Tag Archives: レイプ

「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)製品版感想

Le dernier saint chevalier
Le dernier saint chevalier [B.H.C]
8/29発売の新作で、街の防衛を任された主人公が限られた資材をやりくりしつつ任務をこなしていくというSLG的なRPG作品です。よくできたシステムで面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
FANZA販売ページ 1,620円、300ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)体験版感想
一人の邪悪な魔術師“ネヴィル”によって滅亡の危機に瀕する世界。
“魔術師ネヴィル”によって生み出された魔物達は敗北した男達をさらなる魔物に変え、
捕えた女性を“苗床”にして爆発的に数を増やしていく……
絶えず襲ってくる魔物達からその身を盾にして“神殿都市レーヌ”を守る“白百合騎士団”の可憐なる少女達の物語……

オープニング

まずバグについてですが、発売当初は進行不能系バグがいくつかありましたが、9/1現在最新のVer1.03ではだいぶ対処が進んでおおむね問題なくプレイできるようになってます。ただまだバグが色々と残っているようで、そのあたり気になる方はもう数日待って落ち着いてからプレイするのが無難かと思います。



まずは体験版範囲を簡単に紹介していきますと、オープニング(スキップ可能)は上官ミレーヌに助けられて難を逃れるところから話は始まり、上官は何かが残り少ないのか、早く主人公に強くなってもらおうと焦り気味でした。


翌日、自室を出て左上の騎士詰所へ移動し、クラーケン討伐に向かうことになります。


ミレーヌに助けられてなんとかクラーケンを倒し、帰ろうとしたところで、想定外の難敵の襲撃を受けます。ミレーヌは自分が囮になり、主人公を逃がしてくれました。


なんとか生き延びて町に戻った主人公たちは、即座に救出に向かおうとするものの、自分たちが今向かっても勝てない、自分たちが今やるべきは町の防衛と枢機卿に諭されます。こうして町の防衛が主人公たちに託されることになるというのが、ゲームスタート時の状況です(オープニングをスキップするとここからスタート)。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想3(ギルド依頼、賞金首)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。今回は前記事でスルーしてしまった各ダンジョン50Fボスや、ギルドの依頼をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(メインクエスト1~3章)
製品版感想2(メインクエスト4~最終章)
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

クリア済みダンジョン50Fで、強化ボスと戦える

クリア済みダンジョンを探索しつつ、これまでスルーしていたギルド絡みのイベントをやっていきます。各ダンジョンとも50Fにいる強化版ボスを倒すと、強力なレア装備が手に入るので、50Fに到達できそうな時は帰還せずに狙っていきたいところです。


ギルドで教えてもらえる賞金首は、必要フラグなどはなく、普通に探索を進めていけばそのうち遭遇できました(山賊首領ザパランは例外で、教会から専用ダンジョンに行く必要あり 詳しくは記事下部)。逆に言うと、運が悪いとなかなか出会えません。確率的には、体感だと20Fに1F程度の割合で遭遇できました。↑の白オオカミ(バーゲスト)は単体で現れ、賞金首の中では戦いやすい部類ですが、それでも手強いです。


体験版で結局勝てなかった緑蜂(デザイロコーパ)は、ゲームクリア後に戦ってもかなり手こずりました。すごい勢いで集団で接近してきてがんがん削られるので、ある意味ラスボスよりきついです(特に開幕直後に取り巻きを呼ばれた場合が危険)。陽光の加護など手持ちのバフ系アイテムを全力で使ってなんとか撃破できましたが、体験版で勝てなかったのも無理はない強さでした。
(追記:後ほどニューゲームで再戦した時は、なかなか取り巻きを呼ばなかったこともあり、意外にもあっさりと倒せました 操作に慣れている場合はそこまで難敵ではないかもしれません)


ダンジョンを進んでいくと、たまにヌイ族が大量にいる部屋に出まして、それぞれヌイまんじゅうとアイテム(ランダムで何種類かあり)を交換してくれます。特に聖窪の種火(買うと4000G)が出ると非常においしいです。なのでここに備えてヌイまんじゅうを多めに用意しておきたいところです。


森50Fを目指す場合、35Fあたりから出だす赤オークが難敵でした。体力がかなり多く、+10バクダンですらワンパンはできません。あとは瀕死になると自爆するので注意です。今回はゲームクリア後に+10装備と大量の回復アイテムを持って挑んだものの、それでも50F近くの階を進むのは骨が折れました(何度か瀕死に追い込まれました)。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想2(メインクエスト4~終章)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。前回記事では、3章のお婆さんメアリーの話が終わったところまで進みました。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(メインクエスト1~3章)
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

