Category Archives: 製品版感想

女主人公エロRPG「アドゥスタ海の孤島」(男爵領)製品版攻略

アドゥスタ海の孤島
アドゥスタ海の孤島 [男爵領]
1/17発売の新作で、謎の島へと漂着した女主人公が海賊達の目をかいくぐり探索していくという話です。前2作がやり込みがいあって面白かったので今作も購入してみました。

DLSite販売ページ 1,650円、150ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「アドゥスタ海の孤島」(男爵領)体験版感想
今回は、冒険者ギルドの依頼を引き受け、船に乗って旅立ったアイシャ。
しかし、船が嵐と魔物に襲われ転覆し、彼女は海に投げ出されてしまう。

島になんとか流れ着いたアイシャ。
だがどうやら、この島は海賊たちが根城にしている島だったようだ。
海には船を沈めた巨大な魔物。
地下世界にはさらに危険な生物も潜んでいるようだ。
果たしてアイシャは、無事この島を生還できるのだろうか……?

目次

海蝕洞窟で潜水の水着を作成
鈎付きロープを入手し、昇降機を使えるようにしておく
海賊船に乗り込む
狭間の洞窟から隠し部屋へ
1フィートの棒を使い、粘液まみれの鍵を入手
アンダーワールド・泡まみれの部屋
とらわれの船長を発見
ブレインイーターを発見
ブレインイーターの部屋に入る方法
無戦闘クリアは、なかなかハードル高い
金剛石のスカラベ・睡眠のポーション
船長にとどめをさし、クラーケンの対処法をついに入手
島から脱出
海賊船の奪取エンド
海賊と共闘エンド
樽での脱出には、幸運8が必要
ブレインイーターに勝つには準備が必要
エンド1の条件
重要アイテムの場所と入手法まとめ

海蝕洞窟で潜水の水着を作成

最初の選択は、今回は”戦利品”と”幸運”を選んでみました(幸運は、箱に隠れる場面で少し得になる)。レベルについては像破壊などのイベントを進めていくことで勝手に上がるので、LV1スタートでも特に問題はありません(いつの間にかLV5程度になっている)。

スキルは、後ほど出てくるヒント部屋での説明によると、慣れないうちは”盗賊マスター・戦闘訓練・誘惑暗殺”がオススメとのことです(振り直しができない為、迷ったら何も取らずにそのままおいておくのもあり)。

本作は自由度の高い作りなのでどこからやっていってもいい作りですが、今回はまずは隠密系実績を狙う(=最短ルートで話を進めていく)場合の進め方を紹介していきます。

なお回想部屋の実績一番左、”一度も見つかる事は無し”は戦闘そのものをやってはいけない模様です(=隠密で倒した場合はアウト 見つかった回数0、戦闘回数9[全て隠密撃破]でクラーケンエンドでクリアしたものの取れず)。


まずは水着を作って水中に潜れるようにすると効率いいかと思います。海蝕洞窟B2右、ヘアピンを使って乱交部屋に入り(乱交現場に遭遇した場合は終わるまで待つ)、”裁縫道具”を入手し、


B2上部の部屋で”シーサーペントの皮”の場所情報を入手、


食料庫左でシーサーペントの皮を入手し、ついでに食料庫のアイテムを回収しておきます(”調理道具”など)。


B3左上の小屋で”ボロボロの切れ端”を入手し、これで水着が完成し、水中に潜れるようになります。

続きを読む →

2019年印象に残った作品ベスト5 サナと明日の来ない街、深淵の探索者ほか

印象に残った作品ベスト5

サナと明日の来ない街
サナと明日の来ない街 [ノイジークラウン]
3/13発売の作品で、女主人公の謎解きアドベンチャーゲームです。感動的なストーリーと独特な世界観、少しずつ話の謎が明かされていく構成、ほどよい難易度の謎解きが良いバランスで仕上がってまして面白くプレイできました。

体験版感想
製品版感想
主人公、死神・サナに与えられた使命は
とある街を支配する『明日を奪う者』を解放すること。
その者の影響により、街は同じ一日を繰り返す。
朝が来て、夜になって。また陽が昇れば、最初の朝に戻ってしまう。
……明日は来るはずなのに。一歩、踏み出せば届くのに。
街の住人ティオと共に、サナは東西奔走する。

