工房系エロRPG「リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 」(AQ organization)体験版感想

リズとロゼの工房  借金姉妹の工房日誌
リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 [AQ organization]
2021年12月27日の予告新作で、親の借金を肩代わりすることになった姉妹が依頼をこなしたりしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は借金を背負うに至る経緯が語られるプロローグと、常夜の森や炭鉱の討伐依頼や、夜の娼館でのバイトなどがプレイできました。本編は2022年06月下旬発売予定です。
辺境の村に暮らしていた若き錬金術師の双子姉妹――『リズ』と『ロゼ』。
幼い頃から厳しい訓練を課せられてきた2人は、両親が行方不明になると自堕落な生活を送っていた。
そんなある日、公爵令嬢『レミィリア』から、保証人としての多額の借金返済を命じられる。
慌てて夜逃げするも軍船に捕まってしまった姉妹は性奴隷の紋章という呪いを刻印され、
『階層都市ファラン』にて、借金返済の労役と冒険者としての過酷な試練を命じられてしまう。

難易度選択について


最初に難易度選択があり、Peaceful~Hardの5段階からの選択です。自分は初見時は一番簡単なモードでやることが多いのですが、本作で一番簡単なPeacefulはLV99でのスタートで、さすがに簡単すぎるように感じたので、その1つ上のCasualを選択しました。なおここで決めた難易度は、プロローグを終えると簡単な方向にのみ変えることができました(変更は工房内、中央上のベッド右でできます)。

PeacefulとCasualは借金返済の必要がなく、選択時は簡単すぎるようにも思えましたが、実際Casualでプレイを進めてみたところ、冒険者ランクを上げるなどやるべきことが色々と多いほか、Casualでも十分すぎるほど敵が強く(全滅してゲームオーバーになることもありました)、借金がないからといってゲームが退屈になるということはなかったです。

一番大変だったのはダンジョン内の謎解きで、謎がなかなか解けずに行ったり来たりしているさなかにも敵が容赦なく襲ってくるのがきつく感じました。今回はなんとかCasualで乗り切りましたが、そのあたりが大変に感じたら、Peacefulに下げてしまうのもありかと思います。

両親の厳しい教育から解放され、ダラけるものの…


プロローグ(スキップ可能)は以下の通りで、かなり手順が多く長かったです。船内で目を覚ますところから話は始まり、なにやら牢屋に閉じ込められていて、本人もなぜこんな所にいるのかよくわからない様子です。さっそく操作可能で、まずはこの牢屋からの脱出を図ります。タル、ランタン、桶、床に開いた穴を調べることができ、4箇所調べ終わると布団で寝られるようになり、寝ると回想が入ります。


一族は錬金術師の名門であったものの、両親が乗った船が行方不明になってしまいます(単なる事故なのかそれとも何者かによる事件なのか、詳しいところは体験版では明らかにならず)。あとを継いだ主人公姉妹は、ここではまだ借金のことは知らされておらず、特に何もせずぐうたら生活を送ります。ピザの配達にやってきた配達員も呆れ、真面目に働くよう熱く促すものの、姉妹は全く聞いていませんでした。

なぜ姉妹がこうなってしまったかというと、幼い頃からの厳しい教育のせいで、錬金術師としての勉強・研究に嫌気がさしてしまっています。ようやく厳しい生活が終わって開放感に浸っている状況で、このぐうたら具合には同情の余地がありました。


お金がなくなるまではこの生活を楽しもうと考える姉妹でしたものの、やってきたレミィリアという女から、この家が自分の所有となったと告げられます。親が乗っていた船には積み荷があり、船や積み荷を失った代価としてこの家を渡すことになったという次第です。しかも家だけでは返しきれず、多額の借金を抱えることになりました。一晩時間がほしいと食い下がり、なんとか譲歩してもらいます。

姉妹は素直に借金を払うつもりはなく、他国へ逃げることを選択します。船に乗り込むものの、運が悪いことにその船も海賊に襲われ、こうして牢に閉じ込められることになったという次第です。

海賊船から脱出を図る


再び牢に場面が変わり、こちらの女は色仕掛けを使えました。パンツを見せてあげると誘惑すると、見張りの男は食いついてきまして、見事に牢から脱出です。ロゼを探すことになり、ロゼは左に進んだところにいました。見張りと戦闘になります。


