Category Archives: 女主人公

女主人公エロRPG「娯楽街ルーディルへの潜入」(アイオライト)体験版感想

【20%OFF】娯楽街ルーディルへの潜入
娯楽街ルーディルへの潜入 [アイオライト]
2022年05月05日の予告新作で、娯楽街への潜入捜査を言い渡された彼氏持ちの女騎士がセクハラされたり娼館で働いたりしていくという話です。体験版は盗賊退治を終えたあと次の任務を言い渡され、目的の街で情報集めを進めていき、敵幹部の一人を倒すところまでをプレイできました。本編は2022年06月上旬発売予定です。

追記:6/10に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,760円、160ポイント還元(20%OFF価格、7/5まで)
女騎士イサリアは様々な娯楽が集まる「ルーディル」という街で
非合法薬物の取引の証拠を見つけ出すという任務を騎士団長から下される。
その任務の内容は「娼婦として街に潜入する」というものだった!
彼氏がありながら娼婦として潜入するイサリアは、果たして貞操を守り、
無事に任務を終えることができるのか……!

盗賊退治の任務を難なく遂行


女騎士イサリアが任務で盗賊退治にやって来たところから話は始まり、さっそく動かせます。


戦闘はシンボルエンカウントで、オーソドックスなコマンドバトルでした。敵は弱く、難なく勝利できました。なおアイテム”自爆スイッチ”で試しに負けてみましたが、ダンジョンの入り口に戻されるのみでエロ要素はなかったです(この後のボス戦も同様でした)。HP満タンで復活しましたので、ボスに挑む前にザコにわざと負けて回復するというのもありです。


左上でイベントバトルがあり、(HPが十分ある状態で挑めば)LV2で余裕で勝てました。首尾良く盗賊団討伐を終えた主人公は、彼氏(地方に遠征中のため通信機器で会話)に状況を報告し、次に会えたときにはレストランで楽しく食事をしようと約束します。

次の任務は娯楽街潜入


翌朝、次の任務について尋ねに団長のところへと向かうと、”娯楽街ルーディル”の潜入任務を言い渡されまして、黒蜘蛛というギャングが行っている薬物取引の現場を押さえるべく、娼婦として潜入することになりました。娼婦と言われて最初は困惑する主人公でしたが、フリをするだけでいい、国のためだからと言われて任務を受け入れます。


部屋に戻り、ルーディルへの潜入を言い渡されたことを彼氏に報告しますが、娼婦のフリをすることは言い出せませんでした。任務が終わったら会おうと約束し、任務地へと向かいます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女」(しもばしら工房)体験版感想

エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女
エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女 [しもばしら工房]
4/21の予告新作で、男に騙されて借金を瀬尾事になったシスターがダンジョン探索やバイトをしたりして金を稼いでいくという話です。体験版では最初の10日間をプレイでき、ダンジョン探索(3Fまで)や悪霊退治、酒場でのバイトなどができました。本編は2022年10月中旬発売予定です。
主人公エニシアが、借金返済のために頑張る物語です。
その過程で様々な問題を解決したり、えっちな目に遭ったり、えっちな目に遭ったりします。

悪い男に騙され、多額の借金を背負うことに


最初に難易度選択があり、3段階からの選択です。日数と金額は、たとえば聖女モードの場合、30日以内に100万ゴールド返済する必要がありました。簡単なモードを選びたい場合、聖女モードとのんびりモードのどちらがラクか判断に悩むところです。のんびりは日数こそ制限がないものの、返済額が聖女の3倍もあり、稼ぐのはなかなか大変そうです。ただ体験版の場合、どのモードでも借金完済は恐らく不可能なので、どれを選んでも大きな違いはなしでした。


オープニングはスキップ可能です(飛ばすと利子返済の必要がなくなるところまで飛びます)。主人公は零細教会のシスターで、動かせるようになったら右の階段から下り、上の方にある?を調べます。あるはずの土地の証文は見つからず、商人に騙されていつの間にか土地の権利を奪われていたことに気付きます。


そんな感じで主人公は借金を背負ってしまい、規定日数以内に返済する必要に迫られます。

雑貨屋で友人から情報入手



説明が終わるとさっそく自由に動けました。まずは教会を出て街へと向かい、友人がやっている雑貨屋は街の右下です。


主人公のために店を売って金を作ろうとする友人を慌てて止め、酒場で働き手を募集しているという情報を得ます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「アリサグリモア」(さーくるくらすけ倉庫)体験版感想

