巨乳ギャルMC交際 「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」体験版感想

巨乳ギャルMC交際「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」
巨乳ギャルMC交際「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」 [ルネ]
ルネさんの新作ノベルゲーで、マインドコントロール(MC)アプリを使ってヒロイン4人をハメていくという催眠術系の話です。体験版では女達に騙されたあとMCアプリを手に入れ、アプリを使ってヒロイン達を一通り矯正していくあたりまでをプレイできました(エロシーンは約8つあり)。本編は2019/03/29発売予定です。
ホテルのバスルームから出ると、2人の姿と一緒に自分の財布が消えてしまっていた。
やられたと確信したときには連絡する術も失っていて、
警察に泣きつくにはあまりにも状況が最悪だった。

泣き寝入りするしかなかったが何となくネットでそのことの愚痴を呟いてみた。
『誰か共感してくれるだろう』『解決策なんてなくてもいいから誰かに聞いてほしい』
そんな気持ちでSNSで呟いたのだが――――
「私も同じ目に遭ったんですよ。なので、これを差し上げます」

ギャル女に騙され、金を持ち逃げされる


始めるといきなりセックスシーンで、相手は金髪ギャル(芳地 優樹菜)と黒髪少女(水羽 綾音)です。(この絡みは後ほど改めて、じっくり描写されます)

時間遡って、どうしてこうなったのかの回想です。主人公は仕事があまり出来ない平社員ですが、会社・他社員に対して特に不満はないようで(出世欲も特に感じられず)、会社のシーンが出てくるのはここのみでした。


自宅へ帰りネットを見ていると可愛い動画配信少女(栗栖 理香)を見つけ(元人気子役だと気づいて興奮する)、食事相手募集という誘いにダメ元で応募します。


幸運にも当選して会うことになり、同席した少女(戸隠 はるか)と3人で平和に食事を楽しみます。食事だけで終わりって事はないよなと考える主人公ですが、いざ誘いをかけると女の子はどこか悲しそうな、微妙な反応です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「巫女神さま」(ぽいずん)体験版感想

巫女神さま
巫女神さま [ぽいずん]
3/1の予告新作で、田舎の村へとやってきた巫女さんが問題解決していくという作品です。体験版では村を目指すところから始まり、森の廃村で赤鬼を倒すあたりまでをプレイできました(エロ要素は敗北エロ・戦闘中エロがいくつかあり)。本編は2019年07月中旬発売予定です。
夏休みも目前に迫った日のこと、小依は退魔師の母親に本堂に呼び出され
ある村から受けた妖怪退治の依頼を修行の一環として小依が受けるよう言い渡され、
友達と過ごす数多の夏休みイベントを全て奪われ、渋々依頼を出した村へと向かうのでした。
「緑がいっぱいで~とてものどかで良い所らしいわよ~」
そんな母親の一言を信じて……

オープニング

まず初めに、今回プレイしたのはVer1.02です。作者様ブログによりますと、Ver1.03で戦闘中エロのカット機能やナビゲーション機能がつくとのことなので、今からプレイされる場合はVer1.03に差し替わってからのプレイをオススメします(戦闘中エロは同じものを繰り返し見ることになるため、人によってはうっとうしく感じる可能性あり)。
3/20追記:既に差し替わっておりまして、現在のバージョンはVer1.05です。Ver1.05ではボスの赤鬼の弱体化、ザコの経験値アップがされているとのことです。
巫女神さま体験版Ver1.05【変更内容】 – ぽいずん – Ci-en


時代設定としては現代なものの、少なくとも体験版の範囲では学園・制服は出てこず、主人公はずっと巫女さん姿でした。餓鬼(低級ザコモンスター)退治をしているところから話は始まり、動けるようになったら、左上方向へ進みます(この先、戦闘BGMがにぎやかなのでスピーカーの音量注意)。



