Tag Archives: 陵辱

工房系エロRPG「リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 」(AQ organization)体験版感想

【10%OFF】リズとロゼの工房  借金姉妹の工房日誌
リズとロゼの工房 借金姉妹の工房日誌 [AQ organization]
2021年12月27日の予告新作で、親の借金を肩代わりすることになった姉妹が依頼をこなしたりしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は借金を背負うに至る経緯が語られるプロローグと、常夜の森や炭鉱の討伐依頼や、夜の娼館でのバイトなどがプレイできました。本編は2022年06月下旬発売予定です。

追記:2022/11/25に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,683円、153ポイント還元(10%OFF価格、12/8まで)
辺境の村に暮らしていた若き錬金術師の双子姉妹――『リズ』と『ロゼ』。
幼い頃から厳しい訓練を課せられてきた2人は、両親が行方不明になると自堕落な生活を送っていた。
そんなある日、公爵令嬢『レミィリア』から、保証人としての多額の借金返済を命じられる。
慌てて夜逃げするも軍船に捕まってしまった姉妹は性奴隷の紋章という呪いを刻印され、
『階層都市ファラン』にて、借金返済の労役と冒険者としての過酷な試練を命じられてしまう。

難易度選択について


最初に難易度選択があり、Peaceful~Hardの5段階からの選択です。自分は初見時は一番簡単なモードでやることが多いのですが、本作で一番簡単なPeacefulはLV99でのスタートで、さすがに簡単すぎるように感じたので、その1つ上のCasualを選択しました。なおここで決めた難易度は、プロローグを終えると簡単な方向にのみ変えることができました(変更は工房内、中央上のベッド右でできます)。

PeacefulとCasualは借金返済の必要がなく、選択時は簡単すぎるようにも思えましたが、実際Casualでプレイを進めてみたところ、冒険者ランクを上げるなどやるべきことが色々と多いほか、Casualでも十分すぎるほど敵が強く(全滅してゲームオーバーになることもありました)、借金がないからといってゲームが退屈になるということはなかったです。

一番大変だったのはダンジョン内の謎解きで、謎がなかなか解けずに行ったり来たりしているさなかにも敵が容赦なく襲ってくるのがきつく感じました。今回はなんとかCasualで乗り切りましたが、そのあたりが大変に感じたら、Peacefulに下げてしまうのもありかと思います。

両親の厳しい教育から解放され、ダラけるものの…


プロローグ(スキップ可能)は以下の通りで、かなり手順が多く長かったです。船内で目を覚ますところから話は始まり、なにやら牢屋に閉じ込められていて、本人もなぜこんな所にいるのかよくわからない様子です。さっそく操作可能で、まずはこの牢屋からの脱出を図ります。タル、ランタン、桶、床に開いた穴を調べることができ、4箇所調べ終わると布団で寝られるようになり、寝ると回想が入ります。


一族は錬金術師の名門であったものの、両親が乗った船が行方不明になってしまいます(単なる事故なのかそれとも何者かによる事件なのか、詳しいところは体験版では明らかにならず)。あとを継いだ主人公姉妹は、ここではまだ借金のことは知らされておらず、特に何もせずぐうたら生活を送ります。ピザの配達にやってきた配達員も呆れ、真面目に働くよう熱く促すものの、姉妹は全く聞いていませんでした。

なぜ姉妹がこうなってしまったかというと、幼い頃からの厳しい教育のせいで、錬金術師としての勉強・研究に嫌気がさしてしまっています。ようやく厳しい生活が終わって開放感に浸っている状況で、このぐうたら具合には同情の余地がありました。


お金がなくなるまではこの生活を楽しもうと考える姉妹でしたものの、やってきたレミィリアという女から、この家が自分の所有となったと告げられます。親が乗っていた船には積み荷があり、船や積み荷を失った代価としてこの家を渡すことになったという次第です。しかも家だけでは返しきれず、多額の借金を抱えることになりました。一晩時間がほしいと食い下がり、なんとか譲歩してもらいます。

姉妹は素直に借金を払うつもりはなく、他国へ逃げることを選択します。船に乗り込むものの、運が悪いことにその船も海賊に襲われ、こうして牢に閉じ込められることになったという次第です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「降魔彩風」(Studio 星渡)体験版感想

