エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)体験版感想

ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
12/26の予告新作で、悪魔の呪いを食らってしまった女冒険者がダンジョン探索をしていくというアクションRPGです。体験版では最初のボスを倒すあたりまでをプレイできました(敗北異種姦エロ複数あり)。本編は2019年08月上旬発売予定です。
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。  その先に待つ己の運命も知らないまま――

ダンジョンに到着 まずは操作説明のチュートリアル


ダンジョンに到着したところから話は始まり、独り言が終わると即動けます。


操作は、キーボードの場合、移動はWASDキー、攻撃はマウス左クリックです。簡単に言うとFPSのような操作体系で、慣れるまでに時間かかりそうでした。パッドにも対応しており、こちらは方向レバーで移動や攻撃方向決め、R1で攻撃、とオーソドックスです。両方しばらく試しましたところ、パッドの方がやりやすい印象でしたので、今回はパッド(X-BOXコントローラー)でプレイしました。なおパッドのボタンは物によってボタン名が違うなどして説明がややこしくなることが多いですが、本作は↑のように画像で操作ボタンを図で示してくれており、わかりやすくてありがたかったです。


まずは部屋内にいる敵を倒していき、全て倒し終わると、奥の扉が開いて先へと進めるようになります。

続きを読む →

緊縛ものエロゲ「地球防衛隊スターガーディアンズ 第1話」(夢かき屋)体験版感想

地球防衛隊スターガーディアンズ 第1話
地球防衛隊スターガーディアンズ 第1話 [夢かき屋]
12/22発売の新作で、地球へと逃げ延びてきた主人公が追ってきた敵組織と戦っていくという変身ヒロインものノベルゲームです。体験版では冒頭部分をプレイできました(エロシーンは触手責めと水中拷問があり)。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
FANZA販売ページ 1,944円、360ポイント還元
宇宙の平和を守る『スターガーディアンズ』のポリンは、
悪の組織『デストピアン』から盗まれた秘宝を取り返し地球へと逃げ延びた。
地球で生活する事数か月。平和を満喫していたポリンの下に、
彼女を追いかけてやって来たデストピアンの怪人アネモネが襲い掛かる。
こうして、地球を舞台に新たな戦隊ヒロインの闘いの日々が始まるのであった。。。

敵襲を受け、必死で逃げる


戦隊系コスチュームなポリン(このキャラが本作の主人公)が必死で逃げているところから話は始まり、


宇宙船を使って脱出しようとするものの、悪の女幹部エスリーゼに見つかってしまいます。戦闘経験の差は明らかで、ポリンは窮地に追い込まれました。どうやらポリンが持っている”スペクトルスフィア”を、敵が狙っているようです。


爆発が起きて敵がひるんだスキを突いて宇宙船に乗り込み、なんとか外へと逃げ延びます。


が、敵は簡単には諦めてはくれずに被弾しまくり、偶然見つけたワープ可能な星、地球へと逃げのびます(じっくり探している余裕はなし)。


一方敵の艦は、悪の女幹部が上官ゴルガロンに叱咤されていました。ポリンが逃げたのが地球であることを調べ、あとを追います。

続きを読む →

変身ヒロインエロゲ「特警シグナルフォース」(アンコクマリモカン)体験版感想

特警シグナルフォース
特警シグナルフォース [アンコクマリモカン]
12/20の予告新作で、女主人公・近未来の戦隊系変身ヒロインものエロRPGです(RPGツクールMV製)。体験版では最初のステージをプレイできました(エロシーン約4つあり)。本編は2019年03月上旬発売予定です。
20XX年 凶悪な改造犯罪者集団「ギャンデッド」の登場により
治安は悪くなる一方であった。
事態を重く見た政府と地方自治体は
秘密裏に凶悪犯罪対策チームを設立
これは
特殊犯罪対策強化機動隊「SIGNAL」
の戦いの物語である