戦闘はシンボルエンカウントでした。敵の数は少なめなものの動きが素早く、避けるのはなかなか大変でした。

続きを読む →

女主人公エロRPG「PrincessProject -プリンセスプロジェクト-」(とらいあんぐる!)体験版感想

PrincessProject -プリンセスプロジェクト-
PrincessProject -プリンセスプロジェクト- [とらいあんぐる!]
3/1の予告新作で、国王代行を務めることになったお姫様が仲間と共に奮闘していくというコメディ系作品です(RPGツクールMV製)。体験版では、国王代行を任されるところから始まり、スライムの森の探索を終えるあたりまでをプレイできました(エロシーンは主人公のオナニーや風俗嬢のハメられ・足コキなど)。本編は2019年04月中旬発売予定です。
平和そのものなポツコーン王国。
そんな国の国王様がぎっぐり腰で療養することになってしまう。
政務を引き継ぐことになったのはポンコツお姫様のミーユ。
「あのぽんこつ姫が?」「お姫様なんていたっけ?」「そうだ、亡命しよう!」
そんな支持率ド底辺なお姫様は考えました。
「魅力を上げれば支持率アップ間違いなしだよね!?」

オープニング 王が腰を痛め、娘が国のトップに


王がぎっくり腰(セックス中に頑張りすぎたせい)になって政務ができなくなるところから話はスタートし、冒頭からギャグ感あるコミカルな会話が繰り広げられます。


治るまでの間、国の統治を娘ミーユに任せると王が宣言し、配下は反対するものの王が押し切ります(この娘ミーユが本作の主人公)。国民達はあの娘で大丈夫なのかと噂し、噂はミーユ本人の耳にも入りました(なんとかして見返してやろうと決意)。

情報集め…のはずが、執務室でオナニー


まずは城内を探索してみてはとメイドに言われ、探索開始です。部屋を出て右へ進み、執務室へと向かいます(なお壁の○印はまだ気にしなくてOK)。


本捜索のあとベッドを発見し、エロ王が使っていたベッドなせいか、匂いを嗅ぐと発情してしまいます。我慢できなくなり、早くもオナニー展開です。

続きを読む →

男主人公エロRPG「俺のギルドの女たち」(スライム定食)体験版感想

俺のギルドの女たち
俺のギルドの女たち [スライム定食]
2/16の予告新作で、ギルド運営者な男主人公が仲間女の悩みを解決していくという話です(RPGツクールMV製)。体験版では酒好きな仲間の悩みを解決するべく材料を集めていくところをプレイできました(エロシーン3つあり)。本編は3/2発売予定です。

追記:3/2に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
ちょっとバカな熱血漢「アレン」
クールぶっているヘタレ男「リュート」

二人の弱小ギルドマスターが自分のギルドにやって来た
女の子たちのエッチなお悩み(?)を解決しながら
国内最強のギルドを目指していく物語です。

オープニング 主人公の弱小ギルドに女の子達がやってくる


初めに世界観の説明が流れます。魔物に対抗するため大量のギルドが作られ、作戦がうまくいって魔物の数は激減しまして一見喜ぶべき状況なものの、魔物が減ったことによりギルド同士で生き残り競争が勃発します。主人公達のギルドは弱小な部類で、生き残る(ギルドを運営していけるだけのメンバーを確保する)ためにはどうすればいいか悩んでいるという状況です。
(読むのが面倒な場合は、主人公達が過疎ギルドの主というのだけわかっていればOK)


本作はアレン編・リュート編に分かれてまして、体験版ではリュート編の冒頭部をプレイできます。まずはアレンとの会話で、ライバル関係にありつつもなんだかんだ言って仲はよさげです。


2人が言い争っていると、女の子8人がギルドに入りたいとやってきました。4人ずつ分けて受け入れます(勝手に決められ、プレイヤーは選択できず)。女の子達いわく、ここならメンバー枠に空きがあるだろうということで案内されてきたとのことです。


女の子達はそれぞれ悩み事を抱えていまして、体験版ではそのうちのデミコの悩みを解決することになりました。デミコは酒好きで、幻の酒を見つけて欲しいとのことです。その酒なら馴染みの酒場で見た記憶があると主人公が言い、酒場に行ってみることにします(話が終わったところで動かせるようになります)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「Curse Errant」(く~るシスター)体験版感想

