Category Archives: 体験版感想

ラブコメSLG「魔王のハーレムは冒険者町にて」(ダイジョビ研究所)体験版感想

魔王のハーレムは冒険者町にて
魔王のハーレムは冒険者町にて [ダイジョビ研究所]
3/15発売の新作で、魔王様が街の女の子と親しくなりつつ力を取り戻していくというラブコメシミュレーションゲームです(Unity製)。体験版ではそれぞれ乳揉みできるあたりまでをプレイできました。 DLSite販売ページ 2,052円、190ポイント還元
■製品基本情報■
基本HCG36枚(総計764枚)
Hイベント 73シーン(1クリックHシーンを除く)
1クリックH 370シーン

従者の女の子がシステム説明してくれる


敵にやられかけるものの、襲ってきた人間男”ヴァン”の体を乗っ取ってなんとか生き延び、なんとか復活したところから話はスタートです。


本作のイベントは、通常のRPGのようなウインドウ会話と、↑のような昔のノベルゲーム風の画面全体でのテキスト両方で展開されました。


主人公は、”デモンナッツ”を食べることで失った”魔王ギトラ”としての力を少しずつ取り戻せるとのことです(デモンナッツを食べ続けることで、この人間の体を魔族化させるという作戦)。ただデモンナッツを買う金がなく、まずは金を稼ぐ必要がありました。周りからは冒険者として認識されているので、これを利用して金を稼ぐことにします。


ひととおり説明が終わったところで行動可能になりました。↑が本作の基本画面です。説明がなかったところを補足しますと、セーブは画面左上のメニューからできました(”日記”はセーブではなくエロイベント回想)。

続きを読む →

謎解きアクションゲーム「サナと明日の来ない街」(ノイジークラウン)体験版感想

サナと明日の来ない街
サナと明日の来ない街 [ノイジークラウン]
3/13発売の新作で、街へとやってきた女主人公が謎を解いていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では最初のダンジョンをプレイできました(敗北エロ2つ確認)。

DLSite販売ページ 1,080円、100ポイント還元
主人公、死神・サナに与えられた使命は
とある街を支配する『明日を奪う者』を解放すること。
その者の影響により、街は同じ一日を繰り返す。
朝が来て、夜になって。また陽が昇れば、最初の朝に戻ってしまう。
……明日は来るはずなのに。一歩、踏み出せば届くのに。

主人公は死神 気がつくと宿屋


家族に励まされて主人公が派遣されてくるところから話は始まり、気がつくと宿屋で起こされます。主人公は死神だと名乗るものの、冗談だと受け止められ笑い飛ばされてしまいます(なお主人公は基本的にしゃべらず)。

会話が終わると動かせるようになります。画面左上の時計が残り時間を示しており、これは立ち止まっててもどんどん時間が進んでいきます(手際よくスピーディに行動する必要あり)。この制限時間がなかなかシビアで、(攻略を見ずに)初見でいきなりクリアするのは難しいものがありました。まずは気楽に捨てプレイで、感じを掴んでいくのがいいかと思います。なお自室の張り紙で説明が読めるものの、簡単な説明があるのみで、読まなくても支障はなかったです。


ESCキーを押すと、その場に応じた相方のヒントが聞けます。ちょっとしたオブジェクトにもしっかりセリフが用意されており、パターン豊富でした。

街のいたるところにある光っている箇所では、インゴット(通貨)が拾えます。この先で必要になるので、見かけたら拾っていくといいです(とりあえずは15インゴットあれば足ります)。

基本システムは謎解きパズルゲーム


順路は宿屋を出て右下で、出ると即最初のダンジョン”朝の館”です。


本作のダンジョンは謎を解きながら進む、パズルゲームのような作りになってました。最初のフロアは岩を黄色マスに動かせばいいという簡単なものです(エンターキーで動かせます)。他に岩の数と床の数字は、ダンジョンラストで必要になりました。このフロアは岩が3つで、数字が4です。

