Category Archives: 体験版感想

minoriさんの新作エロゲ「その日の獣には、」体験版感想


その日の獣には、 [minori]
minoriさんの新作で、演劇部が舞台の学園もの作品です。体験版は、入学後2ヶ月たったところから始まり、学内選考会へ向けて悩みつつも奮闘するあたりまでをプレイできました(幼なじみな舞雪とのHシーンあり)。本編は2018/12/21発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
:⋅: 体験版プログラム|その日の獣には、|minori :⋅:
「友瀬 律希」が妹の「瑠奈」、幼馴染の「池貝 舞雪」らと通うのは、
女優・俳優はもちろん、著名な脚本家を輩出するなど、演劇に関する活動の盛んな学園。

入学後、幼い頃から演劇に触れていた律希と瑠奈のふたりは、
何かと周囲から浮きがちなクラスメイトの「深浜 祈莉」を誘い、
更には律希を慕う舞雪も伴って演劇部に入部する。

謎の契約



謎の人物との会話から始まり、誰かが何か契約を結んで強大な力を得ようとしています。謎めいていて引き込まれる展開で、綺麗なBGMも印象に残るオープニングでした(1ループ長めで終盤盛り上がる曲なので、最後までじっくり聞いてから次のシーンに進むのもあり)。

話の舞台は演劇部


場面変わって学園の演劇部で、夏の大会まであと70日とのことです。文化系なものの、体力トレーニングなど体育会系なところもありました。特にこの学校の演劇部は全国大会にも出ている強豪で、活動もハードです。

主人公は入学したばかりの新入部員で、主人公の演劇への思いは、読み進めるにつれ次第に明かされていきました。いずれにしても、ガチな演劇部ものというのは珍しくて面白い設定です。

スケジュール的には、”夏の大会”は対外試合ではなく学園内予選で、そこで選ばれたチームが秋に行われる全国大会を目指して学外の大会に出るようです(地区予選・全国大会云々は体験版では説明なし)。今回の体験版は、入学後2ヶ月経過した6月から始まり、夏の大会の少し手前までが描かれました。

続きを読む →

女主人公エロRPG「春孕ノ巫女リゼット」(毛玉キューブ)体験版感想

春孕ノ巫女リゼット
春孕ノ巫女リゼット [毛玉キューブ]
11/13予告、11/16発売の新作で、小島へと流れ着いた主人公が主を探して旅をしていくという作品です(RPGツクールVX Ace製)。体験版では島にワープせざるを得なくなるところから始まり、依頼を2つほどこなすところまでをプレイできました。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
どの国家にも属さない絶海の孤島ウェパル…
不吉な噂の絶えないその島は悪夢のウェパルと呼ばれ人々から忌み嫌われていた。

貴族のエルヴィンとその従者リゼットは航海中に海賊の襲撃に遭い、
緊急避難先としてウェパル島へ逃げ込むこととなる。
だが、転送魔法時のアクシデントによりお互いが別々の場所へ飛ばされてしまうのであった。

魔導師の娘アデリーチェと協力し、共にはぐれたエルヴィンを探すリゼット…
ただの人探しのはずが、いつしか歴史の闇へと足を踏み入れてしまう―――

オープニング 乗っていた船が海賊に襲われ…


オープニングはスキップ可能です(飛ばすと島に着いたところからスタート)。ご主人様を起こすところから話は始まり、起こしているビキニ鎧キャラなリゼットが本作の主人公です。


食堂で話が終わると動かせるようになります。右に進んでカウンターに行き、食事を受け取ります。


席を外している間に主がチンピラに絡まれており、これは撃退できたものの、直後に衝突音と共に船が激しく揺れ、緊迫した雰囲気です。


原因を探るべく奥の部屋に場面が変わったあとは、右へ進みます。話を要約すると、船を襲撃してきていたのはチンピラたちの親玉でした。

続きを読む →

女性上位エロゲ「緋奈沢智花の絶対女王政」体験版感想


緋奈沢智花の絶対女王政 [裸足少女]
裸足少女さんの最新作で、女性上位・学園もの作品です。体験版では主人公が一目惚れして告白するあたりから、CA部絡みの問題を解決していくところまでをプレイできました(Hシーンは足コキや騎乗位など複数あり)。本編は2018/11/30発売予定です。
主人公は女の子みたいにかわいい顔をした男の子。
聖トレア学園に通う学生で、生徒会の書記を務めています。

