ(膣感度上昇)、尻ぺんぺん(被虐・尻感度が上昇)です。

アユラクライシス!森
アユラクライシス!森
ボスは森の精霊で、主人公のことを悪い侵入者と勘違いして襲ってきます。敗北するとエロシーンがあり、いい異種姦レズになってます。

ステージ2 洞窟

アユラクライシス!洞窟
アユラクライシス!洞窟
このステージの出現ザコはゲイズとちんぽ(敵の名前は、ゲームクリア後のギャラリーで見られます)などで、どちらも洞窟の雰囲気にうまくマッチしてました。ちんぽは騎乗位Hで、膣感度と被虐嗜好がアップです。

アユラクライシス!洞窟
ボスは巨大ちんぽです。これまで同様にガンガン押していき勝利できました。撃破するとAct3研究所、Act4アジトが開放されます。

アユラクライシス!洞窟
アユラクライシス!洞窟
一方ボスに敗北したあと、今襲われたらピンチという状態で攻撃を受け続けると別展開があり(付属のテキスト”イベント発生条件.txt”にヒントが記載されてます)、淫乱ビッチな様子が見られました。

ステージ3 研究所

アユラクライシス!研究所
マシンは触れると捕獲してきました。攻撃して倒すことはできない模様です(Act1の花と同じような扱い)。

アユラクライシス!研究所
アユラクライシス!研究所
出現ザコはスライムや女の子(ドッペルゲンガー)などでした。スライム・ピンク生物は媚薬責め(媚薬中毒にさせられる)、ドッペルは尻をこすり合わせてきまして尻感度上昇です。

アユラクライシス!研究所
ボスは、研究員の呼び出した骨生物です。攻撃力高めで、EASYでもなかなか苦戦しました。

アユラクライシス!研究所
ボス敗北後は研究員に捕らえられ、ドッペルと同じ部屋に監禁されます。左側にある薬を飲むとふたなり状態になり、この状態でドッペルに話しかけるとふたなりHすることができました。

ステージ4 アジト

アユラクライシス!アジト
このステージもエロマシーンが配置されており、破壊はできません。

アユラクライシス!アジト
アユラクライシス!アジト
出現ザコは怪人・サル・子供と現代風です。

アユラクライシス!アジト
ラストはジャンプで扉へ入ります(普通に↑キーでジャンプすれば届きました)。

アユラクライシス!アジト
ボス戦はプロレスリングのような所で戦うことになり、ボスの豚怪人は怪人などを延々召喚してきました(コンボ中に背後から邪魔されたりなどして、これまでのように一方的に殴ることは難しい)。撃破すると古城が開放されます。

ステージ5 古城

アユラクライシス!古城
アユラクライシス!古城
アユラクライシス!古城
出現ザコは怪人・イモムシ・ピンク色の球です。ピンク色の球は一見敵に見えないですが、攻撃して倒すことができます。

アユラクライシス!古城
ボスはサキュバスで、素早く動き回ってなかなか攻撃が当たらず。自分の腕だとEASYでも苦戦しました。撃破後はクリスタルを攻撃すれば(1発殴るだけでOK)戦闘終了です。スタッフロールが流れ、本作はとりあえずこれでゲームクリアです。

ボーナスステージ1 RD

アユラクライシス!RD
アユラクライシス!RD
このステージは追加エロはなく、アクションを楽しみたい人向けのステージです。強さ的には一時的にレベル5(初期レベル)に戻されるため、難易度高く感じました(ステージを出るとまた元のレベルに戻ります)。なお入るたびに開始ステージが変わる模様です。

ボーナスステージ2 おまけ

アユラクライシス!回想部屋
アユラクライシス!回想部屋
ここは回想部屋で、ギャラリーでシーン鑑賞できるほか、好きな敵を好きなだけ出現させられました(ただし倒しても経験値は入りません エロ系ステータスはいつも通り上がります)。あとは攻撃技のダメージ数値なども見られ、なかなか便利です。

技能

1.露出癖
2.?
3.オナニー癖
4.媚薬中毒
5.キス好き → ステージ2・キスおじさんなど
6.セックス中毒 → ステージ4・戦闘員など
7.マゾ豚 → ステージ1・オーク
8.セクハラ願望 → 回想・乳首おじさん
9.?
10.?
11.?
12.中出し大好き → ステージ1・ゴブリン
13.?
14.スケベ家畜 → ステージ4・ボス敗北
15.?
16.ちんぽの奴隷
17.腰振り癖

感想まとめ

いい操作感になっていて、コンボの爽快感もあり、クオリティ高い出来なアクションゲームでした。一方ストーリー的なものは薄めで、ボス戦前に会話がある程度でした(主人公が戦っている目的などはよくわからずじまい)。

難易度は、イージーを選んだところ、特に詰まることなく(ステージ4・5のボスが少し強かった程度)、ストレスなくクリアできました。経験値・レベル・買い物要素があるので、もし苦戦してもそのうちなんとかなる作りで、アクション下手な人間としてはありがたかったです。あとは今回はあまり使いこなせませんでしたが、オーバードライブをうまく使うとより楽に倒せそうです。ステージの地形的にはいずれもほぼ平坦で、鍵や扉を探したりといった謎解き要素もなく、ひたすら敵を倒しながら進むという作りでした(=道に迷って進めないということはなし)。

エロはドットエロが中心で、一部のボスは敗北時に別途エロシーンがありました。ザコ敵はオークから始まって怪人や動物などバラエティーに富んでいて、それぞれのドットエロもいい動きに表現されてました。回想部屋も使いやすく作られてましてよかったです。

アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!アユラクライシス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)