アリサグリモア
アリサグリモア [さーくるくらすけ倉庫]
2022年03月31日の予告新作で、能力に目覚めた女主人公が問題を解決していく現代学園もの作品です(RPGツクールMV製)。体験版は夜の学園で学園長が倒されるところから始まり、主人公が覚醒した後、メインクエスト序盤と、サブクエスト5つをプレイできました。本編は2022年07月上旬発売予定です。
ある学園に通う、主人公・アリサは
ふとしたことで強大な魔術師の魂が封じられた魔術書を手に入れる。

その力により、魔術師になったアリサは、
自分の通う学園が魔術の実験場であったことを知る。

深夜の学園に少女が潜入


夜遅く、隠密風の六花という少女が学園の屋上に到着して魔物討伐に向かうところから話は始まり、早速動かせます(なおこの少女は主人公ではありません)。左下から校内へと移動します。

下へと進み、3F→2Fと下りたところでイベントが入り、今夜の討伐対象はこの学園の学園長でした。討伐理由は学園の女子生徒を魔術の実験台にしているということで、このあたりの詳しいところはこの先ゲームを進めていくと追々説明されていきます。通信による説明が終わったら左へ進み、赤い”!”の出ている学長室へと入ります。


中では学園長が女子生徒達を侍らせてエロ行為中でした。本性を現した学園長はなかなか手強かったですが(六花が勝手に戦ってくれ、コマンド戦闘はなし)、少女はうまく立ち回って学園長の魔力を封じこめることに成功し、見事に任務完了です。

放課後、怪しい少女を盗み見


場面変わって、のんびりした雰囲気のアリサという赤髪少女が登場し、こちらが本作の主人公です。放課後、奈緒という友人から店に来ないかと誘いを受けていると、もう1人の友人が不思議体験の話をしてきました(深夜、気がついたらコンビニにいて、途中の記憶がない)。


話が終わったら、門限を破った女子を注意しに、スバルというボーイッシュな少女とともに中庭に移動します。学園は少々ややこしい作りになっていまして、大事なものにある”自作マップ”を見ると構造を把握しやすかったです。2F教室から目的地へは、左→下→左(昇降口はスルー)→下、と進めばたどり着けます。


中庭にたどりついたら、ベンチに座っている!マークの出ている緑髪の少女に話しかけます。門限を破ったのは別の生徒で、なにかを探すような怪しい行動を取っていたとのことです。ここからまた移動することになり、話が終わったら左下から体育館裏へと進みます。


体育館裏では目的の少女がそわそわした様子でいました。その後主人公達が様子をうかがっていると、冒頭で学園長を倒した六花がここで再び登場です。2人の会話からすると、待っていた少女は六花より立場が上のようでした。少女が立ち去った後は、!マークを調べて話を進めます(なお無視して右に進んでも校舎からは出られず、!を調べないと話が進みません)。設置していった人形を見つけた主人公は、これを持ち帰ってしまいます(選択肢はなし)。その後謎の本も入手し(勝手についてくる)、こちらも重要アイテムでした。

続きを読む →

女主人公エロRPG「交錯のブバルディア精液を集めて世界を救う剣士と魔術師」(あせろら)体験版感想

【10%OFF】交錯のブバルディア精液を集めて世界を救う剣士と魔術師
交錯のブバルディア精液を集めて世界を救う剣士と魔術師 [あせろら]
2021年12月21日の予告作品で、無口な女剣士が女魔術師とともに旅をしていくという話です(Unity製)。3/16に体験版が公開になったので早速プレイしてみました。体験版はギルド員に頼まれてゲートの点検に向かうところから始まり、女魔王に全く歯が立たず一蹴されたあと、クリスという女とともに旅を始め、北の町を経て洞窟をひとつクリアするあたりまでをプレイできました。本編は2022年03月下旬発売予定です。

追記:3/26に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,980円、180ポイント還元(10%OFF価格、4/22まで)
人影の正体は異次元から来た魔王「シャーロット」
どうやら「エキナセア」と言う世界からやって来たという。
刃を交えるが敗北してしまうレイチェル。
シャーロットは面白そうだから、と、
レイチェルに淫乱になる呪いを掛ける。