【10%OFF】降魔彩風
降魔彩風 [Studio 星渡]
2022年09月13日の予告新作で、怪異ハンターの少女が友人と共に戦っていくという話です。体験版では友人を助けたあと、図書館での怪異トラブルを解決するところまでをプレイできました(エロシーンは敗北エロが3つなど)。本編は2022年10月中旬発売予定です。

追記:10/21に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,485円、135ポイント還元(10%OFF価格、11/13まで)
舞台は現代に似ながらも、夜の闇に確かに怪異が跋扈する世界。
人々に仇なす怪異を討つ『狩人』の見習い「彩風 怜佳」は、
ある日親友の「富田 愛菜」に見慣れぬ紋様が現れていることを知る。

主人公は女の子2人


まずはいろいろと設定があり、変わったところでは衣服ダメージの度合いを決められました。今回は真ん中の下着を選択しました。なお戦闘などの難易度選択はここではなく、しばらくゲームを進めたところで出てきます。


愛菜という女の子が化物に追われて逃げているところから話は始まり、とりあえずこの時点では愛菜に戦闘能力はありません。追い詰められて助けを求めたところで、別の女の子(怜佳)が颯爽と登場し、2人は友人でした。この2人組が本作の主人公です。


さっそくコマンド戦闘で、怜佳1人で戦います。コマンドウインドウは、左右キーで種類を切り替えられました。戦いは一戦のみで終わりです。

愛菜を助けるべく公園へ


翌日の学園では、戦いのせいで怜佳はお疲れの様子です。怜佳は愛菜に対して友人以上の特別な感情を持っているようでした。


放課後、愛菜が遊びに来るのをわくわくしながら待っていると、ただならぬ雰囲気の愛菜から連絡が入ります。


愛菜がいるという公園へと慌てて向かうと、昼間にもかかわらず化物が現れていました。敵の視界について説明がここで入り(本作の戦闘はシンボルエンカウント)、視界に入ったら勘づかれるほか、音にも反応し、近くでダッシュすると感知されてしまうとのことです。実際やってみたところ、反応範囲が広いだけでなく敵の移動速度は速く、戦闘を避けて進むのはなかなか難しいものがありました。



上に進むと愛菜を誘拐した怪しい男を見つけ、イベント戦闘です。鎧の騎士を倒しきる必要はなく、指示通りに進めれば戦闘が終わります。

続きを読む →

女体化主人公エロRPG「その後、勇者の姿を見た者はいない」(ぽいずん)体験版感想

その後、勇者の姿を見た者はいない
その後、勇者の姿を見た者はいない [ぽいずん]
2022年09月16日の予告新作で、女体化してしまった元勇者が相方と共に冒険していくという話です。体験版では魔王を倒したあとに女体化するところから始まり、街で新たな職場を得て、ゴブリンを倒したり寮への襲撃に対処したりをプレイできました(話数的には第二話のラストまで)。本編は2023年03月中旬発売予定です。
魔王を打倒した勇者アステルはその直後、未知の魔法によって女の子になってしまう。
女の子になってしまったことで勇者の力を失ってしまったアステルだったが、
穏やかに復興を始める世界にそんなものは無用の長物だった。

新しい仕事を始めセカンドライフを満喫するアステル。
ところが魔王によって生み出され、魔王の消滅と共に消えたはずの
“本物の魔物”が各地で目撃されるようになる……

魔王を倒すものの、身体が女の子に



最初に設定があり、難易度は基本的にはノーマルが一番簡単です(他に難易度の項目とは別に、一番下に”超イージーモードがありますが、そちらはシンボル敵との戦闘がカットされ、戦利品が得られません)。変更はせず、ノーマルでプレイしました。この設定は、あとでオプションからいつでも変更可能で、各難易度の詳しい内容もヘルプの”戦闘難易度”で確認できました。(なお今回プレイしたバージョンはVer0.90)




男勇者アステルが洞窟の奥深くで魔王を倒すところから話は始まり、同行者2人(名前はウィリアムとハリー あっけにとられている様子からすると、戦っていたのは勇者1人な模様)が帰途に就こうとすると謎の光に包まれます。気がつくと青空広がる湖畔で、勇者は裸の少女になっていました。少女になってしまったこの元勇者が本作の主人公です。


街に場面が変わりまして、あれから半年が経過しています。変わってしまった身体にうろたえたり触って確かめたりする場面はなく、既に女の身体にある程度順応していました(女の身体になってしまったことについては、魔王の呪いだと判断)。これまで引きこもり状態だったアステルですがさすがに金が尽き、魔物でも狩って生活費を稼ごうと決意します。