【30%OFF】深淵の探索者 完全版 ~さらなる深みへ~
深淵の探索者 完全版 ~さらなる深みへ~ [ふらいんぐパンジャンドラム]
1/26発売の作品で、女4人がダンジョン探索をしていくというRPGです。探索しがいのあるダンジョン、多種多様な装備品、細かいところまで気配りが行き届いたシステム(探索に集中したい時など、戦闘をカットすることも可能)と、クオリティ高い内容になってました。

体験版感想
製品版感想
DLC感想
姫騎士オヴェリアは国王を救うために、3人の仲間達とともに「深淵」と呼ばれるダンジョンに挑む!
しかし「深淵」は闇で満たされ、凶悪なモンスターと淫猥なトラップが待ち構えている。
彼女たちは深淵の謎を解き明かし、王にかけられた呪いを解くことができるのだろうか?

ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の作品で、エロ系の呪いを食らってしまった女主人公がダンジョン探索していくというアクションRPGです。武器ごとに違う操作感が面白く、ゲームバランスもうまく調整されてました。話の方も意外性があってよかったです。

体験版感想
製品版感想1
製品版感想2
製品版感想3
500年以上、誰も踏破できていないダンジョン
『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、
影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。

軋轢のイデオローグ
軋轢のイデオローグ [ONEONE1]
4/12発売の作品で、モンスター(ベヒーモス)狩りの組織に所属することになった女主人公が任務を遂行していくという話です。ストーリーがシリアス重厚で読み応えあり、エロシーン数も非常に多かったほか、過去作同様にフローチャートで全体の流れがあらかじめわかるのもプレイ計画を立てやすくて助かりました。

体験版感想
製品版感想1
製品版感想2
製品版感想3
◆ 主なHシーン ◆
「初任務は失敗! 元騎士に処女を奪われる」「理性を失った獣人に犯される」
「ゾンビ犬に犯される」「魔族に蹂躙される」「オークの群れに輪姦される」
「鍵を借りるために公安の人間とHする」「ゴブリンに捕まりひらすら犯される」
「裏通りの無法者に犯される」「連れ込み宿で似非貴族を相手する」
「義賊たちの輪姦レイプ」「触手モンスターに飲み込まれて」
「一角馬に犯される」「死の商人に枕営業」など


蒸気都市の探偵少女
4/20発売の作品で、少年風な少女探偵が街の難題を次々解決していくという話です。ボーイッシュな主人公やスチームパンクな世界観が珍しくて面白く読めました。

体験版感想
製品版攻略1(~美術館警護)
製品版攻略2(要人警護~警察エンド・ギャングエンド)
チャールズ・バベッジが階差機関と解析機関を発明したIFの世界。
蒸気都市ロンドンに住んでいるソフィーは、父親の不在を機に探偵としての活動を始めた。
世間を賑わせる怪盗や、ギャングの抗争。さらにはエッチな依頼や娼館働きまで。
ソフィーの周囲には事件が溢れている。どの事件に関わるのかはプレイヤー次第。

DLSiteさんの売り上げランキング

DLSiteさんの2019年ゲーム作品年間ランキング上位は以下の通りです。
1.軋轢のイデオローグ製品版感想
2.錬精術士コレットのHな搾精物語~精液を集める錬精術士~体験版感想
3.素晴らしき国家の築き方製品版感想
4.あまえんぼ
5.ナイツ・オブ・メサイア【真実の答え】
6.シニシスタ SiNiSistar
7.巫女神さま製品版感想
8.Succubus × Saint ~淫魔の宴と聖女の法悦~製品版感想
9.FalseMyth~謀欲のサクリファイス~体験版感想
10.深淵の探索者製品版感想

詳しくはこちら
同人 ゲーム・動画ランキング (2019年)

続きを読む →

防衛系エロゲ「巣作りカリンちゃん 」製品版攻略・感想


巣作りカリンちゃん [KarinProject]

12/20発売の新作で、ひょんなことから魔王様に協力することになった主人公が仲間とともに冒険者をほどよく楽しませつつダンジョン防衛をしていくというSLGです。やり応えあって面白そうでしたので購入してみました。

FANZA販売ページ 8,963円(通常版)

体験版感想はこちら
防衛系エロゲ「巣作りカリンちゃん」(KarinProject)体験版感想
青年カズトは今、まさに失業しようとしていた。
仲間は引退し、冒険者家業のお先は真っ暗。
そんな時、手を差し伸べたのは……ギュンギュスカー商会!?