第四章 聖女シエラザート


ラザリとクエムの回想会話から始まり、クエムというのは本作の主人公です。スセソルに行くのは止めておこうと諭され、一族には何か秘密があるようで、このあたりは本作の根幹に関わる重要部分でした(詳しいところは追々明らかになっていきます)。


起きた後、1Fに降りるといきなり呪いが発動してしまい、近くにいた青年を興奮させてしまいます。今まで町でこういったことが起きたことはないとのことで、呪いの力が強まっていることが自然な形で表現されてました。


落ち着くまでここにいようと教会に入ると、聖女様についての説法が始まりました。この章はこの聖女シエラザート様がメインになります。


主人公は特に信仰心はなく適当に聞き流している感じですが、この文字部分が本章の重要部分でした。


聖典を強引に渡されたあとは、バイスの情報屋(教会の右下)に顔を出し、ダンジョン右下にある”ドワーフの廃坑”へと向かいます。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)製品版感想1(メインクエスト1~3章)

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
8/1発売の新作で、女主人公がダンジョン探索していくアクションRPGです。いい操作感で面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)

体験版感想はこちら
エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)体験版感想
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

オープニング 謎の呪いを食らう


主人公のクエムが意気揚々とダンジョン探索を開始するところから話は始まり、


まずは操作説明です。崖越えは、方向キー先に入れてからダッシュすることでできました(逆だと発動しない)。ダッシュは戦闘で積極的に使うと生存率が上がります(敵に囲まれた時の離脱など)。


奥へと進んでいくと、謎の魔物の呪いを食らってしまいます(スライムを4体倒すと追加で大量出現し、エロシーン)。


ダンジョンを出たところで情報屋を名乗るバイスという少女が現れ、呪いを解くにはダンジョンを踏破して呪いをかけた術者を倒すしかないと教えてくれます。

続きを読む →

エロアクションRPG「ルインズシーカー」(ぬぷ竜の里)体験版感想

【20%OFF】ルインズシーカー
ルインズシーカー [ぬぷ竜の里]
2018/12/26の予告新作で、悪魔の呪いを食らってしまった女冒険者がダンジョン探索をしていくというアクションRPGです。体験版では最初のボスを倒すあたりまでをプレイできました(敗北異種姦エロ複数あり)。本編は2019年08月上旬発売予定です。(2019/7/28追記:無事完成し、8/1発売予定とのことです)

追記:8/1に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,728円、160ポイント還元(20%OFF価格、9/30まで)
 500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。  その先に待つ己の運命も知らないまま――

ダンジョンに到着 まずは操作説明のチュートリアル


ダンジョンに到着したところから話は始まり、独り言が終わると即動けます。


操作は、キーボードの場合、移動はWASDキー、攻撃はマウス左クリックです。簡単に言うとFPSのような操作体系で、慣れるまでに時間かかりそうでした。パッドにも対応しており、こちらは方向レバーで移動や攻撃方向決め、R1で攻撃、とオーソドックスです。両方しばらく試しましたところ、パッドの方がやりやすい印象でしたので、今回はパッド(X-BOXコントローラー)でプレイしました。なおパッドのボタンは物によってボタン名が違うなどして説明がややこしくなることが多いですが、本作は↑のように画像で操作ボタンを図で示してくれており、わかりやすくてありがたかったです。


まずは部屋内にいる敵を倒していき、全て倒し終わると、奥の扉が開いて先へと進めるようになります。

続きを読む →

「陵辱特異点XX Murder Castle ~マーダー・キャッスル~」(Sharktales.)体験版感想

陵辱特異点XX Murder Castle ~マーダー・キャッスル~
陵辱特異点XX Murder Castle ~マーダー・キャッスル~ [Sharktales.]
4/16の予告作品で、女主人公が敵城を探索していく話です(RPGツクールVXAce製)。体験版では1F~2Fの一部をプレイできました(敗北エロあり)。本編は2019年05月中旬発売予定です。

追記:5/24に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,080円、100ポイント還元
仲間とはぐれてしまった女戦士は、
魔物に襲われていた一人の少女を救い出す。

連れていかれた者は二度と戻らない”人喰いの城”。
少女との約束の為、彼女は城へと単身乗り込んで―――。

1Fを探索


体験版はシーン抜粋とのことです。主人公は、タイトルなどからするとFGOのブーディカのエロパロな模様です(歴史的には、ローマ帝国と戦った古代イギリスの女王・女戦士)。簡単な説明が終わると、特に会話はなくいきなり動かせます。(なお立ち絵はアイテム欄から消せます)


