本格派アクションRPG「ロールディアの翼」(ウォータースプーン)体験版感想

ロールディアの翼
ロールディアの翼 [ウォータースプーン]
2017/12/29の予告新作で、女主人公のエロアクションRPGです(ウルフエディタ製)。体験版では序盤(森での儀式から、城下町での生活開始まで)をプレイできました。本編は2018年01月上旬発売予定です。
(2018/7/30追記:長らく延期になってました本作ですが、ついに完成し、8/4発売予定とのことです)

追記:8/4に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,468円、136ポイント還元(20%OFFキャンペーン価格、8/31まで)

製品版感想はこちら
製品版感想1(~ゴルドリア)
製品版感想2(~END2)
製品版感想3(END1・3・4・5・6)
主人公アルマを操作する戦闘HメインのアクションRPGです。
ゲームオーバーの無いフリーシナリオのため
ストーリーを気にせず適当にうろついて犯されるだけのプレイも可能です。


タイトル画面の選択は、色の薄い方が選択中の項目です。(↑の場合は上の”Continue”)
(8/1追記:Ver1.12では緑のカーソルが出るようになっていて、わかりやすくなってました [画像はVer1.12のもの])

ローメニアの森で儀式



主人公の属する国は魔法系の小国で、成人の儀式的なものに向かうという状況です。動けるようになったら右上へ進んでいきます。指導役のゼルフィナが非常に強いので、やられる心配はありません(もしHPが減っても自動的に回復技を使ってくれる)。

説明は間を開けながら、ひとつずつ簡潔にされました。あれこれ一気に言われても覚えきれないので、実践を挟みながらひとつずつ教えてくれるのは非常にありがたかったです。主要操作は、シフトキーで通常攻撃、Aキーで魔法、Dキーで回復(これは回数制限ありで、初期状態だと1回)です。


敵の数は少なめです(2~3画面に1体程度)。操作にまだ慣れていない段階なので、この少なさは助かりました。操作を無理なく覚えつつ進んでいけました。


石に触れて儀式完了…のはずですが、指導役は慌てた様子で、どうやら想定外のことが起きたようです。


会話が終わったあと来た道を戻っていくと、男2人組と遭遇します。こちらが女だとわかると襲ってきますが、非常に弱く、それぞれ1発で倒せました。あとは歩いて村へと戻ればOKです。


なおここでやられるとどうなるのか気になって後ほど試してみましたが、ピンチになるとゼルフィナが回復技を使ってくれ(70を切ると即発動)、負けることはできませんでした。


Sキーを押すとダッシュモードになりますが、スタミナ消費が激しく(すぐ0になってしまい、いざ敵と戦うというときにスタミナ0で戦えない状況になりがち)、使い方が難しかったです。とりあえずは使わずに進めました(もう一度押すことで通常の歩行モードに戻せます)。なおスタミナ0でもそのままダッシュが継続されるので、この先の”敵を一掃したあとの魔法陣探し”などの状況ではダッシュを使うと便利です。


村へ着いたところで、キャラ強化についての説明が入ります。4種類あるレベルは戦闘を繰りかえすことで勝手に上がっていき、プレイヤーが手動でポイントを割り振ったりといったような要素はなかったです。一言で言うと、熟練度のようなものでした。


神殿を右上に進んでいくと自室ですが、ここのNPCと話せるのはこの時だけなので、時間に余裕があれば寝る前に一通り話を聞いておくといいです。トイレで用を足して就寝すると話が先に進みます。

盗賊たちの卑劣な襲撃


起きて自室を出ると物々しい雰囲気で、盗賊達が襲撃してきてました。他の住民はあらかたやられてしまったようです。


盗賊3体との戦闘になり、必死で戦ったものの、1体すら倒せず。負けてOKな戦いと思われます。


敗北後、犯されそうになったところで、ゼルフィナ(昨日同行してくれた指導役)が駆けつけてきてくれ、ものすごい勢いで倒してくれました。盗賊達の仕業で、魔法を封じる結界が村全体に張られていて、主人公達は本来の力が出せないという状態になってます。