試験に合格し、戦闘員として採用される


候補生の採用試験からスタートし、いきなり戦闘です。


説明を聞きつつ、まずは殴りで攻撃していき、何ターンかするとTP技のイラプションが使えるようになる(”戦闘技能”にあります)のでこれを使ってとどめを刺します。なおヒールは、この先仲間と共に戦う際に役立ちました(回復技を持っているのはこのキャラのみ)。


勝利すると正式採用になり、この赤城アカネという少女が本作の主人公です。

先輩達とともに初出動


挨拶を終えたところで警報が鳴り響き、先輩達と3人で出動します。


ここから操作可能になりました。戦闘はシンボルエンカウントですが、敵シンボルは動かないので、通常のRPGのようにすばやく避けて先に進むということはできません。マップ内にいくつかあります金庫が宝箱で、どこを倒せばどれが取れるようになるか、ルートを確認してから進撃していくのがいいかと思います。なお拠点に戻って宿屋で全回復するということは本作ではできず、回復は主人公のヒールか回復アイテムを使うことになりました。

続きを読む →

エロシミュレーションRPG「えっち大好き勇者さま」(10 past)体験版感想

えっち大好き勇者さま
えっち大好き勇者さま [10 past]
12/19の予告新作で、主人公の少年が天使の求めに応じて魔王討伐の旅をしていくというハーレム系エロSRPGです。体験版では第四章までをプレイできました(Hシーン4つあり)。本編は2019年02月下旬発売予定です。
天族の少女シルフィは地上での魔王復活を予知する。
魔王が復活すれば人族は殺されてしまう……。
シルフィは魔王に対抗すべく、【強い運命】を持つ勇者リノンのもとを訪れた。

シルフィはリノンに事情を説明したが、リノンはシルフィの話を信じなかった。
「どうしたら信用してくれますか?」
「えっちさせてくれたら信じてあげる」
リノンはとってもえっちな勇者さまだったのだ……。

オープニング

まず起動についてですが、”game.exe”をダブルクリックしたあと、起動が終わって操作可能になるまでに結構な秒数がかかりました(i5 8400+M2-SSDのPCで約20秒)。


難易度設定は3段階で、今回は一番簡単な”サクサク”(レベルが上がりやすく、ユニット復活あり)を選択しました。なおこれでも第四章あたりはそれなりにきつかったです。


リノンという少年が本作の主人公です。魚釣りを終えてひといきついていると、女の子(天使シルフィ)が降ってきまして、魔王による世界の危機を予見してということで助けを求めて地上に降りてきたという状況です。


世界を救って欲しいと頼むものの、リノンはそんな面倒なことやりたくないと拒絶しました。予知でこの少年が運命の勇者ということを知っている天使はなんとかして協力してもらおうと必死で食い下がり、何でもしますからと勢いで言ってしまいます。それを耳にしたリノンは、エッチさせてくれれば協力してもいいと主張し、早くもエロ展開です。

続きを読む →

男主人公エロRPG「ミラの祓魔師」(睦月庵)体験版感想

ミラの祓魔師
ミラの祓魔師 [睦月庵]
11/30の予告新作で、男僧侶な少年が主人公な女性上位もの作品です(RPGツクールMV製)。本編は2018年12月下旬発売予定です。

追記:12/21に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
FANZA販売ページ 1,512円、280ポイント還元
若い僧侶が神のため国のため人民のためにその身をある場所に捧げる旅に・・・
僧侶君ことルリが旅の中、女の子たちに女というものを教え込まれたり、
純愛したり、敵の娘に負けて逆レされたりします。