主人公はきっちり依頼をこなす腕利き剣士


レイチェルという少女が依頼を終えて報酬を受け取りに来るところから話は始まり、露出度高めな格好ではありますが淫乱化の呪いはまだ食らっていない状態です。レイチェルは口数少なめで、受けた仕事をきっちりこなす腕のいい剣士といったところです。


建物を出ると、レイチェルのことをよく知らないらしいごろつき男が絡んできました。速度で男を圧倒したところで、ギルド職員が建物から出てきます。


いつもゲートのチェックに行っている人間が行けなくなったということで、レイチェルが確認しに行くことになります(選択肢はなし)。ただ異変があったというわけではなく、日常点検ということで危機感は薄めでした。ゲートは街の右側出口から出た先にあります。

魔王に全く歯が立たず…


ここにはザコ敵はいませんで、道なりに進んでいくと(シフトキーでダッシュできます)、巨大なゲートに出ました。異常なしと判断して帰ろうとするレイチェルでしたが、ゲートから謎の女が登場して一気に緊迫した空気になります。


剣を交えることになり、コマンドバトルになりますが、こちらの攻撃は全くダメージいかず、向こうの攻撃は超ダメージで、全く歯が立たずに敗北でした。敗北後、諦めきれないレイチェルは更に不意打ちを仕掛けるものの失敗し、完全に打つ手がありません。魔王らしい女はレイチェルに淫らな映像を見せ、どんな淫乱術をかけようか思いを巡らせます。


このままではなにをされるかわからずピンチというところで、クリスという女が現れて割って入り、どうやら正義サイドの人間のようです。得意の精霊魔法で魔王に攻撃しようとするものの、この世界に来たばかりということで精霊の協力は得られず、魔法は発動しませんでした。一方的に殺されてもおかしくない状況でしたが、魔王は楽しめそうと言ってそれ以上の攻撃はせず、この世界の7つのクリスタルを集めると宣言して去っていきます。

もし魔王がクリスタルを集めてしまったらマズいことになると焦るクリスでしたが、レイチェルはそのあたりには興味ない模様です(世界がどうなるかよりも剣で勝つか負けるかの方が重要とのこと)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「世界の卵 夢幻のリーリウム」(ハソユア)体験版感想

世界の卵夢幻のリーリウム
世界の卵 夢幻のリーリウム [ハソユア]
2022/2/27の予告新作で、平和に過ごしていた女子生徒が魔物との戦いに巻き込まれていく現代・変身ヒロインもの作品です(RPGツクールMV製)。体験版は部活動の帰り道に化物と遭遇して戦うところから、裏世界での戦いを何度か繰りかえしたあと、新たな変身ヒロインが出てくるところまでをプレイできました(エロ要素は戦闘中のエロ攻撃や探索中のトラップのほか、ボスの敗北エロが4パターンあり)。本編は2022年06月上旬発売予定です。
舞台となる世界は2つ。
片割れとなるのは、現代のそれと同じ街並み。
主人公の茉莉は学生として、友人の琴音と平凡な日常を過ごす毎日を送っていた。
その日もいつものように学校へ行き、部活を楽しんで、街へ繰り出してお菓子を食べる……そのはずだった。

友人が触手に襲われ…


最初に難易度設定があり、今回は”簡易設定・易しい”を選択しました。なお”詳細設定”を選ぶと、より細かな設定ができまして、こちらの場合の難易度設定はカジュアル~ハードの4段階ありました。難易度カジュアルは”経験値・獲得資金が倍”などかなり簡単よりな難易度になっていまして、さくさく話を進めたい場合によさそうです。カジュアルに設定した場合、ゲーム開始後の難易度変更はできません(ノーマル・イージーは、簡単な方向への変更が可能)。

他に性的弱点が3箇所(胸・膣・尻)から選択できたほか、性的経験は”生娘・処女だがよく痴漢に遭っている・自慰で処女を失った”から選択できました。あとは戦闘中の攻撃演出の省略設定などもここでできまして(この設定はゲーム中にも変更可能)、凝った作りになってます。


オープニングはスキップ可能でした(飛ばした場合、ゲーム冒頭の友人が触手に襲われるシーンや最初のダンジョン探索などが丸々カットされ、即任務を開始できます)。飛ばさずに見た場合、まずは近未来な施設にサイレンが鳴り響くところから始まり、皆が慌てた様子で何やら緊急事態な模様です(この施設は後ほどまた出てきます)。


