寝取られ物エロRPG「クベルの首枷病」(やさぐれ喫煙所)製品版感想

クベルの首枷病
クベルの首枷病 [やさぐれ喫煙所]
6/15発売の新作で、魔力を奪われた女主人公がチャラ男に寝取られていくという作品です。エロシーンがCG・シチュともにクオリティ高かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
FANZA販売ページ 1,209円(20%OFF価格)

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「クベルの首枷病」(やさぐれ喫煙所)体験版感想
クベルの首枷病が発生する場所には必ず
使い方次第で国を滅ぼすほどの力を持つ禁忌の術が記された
「禁書」が発見されるとされ、王都魔術師ギルドはその「禁書」の
回収・封印を行なうべく、若き魔術師マジェタノをカルデスタへと向かわせる…

更新1回目 まだ弱く、なかなか先に進めず


オープニングはスキップ可能で、体験版プレイ済みなユーザーに配慮がされていてありがたかったです。スキップすると、相方が病に倒れ、壁の維持に1人で向かうことになるところ(=寝取られる直前)からスタートです。

・各エンドの条件

エンドA:淫乱値0~29
エンドB:淫乱値31~79(30の場合A・Bのどちらになるかは未確認)
エンドC:淫乱値80~ &消せない記憶「セフレ16号」を持っていない
エンドD:消せない記憶「セフレ16号」を持っている

色々進め方があるかと思いますが、今回はA→B→Cの順で見ていくことにしました。なおエンド(AとBとCで確認)を見ると、アイテム類を引き継ぎつつ、消せない記憶の初期化(=淫乱値を5にリセットできる)が可能です。


エンドA狙いなので淫乱値はなるべく上げたくないですが、序盤だと最大MPを上げる手段がバズリアとのHくらいしかなく、何回かのH(1回あたり約20上昇)はやむなしと判断しました。バズリアとH2回程度HしてMP61あたりまで上げると多少楽になり、4Fにたどり着けるようになりました。

なお初期体験版では5階おきに中継点でしたが、仕様変更で3階おきに中継点が入るようになっており、だいぶ楽になってます。ただ時々階層表示が間違っている時があり(例えば地下1Fから階段を降りてもまた地下1Fなことがたびたび発生)、このあたりはアップデートで修正されていくと思われます。


1週目はMPも回復アイテムも乏しく、書蔵庫にたどり着けないまま残り0日になってしまいました(ポーションなしで進むと、うまくやっても10Fがいいところ)。バズリア同行でどこまで淫乱値が上がってしまうのか心配でしたが、同行しても意外と淫乱値は上がらなかったです。もしどうしても心配な場合は、スキップを使えば上がらずに済みます。


同行での書蔵庫到着の場合、書蔵庫到達回数は増えず、残り日数は7日に戻されます。なので日数切れによるペナルティ的なものはほとんどなく、日数切れ→同行はそれほど気にしなくてもよかったです。


同行を1度こなしたあたりになるとMPにはだいぶ余裕ができ、MP0になるより肉欲が100近くまでたまってしまうことが多くなりました。肉欲帰還をすると強制的にバズリアとのHになるため、淫乱値が想定外に上がってしまう可能性があり(一度に複数の記憶を得てしまうことも珍しくない)、今回は↑のように肉欲値90超えになったらわざと敵にやられてMP0で帰還することにしました(立ち止まっていれば敵が寄ってきてそのうち死ねる)。


ポーションはなるべく温存したくなるところですが、最後の中継点”灯りなき城下町”から城へは、さすがにポーションをいくつか使わないと厳しいです(もしくはセロの薬を使用)。結果的にアイテムと金は最終的に余りまくったので、そこまで無理して温存する必要はありませんでした(中継点まであと少しという場合など、必要に感じた時はどんどん使ってしまってOK)。

21Fが城で、今回はMP155・淫乱値15で到達できました。(MP消費してのショートカットを利用せず)徒歩で書蔵庫に到達すると、ボーナスとして最大MP+120が得られ、序盤だとこのボーナスはかなり大きかったです。