続きを読む →

コメディ系エロゲ「変態エルフ姉妹と真面目オーク」(WAFFLE)体験版感想


変態エルフ姉妹と真面目オーク [WAFFLE]
WAFFLEさんの新作エロゲで、真面目なオークに痴女エルフ姉妹が迫るというギャグ・コメディ系作品です。体験版では姉妹を助けることになるところから、騎乗位で逆レイプされるまでをプレイできました。本編は2019/03/29発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
変態エルフ姉妹と真面目オーク

原作漫画はこちら
変態エルフと真面目オーク Kindle版 (なか身検索で結構なページ数読めます)
“オークに犯されたい願望” を持つ変態エルフ姉妹、姉のミシュラと妹のエイミー。
姉妹は、人里離れた森の奥で、世界でただ一人の生き残りであるオークを発見する。

オークに犯されたいがため、あらゆる手を駆使して、
オークを誘惑しまくる変態エルフ姉妹。

しかし、オークは、過去にオーク族がエルフ族との戦争の際、
エルフへの凌辱の限りを尽くしたことへの償いのため、
“犯さずの誓い” を貫いていた。

オークが主人公 山奥で平和な日々を送っている


オークがお告げ的な夢を見るところから話は始まり、この夢をよく見るとのことです。エルフに会ったら特に優しくするように言われ、声の主が一体誰なのか気になるところでした(なお体験版ではこのあたりは明らかにならず)。


このオークが本作の主人公です。男キャラですがボイスありでした(ただ全セリフにボイスがあるわけではなく、登場シーンで続けてボイスがあったあとはツッコミ時に時々入る程度)。


オーク族は30年前にエルフ族と大きな戦争をしており、その際オークがエルフを鬼畜陵辱・蹂躙したと伝えられています(オーク族のレイプが発端で戦争に発展)。結局戦争はオークの負けに終わり、当時子供だった主人公だけが生き残ったという次第です(女神さまの計らいで助けられたとのこと)。


主人公は真面目な性格で、オーク族の過去の行いを悔い、女神像に日々贖罪の祈りを捧げていました。

続きを読む →

ラブコメノベルゲー「家の恋人」(Argonauts)体験版感想


家の恋人 [Argonauts]
ラブコメノベルゲーム3部作の3作目で、本作はメイド少女2人がヒロインです(1作目は幼なじみ、2作目は妹がヒロイン)。1・2作目は既に発売済み、3作目は2019/04/26発売予定です。
主人公はひょんなことから腕を怪我してしまい、それがきっかけとなって、チカとユリという二人の美女と同居することになる。
見た目こそ派手だが、根は親切な二人は、日常が不便になった主人公のことを、何かと世話してくれる。
二人にはある‘‘夢’’があった。
その夢を主人公も共有することで、彼は次第に、二人に惹かれるようになっていく。
そして、チカとユリのほうも……。

一作目 家の彼女

3作目”家の恋人”の体験版をやる前に、前2作の体験版を軽くプレイしてみました。シリーズの作りとしては、時間軸・状況設定はおおむね一緒(全く同状況ではなく、開始時期が少しずつ後ろにずれてました)で、誰がメインヒロインになるかが違います。自分の好きなヒロインの物だけ買えばいいというのはありがたい構成です。

1作目”家の彼女”は2018/06/29に発売になっており、メインヒロインは幼なじみである”纏 絢萌”(まとい あやめ)です。幼なじみなものの同級生ではなく、ひとつ下でした(主人公は社会人1年目、絢萌は学生で3年生)。


主人公は酒関係の小さな商社に勤める会社員で、女社長に軽くセクハラされたりしつつも楽しく働いています。(たまに残業シーンがあったものの、比較的ホワイト企業)

彼女が欲しいなあと漠然と思いつつ、馴染みの喫茶店に行こうとすると閉まっていました。マスターが顔を出し、リニューアル工事でしばらく休むとのことです。(この喫茶店は3作目でメインになります場所です)