場面変わってレオタード姿の少女が平和に新体操の部活動をしており、この茉莉という少女が本作の主人公でした。


部活後は友人の琴音と食事に向かい、帰り道、街の異変に気付きます。見たことのない化物が見えて動揺する茉莉でしたが、他の人間にはこの化物は見えていないようです。ここで早速一枚絵での触手エロで、一緒にいた友人の琴音が問答無用で襲われてしまいます。何とかして触手の動きを止めようとする主人公でしたが、自分の方も触手に足を取られ、琴音を助けることはなかなかできず。なお触手は気持ちいいようで、しばらくすると琴音は喘ぎ始めます。

続きを読む →

ローグライクエロRPG「リコの不思議なお使い」(Cotton Candy)体験版感想

【10%OFF】リコの不思議なお使い
リコの不思議なお使い [Cotton Candy]
2021/10/29の予告新作で、ダンジョンのある街へとやってきたメイドさんが”オタカラ”を手に入れてご主人様に褒めてもらうべくダンジョン探索していくというローグライクアクションRPGです(RPGツクールMZ製)。体験版はチュートリアル後、B5Fのボスを倒したあと、ダンジョンのB9Fまでをプレイできました(エロ要素はダンジョン内でエロ攻撃をやってくる敵が3種類と、宿屋でのオナニーなどが見られました)。本編は2021年12月下旬2022年01月下旬発売予定です。

追記:2022/3/10に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,386円、126ポイント還元(10%OFF価格、4/2まで)
かんたんアクションで遊べる、立ち絵エロメインRPG!
「セイディといにしえの森」で登場した、メイドのリコが主人公です。
※続編等ではなく、直接的なストーリーの繋がりも無いため、本作単品でも楽しめます。

ご主人様に喜んでもらうべく、1人ダンジョンへ



主人公はメイドさんで、お肉を食べる夢を見つつ目を覚まします。ご主人様の言いつけ(勧め)で、ダンジョンのあるこの街に来たという状況です。


1Fに降りると詳しい話があり、なんとかして”オタカラ”を手に入れてご主人様に褒めてもらいたいところです(なお”オタカラ”は沢山の種類があります)。このメイドはせっかちなところがあり、宿屋の主が何かアドバイスしてくれようとするものの、迷宮に1人で突撃してしまいました。



さっそく動かせて、攻撃は(体当たりではなく)エンターキーを押す形式でした。道を塞いでいる障害物もエンターキーで壊せますが、1回では壊れず、5回程度やる必要がありました。時間の流れに関しては、トルネコなどのようなターン制ではなく、こちらが何もせずに止まっていても敵がどんどん動いて攻撃してくるというアクションゲーム寄りな形式でした。


進んでいくと悪そうな人間男たちに絡まれます。探索許可証が必要とのことですが、果たして本当なのか疑わしいです。選択肢が出まして、身体検査を受け入れるか受け入れないか選べました。


要求を受け入れた場合、恥ずかしがりつつ、ご主人様のためだからとスカートを自らめくり上げる様子が見られました。ただ興奮した男達が手を伸ばしてきたところで武器を振り回して逃げ出し、本番行為はありません。一方受け入れない場合はエロイベントは起こらず、同じように武器を振り回して逃げ出します。


場面変わって街で、冒険者ギルドへと入り許可証についてギルド員に尋ねると、そんなものは必要ないとのことです。ぶちのめしてしまった主人公は、男達が悪人だと聞いて胸をなで下ろします。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ロストワンダラー」(ミントスフィア)体験版感想

【20%OFF】ロストワンダラー
ロストワンダラー [ミントスフィア]
2022/1/9の予告新作で、見知らぬ世界に飛ばされてしまった女冒険者が元の世界に戻るべく冒険していくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は薬草取りの帰りに見知らぬ世界に飛ばされるところから始まり、同じように飛ばされた人間達とのキャンプ地を経由し、最初のボスを倒すところまでをプレイできました(エロシーンは主人公の睡眠姦と他冒険者の乱交が見られました)。本編は2022年02月下旬発売予定です。

追記:2/22に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,496円、136ポイント還元(20%OFF価格、3/21まで)
ある日オリヴィアは謎の青い渦に吸い込まれ、
見知らぬ地「セレーネカイト」に迷い込んでしまう。
果たしてオリヴィアは元の世界に帰ることができるのだろうか。