戦闘はシンボルエンカウントで、敵はなかなか強かったです。倒したい場合は、特技(TP技)の”ブレードアーツ”を積極的に使っていくといいです。


左の部屋(男3人組がいる)に入るとイベントで、倉庫に仕掛けがあることを知ります。


右手の倉庫を調べ、下り階段を出現させます。他に倉庫内のオブジェクトを調べていくと、回復アイテムが色々手に入りました。

続きを読む →

「異世界へようこそ(NPC姦)」(くんかくんか帝国)体験版感想

【20%OFF】異世界へようこそ(NPC姦)
異世界へようこそ(NPC姦) [くんかくんか帝国]
4/26発売の作品で、異世界にやってきた主人公がNPCを犯しまくるというコメディ系作品です(RPGツクールMV製)。体験版では挨拶娘、シスター、牧場主の妻のエロシーンを見られました。

DLSite販売ページ 950円(20%OFF価格、5/23まで)
案内役の町娘も、街で遊ぶ少女も、宿屋の受付も、教会のシスターも、
ゲームの中のNPCは性の対象となる!
更にはゲームの主要人物、王女や魔王(女)も犯すことが可能!
ただ…犯せば犯すほど、鬼畜度が上がっていくというゲームの仕様もあるようだ。

挨拶娘をいきなり乳揉み


気がつくと見知らぬ世界でした。ひとまず近くにいた女の子に話しかけてみるものの、RPG定番の挨拶キャラということで、主人公が何を話しかけても同じ答えしか返ってきません。


だったら何をしても平気なのではと思いつき、いきなり乳揉みクリ責めです。女の子は顔を赤くする程度で反応示さないものの、しばらくやっているとセリフに変化が出始めました(ボイスがないのは残念でした)。

挨拶娘をレイプ


終わったあと、再度話しかけると選択肢が出まして、犯すを選ぶと正常位でレイプすることができます。レイプ初回は行為中も挨拶を繰りかえすのみで、ギャグ感ありです。


さらにもう1回犯すとキャラが壊れだし、普通にしゃべり出しました。その後はシーンはもうなく、鬼畜度が上がるのみです。

続きを読む →

アクションRPG「Guilty Hell 白の女神と亡者の都」(KAIRI SOFT)製品版攻略

Guilty Hell 白の女神と亡者の都
Guilty Hell 白の女神と亡者の都 [KAIRI SOFT]

4/30発売の新作で、女神様な主人公が妖精たちを救うべく旅をしていくというアクションゲーム(成長要素あり)です。遅くなりましたが、貴重な探索系アクションRPGということで購入してみました。

DLSite販売ページ 3,456円、320ポイント還元
FANZA販売ページ 2,764円(20%OFF価格)
体験版感想はこちら
エロアクションゲーム「Guilty Hell 白の女神と亡者の都」(KAIRI SOFT)体験版感想
成人向け横スクロールアクションゲーム!
清楚な女神が様々なモンスター、ゾンビ、人間に襲われます。
輪姦、レズ、など何でもあり! 乳吸いなどにもこだわっています。

奴隷墓地


オープニング後、右へと進むと”離れの家”で、外に出ると冒険スタートです。最初のゾンビはLV3と少々強く、(操作に慣れてないなどで)もししんどいようなら先に奴隷墓地まで行ってしまうのもありです(そちらにはLV1の敵がおり、比較的楽に経験値を稼げる)。コンボはただZキー連打するだけでなく、↑キーを混ぜると出るアッパー系の技を使うと楽になります。


右へと進み、↑が奴隷墓地入り口です。


右下の部屋は、次々沸いてくるゾンビを全て倒すと先に進めるようになります(初見時はコンボに慣れていないということもあり、ここでかなり手こずりました)。撃破後は右へと進みます。


奴隷墓地2の↑の箇所は、順路が一見わかりにくいですが、右へと進めます。


奴隷墓地3、壁の向こうから投げてくる敵は引き寄せ技(プリズムウィップ、Xキー)を使うと倒せます。(面倒だったら無視してOK)

続きを読む →

変身ヒロインエロゲ「特警シグナルフォース」(アンコクマリモカン)体験版感想

特警シグナルフォース
特警シグナルフォース [アンコクマリモカン]
2018/12/20の予告新作で、女主人公・近未来の戦隊系変身ヒロインものエロRPGです(RPGツクールMV製)。体験版では最初のステージをプレイできました(エロシーン約4つあり)。本編は2019年03月上旬発売予定です。

追記:3/8に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
20XX年 凶悪な改造犯罪者集団「ギャンデッド」の登場により
治安は悪くなる一方であった。
事態を重く見た政府と地方自治体は
秘密裏に凶悪犯罪対策チームを設立
これは
特殊犯罪対策強化機動隊「SIGNAL」
の戦いの物語である

