Category Archives: 体験版感想

女主人公エロRPG「ソフィアとバビロンの淫紋」(アズラエルの錬金場)体験版感想

ソフィアとバビロンの淫紋
ソフィアとバビロンの淫紋 [アズラエルの錬金場]
2024/4/13の予告新作で、淫乱化の呪いを食らってしまった主人公が呪いを解くべく素材集めをしていくという話です。体験版では素材のうち1つを手に入れるところまでをプレイでき、敗北エロや娼館で働いたりといったエロシーンを見られました。本編は2024年05月上旬発売予定です。
刻んだ者に強烈な疼きを与え、性奴/隷へと堕落させる「バビロンの淫紋」
とあることがきっかけで淫魔にバビロンの淫紋を刻まれてしまった主人公「ソフィア・ダイヤモンド」が
えっちな目に遭いながらも、淫紋を解呪するために奔走するHRPGです。

淫魔の呪いで淫乱化


ゲームを開始するといきなり少女が誘ってのエロシーンで、少女はやけに積極的です。


ソフィアというこの少女が本作の主人公でした。



回想に入ったところで操作可能になり、上の方にある○印へ移動すると話が進みます。


ソフィアは淫魔退治でここに来ていました。戦闘になり、敗北イベントかと思いきや、意外とあっさり勝てました。


戦闘後、淫魔に何か技をかけられてしまいます。どうやら淫乱化の呪いらしく、町に戻ったソフィアはナンパ男に押し切られてしまい、ステータスによるとこの男に処女を奪われたようです。

続きを読む →

女性上位エロゲ「脱出ドレインタウン マゾ向け誘惑無限レベルドレイン」(PigExplorers)体験版感想

脱出ドレインタウン マゾ向け誘惑無限レベルドレイン
脱出ドレインタウン マゾ向け誘惑無限レベルドレイン [PigExplorers]
2024/4/12の予告新作で、異世界にやってきて魔王を倒した男が、情報を得るためにレベルドレインを受けていくという女性上位な作品です(RPGツクールMZ製)。体験版では、パイズリや手コキや太ももコキなど、6キャラ分のエロシーンを見られました。本編は2024年05月上旬発売予定です。
あなたは異世界に召喚された勇者様。
女神の導きのままに魔王を倒し、
魔王の信奉する邪神を倒し、その冒険を終えました。

そして、その邪神討伐を女神に報告すべく、
女神教の宗教都市に赴くが、なにか様子がおかしい……

魔王を倒して帰還するものの……


女神によって異世界に召還されたところから話は始まりますが、魔王討伐はすぐに終わり、本作で描かれるのは倒した後の話です。


主人公は女神に報告しようとしますが、街の様子がおかしく、会うことができません。



街の女達は情報を得たいなら、レベルドレインをさせろと要求してきまして、まずはウィッチによるパイズリです。地の文や主人公のセリフはなく、女の子のセリフのみで進行しましたが、十分なセリフ量があり、状況理解に問題はなかったです。3レベルほど下がってしまいましたが、もとがLV99なので大きな支障はなさそうです。ここまでがチュートリアルで、あとは自由に行動できます。

続きを読む →

新米ドラゴン娘がお金稼ぎ「ドラゴンワームリング!」(男爵領)体験版感想

【10%OFF】ドラゴンワームリング!
ドラゴンワームリング! [男爵領]
2023年08月29日の予告新作で、若いドラゴン娘が冒険者の力を借りつつ、宝物などを集めていくという話です。体験版では、盗賊エリアとゴブリンエリアをプレイすることができました。本編は2023年10月上旬発売予定です。

追記:9/24に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,485円、135ポイント還元(10%OFF価格、10/7まで)
ある事がきっかけで、金竜の卵を預かった冒険者エニトゥーラヤ。
彼女の手によって、託された雛は無事孵り、立派に成長する事となった。
そして…。

雛金竜ソルは、あっちこっちを飛び回って巣に宝物をかき集め、
縄張りに住む人間たちと仲良くなって、立派な竜となれるだろうか?
彼女の冒険は始まったばかりだ!