『フウ』と名乗る少女に導かれるまま。青年は『迷宮』で『魔王』と出会う。
ただ冒険者であった青年が、何故、魔王と出会うのか。
そして、何故、その復活に力を貸すことになるのか。そもそも『魔王カリン』とは一体……
流れ流されるまま、冒険者カズトは迷宮運営を任されるのだった。

体験版範囲振り返り



体験版の内容を振り返っておきますと、話的には、仲間を失って金と冒険先に困っていた主人公が勧誘されてついていくと魔王様のダンジョンで、ちょっとした弱み(誘惑に負けて胸を揉んでしまった)を握られ、協力することになるという次第です。とはいえ無理矢理やらされるわけではなく、自分の手で迷宮を作れるというところに心引かれて話を引き受けました。

システム的には、部屋を作ってキャラを配置し、勧誘して冒険者を呼び寄せて適度に撃退、を繰りかえしていくことになります。町のランクが上がると名ありのヒロインが現れ、これを撃退することで仲間に加えることができ、ストーリーが進行していきます。


ダンジョンの未踏破部分にあるという5つの鍵を探し出すことが主人公に課せられた最終目的です。

お助けキャラについて


序章(プロローグ)を見終わるとタイトルに戻り、”はじめから”を選ぶとゲーム開始です。イージーモードでは、初めから強いお助けキャラを使うことができました。ただこの部隊が便利なのはごく序盤だけ(すぐに他キャラがレベル追いつく)でしたので、深く考えずに使ってしまっていいかと思います(今回は使ってプレイしました)。


イージーモードで加わる”ピュアハート”(LV15)は、ユニットではなく部隊であり(=単体で配置することはできない)、編成で加えることができます。回復系スキルを持っていますが、攻撃力も相当強かったです。ただ強いのは魔の森~田舎あたりまでで、他キャラのレベルが追いついてくると存在感は薄くなっていきました。体験版をプレイしたユーザー用の、体験版範囲をさくっと終わらせたい向けキャラだと思われます。

最初の迎撃が済んで一通り説明が終わると、自由に行動できるようになります。配置(建設)的には、ピュアハートを入り口に置いてしまうと、入ってすぐにワンパンしてしまって他の部隊に全然経験値がいかないので、宝物個前に配置するのがいいように感じました。

続きを読む →

女主人公エロRPG「堕落の淫蕩吸血鬼」(がぶ飲みとろろ昆布)製品版感想

【10%OFF】堕落の淫蕩吸血鬼
堕落の淫蕩吸血鬼 [がぶ飲みとろろ昆布]
9/22発売の新作で、居城を奪われた女主人公が取り戻すべく旅をしていくという作品です。ゴスロリな主人公がいいキャラで、話もコミカルで面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,287円、117ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「堕落の淫蕩吸血鬼」(がぶ飲みとろろ昆布)体験版感想
ある夜、見知らぬ墓地で目を覚ました吸血鬼のドリス。
近くにいたシスターに問いただすと、自分の所有する『幽霊城』は、
百年前に、謎の怪物の王に奪われたという。

激怒したドリスは、自らのお城を取り戻しに、
人間の領地を抜け、怪物の領域に向かうのであった。

体験版範囲のおさらい


墓地で復活するところから話は始まり、


山賊小屋でシスターを助けて仲間に加え、現況をあれこれ教えてもらいます。無駄に偉そうな主人公がいい雰囲気出てます。



町の前では、むちむち褐色系な女幹部が登場し、こちらもいいキャラデザでした。沼オーガと戦闘になり、魔技を使うと楽に倒せます。


セントアルマの町のメアリー宅が拠点になり、次の”緑の街道”までが体験版の範囲でした。

続きを読む →

女主人公エロRPG「レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~」(アトリエちょいす)製品版感想

【20%OFF】レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~
レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~ [アトリエちょいす]
9/21発売の新作で、見習いダウジング使いなレリィがあれこれ奮闘していくという話です(RPGツクールMV製)。2人のコミカルな会話が面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~」体験版感想
主人公のレリィはダウザーと呼ばれるダウジング使い。
相方のシエルと共に依頼をこなし、人助けをしていきます。

師匠の帰還


序盤の進行手順を簡単に振り返っていきますと、師匠が帰ってくる日の朝という状況から話は始まり、起きたら左下から出て、人だかりにいる師匠(青マントの男)に話しかけます。


自宅に戻ったあと、左下の幼なじみ宅で服を受け取り、村右手にある師匠の家へと向かいます。軍を引退して魔力を大きく失ってしまったということで、戦闘には不参加でした。再度師匠に話しかけると、戦闘フィールドに移行します(ここはレリィ1人で戦います)。