1日目、家の前で待っていたのは妹の”橘木 理帆”(たちばなき りほ)で、この妹は2作目でメインヒロインになります。1作目では出番は少なめでした。


2日目、自炊でもしようかと買い物を終えて帰宅すると女の子が待っており、この子が幼なじみの絢萌です。彼女の親(ロンドンに住むことになった)から連絡が入り、しばらく娘を住まわせてやってくれないかと頼まれ、主人公はすんなりと承諾します(男女が同居云々は、主人公の頭には特にない模様)。

続きを読む →

悪の組織エロゲ「今日から私が悪の首領!?」(eChime)体験版感想

今日から私が悪の首領!?
今日から私が悪の首領!? [eChime]
2018/9/13の予告新作で、悪の組織のリーダーをやるハメになった女主人公が部下とともに奮闘していくという作品です。体験版では作戦5つ分をプレイできました(ボス敗北エロひとつあり)。本編は2018年12月下旬2019/3/9発売予定です。

追記:3/9に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
FANZA販売ページ 1,296 円(20%OFF価格)
普通の女子校生「毒島闇子(ぶすじまやみこ)は
亡くなった祖父の後を継ぎ、
悪の秘密結社「ブラックリバティ」(通称BL団)の首領になるはめに・・・。
壊滅寸前のBL団を立て直す為、
団員を集めたり、武器や装備を開発したり、怪人を作ったり。
時には、痴漢にあったり
団員のストレス解消や、人員集め、
スポンサーや情報収集の為に、Hな事をするなんて場面も有ります。

なかなかバイトが見つからず、怪しいチラシに食いつく


最初に難易度設定があり、3段階から選べます。今回は最も簡単な”なんちゃって首領”(イージー)を選択しました(なお実際やってみたところほどよい簡単さで、簡単すぎてつまらないということはなかったです)。


平和な学校の教室からスタートし、主人公はごく普通の女子校生です。友人に遊びに誘われるものの、忙しいからと断らざるを得ません(この時点で既に闇系の活動を始めています)。


回想に移り、首領をやるハメになる経緯が語られます。主人公は祖父が亡くなったことで困窮気味で、仕事を探しているもののなかなか見つからず。世界観的には、ぱっと見は現代なものの、ロボットが店で店員として当たり前に働いている(=人間の店員の仕事はなくなった)という、少し未来の話でした。

続きを読む →

変身ヒロインエロゲ「特警シグナルフォース」(アンコクマリモカン)体験版感想

特警シグナルフォース
特警シグナルフォース [アンコクマリモカン]
2018/12/20の予告新作で、女主人公・近未来の戦隊系変身ヒロインものエロRPGです(RPGツクールMV製)。体験版では最初のステージをプレイできました(エロシーン約4つあり)。本編は2019年03月上旬発売予定です。

追記:3/8に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
20XX年 凶悪な改造犯罪者集団「ギャンデッド」の登場により
治安は悪くなる一方であった。
事態を重く見た政府と地方自治体は
秘密裏に凶悪犯罪対策チームを設立
これは
特殊犯罪対策強化機動隊「SIGNAL」
の戦いの物語である

試験に合格し、戦闘員として採用される


候補生の採用試験からスタートし、いきなり戦闘です。


説明を聞きつつ、まずは殴りで攻撃していき、何ターンかするとTP技のイラプションが使えるようになる(”戦闘技能”にあります)のでこれを使ってとどめを刺します。なおヒールは、この先仲間と共に戦う際に役立ちました(回復技を持っているのはこのキャラのみ)。


勝利すると正式採用になり、この赤城アカネという少女が本作の主人公です。

先輩達とともに初出動


挨拶を終えたところで警報が鳴り響き、先輩達と3人で出動します。


ここから操作可能になりました。戦闘はシンボルエンカウントですが、敵シンボルは動かないので、通常のRPGのようにすばやく避けて先に進むということはできません。マップ内にいくつかあります金庫が宝箱で、どこを倒せばどれが取れるようになるか、ルートを確認してから進撃していくのがいいかと思います。なお拠点に戻って宿屋で全回復するということは本作ではできず、回復は主人公のヒールか回復アイテムを使うことになりました。