ある日、ずっとあこがれていた生徒会長の「緋奈沢 智花」に告白します。

真面目で文武両道、しかも美人なため、
男女を問わず全校生徒からのあこがれの的の智花ですが、
彼女には困った性癖があったのでした。

プロローグ 入学式で一目惚れ


いきなり長身美人(緋奈沢 智花)から黒スト足を舐めるよう迫られるところから話は始まり、


時間遡って、どうしてこうなったのかの回想です。奥手な主人公はこの学校(元女子校で女子率高め)ではなんとかして恋人を作りたいと決意しつつ入学し、


入学式で生徒会長・緋奈沢 智花(ひなさわ ともか)の美貌と凜々しい雰囲気に一目惚れします。


入学式が終わっても生徒会長のことが忘れられず、もっと詳しいことを知りたいと考え事をしながら歩いていると迷子になり、保険医な美人教師(蔦 朱音 つた あかね)に声をかけられます。道を教えてもらったあと、生徒会長についてさっそく尋ね、なかなか行動的な主人公でした。生徒会長は成績優秀でスポーツもできる完璧優等生と教えられ、止めた方がいいと諭されます(保険医としては生徒会長のことを諦めさせ、自分の方に興味を持たせたいと思われます)。

続きを読む →

男主人公エロRPG「マハとダチュラの森」(つきみたけ)体験版感想

マハとダチュラの森
マハとダチュラの森 [つきみたけ]
8/16の予告新作で、魔術師な男主人公が女魔族と戦って負けて搾り取られたりする女性上位作品です(ツクールMV製)。体験版ではハーピー娘4つ・魔物娘1つ・魔術師2つのエロシーンが見れました。本編は2018年10月上旬発売予定です。

追記:11/15に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
魔術学園で特待生として過ごしているマハ。
ある日、学園長に呼び出されて話を聞くと、
友人のネヴァンが魔族に殺されたという。

これ以上不幸な事が起こらないように、
魔族の王を倒すため、魔族たちに戦いを挑む。

討伐に向かったクラスメイトが行方不明に

マハとダチュラの森 オープニング
ネヴァンという少年が魔物と戦っている所から話はスタートし、じゃれあっている程度かと思いきや、戦いに飽きた魔物にやられてしまいます。

マハとダチュラの森 学園
場面変わって平和な授業で(時間的には先ほどの事件から1ヶ月が経過しています)、マハというのが本作の主人公です(先ほどの少年ネヴァンはマハのクラスメイト)。長髪の可愛い雰囲気でぱっと見は女の子でしたが、男の子です。

マハとダチュラの森 学園
学園長が入ってきて授業中断したあとは、左下から教室を出て、階段を上がっていって学園長室へと向かいます。

マハとダチュラの森 学院長からの説明
学園長から説明があり、ネヴァンの死体が見つかったことが告げられます(正確には、見つかった死体がネヴァンの装備品を身に着けていた)。成績優秀な2人(主人公+クラスメイトのモリアン)に、ダチュラ討伐が命じられました。なおダチュラというのは敵の一般名で、個人名ではありません。主人公たちは自分達には荷が重いと困惑するものの、他に討伐に向かえる適任者がおらず、討伐を引き受けることになります。

続きを読む →

「俺の上であがく六人の伽女」(Guilty)体験版感想

俺の上であがく六人の伽女
俺の上であがく六人の伽女 [Guilty]
Guiltyさんの最新作で、闇金融を営む主人公が仕事仲間や取引相手と関係していくという話です。体験版ではヒロイン一通りが登場し終わるあたりまでをプレイできました(Hシーン各ヒロイン各1、朋子のみ2)。本編は2018/12/14発売予定です。