エニ先生が、ドラゴンから卵を託される


山頂でドラゴン2体が争っているところから話は始まり、ほどなくして片方がやられて決着が付きました。


しばらくすると、やられたドラゴンが麓の村に下りてきまして、村は大騒ぎになります。居合わせた、ドラゴン語を理解できる”エニ先生”(エニトゥーラヤ)という冒険者がドラゴンから話を聞き、ドラゴンはエニ先生に卵を託して息絶えてしまいます。


エニ先生は託された卵を温め、無事にゴールドドラゴンが生まれ、ソルと名付けられたこのドラゴンが本作の主人公です。

エニ先生と共に、盗賊退治



2年が経過し、ソルはそこそこ成長して、まだまだ弱いながらも一応の冒険ができるようになりました。エニ先生は卒業試験として、盗賊退治を言い渡します(この探索は、エニ先生も同行します。なおオープニングをスキップするとここからスタート)。


メニューはこんな感じです。セーブは、拠点(ここをクリアすると行けます)でのみできる形式で、このメニュー画面ではできません。アーティファクトが、一般的なRPGにおけるアイテムです。


探索マップは、一見すごろくのような形式ですが、さいころ要素はなく、引かれた線の上を自由に行ったり来たりできました(金の小さなドラゴンが自キャラです)。下に進むとさっそく初戦闘です。

続きを読む →

3Dアクションゲーム「駆動妖精アイディールレイズ」体験版感想

【15%OFF】駆動妖精アイディールレイズ
駆動妖精アイディールレイズ [Riez-ON]
2022年08月14日の予告新作で、未来世界が舞台の浮遊系アクションバトルゲームです。体験版はアンドロイドのマスターになるところから始まり、レイアードとの戦いになんとか勝利するところまでプレイできました(エロ要素はフェラなど)。本編は2023年05月上旬発売予定です。

追記:2023/9/16に発売になりました。
DLSite販売ページ 3,272円、297ポイント還元(15%OFF価格、10/11まで)
「舞え、超音速の妖精」
異次元のハイスピード3Dアクションへようこそ

女性型アンドロイド「アイディール」のオーナーとなり、
全編リアルタイム3Dのダイナミックなドラマを添えて、
異次元のハイスピード3Dアクションをお楽しみいただけます。

設定について



アンドロイド”アイディール”の挨拶が終わると設定画面に行けます。


設定はメニュー右上のSETTINGSでできまして、表示絡みはVISUALSにあります。今回は、Graphic qualityはデフォルトのLEVEL2でプレイしました(プレイしたパソコンのスペックは、CPUがi5-8400、RAMが48GB、ビデオカードがGeforceGTX1060 6GB)。ロードは長め(平均30秒程度)だったものの、それが終わってしまえばあとはカクつくこともなくサクサク軽快でした。

戦闘の難易度はNORMALとHARDのみで、今のところEASYはありません。今回はNORMALでプレイし、序盤はサクサク進められたものの、体験版ラストのレイアード戦はなかなか勝てずに苦労しました。


MAINに戻り、画面左下のCONTINUEを選ぶと次のステージに進めます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「搾精錬金工房イリス 錬金術師と勇者と竜騎士と女神さまのえっちな冒険」(アトリエすえ)体験版感想

【30%OFF】搾精錬金工房イリス錬金術師と勇者と竜騎士と女神さまのえっちな冒険
搾精錬金工房イリス錬金術師と勇者と竜騎士と女神さまのえっちな冒険 [アトリエすえ]
2023年05月26日の予告新作で、工房を営む女主人公が魔王退治と精液集めの旅に出ることになる話です(RPGツクールMZ製)。体験版はエロい夢を見た後、女神様の信託を受けて旅を開始し、村で情報を集めた後、狼男を倒すところまでをプレイできました(エロシーンは村の精液集めが2つ)。本編は2023年06月中旬発売予定です。

追記:6/16に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,155円、105ポイント還元(30%OFF価格、7/13まで)
客が全く来ない小さな錬金工房を営む新人錬金術師イリス
女神さまの銅像に神頼みしていたはずが、なぜか魔王を倒すことに!?
魔王討伐のため仕方なく精液を集めながら大陸中を旅するも
旅の仲間はメスガキ勇者に天然竜騎士に、果ては依頼主の女神さま!?
イリスとクセの強い仲間たちとの、笑いありえっちありの冒険の旅が今始まる……!

