女主人公エロRPG「エクリプスの魔女」製品版攻略2(Aルート)

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]
2023年05月31日発売の新作で、見習い魔女のリズが村を出て旅をしていくという話です。前記事では、王都パトリオルトの問題を色々解決した後、魔女狩りが始まったところまで進みました。

DLSite販売ページ 4,400円、400ポイント還元

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(王都パトリオルト到着~魔女狩り開始)
セレーヌ村という小さな村に住む魔女見習いリズは
1人前の魔女になるために、母親であり魔女の師匠でもあるアレッタから
毎日魔法の手ほどきを受けている。

リズはアレッタから課せられた魔女見習い卒業試験をクリアし、
1人前の魔女になると『魔女の理』に従い、村を出て世界を旅することになる。

王都から逃げ、港町ヴィライドへ



まずは魔女狩りから逃れるAルートから見ていきます。国による魔女狩りにより、リズはパトリオルトの街にはもういられない状況です。抜け道から脱出し、次に着いたのは港町ヴィライドでした。国境を越えた先ということで、ひとまず安全そうです。



話を聞いて回ると、サハギンのせいで船が出せず、皆困っていました(道具屋は右上にありますが、この段階だと買い物はまだできません)。



左下にある漁師組合に行くと話が進み、海の洞窟でサハギンを倒してくることになりました。町の出口は右上です。


海の洞窟にトラップ的な物はなく、サハギンは雷が弱点でした。なおこのボスは、倒さないと話が進みません。


撃破後、場面変わってパトリオルトの城で、ユーグという男が新たな国王になっていました。ユーグと占い師のエロシーンがここで入りますが、レイプ感は特になく、合意でのHのようです。事後、ここで初めて、タイトルになっています”エクリプスの魔女”というワードが出てきました。

町の住人が次々行方不明に


ヴィライドに場面が戻りまして、町の住人が次々行方不明になって騒ぎになっています。掲示板を調べると、道具屋の娘ジェシカが行方不明になったと相談されました。


酒場などで話を聞いて回るものの、なかなか有力な情報が得られず。


なおここまで話を進めると、道具屋で買い物ができ、新たにロザリオが売っていました。効果1つの性能は+35、効果2つの性能は+35と+35(魔術耐性の場合は+15)、 効果3つの性能は各15%アップです。現状で上がり幅の大きい、2つのものを購入しました。


町の左下に行くとイベントがあり、怪しい黒づくめの男が女をさらおうとしています。


助けた女は船長の娘でした。犯人がいるピラトス島まで乗せていってもらいます。


上へと進んでいくと、待ち受けていたピラトス族は自分たちがやったとあっさり認めますが、この3人を倒してもまだ終わりではありません。奥へ進みます。


進んだ先では、左の方に、魔力操作の叡智の書があり、魔力が30%上がる必須装備でした。


祭壇を調べると洞窟が出現し、中に入ります。進んでいくと、捕らわれている人たちを発見です。


中にいたのは、ゲーム冒頭に出てきたホブゴブリンのリブゴンでした(弱点は氷)。勝利後、さらわれた人たちを助け出し、島をあとにするものの、全員助け出せたわけではなく、既に死んでしまっている人もいました。仕方ないとリズは気持ちを切り替え、次の依頼に臨みます。なおこのボス戦は、負けるとバッドエンド”性奴隷として売られたリズ”でした。

母を救うべく、再びパトリオルトへ


掲示板を調べると、パトリオルトの噂話が聞こえてきたあと、ロクサーヌが血相変えて走ってきました。リズの母アレッタが捕らえられてしまったということで、バトリオルトを戻ることをリズは決意します。だいぶ危険そうですが、選択肢はなしでした。


衛兵のチェックは、魔力を隠す魔導具でなんとか突破します。



アレッタは城の牢に捕らえられているとのことです。焦り気味なリズもいきなり城に乗り込むことはさすがにせず、まずは引き続き情報集めでした。ここで同郷のカミラと再会し、カミラはいろいろと情報を持っていました。なおカミラが情報を集める様子は、メニューのサイドエピソードで読むことができます。