DMM販売ページ 「魔女コスプレをした夕浬と悪魔の契りを交わすパッチ」つき
Getchu販売ページ 「過激な水着姿で誘惑してきた奈々を過激に弄ぶパッチ」つき
主人公は、違法合法を問わず物騒な仕事を請け負い、暮らしている男。
ヒロインたちは、それぞれの理由で主人公と同じマンションで暮らすようになったり、
定期的に主人公の元を訪れるようになるなど、関わりを持つ事になります。

主人公はそんなヒロインたちを相手に、
ある日は、気まぐれに身体を弄んだり――
ある日は、自分から求めて腰を振るように命じたり――
ある日は、逆に押し倒されて強引に求められたり――
と、身体を重ね合わせる日々……。

はじめは仕方なく従っているヒロインも、最初から興味津々で迫ってくるヒロインも、
主人公とのセックスにはまっていき、大胆になっていく様子をお楽しみいただけます。

親が借金抱えて失踪した女子校生・雨谷 朋子


今作の主人公は借金取り(闇金融)の男で、裏社会では名の通った存在でした(名を聞いたとたんに皆態度変わって震え上がる)。


場面変わって学園で、このシーンは女視点に変わります。この朋子という少女は金と住まいに困っていました(母が借金つくって失踪、父が借金をなんとか返済しているもののこちらも連絡取れなくなった)。父から金は振り込まれているのでとりあえず飢え死にはしないものの、住んでいたところを火事で失い、ネカフェ住まいという困窮した状況です。


朋子が路地裏でヤクザに絡まれて困っていると、主人公が助けに入ります(借金のことで朋子を探していた)。事務所に連れてこられた朋子は、初めて見る闇金融の容赦ない仕事ぶりに怯えます。


朋子がネカフェ住まいだと聞いた主人公は、連絡が取れなくなるのを危惧して住まいを用意します。男は仕事のことしか考えていない雰囲気で、同じ建物で生活することになりますが下心はここでは感じられず、必要事項だけ淡々と告げます。ともかく女は住まいの心配がなくなりありがたい話で、翌日はいつものように学園へと向かいます。いつもは特に気にしない援交の話題が耳に入り、自分もやれば楽に稼げると少し心が揺らぎます(ただ本気でやるつもりはなし)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「プリンセスは負けられない」(AVANTGARDE)体験版感想

プリンセスは負けられない
プリンセスは負けられない [AVANTGARDE]
9/15の予告新作で、「バニーガールはくじけない」のサークルさんの3作目です。今回は王国の姫が主人公です(舞台は前作と同じ世界)。本編は2018年11月上旬発売予定です。

追記:11/8に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
スティヴァーレ半島の西に位置する小国『トリーニャ王国』の姫であるエリカは、現状に危機感を覚えていた。
半島内にあるいくつもの都市国家は、外の強大な近代国家による支配を受け、ほとんどが傀儡国家になっている。
このままでは駄目だと思ったエリカは、スティヴァーレ人としての誇りを取り戻すために立ち上がった。
支配しようとする諸外国を倒し、スティヴァーレ半島を統一するための戦いが幕を上げる!
しかし旅をするエリカたちの前には、数々のスケベが待っていた……。

オープニング 今作の主人公はキツネ耳少女

プリンセスは負けられない
プリンセスは負けられない
信仰心の低い男たちが飲んだくれていると、キツネ耳の少女が入ってきまして、このエリカという少女が本作の主人公です。この国(小国トリーニャ)の王女様で、窃盗犯を捕まえに来たという状況です。犯罪者が出るのは国が貧乏なせいという横からの突っ込みに言い返せないあたり、今作も誠実・真面目な性格の主人公でした。