女騎士と旅をすることに


主人公は可愛い系の男僧侶で、騎士様とともに空中要塞へと儀式に向かうことになっているという状況です。この世界では、男は貴重な存在でした。


担当の女騎士は口数少なく怖い雰囲気です。空中要塞へはまだ向かわず、まずは一緒に旅をして力があるのかどうかをテストすることになりました。


最初のミッションは、洞窟へと赴き、戦士像を取ってくるというものです。シスターの話が終わると動けるようになりまして、街出口は下です。


ワールドマップを上へと進んでいくと目的の洞窟が見えてきますが、その前に戦闘がありました。この敵は弱く、通常攻撃で難なく勝てます。

続きを読む →

「仲間になったアホすぎるヒロインがダンジョンにいくとすぐにアヘらされてはじまりの街からでられません。」(つくだにの里)製品版感想

【30%OFF】〔新作30%OFF〕仲間になったアホすぎるヒロインがダンジョンにいくとすぐにアヘらされてはじまりの街からでられません。
仲間になったアホすぎるヒロインがダンジョンにいくとすぐにアヘらされてはじまりの街からでられません。 [つくだにの里]
11/30発売の新作で、空回り系ヒロインのフォローを男主人公がしていくという作品です。ヒロインがアホ可愛くて好みでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 907円、84ポイント還元(30%OFFキャンペーン価格、12/27まで)
DMM販売ページ 1,036 円(20%OFFキャンペーン価格)

体験版感想はこちら
「仲間になったアホすぎるヒロインがダンジョンにいくとすぐにアヘらされてはじまりの街からでられません。」(つくだにの里)体験版感想
勇者として冒険に旅立つことを決意した主人公ベイヴァーは、
冒険者として活動を始めるべく、街の冒険者ギルドに訪れた。

その時突然現れた自称占い師の少女プリシア。
どうやら占いの結果ベイヴァーこそが真の勇者として世界の救世主になる男だと知ったらしく、
その旅をお供したいとのこと……
悪い気はしないベイヴァーは、その話を聞き入れるものの……

変な占い師とともに洞窟へ


戦乱な世の中ですが、この街は辺境ということで平和です。これまでやる気なかった自称勇者男が旅に出ることを決意し気合いを入れてギルドに入ると、変な占い師に懐かれてしまい、この占い師プリシアが本作のヒロインです。


翌日、冒険に出ようとするとプリシアがいません。逃げたものと判断して1人で洞窟に向かうと、罠に引っかかっていました(いいところを見せようとして先回りして失敗していた)。


保護したあと、いったん街に戻ってギルドで情報集めをしていくと、プリシアはいわく付きの人物でした(これまでたくさんの冒険者に捨てられている)。主人公は見放すことをできず、面倒を見てやることにします。


翌朝、またもプリシアがいなくなっています。洞窟を進んでいくと、4Fで狼にハメられているのを発見しました。なお戦闘能力的には、プリシアはなかなか怪力で強いです。撃退後、ギルドへ報告に向かう、とここまでが体験版の範囲でした。


洞窟には、3Fの数字入力ミスと4Fの触手エロのほか、もう1つエロシーンがありました。はぐれたあと、5F(ボスと出会ったところの先)に行くとオークがいます。”一度退いて眺めてみる”を選ぶと、オークに抱えられてバックでハメられる様子が見られました(回想のシーンナンバー5)。

続きを読む →

田中ロミオさんの新作「和香様の座する世界」体験版感想


和香様の座する世界 [みなとカーニバル]
みなとカーニバルさんの新作で、原画:みこしまつりさん・シナリオ:田中ロミオさんと豪華なスタッフです。世界観は和風(鎌倉が舞台)で、日本の神様や妖怪・怪異が主テーマな作品です。体験版では、和香様やその妹と共に生活するに至る経過などが描写されました(エロシーンはなし)。本編は2019/04/26発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
和香様の座する世界
2018年。
古都・葉倉に住む主人公「梅園 遼河」は、現世に現れた古き神に食われそうになる。