女神様の信託を受け、魔王を倒す旅に出ることに


ゲームを始めるといきなりエロシーンで、借金取りにハメられているレイプ系です。ただしっかり感じていて、あまり嫌ではなさそうです。


結局これは夢でして、主人公はだいぶ溜まっているようです。


動けるようになったら自宅を出て上に進み、女神像を調べます。微妙にやる気なさげな女神様が現れ、魔王を倒すよう頼んできました。



女神様の話が終わったら工房に戻り、ホムンクルスを作ります。これは仲間ではなく装備品扱いで、一度完成したあとも、精液を足すことで強化していけます。

ホムンクルスを装備し終えたら下から出て、旅の開始です。なお次にやるべきことが画面左上に常時表示され、とてもわかりやすい作りになっていました。

続きを読む →

男主人公エロRPG「淫魔と最後の街」(開発室)体験版感想

【20%OFF】淫魔と最後の街
【20%OFF】淫魔と最後の街 [開発室]
2023年05月22日の予告新作で、男勇者が主人公の女性上位もの作品です(RPGツクールMV製)。体験版は最初の中ボスを倒すところまでをプレイでき、ザコ3体・ボス1体・街の依頼敵2体のエロシーンが見られました。本編は2023年06月上旬発売予定です。

追記:6/5に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,584円、144ポイント還元(20%OFF価格、7/2まで)
貴方は異世界から召喚された勇者です。
淫女王を倒して世界平和を勝ち取ることが目的で、
彼女が潜んでいると思われる最後の街に足を踏み入れます。

ラスボス前の街からスタート


主人公は男勇者で、王様の命を受け旅をし、ラスボスである”淫女王”のところまであと一歩という状況です。が、相手の策略にハマり、勇者装備の能力が失われてしまいました。4体いる上級淫魔を倒して自分の所まで来いと淫女王から言われます。


一通り説明が終わると、街にある自宅からスタートです。左上の本棚で、戦闘絡みの説明を色々と読めました(弱点を突くと相手の行動ゲージが少し戻る、相手の表情と次の行動は関係性がある、必殺技の前には背景に紫色の霧が立つなど)。


街には、まずは店が左上にありました。最初からある程度の金を持っていて、一通り装備を整えることが可能です。他にはギルド的な施設が左にあるものの、開始時点では依頼は受けられません(体験版終わりまで話を進めると発生します)。

街の中のエロイベント


本作はフィールドでの戦闘中エロだけでなく、街の中にもエロイベントがありました。右上の光っている箇所を”触ってみる”と、ドリアードに足で責め立てられて射精させられます(戦闘なし)。シーン後、自室で復活です(他エロシーンも同様)。



他には中央あたりにいる金髪の娘に話しかけ、いいことをするを選ぶとパイズリなエロ展開になります。巧みな責め立てにどうすることもできず、延々と射精させられました。



酒場にいる金髪巨乳エルフにもイベントがあり、”誘いを受ける”と酔わされて部屋に連れ込まれ、パイズリでたっぷり搾り取られます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「エクリプスの魔女」(ONEONE1)体験版感想

エクリプスの魔女
エクリプスの魔女 [ONEONE1]
2023年05月15日の予告新作で、村で過ごしていた見習い魔女が、村を出て各地を旅していくという作品です(Unity製)。体験版は母に稽古をつけてもらっているところから始まり、ゴブリン退治をしたあと村を出て、最初の町の依頼をあれこれこなした末、スタンピードに対処するところまでをプレイできました(エロシーンは敗北エロが5つのほか、領主相手の奉仕エロや、自室でのオナニーもありました)。本編は2023年05月31日発売予定です。

追記:5/31に発売になりました。
DLSite販売ページ 4,400円、400ポイント還元
セレーヌ村という小さな村に住む魔女見習いリズは
1人前の魔女になるために、母親であり魔女の師匠でもあるアレッタから
毎日魔法の手ほどきを受けている。