薬草取りに向かうものの…


女冒険者がクエスト探しをしているところから話は始まり、受けたのは薬草採取です。受付の反応からすると、もっと上位のクエストをこなせる実力があるようですが、他に誰もやらないからと薬草採取を選択していました。あとは他冒険者達が、リンコの姿を最近見ないと噂していまして、このリンコは後ほど出てきました。


採取を受けて帰ろうとすると、青い渦に吸い込まれてしまい、気がつくと別世界です。

キャンプ地は放浪者だらけ


早速動かせまして、上の宝箱にはバニー服が入っていました(この先にあるタンスで着替えられます)。


上に進むと賑やかな雰囲気で、先ほど噂になっていたリンコがステージの上で上機嫌で歌っています。観客も同じようにこの世界へと飛ばされてきた男たちで、”放浪者”という名で呼ばれていました。

続きを読む →

工房系エロRPG「リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 」(AQ organization)体験版感想

リズとロゼの工房  借金姉妹の工房日誌
リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 [AQ organization]
2021年12月27日の予告新作で、親の借金を肩代わりすることになった姉妹が依頼をこなしたりしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は借金を背負うに至る経緯が語られるプロローグと、常夜の森や炭鉱の討伐依頼や、夜の娼館でのバイトなどがプレイできました。本編は2022年06月下旬発売予定です。
辺境の村に暮らしていた若き錬金術師の双子姉妹――『リズ』と『ロゼ』。
幼い頃から厳しい訓練を課せられてきた2人は、両親が行方不明になると自堕落な生活を送っていた。
そんなある日、公爵令嬢『レミィリア』から、保証人としての多額の借金返済を命じられる。
慌てて夜逃げするも軍船に捕まってしまった姉妹は性奴隷の紋章という呪いを刻印され、
『階層都市ファラン』にて、借金返済の労役と冒険者としての過酷な試練を命じられてしまう。

難易度選択について


最初に難易度選択があり、Peaceful~Hardの5段階からの選択です。自分は初見時は一番簡単なモードでやることが多いのですが、本作で一番簡単なPeacefulはLV99でのスタートで、さすがに簡単すぎるように感じたので、その1つ上のCasualを選択しました。なおここで決めた難易度は、プロローグを終えると簡単な方向にのみ変えることができました(変更は工房内、中央上のベッド右でできます)。

PeacefulとCasualは借金返済の必要がなく、選択時は簡単すぎるようにも思えましたが、実際Casualでプレイを進めてみたところ、冒険者ランクを上げるなどやるべきことが色々と多いほか、Casualでも十分すぎるほど敵が強く(全滅してゲームオーバーになることもありました)、借金がないからといってゲームが退屈になるということはなかったです。

一番大変だったのはダンジョン内の謎解きで、謎がなかなか解けずに行ったり来たりしているさなかにも敵が容赦なく襲ってくるのがきつく感じました。今回はなんとかCasualで乗り切りましたが、そのあたりが大変に感じたら、Peacefulに下げてしまうのもありかと思います。

両親の厳しい教育から解放され、ダラけるものの…


プロローグ(スキップ可能)は以下の通りで、かなり手順が多く長かったです。船内で目を覚ますところから話は始まり、なにやら牢屋に閉じ込められていて、本人もなぜこんな所にいるのかよくわからない様子です。さっそく操作可能で、まずはこの牢屋からの脱出を図ります。タル、ランタン、桶、床に開いた穴を調べることができ、4箇所調べ終わると布団で寝られるようになり、寝ると回想が入ります。


一族は錬金術師の名門であったものの、両親が乗った船が行方不明になってしまいます(単なる事故なのかそれとも何者かによる事件なのか、詳しいところは体験版では明らかにならず)。あとを継いだ主人公姉妹は、ここではまだ借金のことは知らされておらず、特に何もせずぐうたら生活を送ります。ピザの配達にやってきた配達員も呆れ、真面目に働くよう熱く促すものの、姉妹は全く聞いていませんでした。

なぜ姉妹がこうなってしまったかというと、幼い頃からの厳しい教育のせいで、錬金術師としての勉強・研究に嫌気がさしてしまっています。ようやく厳しい生活が終わって開放感に浸っている状況で、このぐうたら具合には同情の余地がありました。