プリンセスは負けられない
そうこうしていると隣国が攻めてきたという知らせが入り、慌てて国境へと向かいます。難易度選択はイージー~ハードの3段階から選べまして、今回はイージーを選択しました(なおあとからいつでも変更可能です)。聖石についての説明が終わったところで動かせるようになります。

続きを読む →

「私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!-」(H:O:T(仮))体験版感想

私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!-
私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!- [H:O:T(仮)]
11/2の予告新作で、エロ店長が立場と金を利用して女店員などにセクハラ・羞恥を仕掛けていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では店の日常から始まり、2号店が開店するところまでをプレイできました(エロシーンは、女店員2人へのセクハラ、風俗嬢との露出プレイ、女戦士の羞恥プレイが見られました)。本編は2019年05月上旬発売予定です。
それはとある街の雑貨店店長のお話
お金に困る女性たちに給料を多めにあげる優しい店長

・・・ではなく
給料を釣り上げるために無理難題をふっかける!?
普通に仕事してもらってもつまらない・・・条件がある!

客に頼まれたレアアイテムを取りにダンジョンへ


本作の主人公は雑貨屋店長で、自分でダンジョンに赴いての冒険・アイテム探しもしていました。今回は客に頼まれたレアアイテムを取りに洞窟に来たという状況です。


穴を飛び越えたりしつつ右下方向に進んでいき、


ザコとの戦闘では、1撃で勝つ”簡単な勝利”コマンドもありました(ただこの敵に関しては普通に殴ってもワンパンできるため、どちらでも所要時間は大差なし)。


コンパクトなダンジョンになっており、右上で早くもボス戦です。最初ということでボスも弱く、殴ってもスキルを使っても難なく勝利できました。


こうして無事目的の品を入手し、店へと戻ります。

続きを読む →

「悪魔聖女 〜デーモンガール・ステップ〜」体験版感想

悪魔聖女 〜デーモンガール・ステップ〜
悪魔聖女 〜デーモンガール・ステップ〜 [ソフトハウスキャラ]
ソフトハウスキャラさんの新作で、魔力と肉体を失った魔王が少女と協力してバトルを重ね、魔力を集めて肉体の復活を図っていくという話です。体験版では4~6月をプレイできました(京香との和姦エロ2つ、勝利エロ3つあり)。本編は2018/11/30発売予定です。
主人公ルティは、大昔に滅ぼされた悪魔。
現代に蘇り、復活を願うも魔力のない現代に翻弄される。
しかし、そこで出会った一人の少女、京香との運命的
(ルティ、Hグッズと間違われて購入される)な出会い。
ルティは京香を悪の魔法少女ダークチェリーに育て上げ、
魔力を回収させることで自身の復活を目論む。
目論むだけでグダグダやっているだけなのだが。
それに呼応したかのように動き出した正義の影。
魔法少女メロディクイーン、魔法少女ライオネル、
魔法少女アヤの三人の正義の魔法少女たちが、
悪の魔法少女ダークチェリーの前に立ちはだかるのであった。

プロローグ 京香に買われて復活開始


まずはヒロインの挨拶で、主人公(画面左の棒状のもの)は魔王様なものの、女の尻に敷かれている感がありました。


挨拶が終わると回想です。主人公は悪魔・魔王でしたが、天使をハメまくったことで恨みを買い、アジトの場所がバレて殺されてしまいます。が、身体の一部は残存(一部でも残っていればそこから復活できる模様)し、生き延びることができました。


そうして長いこと置物生活を余儀なくされた主人公でしたが(古物商店で誰にも買われずに並べられていた)、ヒロインに買われたことで話が動き出します。めいっぱい値切られた上、オナニー道具として使われ、精神的ショックを受ける様子がコミカルに語られます。なかなか面白い展開でしたが、このあたりは回想でさらっと流されました(オナニーなどの具体的なエロ描写はなし)。