2人で盗賊を倒しつつ進んでいきます。魔法陣をエンターキーで調べることで次のエリアへと進めました。(敵をあらかた倒し終わったにも関わらず魔法陣が見つからないという場合は、Sキーダッシュが便利です)


2フロア抜けた先でテレポーターを発見しますが、これを使えるのは1人のみでした。盗賊達が迫ってきて、どちらが使うかの決断を迫られます。主人公はとっさに譲ろうとするものの、ゼルフィナに強引にテレポーターに押し込まれてしまいました。


まずは残された指導役の状況が描写されます。盗賊たちのうしろから黒幕が登場し、強かった指導役もこの男には歯が立たず(力を吸い取る能力の持ち主な模様)。敗北し、ザコ盗賊達におそらく犯されます(囲まれたところで画面が暗転し、具体的なエロ描写・一枚絵はなし)。

冒険の開始


場面変わって主人公が目を覚まし、こぢんまりとした民家です。左へと進むとイルメイアという男が話しかけてきて説明してくれます。主人公は遺跡前に倒れていて、この男に助けられたという状況です。


選択肢が出まして、人探しを手伝うか否かをプレイヤーが決められます。まずは、助けてもらった恩もあるので人探しを手伝うことにしました。家を出て右にいる人が情報をくれ、村の出口は右下です。


なお”知らんぷり”を選ぶと、人探しを手伝わずに(=カルロの洞窟を飛ばして)先へと進めるものの、イルメイアなしで城まで行くことになるため難易度がぐっと上がります(ただ敵との距離感がつかめていればそこまできつくはなく、2周目で試してみたところ意外とあっさり行けました)。あとはこのルートだとイルメイアがいないため、フレイとのイベントも起こりません(=城で家を貸してもらえなくなり、宿屋を使うしかなくなる)。初見時は手伝うの方を選ぶのがいいかと思います。


住人から話を聞いて洞窟の情報を得たあと、外へ出るとワールドマップで、エンターキーを押してカルロの洞窟に入ります。(ポータルはこの段階では手に入らないので、気にしなくてOK)

カルロの洞窟


ザコを倒しながら進んでいきます。攻撃力は2人合算したもので、イルメイアと組んだ場合は物理攻撃力が高く(約50ダメージ)、魔法攻撃力は皆無な状態(約10ダメージ)です。なのでここからしばらくは魔法は使わず、シフトキー攻撃で進めました。


ダンジョンは広めで、すぐに魔法陣が見つかることもあれば、なかなか見つけられずに迷子になってしまうこともありました。(8/1追記:魔法陣の方角を表示するのは技術的に難しいのか、Ver1.12でもこの点に特に変化はなしでした)


エリア3を抜けた先で、目的の人物のエレジーを見つけられました。ボス戦はなく、洞窟を自動で脱出して家に戻ります。

トルメア平原南


画面右上には主人公が現在思っていることが表示されます。トイレに行きたいということなので、先へと進む前にトイレを探しました。世話になった家にはなく、村右上の宿屋にあり、(勝手に使うのはマナー的にはちょっとどうかと思いますが)泊まらなくても使うことができます。



尿意が収まると今度は空腹です。”お腹すいた”のまま探索に出るのは状況を想像するとやりたくないところですが、村では食料は手に入らなかったのでやむなく出発しました。ザコ敵を倒していくと”干し肉”が手に入ることがたまにあり、アイテム欄からこれを使うと”お腹すいた”が消えました(肉をひとつ食べると20時間腹が持ちました)。食べ物は他にもパンなど色々種類があり、この先の街の道具屋で買えました(他には酒場で食事をするという方法もあり)。