リズはアレッタから課せられた魔女見習い卒業試験をクリアし、
1人前の魔女になると『魔女の理』に従い、村を出て世界を旅することになる。

主人公は見習い魔女

まずrarファイルの解凍については、7zipを使ったところうまく解凍できました。自分の環境の場合、普段使っているLhaplusだと何回やっても途中で勝手に終わってしまい、うまく解凍できず。


最初に難易度選択があり、ノーマルモードとイージーモードからの選択です。今回はイージーを選択しました。イージーだと、”勝ったことにする”を選べます。



処女設定が終わるとゲーム開始で、今作の主人公”リズ”は魔女(まだ見習い)でした。サークルさんの過去作は女騎士など男勝りで気の強い前衛職が多かったので、珍しい印象です。師匠である母”アレッタ”に教えてもらっていて、今日も修行に励んでいて、まだまだ母には遠く及ばないようです。



水浴びを終えると、幼なじみのカミラという女の子が話しかけてきました。皆でゴブリン退治に行くとのことです。


会話後、すぐ下にある家に入り、母に話しかけると、いつになく真剣な雰囲気で、見習い卒業試験を受けるよう言われました。まだまだ母にかなわない主人公は、自分なんかが試験を受けていいのかと困惑します。

続きを読む →

ローグライトエロRPG「ウィザーズ ローグライト エッチな娼館と不思議な迷宮」(エロステーブル)体験版感想

ウィザーズ ローグライト エッチな娼館と不思議な迷宮
ウィザーズ ローグライト エッチな娼館と不思議な迷宮 [エロステーブル]
2023年05月29日発売の新作で、3Dダンジョンを探索していくローグライト作品です。体験版ではB1Fの探索ができたほか、娼館でエロCG5枚を見ることができました。

DLSite販売ページ 990円、90ポイント還元
「ウィザードリィライク」な3Dダンジョンと、「ローグライト」要素を掛け合わせた、ダンジョンRPGです!
プレイヤーは、仲間と共に毎回シャッフルされるランダムなダンジョン挑みます!
ダンジョン内では取得する魔法を駆使して、クリアを目指しましょう!
ライトなハクスラ要素もあり、良い装備を手に入れる楽しさもあります!

パーティメンバーについて



本作にはメインストーリー的なものはなく、ゲーム開始後、即ダンジョン探索を開始することが可能です。システム説明やアドバイスを聞きたい場合は、話しかければいろいろと聞くことができました。

最初からパーティ(冒険者・白魔導士・黒魔導士)が組まれていて、変えずに即迷宮に突っ込んでも大きな問題はありません。メンバー変更は酒場でできますが、主人公的な”冒険者”だけは外すことができませんでした。なお自分でゼロから新キャラを作ることはできないようでした。

メンバー構成については、ざっとやってみたところ、回復は冒険者もできるので、白魔導士をアサシンか獣人に入れ替えてもいいかなと感じました。

・メンバー雑感
冒険者 → パーティから外せない “回復”を使える ダンジョン内で魔法を取得する(ただし一時的に使えるようになるだけで、街に戻ると元に戻る)
白魔導士(アルマ) → “回復”を使える “異常治癒の光”で状態異常を治せる(ダンジョン内で泉が毒なことが時々ある)
黒魔導士(ヴァネッサ) → 攻撃魔法(単体の”火球”や”死への誘い”、全体の”オードの岩”)を使える(本作において魔法の火力はかなり高く、MP切れの心配もほとんどないため、ほぼ必須なメンバー)
アサシン(シータ) → 説明によると、”高い会心率と回避率が持ち味”
獣人(ライラ) → アサシンと比べて、HPの伸びが大きい

ダンジョンについて


ダンジョンは、3Dダンジョンなのに加えて、レベルが毎回1に戻されるという、なかなか硬派な作りです。オートマッピングがないので、下り階段を探すのは最初のうちはなかなか大変でした。ただどうやら、フロアの構造や下り階段の位置は、ランダム性はなく毎回同じのようで、このあとやっているうちに作りを自然と覚えてしまいまして、実際やり進めてみると探索はそこまで大変ではなかったです。