戦闘はオーソドックスなコマンドバトルでした。スキルは持っていなかったので通常攻撃で殴り、数発殴ったところで無事勝利です。


中央の部屋に戻ったあと、ジャンプして上へと進み、装備は右の部屋にありました。


戦闘はシンボルエンカウントです。最初のフロアの敵の動きは遅めで、回避は楽でした。次のフロアに進むと、動きが速く規則的に動いている敵が出現しまして、こちらも回避可能でした。


下へと進むと小舟を発見し、更にお宝を探すものの、欲が災いして船長が部屋に入ってきてしまいます。船長との戦闘はなく、勝手に倒してくれますが、撃った銃弾が近くの火薬に引火し、船は壊れてしまいました。


サメに囲まれて窮地に陥ったところで助けの船がやってくるものの、船に乗っていたのは借金相手のレミィリアで、2人はなすすべなく捕まってしまいます。

淫紋を刻まれ、レミィリアに逆らえず

連れてこられたのはファランという街で、この街では契約の持つ意味が他と違うようです。姉妹は小声で相談し、ひとまずサインしておき、効力が弱まったところで逃げ出そうという結論に至りますが、その考えは完全に見透かされていました。逃げだそうとした海賊が電撃を喰らって動かなくなるのを目にした姉妹の顔色が青ざめます。



誰が攻撃したのかわからず困惑する姉妹に、攻撃したのは街の装置だとレミィリアは得意げに説明してくれ、脱走を企てたら一気に罪が重くなると聞かされた姉妹はさすがに危機感を覚えます。こんなこともできると、パンチラエロがあり、淫紋を刻み込まれました。


こうして、国から逃げだそうとしたら装置の力で死んでしまうという状況に至ります。姉妹には工房が与えられ、禁忌のレシピを探し出すよう言い渡され、そのレシピは錬金術師でないと見つけ出せないとのことです。観念した姉妹は、要求を受け入れ、こうしてこの街での生活が始まります。

ストーリー的には、冒険者ランクを上げることのほかに一定期間おきに借金の返済も迫られますが、今回選んだ難易度Casualの場合は、その借金返済は不要でした。


回想が入り、友人のお誕生日会に行きたいと懇願するものの、父は課題が終わっていないので行かせられないと素っ気ない反応です。結局友人には落胆・非難され、こうして姉妹にとって錬金術師がイヤなものになっていきました。

街の施設を見て回る


まずは冒険者資格を取る必要があり、冒険者ギルドは工房を出て右に行ったところにありました。古街道へ向かう前に、鍛治屋に行くよう言われます。


左下から商工区へと向かい、鍛治屋は左下にあります。他と違って建物の上側が入り口で、少しわかりにくいところがありました。鍛治屋の主人は不在で、そのまま古街道に向かうことになります。

ダンジョンはオブジェクト多め


冒険者試験用のダンジョンへと向かい、画面左上の回数は、その日の採取の残り回数です。クエストで各種大量の素材が必要になったので、なるべく採取しておくと手間が省けます。マップにオブジェクトが多くあるせいか、進むルートは少し見つけづらかったです。このマップの場合、左下のツタを使って下に降り、そこから右上方向に進んで橋の下をくぐります。


進んだ先もルートがわかりにくく、敵の数も結構多く、探索はなかなか大変でした(ここだけ特別というわけではなく、この先もずっと似たような感じでした)。

街の男と親しくなる


進んでいくと、男がローブ男たちに拘束されている現場に遭遇します。ローブ男たちが立ち去ったあと、男に見つかってしまい、スルーもできずに話を聞くことになります。選択肢はやたらと数が多かったですが、どれを選んでも展開は同じな模様です。男が鍛治屋だと知った主人公は、拘束を解いてあげ、この男にはやたらと好かれることになりました。


場面変わってロゼで、こちらは街でレシピを探しています。左上の”大商店”に入ろうとするものの閉まっていて、ティタ商店を案内されます。ティタ商店は右寄りで、入るとなにやら揉めており、ティタ商店が安く売っているのが気に食わないようです。選択肢はどちらを選んでも結局同じ展開になりました。