続きを読む →

「淫習のカクリヨ村メスバレ厳禁モラトリアム」(I’m moralist)体験版感想

淫習のカクリヨ村メスバレ厳禁モラトリアム
淫習のカクリヨ村メスバレ厳禁モラトリアム [I’m moralist]
2022年07月15日の予告作品で、謎の村へと迷い込んでしまった男女が脱出するべく、村を探索したりのんびりしたり性欲を発散したりする話です(RPGツクールMZ製)。体験版では1年間のうちの夏パートをプレイできました。本編は2022年09月中旬発売予定です。
正月から半年ぶりに再会した幼馴染の少年アオと少女ヒノリ。
退屈な親類の集まりを抜け出し、子供と大人のはざまで揺れる友情を温めた二人だったが……
その帰り道、幽世(カクリヨ)の村に迷い込んでしまう。
そこは倒錯した性が蔓延る、女は男に絶対服従の村だった。

獣姦を見せつけられる


ゲームを始めるといきなり和室で(どうしてこうなったかは後ほど描写されます)、この村では性別を偽った者に対して厳しい罰が課されることなどが説明されます。右側に立ち絵表示されているのは1人ですが、話を聞いているのは2人です(少年アオと少女ヒノリで、この2人が本作の主人公です)。


続いて檻の中に捕らわれた少女がオス犬に後ろから犯されている獣姦を見せられます。村人はセックスに淡々とついて説明を続けるものの、主人公たちはあまりのことに理解が追いついていない様子です。この村ではこういったアブノーマルなセックスも、特におかしくはないこととして扱われています。このエロシーンは、地の文多めのテキストでじっくりたっぷりと描写されまして、読み応えある内容になってました。

この村に来るまでの経緯



エロシーンが終わったところで時間遡り、どうしてこうなったかが語られます。親戚の集まりに連れてこられたものの大人ばかりで退屈したアオが外を歩き周り、少女ヒノリを見つけて声をかけます(アオは都会住まい、ヒノリは田舎住まい)。2人は半年ぶりの再会で、2人で楽しく歩き回っているうちにすっかり暗くなってしまって帰り道がわからなくなり、気がつくと怪しい村に出てしまいます。


この村は何か危険だと感じた2人は村から離れようとするものの、不思議なことにどう歩いても離れることができず、そうこうするうち村人に見つかってしまいました。”ますらお(男のこと)”2人組だと村人に勘違いされた主人公たちは、その方が都合がよさそうだと考えたのか否定はせず話を合わせます。


村へと案内され、空いている家をあてがわれました。この村に電話がないことなどが明かされ、話が終わったところで移動可能になります。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ナイトメアナイト~聖なる騎士と堕欲の魔術~」(うらやまや)体験版感想

ナイトメアナイト~聖なる騎士と堕欲の魔術~
ナイトメアナイト~聖なる騎士と堕欲の魔術~ [うらやまや]
2022年08月03日の予告新作で、異変の起きた街へと派遣された女騎士がエロ魔術を食らってしまうという寝取られ系の作品です(RPGツクールMV製)。体験版は街に派遣されるところから始まり、ダンジョンで魔術を食らったあと、他の装置を探して情報を集め、北西ダンジョンをクリアするところまでをプレイできました。本編は2023年01月下旬発売予定です。
若くして王国の聖騎士となった少女レインは、聖騎士長であり恋人のジャスの命によって、遠く離れた町”ハクデティ”で起きている異変について調査を任された。その異変とは、平和だったハクディティに犯罪者が増え、近辺には魔物が溢れ、さらには謎のダンジョンまで現れたというもの。
表向きは冷徹な戦闘狂のレインだが、本当は大好きなジャスと一緒にいたかった。秘めたる欲望を抑え込みながらも、彼女は王国を旅立った。

異変の起きた街へと派遣されることに


一般兵たちが魔獣に襲われピンチに陥っているところから話は始まり、颯爽と現れて難なく撃退していく女騎士レインが本作の主人公です。


城へ戻り、戦いでの活躍が認められて王から直々にお褒めの言葉を頂きます。レインは聖騎士になってまだ間もないとのことですが、実力は騎士団でもトップクラスでした。


場面変わってレインの自室で、ジャスという幹部クラス(役職は聖騎士長)の男騎士がレインの思い人でした。レインは、凜々しい女騎士としての表向きと、ジャスに対してデレデレな内心が全然違うのが面白いところです。レインはジャスにベタ惚れでHしたくてたまらず、ジャスもこちらに好意的ですが、まだHはしていません。