捕まった人たちは、エルガストという町に連れていかれたそうです。エルガストがどんなところかは、Bルートで見ることができました。



街右手の宿屋へ向かい、女将に話しかけると話が進みます。夜、気がつくと手紙が届いていて、ネブラの森で待つということです。翌日、街を出てネブラの森へ向かうと、 待っていたのは占い師で、リズの力を試したいと戦いを挑んできます。魔法はトルネードが効果的でした。

勝利後、リズが”エクリプスの魔女”なのだと告げてきまして、エクリプスの魔女がなんなのか、ここで簡単に明かされました(エクリプスの魔女については、この先ストーリーが進んでいくにつれ、より詳しく説明されていきました)。

城に潜入


街に戻ったらギルドに向かいます。カミラが潜入ルートを見つけてきていました。


夜、さっそく城に潜入します。途中でイベント戦闘があり、見かけはザコ兵士と一緒ですが、体力が多めでした。倒すと牢屋の鍵を入手です。


ボス前、不壊の魔法壁の書を入手でき、効果は防御力と魔術耐性30%アップでした。パッシブは3枠なので、何を装備するべきか悩むところです。


アレッタは魔力を吸われ尽くしていたものの、国としてはまだまだ利用価値があり、殺される気配はありません。


そこにリズが駆けつけ、戦闘になります。難なく勝利したものの、ストーリー的にはピンチに陥ります。 フェイスが現れ、助けてくれました。


スティーナとユーグの関係は、詳しいところは明らかになりませんでしたが、対等かもしくはスティーナの方が立場が上のようでした。



ここでエクリプスの魔女について、より明らかになり、母の過去も明かされます。まず手に入れるべきは、天上への階段という山にある”蝕みの杖”でした。


キャラ育成的には、LV30でプロミネンスとコキュートスを取得です。本作のダメージは9999が上限らしく、このあたりでそれがちょくちょく出るようになりました。


山頂で手に入ったのは杖ではなく石でした。これはスティーナにとっても想定外だったようです。石について、詳しくはロクサーヌが知っていました。


宿で休むと話が進み、夜、フェイスから呼び出され、戦いを挑まれます。経歴が長いフェイスの方が、意志・覚悟は強いようでした。この戦いは負けるとバッドエンド・ゲームオーバーです(敗北エロはなし)。

魔界に乗り込み、最終決戦


準備が整い、魔界に乗り込むことになりました。フェイスたちは防衛戦力として残り、リズ1人で向かうことになります。



ネブラの森を奥へ進み、まずはグラッドという蜘蛛が相手です。


渦に入ると、魔王城に直接ワープします(魔界のフィールド的な物はありません)。



LV35でカタストロフィを取得し、無属性の全体攻撃魔法です。魔法リストのかなり下の方にあるため、選択するのが少し手間ですが(この選択に関しては、キーボードよりマウスを使った方が楽でした)、威力は抜群です。


ラストの詳細は伏せますが、リズの戦いとフェイスたちの戦いが交互に描写され(戦闘は3回)、リズだけでなくフェイスの見せ場もしっかりと用意されている熱い展開でした。なお”勝ったことにする”は、ラスボス戦にもいつも通り表示されました。


フローチャートによると、Aルートのエンドは3パターンあり(処女・非処女で淫乱度A以外・非処女で淫乱度A)、今回は処女でクリアしたため、”エクリプスの魔女の役目を終えて”でした。


終わりまでプレイすると引き継ぎ用のデータが作成され、始めからを選択した時、どの程度引き継ぐか選択可能です。なお装備は”アイテム”には含まれないようで、”全部引き継ぐ”を選んでも引き継げませんでした。


続きはこちら
製品版攻略3(Bルート)

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]