続きを読む →

巨乳ギャルMC交際 「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」体験版感想

巨乳ギャルMC交際「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」
巨乳ギャルMC交際「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」 [ルネ]
ルネさんの新作ノベルゲーで、マインドコントロール(MC)アプリを使ってヒロイン4人をハメていくという催眠術系の話です。体験版では女達に騙されたあとMCアプリを手に入れ、アプリを使ってヒロイン達を一通り矯正していくあたりまでをプレイできました(エロシーンは約8つあり)。本編は2019/03/29発売予定です。
ホテルのバスルームから出ると、2人の姿と一緒に自分の財布が消えてしまっていた。
やられたと確信したときには連絡する術も失っていて、
警察に泣きつくにはあまりにも状況が最悪だった。

泣き寝入りするしかなかったが何となくネットでそのことの愚痴を呟いてみた。
『誰か共感してくれるだろう』『解決策なんてなくてもいいから誰かに聞いてほしい』
そんな気持ちでSNSで呟いたのだが――――
「私も同じ目に遭ったんですよ。なので、これを差し上げます」

ギャル女に騙され、金を持ち逃げされる


始めるといきなりセックスシーンで、相手は金髪ギャル(芳地 優樹菜)と黒髪少女(水羽 綾音)です。(この絡みは後ほど改めて、じっくり描写されます)

時間遡って、どうしてこうなったのかの回想です。主人公は仕事があまり出来ない平社員ですが、会社・他社員に対して特に不満はないようで(出世欲も特に感じられず)、会社のシーンが出てくるのはここのみでした。


自宅へ帰りネットを見ていると可愛い動画配信少女(栗栖 理香)を見つけ(元人気子役だと気づいて興奮する)、食事相手募集という誘いにダメ元で応募します。


幸運にも当選して会うことになり、同席した少女(戸隠 はるか)と3人で平和に食事を楽しみます。食事だけで終わりって事はないよなと考える主人公ですが、いざ誘いをかけると女の子はどこか悲しそうな、微妙な反応です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「巫女神さま」(ぽいずん)体験版感想

巫女神さま
巫女神さま [ぽいずん]
3/1の予告新作で、田舎の村へとやってきた巫女さんが問題解決していくという作品です。体験版では村を目指すところから始まり、森の廃村で赤鬼を倒すあたりまでをプレイできました(エロ要素は敗北エロ・戦闘中エロがいくつかあり)。本編は2019年07月中旬発売予定です。
夏休みも目前に迫った日のこと、小依は退魔師の母親に本堂に呼び出され
ある村から受けた妖怪退治の依頼を修行の一環として小依が受けるよう言い渡され、
友達と過ごす数多の夏休みイベントを全て奪われ、渋々依頼を出した村へと向かうのでした。
「緑がいっぱいで~とてものどかで良い所らしいわよ~」
そんな母親の一言を信じて……

オープニング

まず初めに、今回プレイしたのはVer1.02です。作者様ブログによりますと、Ver1.03で戦闘中エロのカット機能やナビゲーション機能がつくとのことなので、今からプレイされる場合はVer1.03に差し替わってからのプレイをオススメします(戦闘中エロは同じものを繰り返し見ることになるため、人によってはうっとうしく感じる可能性あり)。


時代設定としては現代なものの、少なくとも体験版の範囲では学園・制服は出てこず、主人公はずっと巫女さん姿でした。餓鬼(低級ザコモンスター)退治をしているところから話は始まり、動けるようになったら、左上方向へ進みます(この先、戦闘BGMがにぎやかなのでスピーカーの音量注意)。