店主の少年といい雰囲気になるものの、錬金術のレシピは見たことがないとのことです。


エリア3に進み、クリスタルを取ったあと係員に話しかけて街にワープし、これで2日目が終了です。


昼間助けた鍛治屋が押しかけてきたのに続いて少年もやってきて、ツテができて錬金術のレシピが入荷するようになったそうです。

再び回想が入り、今度はロゼで、父親だけでなく母親も厳しかったです。このまま死んでしまうのも悪くないと自暴自棄になりかけたところで何者かが話しかけてきて、人形でした。ロゼが連れているニャン号はこの時拾った人形です。


工房左の魔法書店に入れるようになり、火属性の魔導書を買っておきました。他に回復アイテムもほしかったのですが、買える店は見当たらず。結局その後も店では買えず、自分で作らないといけないようです(もう少し話を進めると工房で製作ができるようになります)。黄色のクリスタルを調べると、昨日中断したところに飛べました。

探索を進め、冒険者試験に合格


エリア3は一見ルートがないように見えましたが、小屋にかかっているハシゴから上に上がり、左へジャンプして進めました。


左下からぐるっと回り、中央部分でボス戦です。ファイアボルトがいい具合にダメージを与えてくれて、難なく勝利できました。上へと進むと倒れている男を発見し、先ほどのボスは、試験官にとって想定外の事態だったようです。


羽で街に戻り、これで冒険者試験に無事合格で、ギルドから色々と報酬がもらえ、できることが一気に増えました。工房に戻るとレミィリアが待っていて、借金のことを告げに来ますが、この難易度では借金はないので気にしなくてOKでした。

闘技場や娼館を見て回る



次は市街区のレストランに行ってみることになり、工房と同じエリアの右下にあります。続いて右へ進んで遊街区へ入り、右上へ進むと娼館です。が、何か危険なものを感じたのか、このキャラは入らずに終わりました(キャラごとに働ける施設が決まっている形式)。



右の地下闘技場前にいる男に話しかけ、気にしないを選ぶと覗き見エロが入りました。


キャラがロゼに変わり、右へ進んで貴族邸へと向かい、ここではメイドとして働けました。



右へ進んで娼館へと向かい、こちらは先ほどのキャラと違って中へとずかずか入っていきます。ロゼを見ると何やら慌てた様子で、昼間の冒険者ギルドの受付係でした。知人の頼みを断り切れず、夜はここで働いているそうです。こちらも気にしないを選ぶと覗き見エロがありまして、これでようやくプロローグが終わりです。

クエストをこなして冒険者ランク上げ

この後どうすればいいかですが、昼間はギルドの依頼をこなして冒険者ランクを上げ、夜はレストランなどで金稼ぎをすることになりました。ただ難易度Casualの場合、金にはだいぶ余裕があり、後者に関しては無理して稼ぐ必要はなかったです。


クエストはギルド内左上で受けられました(入り口の受付でできるのは報告のみ)。まずは採取からやってみまして、結構数が多いです。


このあと依頼者を探し回ってしまいましたが、依頼者をいちいち探す必要はありませんで(NPCとしては存在しない)、受付で必要な品を納品すればそれで終わりでした。


続いて作成で、備品確保を受けました。作成は工房の右下ででき、ポーションの材料はハーブと綺麗な水です。既に採取で集まっていたため即用意でき、これで実績値が32になりました。ただランクアップに必要な緊急クエストの発動には、これが500必要とのことで、だいぶ遠いです。なお2体いるボスを撃破(これをやらないと緊急クエストが受けられない)すると、それぞれ100もらえまして、他に特殊任務の分もあるので、採取や討伐で稼ぐのは200程度でOKでした。


作成は大体スムーズに行きましたが、塩(パンとチーズで必要になる)は採取では見つからず。これは街の食材屋で手に入りました(ティタ商店の右)。


手間のかかる討伐なら実績値が多いかと思いましたが、そうでもなく、多い物でも37でした。


まずはニンジン嫌いを受け、キャロが出るのは常夜の森でした(左上のニンジンがキャロ)。


常夜の森の1フロア目は、進む道がないかに見えましたが、植物は小さくなっているときには通過できました。このダンジョンは、古街道と比べて敵が強く、結構なダメージを食らいました。


なお今何匹倒したかの表示は見当たらず、勝手に完了になることもありません。達成まで残り何体か、プレイヤーが数えておく必要がありました。帰還するとその日の昼活動は終わってしまいまして、なるべく採取回数を使ってから戻りたいところです。