Curse Errant
Curse Errant [く~るシスター]
2/21の予告新作で、女騎士が主の少年とともに旅をしていくという話です(RPGツクールVXAce製)。体験版では護衛を任されるところから始まり、修道院跡の探索を終えるところまでをプレイできました。本編は2019年03月下旬発売予定です。
傭兵騎士として各地を旅していたジゼル。
ひょんなことからマリオル家が治めるシャルンの地でその腕を買われ
小さな従士ラナと共に遍歴の旅へ出ることになります。

プロローグ 領主の娘の護衛をすることに

最初に選択肢があり、プロローグをまるごと飛ばすことも可能です。今回は飛ばさず最初からプレイしました。


教官的な騎士がレクチャーしているところからスタートし(簡単に言うと採用試験的なものでした)、これを聞いている騎士のうちの一人、ジゼルが本作の主人公です。力量を試す手合わせに他騎士達が不合格になっていき、主人公が名乗りを上げて戦闘になります。


本作の戦闘は少し変わった形式でした。2回ほど攻撃するとTPが尽きて行動できなくなるので、そうなったら”行動終了”を選んでTPを回復させ、これを繰り返すことになります。


勝利すると腕を認められ、”領主の娘”(詳しくは後ほど明かされます)であるラナの護衛を頼まれました。動けるようになったあと、ラナはすぐ左にいます。


玉座に場面変わり、上層部は主人公絡みでなにか狙いがある模様です(体験版では詳しいところは明らかにはならず)。

続きを読む →

男主人公エロRPG「魔王と豚の城」(鬼貴族)体験版感想

魔王と豚の城
魔王と豚の城 [鬼貴族]
2018/10/16の予告新作で、村で平和に暮らしていた主人公が豚たちとの戦いに巻き込まれるという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では村を出て都へ向かい、豚の襲撃に遭い囚われの身になるあたりまでをプレイできました(ヒロイン2人のエロシーンが各1あり)。本編は2018年12月下旬発売予定です。

追記:2019/2/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
山の小さな村に生まれた青年。
意中の人である姫との逢瀬の合間、魔王率いる豚人間の軍団「ポークチャップ」に村を襲撃される。
姫までも連れ去られてしまった青年は一人、姫救出の旅に出る……

オープニング 主人公は村で平和に暮らしている


主人公は記憶喪失気味にスタートです。正体などは、話を読み進めていくと次第に明かされていきました。


場面変わって病院で、男2人が腕相撲で盛り上がっています。片方(ユージン、足を骨折して入院中)はこんな小さな村から出たいと愚痴り、一方主人公は農民なもののお姫様に惚れていて、長いこと通い詰めてプレゼントなどをしてきたという状況です。話が終わると動けるようになり、左側が出口です。


まずは右上の建物へと村長に挨拶しに向かいます。


村長からは米俵を都に運ぶ仕事を任され(”やだ”を選んでも、引き受けるまでループ)、主人公が普通の人間ではないこと(魔法が使える特異な存在)がここで明かされます。主人公は正体がバレないよう人前で魔法を使わないようにしていて、村長達も村外に秘密がバレないよう秘密を守ってくれていました(主人公に対して怖がったり迫害したりはなく、他の住人と同じように接してくれているという印象)。