しかし日本は飯が美味い。
美味しい食材を提供し、難を逃れた主人公は、
そのままその古き神の従僕にされてしまい、世話役になってしまう。

古き神「ワカ」は好奇心満点で、振り回される主人公。
しかし、世界には魑魅魍魎たちが現れ始め、主人公の周囲は騒がしくなっていく。

いきなりバトルシーン


母親たちが困っている、緊迫感ある状況からスタートし、


屋内に場面変わり、いきなり首が吹っ飛ぶインパクトあるスタートです。ビジュアル的にはホラーなものの、セリフとノリはコミカルでした。


この和香様というのが本作のヒロインです。まとめると、怪異・怨霊との戦いに主人公が巻き込まれているという状況です(主人公は戦闘のサポート的な役どころ)。

回想開始 主人公は身寄りがなく、貧乏生活

敵を撃退して落ち着いたところで、どうしてこうなったのかの回想開始です。なお体験版はこの回想のみで話が終わりました。


主人公の祖父が亡くなったとところから回想は始まり、祖父と2人暮らしだった主人公を引き取ってくれる先は簡単には見つからず(両親は失踪済み、親戚づきあいもなし)。福祉施設に入ろうとするものの、年齢のせいでダメでした。生活保護も簡単には受けられず、通っていた学園も既にやめてしまっています(それなりに友達づきあいがあったようですが、体験版の範囲では学友的なキャラは出てこず)。他に叔母の話題が出ましたが、こちらは体験版では出てこずじまいでした。


今まで住んでいたアパートを追い出され、主人公の当面の住まいは、祖父が残してくれた神社(住居つき)です。本作はここを基本にして話が進みました。住居はなかなか広く(キッチン・寝床・客間などがあり)、住まうのに問題はなさそうです。タンスには袴と女子もの制服があり、これはあとでまた出てきました。

続きを読む →

男主人公エロゲ「闘技場の引ん剥き職人RPG」(三代錆)体験版感想

【30%OFF】闘技場の引ん剥き職人RPG
闘技場の引ん剥き職人RPG [三代錆]
8/12の予告新作で、闘技場のヒールレスラーが主人公というなかなか珍しい設定の作品です(RPGツクールMV製)。体験版ではプリーストのエロシーン3つ(素手破き、ナイフ破き、突風まくれ上がり)が見れました。本編は2018年11月上旬発売予定です。

追記:12/15に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,058円、98ポイント還元(30%OFFキャンペーン価格)
DMM販売ページ 1,209円(20%OFFキャンペーン価格)
無法地帯の地下街の地下闘技場に単身盗みに入った凄腕盗賊のあなた(名前変更可)は、闘技場の女主人のヘキサにあっさり捕まってしまいました。
彼女の要望に応えて地下闘技場の覆面ヒールファイターとなり、闘技場を訪れる若い女挑戦者を引ん剥いて引ん剥いて引ん剥きまくって闘技場を盛り上げましょう!

捕まってしまい、ヒールレスラーとして働くことに

闘技場の引ん剥き職人RPG
捕まった状況からスタートし、女(闘技場の経営者)に問い詰められている男が本作の主人公です。一通り説明が終わったところで名前入力がありました(デフォルト名あり、なおレスラー名はあとで別途付けます)。このあたり話が早く、スピーディでいい展開でした。

闘技場の引ん剥き職人RPG
闘技場主としては、エロ担当のヒールレスラーがいなくて困っていました(他レスラーは既婚者でエロ系を拒否)。断れば普通に闘技場に出されて殺されかねないということで、断ることはできず、こうして悪役レスラーとして働くことになります。

闘技場の引ん剥き職人RPG
案内されたのは牢のような部屋でした。この先しっかり結果を出していけば、それに応じて待遇も変わると告げられます。

ベッドを調べるとセーブができます(なおESCキーを押しても何も出ず、通常作品のようなメニューはない模様です)。

続きを読む →

ローグダンジョンRPG「狐忍退魔伝このは」(はちみつサンド)体験版感想

狐忍退魔伝このは
狐忍退魔伝このは [はちみつサンド]
10/4の予告新作で、くノ一少女が依頼に応じてダンジョン探索していくという話(RPGツクールMV製、ダンジョンはローグライク)。体験版ではダンジョン3Fまでプレイでき、エロ的には街でのオイル塗りマッサージイベントがひとつ見られました。本編は2018年10月下旬発売予定です。