レインの次の任務は、異変が起きたハクデティという街の調査でした。ダンジョンが発見されただけでなく、街自体にも犯罪者が増えて治安が急激に悪くなっているとのことです。危険な任務ですが、他の騎士は魔族退治で出払っており、レイン1人で派遣されることになりました。しばらく会えなくなるということでエロ系な雰囲気になるものの、ジャスに急な呼び出しがかかってしまい、結局ジャスとHはできないままハクデティに向かうことになりました。

続きを読む →

女主人公エロRPG「世界の卵 夢幻のリーリウム」(ハソユア)体験版感想

世界の卵夢幻のリーリウム
世界の卵夢幻のリーリウム [ハソユア]
2022/2/27の予告新作で、平和に過ごしていた女子生徒が魔物との戦いに巻き込まれていく現代・変身ヒロインもの作品です(RPGツクールMV製)。体験版は部活動の帰り道に化物と遭遇して戦うところから、裏世界での戦いを何度か繰りかえしたあと、新たな変身ヒロインが出てくるところまでをプレイできました(エロ要素は戦闘中のエロ攻撃や探索中のトラップのほか、ボスの敗北エロが4パターンあり)。本編は2022年06月上旬発売予定です。

追記:7/9に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,584円、144ポイント還元(20%OFF価格、8/5まで)
FANZA販売ページ 1,980円
舞台となる世界は2つ。
片割れとなるのは、現代のそれと同じ街並み。
主人公の茉莉は学生として、友人の琴音と平凡な日常を過ごす毎日を送っていた。
その日もいつものように学校へ行き、部活を楽しんで、街へ繰り出してお菓子を食べる……そのはずだった。

友人が触手に襲われ…


最初に難易度設定があり、今回は”簡易設定・易しい”を選択しました。なお”詳細設定”を選ぶと、より細かな設定ができまして、こちらの場合の難易度設定はカジュアル~ハードの4段階ありました。難易度カジュアルは”経験値・獲得資金が倍”などかなり簡単よりな難易度になっていまして、さくさく話を進めたい場合によさそうです。カジュアルに設定した場合、ゲーム開始後の難易度変更はできません(ノーマル・イージーは、簡単な方向への変更が可能)。

他に性的弱点が3箇所(胸・膣・尻)から選択できたほか、性的経験は”生娘・処女だがよく痴漢に遭っている・自慰で処女を失った”から選択できました。あとは戦闘中の攻撃演出の省略設定などもここでできまして(この設定はゲーム中にも変更可能)、凝った作りになってます。


オープニングはスキップ可能でした(飛ばした場合、ゲーム冒頭の友人が触手に襲われるシーンや最初のダンジョン探索などが丸々カットされ、即任務を開始できます)。飛ばさずに見た場合、まずは近未来な施設にサイレンが鳴り響くところから始まり、皆が慌てた様子で何やら緊急事態な模様です(この施設は後ほどまた出てきます)。


場面変わってレオタード姿の少女が平和に新体操の部活動をしており、この茉莉という少女が本作の主人公でした。


部活後は友人の琴音と食事に向かい、帰り道、街の異変に気付きます。見たことのない化物が見えて動揺する茉莉でしたが、他の人間にはこの化物は見えていないようです。ここで早速一枚絵での触手エロで、一緒にいた友人の琴音が問答無用で襲われてしまいます。何とかして触手の動きを止めようとする主人公でしたが、自分の方も触手に足を取られ、琴音を助けることはなかなかできず。なお触手は気持ちいいようで、しばらくすると琴音は喘ぎ始めます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女」(しもばしら工房)体験版感想

エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女
エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女 [しもばしら工房]
4/21の予告新作で、男に騙されて借金を瀬尾事になったシスターがダンジョン探索やバイトをしたりして金を稼いでいくという話です。体験版では最初の10日間をプレイでき、ダンジョン探索(3Fまで)や悪霊退治、酒場でのバイトなどができました。本編は2022年10月中旬発売予定です。
主人公エニシアが、借金返済のために頑張る物語です。
その過程で様々な問題を解決したり、えっちな目に遭ったり、えっちな目に遭ったりします。