試験に合格し、戦闘員として採用される


候補生の採用試験からスタートし、いきなり戦闘です。


説明を聞きつつ、まずは殴りで攻撃していき、何ターンかするとTP技のイラプションが使えるようになる(”戦闘技能”にあります)のでこれを使ってとどめを刺します。なおヒールは、この先仲間と共に戦う際に役立ちました(回復技を持っているのはこのキャラのみ)。


勝利すると正式採用になり、この赤城アカネという少女が本作の主人公です。

先輩達とともに初出動


挨拶を終えたところで警報が鳴り響き、先輩達と3人で出動します。


ここから操作可能になりました。戦闘はシンボルエンカウントですが、敵シンボルは動かないので、通常のRPGのようにすばやく避けて先に進むということはできません。マップ内にいくつかあります金庫が宝箱で、どこを倒せばどれが取れるようになるか、ルートを確認してから進撃していくのがいいかと思います。なお拠点に戻って宿屋で全回復するということは本作ではできず、回復は主人公のヒールか回復アイテムを使うことになりました。

続きを読む →

ライブチャットエロゲ「ドすけべチャットレディ千里ちゃん」(happypink)製品版感想

【10%OFF】ドすけべチャットレディ千里ちゃん
ドすけべチャットレディ千里ちゃん [happypink]
1/5発売の新作で、借金背負った主人公がチャットレディをやって返済していくという話です(RPGツクールVXAce製)。チャットのにぎやかな雰囲気がうまく再現されていて面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
FANZA販売ページ 1,620円、300ポイント還元

体験版感想はこちら
ライブチャットエロゲ「ドすけべチャットレディ千里ちゃん」(happypink)体験版感想
ある日とつぜん
借金返済をする羽目になった、滝沢 千里(たきざわ ちさと)
チャットレディになって視聴者の興味をひき
貰った投げ銭で借金返済を目指すチャットレディRPG

序盤はソフトなプレイ


序盤は体験版と同様に、ピンクチャット(チラ見えなどのソフトエロ)やクイック配信でこつこつ稼いでいきます(=知名度・淫乱度を上げていく)。Sキーでチャット内の行動をスキップできるようになり、やっておくと時間短縮になりました。


ゲームの進め方については、利子が貯まらないようコツコツ返済していって完済した場合Aエンド(円満エンド)、途中ほったらかし(=母妹の待遇がどんどん悪化)にして完済した場合B&Cエンド(ビッチ化エンド)です。今回は母娘の利子返済は気にせず進めました。母妹の現況(エロシーン)はあとでまとめて見られるので、こまめにチェックする必要はなかったです。なお借金取りが向こうからあれこれ言ってくることはなく、自分のペースでのんびり進められました。

平日学校に行く行かないですが、行った場合身バレエロイベントやクイック配信が発生し、それによって淫乱度が上がるというメリットがありました。一方サボって自宅配信すれば金と知名度は得られるものの、繰りかえしても淫乱度は上がりません(エロイベントは淫乱度が発生条件になっているものが多い印象でした)。今回は真面目に学校に通って進めました。


神社左下ではファンの男と遭遇し、2万円もらえたあとおっぱいを揉ませてあげることができました。他に街には援交おじさんがたまにいましたが、淫乱度が低いのかOKの選択肢はまだ選べず(ゲーム終盤、淫乱度70超えたあたりで選べるようになりました)。



メールをチェックすると外配信の提案が来ており(知名度18・淫乱度1で発生)、覗き見配信と最初からなかなか過激です。カップルは上部の森とトイレにいまして、青姦カップルを興奮気味にまじまじと見てしまう主人公が可愛く描写されてました。なお得られる投げ銭は1箇所あたり1万弱です。


クイック配信3つめは電器屋で、巨乳おっぱいで男性客のスマホ掃除をするというシチュです。怒られても不思議ではない行為ですが、客は突然のことに若干困惑しつつも最後は喜んでくれました。


外配信提案2つめは店での角オナで、場所は客の多いファーストフードです(知名度9・淫乱度4で発生)。やれるポイントは3箇所あり、カウンターに近いところほどバレるリスク大でした。この店は女店員で、バレても(脅されたりレイプされたりはなく)やんわりと注意されるだけで終わります。得られる投げ銭はなかなかよく、2箇所成功・3箇所目で失敗の場合、4万強得られました。なお成功率はやった回数に応じて上がっていき、3回ほど繰りかえすとカウンター目の前でも成功率50%を越えるようになりました。

続きを読む →