進んでいくとフレイ、イリーザの魔術士2人組と遭遇し、主人公達よりだいぶ地位の高い人物でした。


エリア2を抜けた先には、カギ付きの宝箱がありました。ハリガネを使うと運が良ければ開けられ、中身は金のかけら(換金アイテム、売ると100G)でした。


先へと進んでトルメア平原南を抜けると、ワールドマップにノーブル城が出現します。本作はこのように、話を進めていくと行けるところがマップ上にどんどん増えていくという形式になってました。

ノーブル城


城では先ほど会ったフレイと改めて会話で、力を貸して欲しいと頼まれますが、主人公は突然そんなことを言われてもいった感じで困惑気味な生返事です。頼まれたのは、精霊の社で祝福を受けてくることですが、体験版では行けませんでしたので気にしなくてOKです。


主人公としては故郷がいまどうなっているのかの方がよほど心配ですが、国同士の関係上、今すぐにどうこうはできませんでした(盗賊退治の準備は進めてくれているとのこと)。イルメイアとはここで別れることになります。物理攻撃力が大きく下がる(与ダメージが今までの50から、10程度まで減少)ので、同じ感覚で敵と戦わないようにご注意ください。



いったん外に出たあと教会へと入り、客席のシスターに話しかけると、”アテレの森”に行けるようになり、これが精霊の社です。(体験版では行けないので、この会話はやらなくてもOK)

商業区を散策


商業区では買い物やら装備強化ができました。ゴールドは敵から直接は手に入らず、戦闘で得た物を売って入手します。



道具屋は商業区の左上で、売却ができる他、回復アイテムが買えます。まずは帰還アイテムの”ポータル”を購入しておきました。


服などの装備品は、店内にあるトルソーを調べることで買えます。ただ見た目が変わるのみのようでしたので、まずは武器強化を優先し、服は後回しにするのがいいかと思います(本作は金欠状態なことが多かったです)。


街では失踪事件が多発してました。商業区左側にある酒場で話を聞いていくと、下水道の情報が手に入り、これで下水道に行けるようになります。


下水道は商業区にはなく、いったん外に出て、城マップの右下にあります。


下水道では魔術士が出現します。戦ってみましたが全然歯が立たず、いきなり死にかけました。今までが楽すぎた分、この場面はかなりきつく感じました。

トルメア平原南へ戻って、魔法主体の戦闘に慣れる


いったんトルメア平原南へと戻り、ゴブリンと戦って魔法に慣れることにしました。ウインドの魔法は間合いが重要(近すぎたり遠すぎたりすると当たらない)で、うまく当てると、複数回ヒットさせることができました。


進んでいくと新キャラのクルミが登場し、


さらに進んでいくともうひとり、リタが登場です。どちらも剣士風のいでたちでした。2人に会ったあとワールドマップに戻ると、”貿易都市ドミニア”と”トルメア平原北”が解放されました。ただどちらも体験版では入れず。


その後探索していくと宝箱から”アミュレット”を入手し、運よくHP回復+1がついており、これでHPが自然回復するようになりました。

下水道に再挑戦


ゴブリンに楽に勝てるようになったところで、下水道に再挑戦しました。魔術士はダッシュで接近してきますが、ずっとダッシュするわけではなかったです(4マス程度一気に接近したあとはまた通常速度に戻る)。↑のように距離を維持しながら戦うとダメージ食らいにくいです。(なおクリアしてしまうと下水道にはもう入れなくなるため、クリアする前に敗北エロシーンを見ておくか、セーブデータを残しておくことをオススメします)


下へと降りると、イルマリアと再会し、再び同行してくれます。



牢を過ぎた先でイベントで、ザコ3体と戦闘になります。イルマイアが強いので、適当に殴り合えば余裕で勝てました(HPが減ると回復技を使ってくれるので、絶対やられない)。倒すと失踪事件は解決で、イルマイアとも別れます。体験版のストーリーは、おおむねこんなところの模様です。

敗北エロ

敗北エロは、終わったあともダンジョンのセーブ不可状態がそのまま継続してしまうことがありました。敗北を試す前にセーブしておくことをオススメします。(8/1追記:このバグはVer1.02で修正されてます)