悪い男に騙され、多額の借金を背負うことに


最初に難易度選択があり、3段階からの選択です。日数と金額は、たとえば聖女モードの場合、30日以内に100万ゴールド返済する必要がありました。簡単なモードを選びたい場合、聖女モードとのんびりモードのどちらがラクか判断に悩むところです。のんびりは日数こそ制限がないものの、返済額が聖女の3倍もあり、稼ぐのはなかなか大変そうです。ただ体験版の場合、どのモードでも借金完済は恐らく不可能なので、どれを選んでも大きな違いはなしでした。


オープニングはスキップ可能です(飛ばすと利子返済の必要がなくなるところまで飛びます)。主人公は零細教会のシスターで、動かせるようになったら右の階段から下り、上の方にある?を調べます。あるはずの土地の証文は見つからず、商人に騙されていつの間にか土地の権利を奪われていたことに気付きます。


そんな感じで主人公は借金を背負ってしまい、規定日数以内に返済する必要に迫られます。

雑貨屋で友人から情報入手



説明が終わるとさっそく自由に動けました。まずは教会を出て街へと向かい、友人がやっている雑貨屋は街の右下です。


主人公のために店を売って金を作ろうとする友人を慌てて止め、酒場で働き手を募集しているという情報を得ます。

続きを読む →

エロアクションゲーム「ニセモノ聖女の邪教討伐」(WhitePeach)体験版感想

ニセモノ聖女の邪教討伐
ニセモノ聖女の邪教討伐 [WhitePeach]
2021/11/20の予告新作で、異世界へと召喚された女主人公が渋々魔物討伐に赴くというエロアクションゲームです。体験版ではナメクジやゴブリンがいる最初のステージをプレイできました。本編は2022年02月下旬発売予定です。

追記:3/31に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,980円、180ポイント還元
元の世界でゴロゴロしていた少女「プエッラ」が聖女としてミドラ大陸に召喚される。
しかし彼女は聖女のようなハイリスクローリターンの仕事には全く興味がなく、
帰る方法を見つけようと一心に考えていた。
純白聖教の祭司たちも次第にその一端を知り、聖女であることへの疑念が高まっていった。
逃げ場のないプエッラは、欲肉悪教討伐という危険な任務を受けるしかなく、
戦いで自分を証明しながら、なんとか教会の支配から逃れることになる。

無理矢理召喚された主人公はやる気なし


金髪ツインテール少女が本作の主人公で、無理矢理召喚されたものの、なんで自分がそんな危険なことをしなくちゃいけないという考えで、やる気がないという状況です。さっそく動かせまして、まずは右へと進みます。


操作はZキーで攻撃、Xキーでジャンプ、Cキーで飛び道具でした。このステージは拠点ということで敵はおらず、タルを壊しながらどんどん右へと進みます。進んでいくとジャンプで進む箇所が出てきまして、ジャンプは二段ジャンプが可能です。タイミングなど特に難しいことはなく、すんなりできました。


扉まで来たらVキーを押すと先に進めます。

やる気がないのが神官にバレバレ


右へと進むと神官と鉢合わせし、主人公のやる気のなさは見抜かれていました。劣勢と見た主人公は邪教討伐に向かうと説明し、うまくごまかして神官から逃れます。


会話後、右へと進むとルクスという女と遭遇し、主人公のことを敵視・ライバル視しているようです。



なおここの神官にはエロイベントがありました。神官に重なってVキーを押すと会話ができ、マッサージをお願いすると寝入ったところをいたずらされるエロ展開になります(挿入されるものの、主人公は起きる気配なし)。



右にある銅像前でVキーを押すとセーブなどができ、テレポートを選ぶと敵の出るフィールドに移動できました。”ナメクジ繁殖地”を選択します(マウスで選択しました)。

続きを読む →

変身ヒロインアクションゲーム「燦然可憐エクセルシフォン」(ミルフィーユ/ぷちミルフィーユ)体験版感想

燦然可憐エクセルシフォン
燦然可憐エクセルシフォン [ミルフィーユ/ぷちミルフィーユ]
2022/3/10の予告新作で、謎の光に頼まれて少女2人が変身して悪組織と戦うことになるというアクションゲームです。体験版は光が山に落ちるのを目撃するところから始まり、変身してザコ敵を倒して進んでいき、ステージ1のボスのデビルオークを倒すところまでをプレイできました。本編は2022年03月25日発売予定です。

追記:3/25に発売になりました。
DLSite販売ページ 4,180円、380ポイント還元
本作はエッチな本格ベルトスクロールアクションゲームです。
タイプの異なる二人の変身ヒロインを駆使して爽快な必殺コンボを悪に叩き込もう!