なおこの段階での淫乱値15は、この先厳しい状況にも思えましたが(エンドAは30未満が条件)、終わってみるとそんなことはなかったです。最終的には18でエンドに到達できたので、この段階の15という数値は全然余裕なラインでした。


話的には、なぜバズリアが禁書を読めたのかがまずわからなく、あれこれ悩むもののここではまだ答えは出ず。

更新2回目


この時点のMPは275・淫乱値15です。なお更新を重ねるごとに消費魔力(要するに、敵から食らうダメージ)が3倍・5倍・7倍と増えていき、探索は簡単にはいきませんでした。


やることは基本的に1回目と一緒です。初見時はこの先どの程度淫乱値が上がっていくのかわからなかったので、もうバズリアとはHせず、MPになったあとは宿屋に泊まって進めました。


1日1中継点のペースで進めていき、残り1日というところで、セロの援護を2つ使用(MP倍加、消費半減)・ミントを3つ使用してなんとか城にたどり着けました。徒歩ボーナスはMP+240です。


手がかりを求めて書蔵庫を歩き回っていると、チャラ男が本を手にした部屋にたどり着きます。が、本を読めた理由が相変わらずわからず。悩んで歩き回っていると、光っている本を見つけます。

更新3回目


この時点のMPは515・淫乱値は16でした。MP消費(受けるダメージ)がさらに大きくなるものの、やることは一緒です。


探索していくと、冒険者の死体から時々”霊酒”や”超霊酒”が手に入りまして、最大MPが上がる貴重アイテムです(霊酒が+20、超霊酒が+30)。温存しておいても特にメリットはなかったので、手に入ったら即使用でいいかと思います。


残り1日というところで、(日数切れ同行は避けたいので)セロの援護を3つフル使用して6F前進して城に到着できました。特に肉欲抑える”心抑薬”が影響大きかったです(ミントを買って使うと金の消耗が激しい)。徒歩ボーナスはMP+360でした。


ここまで来るとだいぶ禁書についてわかってきまして、書蔵庫で願いを強く念じると、それに対応した禁書が光ることに気づきます。さっそくバズリアの呪いを解除する禁書を探すものの、見つからず。

更新4回目


この時点のMPは945・淫乱値は17でした。バズリアとのHを避けた場合、淫乱値は肉欲カットインの記憶で上がるのみで、ほとんど上がらずに済みます。


やることは今までと一緒で、1日1中継点を目安に進めていき、3回目と違ってセロの薬を使わずに突破できました(徒歩ボーナスはMP+480)。プレイ前は更新重ねるにつれてだんだんきつくなる状況を予想していましたが、予想に反してだんだん楽になっていきました。


書蔵庫では、自分が探している禁書は誰かに持ち出されたのではとの考えに至り、王都の地下に禁書があることを思い出すものの、それを持ち出す方法を思いつけず。

更新5回目


この時点のMPは1425・淫乱値は17でした。淫乱値を上げずにプレイしている場合、1日目は注意が必要でした。MPが増えたことで、1Fから進んでいくと(ポーションを全く使わなくても)MPがかなり残った状態で肉欲値が100になってしまう可能性大です。(淫乱値を上げたくない場合)ここについてはミントを使うのもいいかと思います。


城にたどり着くのは、4日目よりさらに楽で、1日1中継点で進めていき、セロの支援を使わずに突破できました。ポーション類もだいぶ貯まってきてます。徒歩ボーナスはMP+500でした。


いつものように書蔵庫で考えを巡らせ、クベルの首枷病も禁術によるものだと気づきます。自分は完璧には理解しきれなかったですが、”禁術を(対ではなく)単体で使うと、ペナルティとして近くにいる誰かが首枷病にかかる”と理解しました。

更新6回目


この時点のMPは1925、淫乱値は18、セロの残りは3/3/4です。かなり余裕ある状況でここに来れました。


これがラストですが、やることは今までと一緒で、ボス的な者もいません。1日1中継点で進めていき、セロの支援を使わずに突破でき、最終的にアイテム・金はかなり余りました。