戦闘について



戦闘はランダムエンカウントです。エンカウント率はほどよく、高すぎると感じる場面は特にありませんでした。

敵は適当に殴っても倒せますが、装備の整っていない序盤にそれをやるとダメージを結構食らってしまいまして、黒魔導士(ヴァネッサ)の魔法をどんどん使っていったほうが効率よく倒せます。最大MPが消費量に対してやたらと大きい(さらに装備で増やすことも可能)ので、撃ちまくってもMP切れになる心配はほぼありません。

ローグライト作品ですが、空腹度の要素は見当たらず。トルネコの地震やシレンの竜巻的な、強制的に次のフロアに進まされたり街に戻されたりする要素があるのかは不明です。

ところどころにある白い床に触れると、アイテムが手に入ったり、魔法を覚えたり、回復の泉(たまに毒の泉)だったりしました。本作は拾ったアイテムや装備したものは死んでもロストしないので、アイテム集めが最も重要に感じました。

アイテムについて


街には店があり(他にダンジョン内で行商人に遭遇することもあり)、いろいろと売っていて、街に戻るたびに品揃えが少し変わります。帰還の巻物が100で買えるので、本編で深い階まで探索する際はこれを最低1つは持っていくのが必須だと思われます(なおダンジョン内でも結構手に入りました)。

武器などの装備品も並んではいるものの、価格は高めで、最初のうちは手が出ません。金はモンスターを倒しても得られるものの、その額はわずかで、不要な装備品を売って金にするのがメインの金策でした。

装備品の売却価格はかなり差があり、物によってはいい値段で売れまして、たとえば”業物の刀”は4000の値がつきました。価格はベースのみで決まり、付加効果は価格に反映されないようでした。

体感では、武器と比べて装飾品は出現率が低い気がしました。ある程度金が貯まった状態で、装飾品が全キャラ埋まっていなかったら、2000で買えるタリスマンや3000で買える護符に強い(+4)良い効果が着いていた時には買ってもいいかもしれません。

なお色々な職業のキャラがいますが、武器も装飾品も、職に関係なく装備できました(ゲームによっては戒律で刃物が禁じられている白魔導士も刃物を装備できますし、力が必要そうな斧も普通に装備できました)。


そんな感じで探索していき、B2Fへの下り階段を見つけたところで体験版は終了で、街に戻されます(引き続きプレイ可能)。慣れてくるとピンチになる場面は全くなく、毎回確実に下り階段にたどり着くことができました。

娼館でエロCGが見られる






エロ要素は娼館にありますが、テキストはなくCGが表示されるのみでした(吹き出しによる喘ぎ声表示はあり)。なおCGはAIによる生成とのことです。

感想まとめ

3Dダンジョンでローグライトでオートマッピングもないということで、探索難易度は一見高そうでしたが、少し装備が整えば全滅するようなことはもうなく、フロアの作りも固定なようなので迷うこともなくなって装備品集めをじっくり楽しむことができました。ややこしいストーリー性や仲間同士のごちゃごちゃがないのも、ゲームシステムとうまくマッチしていましてよかったです。

戦闘については、今のところはそこまで難しくはなく、黒魔導士の高火力でどうにでもなりました(特に”死への誘い”は約1000ダメージと、無駄すぎるくらい高火力)。全体魔法があるのも便利でありがたかったです。ゲームの進め方としては、挑戦1発目でいきなりクリアを狙うというよりは、死や帰還を繰りかえして少しずつマップを覚えつつメンバーの装備を強いものに置き換えていくというのが想定されているようでした。

エロ要素は、娼館でCGが表示されました。テキスト表示は残念ながらなかったですが、ファンタジー系のいい雰囲気が出ていまして、手や指にもおかしな点はなかったです。

ウィザーズ ローグライト エッチな娼館と不思議な迷宮
ウィザーズ ローグライト エッチな娼館と不思議な迷宮 [エロステーブル]