お金がなくなるまではこの生活を楽しもうと考える姉妹でしたものの、やってきたレミィリアという女から、この家が自分の所有となったと告げられます。親が乗っていた船には積み荷があり、船や積み荷を失った代価としてこの家を渡すことになったという次第です。しかも家だけでは返しきれず、多額の借金を抱えることになりました。一晩時間がほしいと食い下がり、なんとか譲歩してもらいます。

姉妹は素直に借金を払うつもりはなく、他国へ逃げることを選択します。船に乗り込むものの、運が悪いことにその船も海賊に襲われ、こうして牢に閉じ込められることになったという次第です。

続きを読む →

マジェタノがフルボイス化「クベルの首枷病+」(やさぐれ喫煙所)体験版感想

クベルの首枷病+
クベルの首枷病+ [やさぐれ喫煙所]
2021年12月02日の予告新作で、2019年06月に出ました「クベルの首枷病」のアップデートパッチです。体験版では序盤のストーリーダイジェストと、エロシーン4つが見られました。本編は2022年01月上旬01月01日発売予定です。

追記:2022/1/1に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,320円、120ポイント還元
FANZA販売ページ 1,430円、260ポイント還元

関連記事
女主人公エロRPG「クベルの首枷病」(やさぐれ喫煙所)体験版感想
寝取られ物エロRPG「クベルの首枷病」(やさぐれ喫煙所)製品版感想
◆現在配信中の「クベルの首枷病」に以下の要素を追加します。
・主人公マジェタノをフルボイス化 【CV:湯木ちゆり】
・キャラクターの立ち絵を新たに7種追加
・カトリナのHイベントを9シーン追加
・Cエンド(浮気エンド)を加筆し、マジェタノHイベントを11シーン追加
・新CGを9枚追加 など

ストーリーダイジェスト


説明ですと”本パッチを使用するにはゲーム本体が別途必要となります”となっていましたが、この体験版に関しては特別仕様になっていて、単体でも起動しました。開始するといきなり回想部屋で、シーン鑑賞のみの体験版です。

左上の6シーンは本編冒頭部のダイジェストになっていて、新規者にもストーリーがある程度把握できるようになっていました。まずはこれから見ていきます。


「止まり木亭の姉弟」は、主人公と幼なじみのセロが目的の町に到着し、宿にやってきたという状況です。出てきた弟店員は冒険者にいい印象がないらしく、素っ気ない対応でしたが、あとから出てきた姉店員のカトリナが謝ってくれ、無事に宿に泊まることができました。なお本編では立ち絵がなかったセロやカトリナですが、新たに立ち絵がついていまして、主人公同様にクオリティ高いCGになってます。


続いて「チャラついた坊ちゃん」を見ていきます。主人公たちが調査許可をもらいに町長の屋敷にやってきますが、町長は不在でした。仕方なく面会の予約を取って帰ろうとしますと、チャラ男がやってきまして、このチャラ男が本作のメインキャラです。無視して立ち去ろうとする主人公ですが、チャラ男はしつこく食い下がり、自分が許可を出すこともできるとアピールします。主人公としても背に腹は代えられず、屋敷の中へと入って話を聞き、セロとの関係などあれこれ聞かれた主人公は最後はキレた模様です。


「虫」では、主人公がセロと共に遺跡探索を開始します。セロが咳き込むのを見た主人公は不安がよぎります。

続きを読む →

女主人公エロRPG「魔法少女コノハ-LOLIQUE2GAIDEN-」製品版感想3(万魔の門)

【10%OFF】魔法少女コノハ-LOLIQUE2GAIDEN-
魔法少女コノハ-LOLIQUE2GAIDEN- [BLACK PANDA]
12/28発売の新作で、異世界へとやってきた主人公が世界を救うべく旅をしていくという話です。前回記事では各地のボスを倒し終わり、あとはラストダンジョンを残すのみです。

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(亜熱帯地方)
製品版感想2(砂漠・雪原)

領主の本性が明らかに


メインストーリーをここまで進めると魔法少女に対して緊急招集がかかり、リインガーネットの街へと向かうことになります(入り口を塞がれていて、やらないと街に入れない)。


ゲーム冒頭からいかにも怪しかった領主カンディラですが、ここでついに魔法少女たちに対して本性を現し、バトルになります。


勝利後、ギルド2Fで作戦会議があり、これでいよいよ決戦に向かえます。


世界マップはおおむねこんな感じでした。

続きを読む →