クエストは一度に14つまで受けられるので、一気に受けておいた方が効率よかったです(特に討伐)。なお各クエストができるのはそれぞれ1回限りで、楽なクエストをひたすら繰りかえして稼ぐということはできませんでした。

娼館で手コキ


闘技場の受付は真ん中あたり、緑髪の女に話しかけます。


1戦目の触手はかなりタフだったものの、防御系の行動がやたらと多く、ダメージを全然食らわないまま進んで勝利できました。戦闘後に選択肢が出るものの、エロい方は選べず、淫欲値が足りていないと思われます(なお今回の体験版で戦えるのは1回のみで、LV2は選べませんでした。闘技場で戦うのは、十分に淫欲値を上げてからのほうがよさそうです)。工房内には色々行動がありましたが、どれも今の段階では選択できず、諦めて寝ることにしました。


活動2日目はロゼを操作し、娼館へと向かいました。最初にできるのは手コキのみで、仕事を淡々とこなします。


貴族邸でのメイドのバイトは、エロ要素はなしでした。ゲージ合わせがあり、それによって実績値が得られました。(レストランのバイトも同様のゲージ合わせ)

ダンジョンの謎解きが次第に難解に



スキルは勝手には覚えず、工房右上のクリスタルを調べて取得します。この段階で覚えられたのは2つ程度で、どれを覚えるか悩むところでした。


常夜2は、老人に話しかけると妖精が出現するので捕まえると先に進めます。


その先も妖精を捕まえないと先に進めません。この妖精は素早く逃げ回り、捕まえるのに苦労しました。最初の妖精は1回で終わりでしたが、次の部屋以降は部屋ごとに2~4回捕まえないといけなく、なかなか難儀しました。


常夜の3は真っ暗で、たいまつがないとまともに進めません。


たいまつは近くにいる男から500で買えて、石版を調べることで火をつけられるものの、1つつけただけでは効果はありませんで、明るくするには複数つけて回る必要がありました。ここでは石版がなかなか見つからなかったのでそのまま探索し、順路は左下でした。常夜はまだ先がありましたが、ここの討伐クエストはこれで終わったので、翌日からは炭鉱を探索しました。


炭鉱の1フロア目は、よく見るとハシゴやロープがあります。


炭鉱の2フロア目は、男に話しかけると情報が得られまして、バッテリーを入手したあと、レバーを調べるとトロッコが使えます。その後もバッテリーを入手してレバーを使えるようにし、トロッコに乗って先に進む、の繰り返しです。



炭鉱の3フロア目も常夜3同様に真っ暗です(↑は3つほど明かりをつけた状態)。ここは謎解きがあるので、真っ暗なまま進めるのは困難です。宝箱を調べてレールを入手し、レールが途切れている部分を調べていきます(途切れているマスを上や下から調べても効果がなく、途切れているマスに乗って調べる必要あり)。石版を見つけるのに苦労したほか、当然敵も容赦なく襲ってきまして、このフロアはなかなか手こずりました。


そんな感じでクエストをひたすらこなし、ようやく実績値500を突破です。ただ緊急クエストを受けるにはそれだけではダメで、常夜と炭鉱のボスを倒す必要がありました。


常夜4フロア目は、キノコに乗ってジャンプして先に進みます。他と比べれば比較的楽でしたが、飛ぶ向きによっては壁にハマって抜けられなくなることがありました(諦めて帰還の羽を使って街に戻りました。Ver1.02でもこのハマりは残っていました)。



次のフロアに進む道が見つからず苦労しましたが、左上方向にありました。ここもバージョンによってはジャンプするキノコを間違えると、木にハマって動けなくなってしまいます(なおこの箇所に関してはVer1.01で修正されて、ハマらないようになってます)。いちいち羽で戻ってやり直すのはきついので、時々セーブしながらジャンプしていくのがいいかと思います。


なおこのフロアは、右に進むとエロイベントがありました。


5フロア目はこれといった謎解きはなく、右上でボス戦があり、勝利すると実績値が100アップです。


炭鉱4フロア目は、暴走トロッコにぶつかると戦闘になります。出るのは周辺の敵と同じ強さのようで、特別強い敵が出るということはありませんでした。5フロア目も同様の仕掛けですが、こちらは出る敵がオーラ敵になっています。