ザコに負けて脱出もしないで放置していると、エロ行為開始です。


ゴブリンに負けるとアナルレイプで(守護の効果で処女はキープ)、散々犯されます。丁寧に作られてますカットインで、犯され感がうまく表現されてました。スキップ機能があるのもありがたかったです。


主人公が気を失ったあともさらに行為が続き、拉致されて監禁レイプされます。


輪姦が終わったあとは動けまして(適当に逃げるのが賢明)、魔法陣から脱出するとワールドマップに戻れました。


白濁は自宅の風呂に入ることで洗い流せます。



触手生物は犯されるのみで、拉致監禁はなしでした。気を失ったあとは、教会で復活します。なおダンジョン内のセーブ不可が解除されずにそのまま継続になってしまった場合は、ダンジョンへ行って(敗北せずに)普通にクリアすれば直ります。(8/1追記:このバグはVer1.02で修正されてます)


下水道にもエロシーンがあり、牢に捕らえられて触手責めされます。気絶したあと、イルマリアが助けに来てくれました。体験版で見られるエロシーンはおおむねこんなところのようです。

感想まとめ

かなり珍しい本格派なアクションRPGで、 いい操作感で戦闘のゲームバランスもよくて面白かったです。話も果たして故郷を救えるのか気になる作りで、 発売が楽しみないい内容でした。

ゲーム進行は自由度の高い作り(フリーシナリオ)になってました。人捜しを冷たく断れるのなどが面白かったです。なお”次やるべきこと”やヒント屋的なものは見当たらず。自由度高い作りの作品は、次に行くべきところがわからなくなって難儀するというパターンが多いので、本編に向けてこの点は少し気になりました。

戦闘は、指導役のゼルフィナやイルマイアと一緒の時は楽でしたが、1人になると急にきつくなりました。主人公は弓使いなため、近接して殴り合ってしまうと厳しいです。敵から4~5マスをキープしつつ戦えばいいと気づいたあとは安定して敵を倒せました。敵の数は少なすぎず多すぎず、ちょうどいい配置になってました。敵ごとに動きがだいぶ違うのも、よく考えられてます。操作も、物理攻撃・魔法攻撃・回復の3種類とシンプルでわかりやすくてよかったです。

バッドステータスは尿意・空腹などがあり、リアリティあって面白かったです。尿意はVer1.00だと割と頻繁に発生しましたが、Ver1.12を改めてやってみたところ、特に気にならないレベルになってました(ただ尿意云々は更新内容のどこにも載っていなかったので、プレーに慣れたせいかもしれません)。

キャラ強化は装備強化が主でした。各スキルのレベルも一応上がるものの、上がりは遅く、今回のプレイでは数項目が0→1になったのみでした。何で戦うかで変わってくるので、上げたいものを積極的に使うようにするのがよさそうです。いずれにしても通常のRPG(ザコを倒して経験値稼いでどんどんレベルアップ)とは成長システムがだいぶ毛色違いました(RPGよりもアクションゲームに近い作り)。

エロシーンは敗北時にあり、バトル中エロのような感じで延々ハメられ続け、輪姦感がうまく出てました。スキップ機能もしっかり搭載されていて(見飽きたら先へとさくっと進められる)、ストレスなく楽しめて非常によかったです。なおいわゆる一枚絵はないようでした。

製品版感想はこちら
製品版感想1(~ゴルドリア)
製品版感想2(Ver1.01でとりあえずクリア)

【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼【20%OFF】ロールディアの翼

過去作品

アルハランの聖杯
アルハランの聖杯

主人公リルアが奪われた聖杯の奪還を目指すアクションRPGです。

プリズナの人形使い
プリズナの人形使い

ピンチになると凌辱されちゃうRPG

リゼルナの遺跡
リゼルナの遺跡

女冒険者が迷宮から脱出を目指すシンプルなARPGです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)