続きを読む →

被調教エロゲ「ServantValkyrie〈サーバントヴァルキリー〉」(黒猫ぐり)体験版感想

ServantValkyrie〈サーバントヴァルキリー〉
ServantValkyrie〈サーバントヴァルキリー〉 [黒猫ぐり]
2/20の予告新作で、捕らえられた女騎士が捕虜としての奉仕ノルマを日々こなしていくという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版では5日目までをプレイでき、乳揉まれ・フェラチオ・立ちバック・アナル責め・オークによる背面座位などが見られました。本編は2019年03月下旬発売予定です。
王国軍を率いて帝国軍と戦い、常勝無敗だったが、ついに敗北。
帝都にある地下施設『ヴァルハラ』に収容される。
ヴァルハラは淫らな性の殿堂で、ディートリンデもいやらしい奉仕を強いられることに。
はじめは生まれ持ったプライドゆえ断固拒否するディートリンデだったが、
仲間の犯される姿を見せつけられ、逆らえば彼女たちの命はないと脅されてしまう。
ディートリンデは屈辱を受け入れ、ヴァルハラでの淫らな日々が幕を開ける――。

戦に敗れ、囚われの身に



ディートリンデという女騎士が本作の主人公です。戦いで敗北して捕らえられて帝都へと移送されてくるところからスタートし、話が早くてありがたかったです。


動けるようになったら老執事に話しかけて説明を聞き、



会話が終わったら下へ進みます。部屋を見回すと、女達が調教されており、いずれも全裸でした(主人公も以降、ずっとほぼ全裸)。

続きを読む →

男主人公エロRPG「イブニクル2」(アリスソフト)体験版感想


イブニクル2
アリスソフトさんの新作で、貴重な商業のフルプライスエロRPG作品です。体験版ではヒロインのユラギと知り合うところから始まり、山賊退治の末ユラギと結ばれるあたりまでをプレイできました。本編は2/22発売予定です。

追記:2/22に発売になりました。
FANZA販売ページ 7,776円
スキル・魔法を使うと病に冒され死に至る【英雄病】と呼ばれる症状が蔓延する世界。
戦う才能を持つ者は死を覚悟してモンスターとの戦いに挑んでいた。
すべては残された家族や仲間たちのために、一匹でも多くのモンスターを消し去るために。

そんな悲劇的な世界に伝説の医術スキルを身につけた青年・アレクが現れる。
医術スキルを持つ者は傷一つ付けずに手術を行い、その体液はあらゆる病気を癒す薬になる……
青年医術師アレクは、英雄病に苦しむ美少女を救うために旅立つ。

女戦士が英雄病を発症


人間とモンスターが激しく戦っている世界が本作の舞台で、スキルを使うと発症するという”英雄病”が本作のテーマになってます。スキルを使うのは年長者からというのが暗黙の了解になっていましたが、他にまともに戦える人員がいない状況でこの女戦士ユラギ(まだ若者で、普通だったら使う順番ではない)がスキルを使ってしまい、英雄病を発症してしまいました。(この英雄病の症状や治療法など詳しいところは、追々説明されていきます)


そうして英雄病を発症したユラギが落ち込んでいると男が登場し、この男が本作の主人公アレクです。いきなり肉棒を露出するなど第一印象は軽いノリに見えましたが、真相は微妙に違いました(ここの状況は後ほど改めて描写されます)。アレクは自分とセックスすれば病気を治せると女に迫るものの、周りで見ていた者がそんなおかしな話があるかと止めに入ります。

主人公は辺境の村の研修医


時間遡り、ここからしばらくは主人公アレクが何者かの紹介です。アレクは小さな村(いるのは老人ばかり)の医者見習い(研修医)で、先祖伝来的な特殊治癒能力で住民を治していました。今のところ治せるのは簡単な病のみですが、主人公いわく、これは若い女の子がいないせいで本来の力を発揮できていないだけとのことです。


まずはおばあさんの頼みで猫探しをすることになりました。右へと進むと巨大な!マークがあり、本作は基本的にこの!マークをたどっていけば話が進みます。!マークは(とりあえず体験版の範囲では)2種類あり、緑が会話イベント、赤が戦闘イベントです。


戦闘は、敵をマウス左クリックすることで攻撃できます。スキル技(攻撃系)は、使用にはBPが必要で、これは毎ターン1ポイントずつ自然回復していきます。必要値は、攻撃魔法などの主要技は2ポイントでした。一方回復技はMPが必要で、こちらは自然回復はせず、回復するには村・街にある宿屋に泊まる必要がありました。