チャラ男が禁書を使いまくっているのに誰もクベルの首枷病にならないのはなぜか?と考えを巡らせ、町の誰かが対になる書を持っているせい(対になった状態で使えばペナルティがない)だと気づきます。急いで町に戻って探すと、すんなり見つかり、持っていたのは意外な人物でした。


回想に移り、寝たきりになったセロ祖母に、循環破傷について質問しています。このままマジェタノが鍛錬を続けたら、いつか循環破傷になるのではと危惧し、破棄する方法がないか尋ねます(この回想はしばらくあとに続きがあります)。


こうして対抗手段が見つかり、いよいよチャラ男との関係に決着をつける時です。エンドAの場合、戻った魔力でボコるという勧善懲悪な展開でした。


回想の続きがあり、祖母の過去などが明かされたあと、


ギルド隊が到着し、事件はひとまず解決です。スタッフロール後、エンドAの場合、子供が出てきて、肌の色で誰の子供かが暗示されます。なおセロとのエロ行為・Hはなしでした。


エンド後、アイテムやセロ残り回数などそのままで6回目到達前の状態に戻ります。回想部屋の使えなかった機能が解放され、これを使うことで”消せない記憶”などが消せました(実行すると淫乱値が5に戻ります 再度上げ直すのは大変なので、説明にある通り、別箇所へのセーブ推奨)。

エンドB



続いてHやオナニーをしまくってエンドBを狙っていきます(エンドAを向かえたあと継続プレイなので、あとは淫乱値を上げるだけでいい)。バズリアとの関係がフェラあたりまでいったところで淫乱値30到達です。


書蔵庫到達後、今後どうするかを思案したりセロと祖母の回想はエンドAの時と一緒で、夜の別荘での対決シーンから展開変わりました。戻った魔力でボコろうとするものの、意思に反して体が反応してしまい、結局バズリアとHしてしまいます。スタッフロール後、禁書の監視だと言い訳し、別荘に通うエンドでした(当然ながらセロとの絡みはなし)。エンドBも引き継ぎ機能は一緒で、記憶リセットもありです。

エンドC



エンドCの条件は淫乱値80ですが、これの達成はなかなか遠かったです。オナニーや肉欲100帰還をコツコツと繰りかえしていきました。今回はひとまず一気に進めましたが、せっかくの濃厚なエロシーンを慌てて消化してしまうのは勿体ない面もあり、少しずつ時間をかけて見ていくのもありです。なおこれ狙いの場合は、ダンジョンに入る場合、1Fからのスタートを選んだ方がオナニーシーンの回収効率よかったです(再開を選択するとあまり回数稼げないうちにやられてしまう可能性大)。


同行エロのHも次第にバズリアが大胆になり、他冒険者に見せつけるようにハメる羞恥系展開が見られました。


淫乱値80以上でのエンドCは、書蔵庫の段階から早くもセリフが変化し、すっかりセックス中毒になってしまってます。別荘でのシーンは、魔力でねじ伏せにかかったA・Bと違い、バズリアを説得にかかり、バズリアも状況を理解して従ってくれます。


2年後、セロと結婚して共同生活しているものの、セロが遠征で留守の間に浮気Hを楽しみ(いつ戻ってくるかをセロに念入りに確認)、寝取られ感ばっちりな終わり方でした。


これでだいぶ埋まったかなと回想を見ると、半分以上が未見で、エンドD条件のセフレ16号はまだまだ遠そうです。エロシーン数が多いのは非常にありがたいことでしたが、このあたりになるとダンジョンに関しては少々作業感があり(もはやMPを上げる必要もアイテム貯める必要もない)、Hシーン全解放的な物があってもいいかなと感じました。

6/17追記:ver1.10で全解放が追加されました(回想部屋内にいるマジェタノに話しかければOK)。屋内H・オナニーなど、各項目ごとに、全解放するか否かを選べるありがたい仕様です。

主な消せない記憶

これ以外にも多数あると思われますが、ここまで埋まればエンドC条件の80は達成できるはずなので略します。エンドC狙いの場合は、バズリア別荘・オナニー・同行を欠かさずやって、以下をバランスよく埋めていく必要がありました。