追記:12/14に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、90ポイント還元
駆け出し退魔忍である【このは】は突如行方をくらませたという
前任者の任を引き継ぐため、お供の喋り狐【ぽん吉】とともに田舎町を訪れた。
依頼内容は魔物の窟に生まれし【大魔】を退治すること。
しかし、そこには厄介なことに淫の瘴気が充満していた……。

オープニング・操作説明


主人公はクール系のキツネ系獣耳少女でした。まずは屋敷を目指して森を進んでいきます。ここはまだ目的のダンジョンではないので(チュートリアル的なエリアで、構造も固定)、気楽に道なりに進んでいけばOKです。


さっそく敵のスライムと遭遇し、攻撃はCキーです。こちらが1行動すると敵も1行動するという、ローグ・トルネコ系な形式になってます(=アクション要素はなく、慌てなくていい)。向きだけ変えたいときはCTRLキー、敵が一マス先にいるときは空振りして引き寄せます。グラフィック的には、1マスが大きめで見やすく、特に階段が一目でわかるのは助かりました。


あとは説明が、実践する間を開けつつ少しずつされるのもありがたかったです。指南書というのを手に入れるとスキルを使えるようになるとのことですが、今回の体験版ではこれは出てこず。


Cキーで何もないマスを空打ちすることでトラップを発見できました。ただずっと空打ちしつづけるというのも手間がかかって大変なので、慎重に進みたい時(”今罠にかかると危険”的状況や、罠増殖の罠を踏んでしまった時など)のみ使えばいいかと思います。種類的には、毒トラップ(なかなか治らず自然減少し続け、満タンから半分以下まで減る場合もあり)や地雷(踏んでしまうとHP1になる)がやっかいでした。


ここではレベルの上がりは遅めで、お屋敷到着寸前にようやくLV2に上がりました(スライム5体分 おそらくちょうど上がったタイミングで着くように配置数が調整されているものと思われます)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ヴァンパイア・ノーツ」(にんじんパスタ)製品版感想

ヴァンパイア・ノーツ
ヴァンパイア・ノーツ [にんじんパスタ]
12/9発売の新作で、引きこもり系吸血鬼の少女が旅に出るハメになるという話です(RPGツクールVX Ace製)。面白いストーリー設定で、絵も好みでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「ヴァンパイア・ノーツ」(にんじんパスタ)体験版感想
深い森の奥に住む吸血鬼の少女アリシア・バートリィ。
貴族として生まれ、文武両道の才女の彼女にはある秘密があった。
周囲の目のない自室でマンガ、ゲーム、ネット三昧の生活を送る干物吸血鬼だったのだ。
ある日、お金に困ったアリシアは宝物庫にある宝石をメロカリで売り払ってしまう。
しかし、それはバートリィ家に代々伝わる家宝だった。
父親にバレない内に家宝を取り戻すため、アリシアは人里へと下りる決意をするのだった。

体験版範囲まとめ


主人公は、開始時点ではソシャゲーに夢中な引きこもり吸血鬼です。ガチャで欲しいキャラがなかなか出ず、家の倉庫を漁って高価そうな宝石を売って軍資金にしてしまい、これが物語の発端になりました。その宝石が1ヶ月後の式典で必要と父から聞き、慌てて取り戻す旅に出るという展開です。


情報集め(街中央付近にいる兵士・野菜売り・青年)の末、売った相手を見つけるものの、宝石は既に売却済みでした。要求に渋々応じてパンツを見せ、売った相手が領主だと言うことを聞き出します。


街の西にある領主から話を聞きが終わったら、街中央へと戻り、アロルドの家へと向かいます。ここが主人公の拠点になりました。


さっそく街の外へと出て、シヴァルツバルトの森へと向かいますが、入り口にいる蜂に手こずり、いったん街に戻るハメになりました。

続きを読む →