“ダウジング”について説明が入り、主人公の職がダウナー(埋設物探索者)なので重要なところでした。キーボードの場合、PAGEUPキーでダウジング(サーチ)ができます。埋設物を見つけたら、エンターキーで調べれば採取できます。

なお探している最中に寄ってくる敵がうっとうしいですが、この後ボス戦があるので倒してレベルを上げておくと楽になります。レベル的には、LV4程度あればボスに問題なく勝てました。


奥へと進み、大木の下の光っている箇所を調べるとボス戦です。主人公がドジ踏んでも決して怒らない師匠が優しいです。

続きを読む →

「素晴らしき国家の築き方」(アイリスフィールド)製品版感想

【30%OFF】素晴らしき国家の築き方
素晴らしき国家の築き方 [アイリスフィールド]
9/14発売の新作で、国の舵取りを任された主人公がヒロインとともに奮闘していくSLGです。個性的なヒロインが揃っていてやり応えもありそうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,890円、175ポイント還元(30%OFF価格、9/30まで)

体験版感想はこちら
エロSLG「素晴らしき国家の築き方」(アイリスフィールド)体験版感想
衰退した小国家エイヴォンの騎士団「見習い」の「あなた」は
王女から国内復興事業の全権と戦闘での指揮を任されます。

各地で大暴れしてお金や労働力を獲得し、文明力を取り戻し、
かつての栄華を取り戻しましょう!

序章~2章


特典コードの入力は、テンキーがない場合は↑キーで入力できます。(Ver1.01で”特典コードの入力画面にて上下左右キー、WASDキーの操作を受け付けるよう調整”となっているので、Ver1.00だとテンキーのみだったと思われます)。



ディルとエルのエロシーンは、足コキなど4シーンありました。一日終わりの報告時には小ネタもありです。(なお本作にはこれ以外にもパロディ要素がちょくちょく出てきました)

序盤(序章~2章)は先日やりました体験版と同様でしたので簡単に紹介していきます。なお引き継ぎは不可とのことです(不具合が出る恐れがあるので止めてくださいとなってました)。


序章はメインを4戦して国が少し整い、ナディが加わるところまでです。


1章では商都との交易が開始され、いかにも裏のありそうな商都ギルド主が味方なのか敵なのか気になるところです。


2章ではコーディリアの情報に基づいて自城奥を探索し、アイテムフィールドを見つけて開放、と、ここまでが体験版の範囲です。

続きを読む →

「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)製品版感想

Le dernier saint chevalier
Le dernier saint chevalier [B.H.C]
8/29発売の新作で、街の防衛を任された主人公が限られた資材をやりくりしつつ任務をこなしていくというSLG的なRPG作品です。よくできたシステムで面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
FANZA販売ページ 1,620円、300ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)体験版感想
一人の邪悪な魔術師“ネヴィル”によって滅亡の危機に瀕する世界。
“魔術師ネヴィル”によって生み出された魔物達は敗北した男達をさらなる魔物に変え、
捕えた女性を“苗床”にして爆発的に数を増やしていく……
絶えず襲ってくる魔物達からその身を盾にして“神殿都市レーヌ”を守る“白百合騎士団”の可憐なる少女達の物語……

オープニング

まずバグについてですが、発売当初は進行不能系バグがいくつかありましたが、9/1現在最新のVer1.03ではだいぶ対処が進んでおおむね問題なくプレイできるようになってます。ただまだバグが色々と残っているようで、そのあたり気になる方はもう数日待って落ち着いてからプレイするのが無難かと思います。



まずは体験版範囲を簡単に紹介していきますと、オープニング(スキップ可能)は上官ミレーヌに助けられて難を逃れるところから話は始まり、上官は何かが残り少ないのか、早く主人公に強くなってもらおうと焦り気味でした。


翌日、自室を出て左上の騎士詰所へ移動し、クラーケン討伐に向かうことになります。


ミレーヌに助けられてなんとかクラーケンを倒し、帰ろうとしたところで、想定外の難敵の襲撃を受けます。ミレーヌは自分が囮になり、主人公を逃がしてくれました。


なんとか生き延びて町に戻った主人公たちは、即座に救出に向かおうとするものの、自分たちが今向かっても勝てない、自分たちが今やるべきは町の防衛と枢機卿に諭されます。こうして町の防衛が主人公たちに託されることになるというのが、ゲームスタート時の状況です(オープニングをスキップするとここからスタート)。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想3(ギルド依頼、賞金首)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。今回は前記事でスルーしてしまった各ダンジョン50Fボスや、ギルドの依頼をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(メインクエスト1~3章)
製品版感想2(メインクエスト4~最終章)
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