戦闘はシンボルエンカウントでした。敵の数は少なめなものの動きが素早く、避けるのはなかなか大変でした。

続きを読む →

女主人公エロRPG「PrincessProject -プリンセスプロジェクト-」(とらいあんぐる!)体験版感想

PrincessProject -プリンセスプロジェクト-
PrincessProject -プリンセスプロジェクト- [とらいあんぐる!]
3/1の予告新作で、国王代行を務めることになったお姫様が仲間と共に奮闘していくというコメディ系作品です(RPGツクールMV製)。体験版では、国王代行を任されるところから始まり、スライムの森の探索を終えるあたりまでをプレイできました(エロシーンは主人公のオナニーや風俗嬢のハメられ・足コキなど)。本編は2019年04月中旬発売予定です。
平和そのものなポツコーン王国。
そんな国の国王様がぎっぐり腰で療養することになってしまう。
政務を引き継ぐことになったのはポンコツお姫様のミーユ。
「あのぽんこつ姫が?」「お姫様なんていたっけ?」「そうだ、亡命しよう!」
そんな支持率ド底辺なお姫様は考えました。
「魅力を上げれば支持率アップ間違いなしだよね!?」

オープニング 王が腰を痛め、娘が国のトップに


王がぎっくり腰(セックス中に頑張りすぎたせい)になって政務ができなくなるところから話はスタートし、冒頭からギャグ感あるコミカルな会話が繰り広げられます。


治るまでの間、国の統治を娘ミーユに任せると王が宣言し、配下は反対するものの王が押し切ります(この娘ミーユが本作の主人公)。国民達はあの娘で大丈夫なのかと噂し、噂はミーユ本人の耳にも入りました(なんとかして見返してやろうと決意)。

情報集め…のはずが、執務室でオナニー


まずは城内を探索してみてはとメイドに言われ、探索開始です。部屋を出て右へ進み、執務室へと向かいます(なお壁の○印はまだ気にしなくてOK)。


本捜索のあとベッドを発見し、エロ王が使っていたベッドなせいか、匂いを嗅ぐと発情してしまいます。我慢できなくなり、早くもオナニー展開です。

続きを読む →

男主人公エロRPG「俺のギルドの女たち」(スライム定食)体験版感想

俺のギルドの女たち
俺のギルドの女たち [スライム定食]
2/16の予告新作で、ギルド運営者な男主人公が仲間女の悩みを解決していくという話です(RPGツクールMV製)。体験版では酒好きな仲間の悩みを解決するべく材料を集めていくところをプレイできました(エロシーン3つあり)。本編は3/2発売予定です。

追記:3/2に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
ちょっとバカな熱血漢「アレン」
クールぶっているヘタレ男「リュート」

二人の弱小ギルドマスターが自分のギルドにやって来た
女の子たちのエッチなお悩み(?)を解決しながら
国内最強のギルドを目指していく物語です。

オープニング 主人公の弱小ギルドに女の子達がやってくる


初めに世界観の説明が流れます。魔物に対抗するため大量のギルドが作られ、作戦がうまくいって魔物の数は激減しまして一見喜ぶべき状況なものの、魔物が減ったことによりギルド同士で生き残り競争が勃発します。主人公達のギルドは弱小な部類で、生き残る(ギルドを運営していけるだけのメンバーを確保する)ためにはどうすればいいか悩んでいるという状況です。
(読むのが面倒な場合は、主人公達が過疎ギルドの主というのだけわかっていればOK)


本作はアレン編・リュート編に分かれてまして、体験版ではリュート編の冒頭部をプレイできます。まずはアレンとの会話で、ライバル関係にありつつもなんだかんだ言って仲はよさげです。


2人が言い争っていると、女の子8人がギルドに入りたいとやってきました。4人ずつ分けて受け入れます(勝手に決められ、プレイヤーは選択できず)。女の子達いわく、ここならメンバー枠に空きがあるだろうということで案内されてきたとのことです。


女の子達はそれぞれ悩み事を抱えていまして、体験版ではそのうちのデミコの悩みを解決することになりました。デミコは酒好きで、幻の酒を見つけて欲しいとのことです。その酒なら馴染みの酒場で見た記憶があると主人公が言い、酒場に行ってみることにします(話が終わったところで動かせるようになります)。

続きを読む →