オナニー好き → オナニー経験 30以上
オナニー依存症 → オナニー経験 41以上
オナニー中毒 → オナニー経験 52以上

中古のマンコ → 初エッチイベント(ストーリー上、回避不可)
欲張りなマンコ → 膣で楽しんだ回数 6以上
喜びを知ったマンコ → 膣で楽しんだ回数 12以上
おねだり上手なメス穴 → 膣で楽しんだ回数 20以上
節操のないチンポ穴 → 膣で楽しんだ回数 26以上
交尾好きのチンポ穴 → 膣で楽しんだ回数 32以上

キスを知った唇 → キスをした回数 8以上
キスの味に喜ぶ唇 → キスをした回数 20以上
キスが大好きな唇 → キスをした回数 32以上

使用済みケツ穴 → ケツ穴で楽しんだ 3以上
物欲しがるケツ穴 → ケツ穴で楽しんだ 10以上
ゆるゆるのケツ穴 → ケツ穴で楽しんだ 17以上

肉欲に火照る柔肌 → 肉欲カットイン回数 40回以上
淫臭漂うスケベな身体 → 肉欲カットイン回数 80回以上
下着を汚す肉欲の淫汁 → 肉欲カットイン回数 120回以上
肉棒求める濡れたメス穴 → 肉欲カットイン回数 160回以上
色欲に疼く熟れた肢体 → 肉欲カットイン回数 200回以上
肉欲に蕩[とろ]ける牝顔の女 → 肉欲カットイン回数 240回以上
(肉欲カットインは早めにミントを使い続ければ回避できるものの、それをやっていると金がとても持たない エンドA狙いの場合でも、この肉欲絡みの記憶については取得やむなし)

腰振りお嬢様 → 自分から腰を振った 3以上
パコパコ夢中病 → 自分から腰を振った 10以上
逞しい肉棒の虜 → 自分から腰を振った 20以上
チンポ貪る腰使い → 自分から腰を振った 30以上

裏切りのオナニー → バズリアでオナニー 5以上
背徳のオナニー → バズリアでオナニー 18以上
浮気のオナニー → バズリアでオナニー 38以上
想い人よりのクズ男 → バズリアでオナニー 58以上

セックス初心者 → 屋内セックスを楽しんだ 7以上
魅惑のセックス → 屋内セックスを楽しんだ 14以上
セックスに夢中のお嬢様 → 屋内セックスを楽しんだ 21以上

野外交尾の経験者 → 野外セックスを楽しんだ 6以上
(野外セックスはバズリア同行中のオナニーポイントエロで発生)

潮吹き体質 → 豪快に潮を吹いた 20以上
愉悦の潮吹き晒し → 豪快に潮を吹いた 40以上

徒男に交尾を懇願する女 → セックスをおねだりした 6以上
徒男の肉棒に媚びる女 → セックスをおねだりした 16以上
徒男と交尾を望むクズ女 → セックスをおねだりした 26以上
徒男に夢中の浮気女 → セックスをおねだりした 36以上

屈辱の膣内射精 → 膣出しを許した3以上
戸惑いの膣内射精 → 膣出しを許した10以上
快楽の膣内射精 → 膣出しを許した20以上
チンポ喰い → 自分から膣挿入した3以上

舌絡みキスを嫌悪する女 → 舌を絡めたキス 2以上
舌絡みキスに股を濡らす女 → 舌を絡めたキス 10以上
徒男と恋人ちゅっちゅ → 両腕に首を絡めたキス 5以上

不快な肉棒の味 → フェラした回数1以上
気持ち悪すぎる精液の味 → 精液を飲んであげた1以上
白濁化粧のお嬢様 → 顔にかけてもらった 6以上
尻穴でイケる才能 → ケツ穴でイった回数 3以上

セクハラに耐える才女 → セクハラを受けた回数 20以上
気易く触らないで! → セクハラで感じた 5以上
痴態晒しの昂揚感 → 痴態を他人に見られた 10以上
だだ漏れなエッチ声 → 外に嬌声を聞かれた 10以上