女主人公エロRPG「35才魔術師の搾精一人旅」(アンクルおじ)体験版感想

35才魔術師の搾精一人旅
35才魔術師の搾精一人旅 [アンクルおじ]
2023年05月26日の予告新作で、発情の呪いを食らってしまった女魔術師が、呪いを解くべく精液集めに奔走するという話です(RPGツクールMV製)。体験版は野いを食らってしまうところから始まり、医者に見てもらって詳細が判明した後、最初の依頼を終えるところまでをプレイできました(エロシーンは発情を抑えきれずのオナニーや、魔物や街の住人によるセクハラなど)。本編は2023年07月中旬発売予定です。
20年バウンティーハンターをしている魔術師マリアーヌ(35才)。
受けたクエストは必ず完遂する凄腕。
人嫌いでプライドの高い彼女は、全て一人でこなしてきた。
そんな彼女がとある任務中、強力な呪いを受けてしまう。
解呪には、期限内に種族問わず大量の精液を摂取しなくてはならないと告げられる…。

発情の呪いを食らってしまう



主人公の女魔術師は人間嫌いらしく、1人で依頼をこなすのが常です。いつものように敵を追い詰め、とどめを刺そうとするものの、敵はやられる間際に何やら魔法を放ってきました。油断していた主人公はこれを食らってしまいます。


しばらくすると主人公の体に異変が生じ、原因がなんだかわからないまま、なんとか自宅へと戻ります。




翌日、動けるようになったら自宅を出て街のハンターズギルドへと向かいます。主人公は街から少し離れたところに1人で住んでおりまして、ハンターズギルドは街に入ってまっすぐ上に進むとあります。



ギルド員の勧めで医者に診てもらうと、主人公が食らったのはエロと弱体化の呪いで、解くには60日以内に大量の精液を集める必要がありました。これが本作の主目的になります。ただ体験版でプレイできるのは最初の10日のみなので、この精液集めについては気にしなくてOKでした。


エロ化の呪いは強力で、自宅に戻った主人公は我慢できずにオナニーしてしまいます。幸い24時間ずっと発情しっぱなしなわけではなく、発情の呪いが現れるのは夜(PM6~)のみでした。

続きを読む →

本格派ファンタジーRPG「竜と大剣」体験版感想1(オープニング~ソフィア加入)

【30%OFF】竜と大剣
竜と大剣 [スタジオドビー]
2021年12月11日の予告新作で、両親をドラゴンに殺された女が復讐するべくギルドに入って依頼をこなしていくという本格派RPGです(RPGツクールMV製)。体験版はギルドで門前払いされるところから始まり、修行の末にギルドに加入して3人の仲間を集め、様々な依頼をこなした末、飛空挺を空に飛ばすところまでをプレイできました(エロ要素はメインクエストがボス戦の敗北エロなど、サブクエストがフェラやストリップなど)。本編は2022年02月下旬発売予定です。

追記:2023/4/23に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,925円、175ポイント還元(30%OFF価格、4/29まで)
実在しないはずの怪物【ドラゴン】によって両親を殺害されたクレア。倒すべきドラゴンを探すため、ドラゴンを倒す実力を得るために冒険者ギルド・フテラの門を叩く。クレアは冒険の中で同じくドラゴンを追いかける3人の女性と出会う。

ギルドに向かうものの、相手にされず

まず始めに、作者様の攻略サイト「竜と大剣攻略情報サイト」に、クエスト一覧や各クエストの進め方などが出ていまして、そちらを見ながらプレイすると効率的でした。本記事はそちらでわかりにくかった点を中心にクエストを紹介していきます。


吟遊詩人が酒場から追い出されるところから話は始まり、女の子があとを追いかけてきまして、


ドラゴンについての語りが入ったあと(クレア達の冒険譚をこの吟遊詩人が語るという体のようです)、場面が街に変わり、クレアというキャラで操作可能になり、このキャラが本作の主人公です。なお今やるべきこと・クエスト一覧はメニューの2列目左端・クエストリポートで確認できます。


まずは冒険者ギルドへ向かいます。まっすぐ上に進み、門の横にいる衛兵に話しかければ、あとはギルドに自動で移動してくれました。


クレアはドラゴンに強烈な恨みがあり、これが本作の主テーマでした。ドラゴン退治の依頼を出そうとしますものの、ドラゴンなんて空想の生き物だと話をまともに聞いてくれず、クレアはギルドを出て行ってしまいます。

続きを読む →