デビルオークやクラーケンなどのモンスター、悪の戦闘員、一般人、
触手、動物型モンスターなど様々な敵からの陵辱、
輪姦、機械姦、磔、悪堕ちなど豊富なバッドエンドをご用意しております。

謎の光から、世界を救って欲しいと頼まれ戦うことに


なつきとみふゆの制服少女二人が和やかに学校から帰っているところから話は始まり、なつきは勉強が苦手なようで、宿題をどうするか悩み中です。


そうこうしていると近くの山に光が落ちるのを目撃し、隕石と判断して好奇心から見に行ってみることにします。森の中を探索して、煌めく光にたどり着き、世界を救うために”エルゴネラ帝国”と戦ってほしいと言われます。突然のことに困惑するなつきに、光は強引に力を授けてきました。




街に戻ると人々が苦しんでいて、さっそく変身です(変身アニメあり)。


相手組織の女幹部が出向いてきていて、コスチュームは露出度高めでした。


みふゆは正義感が強いようで、この状況を受け入れてやる気満々で、さっそく戦闘開始です。

続きを読む →

ローグライクエロRPG「リコの不思議なお使い」(Cotton Candy)体験版感想

【10%OFF】リコの不思議なお使い
リコの不思議なお使い [Cotton Candy]
2021/10/29の予告新作で、ダンジョンのある街へとやってきたメイドさんが”オタカラ”を手に入れてご主人様に褒めてもらうべくダンジョン探索していくというローグライクアクションRPGです(RPGツクールMZ製)。体験版はチュートリアル後、B5Fのボスを倒したあと、ダンジョンのB9Fまでをプレイできました(エロ要素はダンジョン内でエロ攻撃をやってくる敵が3種類と、宿屋でのオナニーなどが見られました)。本編は2021年12月下旬2022年01月下旬発売予定です。

追記:2022/3/10に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,386円、126ポイント還元(10%OFF価格、4/2まで)
かんたんアクションで遊べる、立ち絵エロメインRPG!
「セイディといにしえの森」で登場した、メイドのリコが主人公です。
※続編等ではなく、直接的なストーリーの繋がりも無いため、本作単品でも楽しめます。

ご主人様に喜んでもらうべく、1人ダンジョンへ



主人公はメイドさんで、お肉を食べる夢を見つつ目を覚まします。ご主人様の言いつけ(勧め)で、ダンジョンのあるこの街に来たという状況です。


1Fに降りると詳しい話があり、なんとかして”オタカラ”を手に入れてご主人様に褒めてもらいたいところです(なお”オタカラ”は沢山の種類があります)。このメイドはせっかちなところがあり、宿屋の主が何かアドバイスしてくれようとするものの、迷宮に1人で突撃してしまいました。



さっそく動かせて、攻撃は(体当たりではなく)エンターキーを押す形式でした。道を塞いでいる障害物もエンターキーで壊せますが、1回では壊れず、5回程度やる必要がありました。時間の流れに関しては、トルネコなどのようなターン制ではなく、こちらが何もせずに止まっていても敵がどんどん動いて攻撃してくるというアクションゲーム寄りな形式でした。


進んでいくと悪そうな人間男たちに絡まれます。探索許可証が必要とのことですが、果たして本当なのか疑わしいです。選択肢が出まして、身体検査を受け入れるか受け入れないか選べました。


要求を受け入れた場合、恥ずかしがりつつ、ご主人様のためだからとスカートを自らめくり上げる様子が見られました。ただ興奮した男達が手を伸ばしてきたところで武器を振り回して逃げ出し、本番行為はありません。一方受け入れない場合はエロイベントは起こらず、同じように武器を振り回して逃げ出します。


場面変わって街で、冒険者ギルドへと入り許可証についてギルド員に尋ねると、そんなものは必要ないとのことです。ぶちのめしてしまった主人公は、男達が悪人だと聞いて胸をなで下ろします。

続きを読む →