秘所を慰める細い指 → オナニー絶頂回数 32以上
陰核を弄る慣れた指先 → オナニー絶頂回数 48以上
オマンコ穿[ほじく]る2本の指 → オナニー絶頂回数 64以上
牝穴を掻き回す淫らな指 → オナニー絶頂回数 80以上
蜜壺内で蠢く指チンポ → オナニー絶頂回数 96以上
マン穴をズポる卑猥な指 → オナニー絶頂回数 112以上

覗かれる乙女の秘め事 → オナニーを見せた回数 6以上
噂される乙女の恥事 → オナニーを見せた回数 12以上

・エロシーン数(回想部屋のクリスタル数)
バズリア:27
オナニー:12
野外交尾(バズリア相手):5
おねだりキス(バズリア相手):5

感想まとめ

なんと言っても印象に残ったのは寝取られエロの濃さで、巧みに寝取られていく様子がじっくり描かれていまして満足度高かったです。話的にも、禁書絡みの謎が少しずつ謎が明かされていき、うまくまとまった終わり方になってました。

ダンジョン探索については、後半難しくなるのかと覚悟していましたが、意外にも後半の方が楽でした。なのでセロの薬などは、きつい序盤でさっさと使ってしまって問題なく、ポーション類の使用タイミング(どの程度温存するか)に関しても神経質になりすぎる必要はなかったです。床に落ちているオブジェクトは金塊・宝箱・死体の3種ありましたが、美味しかったのは冒険者の死体でした。最大MPが上がる酒が出るとメリット大で、金だったとしても8000程度入り、金塊より断然額が大きかったです。多少敵がいても取りに行く価値がありました。

エロシーンはシーン数が非常に多く、じわじわとバズリアの虜にされていく様子がじっくりたっぷりねっとりと描かれていて、量・質ともに申し分ないクオリティの寝取られエロでした。(まだ全シーン埋まってないので断言はできませんが)回想部屋を見る限りでは、エロの相手はバズリアのみで(他はオナニー)、想い人であるセロ相手のエロシーンは1つもない模様で、他住人とのエロ絡みもないと思われます。寝取られにとことん徹した非常にいい内容になっていましたが、個人的には多少はセロ相手の純愛エロがあってもよかったかなと感じました。

クベルの首枷病クベルの首枷病クベルの首枷病クベルの首枷病クベルの首枷病クベルの首枷病クベルの首枷病<

5 thoughts on “寝取られ物エロRPG「クベルの首枷病」(やさぐれ喫煙所)製品版感想

  1. end Cみたいな画像がすき

    いつも良いレビュー記事ありがとうございます
    概要と本文わけてもらえるとRSS読み込み時に助かります

  2. 匿名

    NTRゲー上半期、いや年内一番の作品といってもいいのではなかろうか
    とんでもない新人が現れやがった

  3. けいちゃん

    禁書絡みの話、よく理解出来ましたね・・・私には、彼女が説明してても理解が追い付かんかったわ・・・
    結局、禁書って2冊が対になってる事しか分からんかったし、彼はあれで何がしたかったんだ?
    スレ主は理解できたみたいだし、是非凡人に教えて欲しいもんです。

  4. erorpg Post author

    コメントどうもありがとうございます。
    自分も詳しく説明できるほど完璧に理解できている自信はないです。申し訳ありません。
    周回的に言いますと、自分も初見時は理解が追いつかず、頭からやり直しての2周目で多少なんとなく理解できました。
    寝取られがメインな作品なので、禁書に関してはなんとなくの理解でいいのではないかと思います。
    チャラ男も深く考えて行動はしていないように思います。

    追記:彼とはチャラ男ではなくセロのことですね、勘違いしてすいません。
    セロがしたかったのは、このままではマジェタノの魔力が膨れ上がって母親と同じように早死にしてしまうので、
    禁書を使ってそれを回避する(マジェタノの魔力を破棄させて長生きできるようにする)的なことではないかと自分は解釈しました。
    (このあたりはエンドの回想、セロと祖母リンネとの会話である程度語られてます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)