続きを読む →

エロアクションゲーム「Treasure chest Corps-結界を維持するため、魔物を退治した」(WhitePeach)体験版感想

Treasure chest Corps-結界を維持するため、魔物を退治した
Treasure chest Corps-結界を維持するため、魔物を退治した [WhitePeach]
2/16の予告新作で、味方を守りつつ敵を倒して進んでいくという横スクロールアクションゲームです(Unity製)。体験版では現れた魔物~大司祭登場(ボスステージ)までをプレイできました(エロは2パターンあり)。本編は2019年03月下旬発売予定です。
仲間を育て、一緒に任務をクリヤーしよう!
装備は色んな種類と属性か全部ランダムに持っています、
進め難い時は前シーンで装備アップ!

ゲームシステム・基本操作について


本作は外国の方が作っているようで、ステージ開始前の会話は、日本語が不自然な箇所が所々ありました。とはいえアクションゲームですので、ストーリーが多少理解できなくても大きな問題はなかったです。話をまとめると、4人で協力して魔物調査・退治に向かうといったところです。なおキャラが4人いますが、プレイヤーが操作可能なのは女騎士のみで、他は勝手に動き回ります(女騎士に着いてくる)。


基本操作は、移動がWASDキー、通常攻撃がマウス左クリックです。他にスキル攻撃が右クリックでできますが、このスキル攻撃は1回使うと(MP回復をどこまで上げているかにもよりますが)再使用にかなり待たされます。無計画にとりあえずで使ってしまうよりは、温存しておいて味方がピンチの時に使うのがいいように感じました(ピンチの時は敵が固まっていることが多く、複数体に当てやすい)。(なおスキルは装備武器によって内容変わりまして、攻撃技ではない場合もありました)


主人公の女騎士ラシャの目的は、ナース風キャラ(リムリー)の護衛で、このリムリーがやられるとゲームオーバーです。味方3人は、距離が離れると見失って着いてこなくなりまして、判定距離はなかなかシビアでした(↑は完全に離れすぎ) 。

続きを読む →

オープンワールドゲーム「BAD TOWN」(キツネマフラー)体験版感想

【20%OFF】BAD TOWN
BAD TOWN [キツネマフラー]
2/16発売の新作で、近未来な街が舞台のオープンワールドアクション作品です。体験版ではBAR内のみプレイできました(エロシーンは男主人公が3、女主人公が1あり)。

DLSite販売ページ 3,110円、288ポイント還元(20%OFF価格、2/22まで)
月夜に照らされるネオン街を欲望がままに駆け巡る
過去最大のボリュームでお送りするアクションアドベンチャーゲーム!!
町に点在するミッションイベントを攻略して忍び寄る謎を解き明かせ!

操作・ゲームシステムについて


ゲームを始めるといきなり動かせました(説明・チュートリアル的なものはなし)。基本操作はWASDキーで移動、シフトキーでダッシュです。他にスペースでジャンプができるものの、体験版では必要な場面はなしでした。(その他の細かい操作は付属の”READ ME!.txt”に出てます)


フロア内にいるキャラ数は多いですが、イベント(会話)があるキャラは一部のみです。座っているキャラが大量にいますがいずれもイベントはなく、”立ち止まっていて動かないキャラ”がイベントキャラでした。ウインドウが出たら、Eキーを押して会話を進めます(↑のキャラは女主人公で話しかけても何も起こりませんが、男主人公にチェンジして話しかけるとエロ展開になります)。



あとは、他キャラに隣接してマウス左クリックすると攻撃(パンチやキック)ができました(最初は向こうからは攻撃はしてこず、こちらが攻撃を当てると相手が攻撃モードに入って反撃してくる)。強さはキャラによってだいぶ差があり、3発程度であっさり倒れるヤワ男もいれば、間合いを取ってビーム銃を使ってくる難敵もいました。なおやられた場合はスタート地点(BAR1F入り口)に戻されます(敵を倒すメリットがシステム上あるのかは不明)。

続きを読む →