運よく女に魔力があったことで、主人公が魔力を得て復活できたという次第です。ただまだ形態はそのままで、端から見るとバイブオナニーのようでした。

続きを読む →

催眠ものエロゲ「ソニアと催眠都市」(スタジオ名瀬)体験版感想

ソニアと催眠都市
ソニアと催眠都市 [スタジオ名瀬]
10/26の予告新作で、催眠がはびこる町へと派遣された女騎士が町の住人達により催眠にかけられていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では4日目までをプレイできました(催眠多数の他、本番も2シーンあり)。本編は2018年11月下旬発売予定です。
聖騎士ソニアが任務で訪れた町は「催眠」が横行する町だった!
少し歩くだけで次々とエッチイベントが発生するハイテンポRPGです。

教会から、トラブル発生している町へと派遣されることに


本作の主人公は教会に属する聖騎士で、部下が2人いました。


催眠で壊滅した町からの救援要請を受けて、主人公達が派遣されることになります。


部下2人は対照的な性格で、楽観的なヴァイスに対し、慎重なアレインが油断するなとたしなめます。

戦闘はカウンター形式


目的の町”フリートロン”が近いというところで盗賊を発見し、戦闘になります。


戦闘は、相手の攻撃を予測して対応したカウンターを繰り出すという(こちらから攻撃することはできない)一風変わった形式になってます。画面左上に確率が表示されているので、それを参考にすれば大体成功しました(100%ではないので失敗することもあり)。↑の場合は縦斬りカウンターが正解です。カウンターに4回ほど成功すると勝利できました。なおこの戦闘は発生頻度は低く、あとは体験版終わり際(スラム地区)で一度出てきたのみでした。

続きを読む →

エウシュリーさんの最新作「封緘のグラセスタ」体験版感想


封緘のグラセスタ [エウシュリー]
エウシュリーさんの新作RPGで(封緘は”ふうかん”と読みます)、奴隷の身になった主人公(傭兵)が、仲間を増やしたり洞窟探索をしたりして地位を上げていくという話です。体験版では奴隷になるまでのいきさつと、ダンジョン探索序盤をプレイできました(エロシーンは娼館などがあり)。本編は11/30発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
封緘のグラセスタ
『迎撃都市グラセスタ』
かつて西方史に深く刻まれたサマラ魔族国の亡地
地下迷宮『黒の抗』の上に築いた東ゴーティア王国の王都。

『大封鎖地』の神聖結界を護らんとする光神殿側が
魔族最強国の精鋭と激しく衝突しあう要衝であり
兵の損耗率を大量に人員調達することで補い
他国から売られて来る奴隷や
名声と財貨を得ようと欲す傭兵たちが集まる
一獲千金の都市へと変貌していった。

敗残兵の奴隷としてグラセスタに送られた
主人公『ジェダル・シュヴァルカ』は、自由を勝ち取るために
歪みの残る大封鎖地へ赴くことになる……

オープニング 主人公属する軍は劣勢


最初に設定画面で、チュートリアルon/offを選べるのは地味にありがたかったです。今回はonでプレイ開始しました。なお難易度設定的なものは見当たらず。



冒頭ではいろいろカタカナ地名が出てきてややこしいですが、”テルフュオン帝国”というのが敵軍で、”ベルガラード”が主人公属する味方軍です。


男2人が戦闘を遠巻きに見ており、右側のジェダルという男が本作の主人公です。ジェダルはフリーの傭兵で、左にいるユトラという男に雇われている身です。


ユトラは軍師系の雰囲気で、大軍に攻め込まれて劣勢な自軍が逆転勝ちするためにはどうすればいいかを冷静に分析します。”輜重隊”(しちょうたい)というのは輸送隊のようなもので、食料を運んでいるこの隊を襲ってしまえば敵の士気も大いに下がるという算段です。少数精鋭で敵に勝つために、主人公の力が必要、という状況でした。


主人公が任されたのは敵の目を引きつけることで、その間にユトラが敵の食料・兵糧を焼くという作戦です。緊迫感あっていい導入部で、ユトラの説明も手短でわかりやすいかったです。

続きを読む →