左上でボス戦があり、ここも実績値100獲得です。


これでようやく緊急ミッションを受けられるようになりました。

特殊依頼はエロイベントあり


緊急ミッションに向かう前に特殊依頼を見ることにしました。この依頼はいずれもエロ要素ありです。



酔客騒動は、昼間もターゲットマーカーが出ていて紛らわしかったですが、夜しかできません。酒場右上にいる酔っ払い貴族に話しかけ、依頼をこなすためにやむなく相手をすることになります。ただパンチラのみで、絡みはなしでした。



悪質スカウトは遊街区の左下にいるハートの出ている男で、胸を揉まれます。


臨時劇団員は、ロゼで遊街区の夜・昼の両方をいくら探しても依頼者が見つからず。このクエストはギルド内右上にいる、特殊遠征でできました。



舞台を無事にこなしたあと、深夜のステージで欠員が出て困ったことになり、急遽やるハメになります(淫欲値7以上が必要)。トレースの効果で身体が勝手に動いてしまい、服を脱いでしまいます。


生存本能も特殊遠征で、こちらは依頼主と場所が冒険者ギルドになっているので上と比べるとわかりやすかったです。冒険者2人組に同行することになりますが、手動の探索行動はなく、自動で奥に到着します。想定外の強敵が現れ、持っていたヤバげな強化薬を使用するハメになり、副作用で興奮を抑えられなくなった冒険者の性欲処理をすることになります。淫欲値5以上で下着を見せ、


更に続き、淫欲値10以上で手コキです(下着見せで5上がるので、開始時点で5あれば大丈夫です)。これでランクEのクエストは完遂です(実績値の合計は約1000でした)。

古街道奥地


あとは古街道奥地でボスを倒すのみです。最初のフロアは、壁は4回調べると壊れました。その先は右の方の小屋の壁を壊せます。



エリア2は、ヒントメッセージを見つけ出し、その通りに行動することで先に進めました。最初は”地面の穴を、上を向いた状態で、2度調べよ”で、 穴は左下にある穴です。下側から2回調べればOKです。



次は”水を張った桶を、一度調べてから、水の張っていない桶を調べよ”でした。



次は”赤い家の扉を、叩いてから、ツタが這う木の幹を調べ、話さぬ男に話しかけよ”でした。


進んでいくとボス戦で、勝利後、怪しい男に襲われるものの、ギルド関係者に助けられます。体験版はここで終了で、タイトル画面に戻ります。

感想まとめ

ストーリーについては、主人公たちの目的がはっきりしていてわかりやすかったです。主人公達の境遇については、幼い頃は両親の厳しい教育、ようやくそれから開放されたかと思ったら多額の借金と、不憫に感じる部分がありました。

ダンジョン探索は、各フロアごとに謎解き的なことをすることになり、そこまで難しい謎解きではなかったですが、他作品と比べると手間がかかる印象でした。敵の配置数も多めに感じました。

戦闘難易度は高めで、実質一番簡単なカジュアルでも、他作品のノーマルからハードくらいに感じました。しかも全滅するとゲームオーバーなので、なかなかシビアです。個人的にはピースフルとカジュアルの間にもう1つ2つ難易度があってもいいかなと感じました(ピースフルにしてしまうとあまりに簡単になりすぎる)。

エロ要素は夜の娼館などが見られ、体験版の範囲だとパンチラや乳揉まれや手コキなどソフトな内容でしたが、CGはいずれもクオリティ高かったです。他には戦闘中にエロ攻撃が入ることもあり(ジェルスライムで確認)、こちらも丁寧に描き込まれたいいCGでした。(なお体験版では回想は見られず、どの程度見落としがあるかはわからず)

リズとロゼの工房  借金姉妹の工房日誌
リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 [AQ organization]

過去作品

【20%OFF】アニエスの工房  流され少女の工房日誌
アニエスの工房 流され少女の工房日誌
ある日、アニエスは採取しに向かった森の小道で、錬金術師の師、ベル・ファリスと7年ぶりの再会を果たす。借金返済に追われるベルは、アニエスの錬金術師としての才能と容姿の美しさ、そして騙されやすさを利用し、妹の病気を治せる錬金術の手ほどきをする代わりに、ひっそりとアニエスにエッチな依頼をこなさせ、借金を返済しようとする。