クリア済みダンジョン50Fで、強化ボスと戦える

クリア済みダンジョンを探索しつつ、これまでスルーしていたギルド絡みのイベントをやっていきます。各ダンジョンとも50Fにいる強化版ボスを倒すと、強力なレア装備が手に入るので、50Fに到達できそうな時は帰還せずに狙っていきたいところです。


ギルドで教えてもらえる賞金首は、必要フラグなどはなく、普通に探索を進めていけばそのうち遭遇できました(山賊首領ザパランは例外で、教会から専用ダンジョンに行く必要あり 詳しくは記事下部)。逆に言うと、運が悪いとなかなか出会えません。確率的には、体感だと20Fに1F程度の割合で遭遇できました。↑の白オオカミ(バーゲスト)は単体で現れ、賞金首の中では戦いやすい部類ですが、それでも手強いです。


体験版で結局勝てなかった緑蜂(デザイロコーパ)は、ゲームクリア後に戦ってもかなり手こずりました。すごい勢いで集団で接近してきてがんがん削られるので、ある意味ラスボスよりきついです(特に開幕直後に取り巻きを呼ばれた場合が危険)。陽光の加護など手持ちのバフ系アイテムを全力で使ってなんとか撃破できましたが、体験版で勝てなかったのも無理はない強さでした。
(追記:後ほどニューゲームで再戦した時は、なかなか取り巻きを呼ばなかったこともあり、意外にもあっさりと倒せました 操作に慣れている場合はそこまで難敵ではないかもしれません)


ダンジョンを進んでいくと、たまにヌイ族が大量にいる部屋に出まして、それぞれヌイまんじゅうとアイテム(ランダムで何種類かあり)を交換してくれます。特に聖窪の種火(買うと4000G)が出ると非常においしいです。なのでここに備えてヌイまんじゅうを多めに用意しておきたいところです。


森50Fを目指す場合、35Fあたりから出だす赤オークが難敵でした。体力がかなり多く、+10バクダンですらワンパンはできません。あとは瀕死になると自爆するので注意です。今回はゲームクリア後に+10装備と大量の回復アイテムを持って挑んだものの、それでも50F近くの階を進むのは骨が折れました(何度か瀕死に追い込まれました)。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想2(メインクエスト4~終章)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。前回記事では、3章のお婆さんメアリーの話が終わったところまで進みました。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(メインクエスト1~3章)
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

第四章 聖女シエラザート


ラザリとクエムの回想会話から始まり、クエムというのは本作の主人公です。スセソルに行くのは止めておこうと諭され、一族には何か秘密があるようで、このあたりは本作の根幹に関わる重要部分でした(詳しいところは追々明らかになっていきます)。


起きた後、1Fに降りるといきなり呪いが発動してしまい、近くにいた青年を興奮させてしまいます。今まで町でこういったことが起きたことはないとのことで、呪いの力が強まっていることが自然な形で表現されてました。


落ち着くまでここにいようと教会に入ると、聖女様についての説法が始まりました。この章はこの聖女シエラザート様がメインになります。


主人公は特に信仰心はなく適当に聞き流している感じですが、この文字部分が本章の重要部分でした。


聖典を強引に渡されたあとは、バイスの情報屋(教会の右下)に顔を出し、ダンジョン右下にある”ドワーフの廃坑”へと向かいます。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想1(メインクエスト1~3章)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。いい操作感で面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

体験版感想はこちら
エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)体験版感想
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

オープニング 謎の呪いを食らう


主人公のクエムが意気揚々とダンジョン探索を開始するところから話は始まり、


まずは操作説明です。崖越えは、方向キー先に入れてからダッシュすることでできました(逆だと発動しない)。ダッシュは戦闘で積極的に使うと生存率が上がります(敵に囲まれた時の離脱など)。


奥へと進んでいくと、謎の魔物の呪いを食らってしまいます(スライムを4体倒すと追加で大量出現し、エロシーン)。


ダンジョンを出たところで情報屋を名乗るバイスという少女が現れ、呪いを解くにはダンジョンを踏破して呪いをかけた術者を倒すしかないと教えてくれます。

続きを読む →