Category Archives: 男主人公

イチャラブ系エロゲ「魔王のハーレムは冒険者町にて」製品版感想

魔王のハーレムは冒険者町にて
魔王のハーレムは冒険者町にて [ダイジョビ研究所]

3/15発売の新作で、人間の体に取り憑いた魔王様が街の女の子と親しくなっていくというラブコメシミュレーションゲームです(Unity製)。ほどよく簡単なゲームシステムで、話のほのぼのとした雰囲気も好みでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 2,052円、190ポイント還元
■製品基本情報■
基本HCG36枚(総計764枚)
Hイベント 73シーン(1クリックHシーンを除く)
1クリックH 370シーン

神官の助けを借りてアンデッド退治


まずは体験版と同様に金を貯めつつ各ヒロインと親しくなっていきます。本作に期限・バッドエンド的なものはないので、のんびり適当に進めていけばOKです。話的には、コウモリ(使い魔)が意外と重要キャラでした。


ショコラ(ダークエルフ)の話を進めていくと、乳揉みのあと、アンデッドが倒せず困ったことになります。本作は1人だけを進めているとある程度の段階で行き詰まり、話を先に進めるには他キャラ(ここの場合は神官)と親しくなって助けてもらう必要がありました。


アンデッドの件を神官に相談すると、聖水があればなんとかなることがわかりますが、提示された額が高くてすぐには買えず。


神官エマの親密度を15まで上げると”えっち”が選べるようになります。声をかけても起きないのをいいことに、白下着を見ながら見抜きでした。


ダークエルフと日々のえっちを繰りかえし、10になったところで教会に!マークが出まして、ようやく聖水を購入です。


これでダークエルフとの”えっち”が次の段階に進みました。乳首責めのあとくぱぁしてくれまして、性欲我慢できずに興奮しまくる主人公が可愛く描かれてました。問題のアンデッドも無事撃破できました。

続きを読む →

ラブコメSLG「魔王のハーレムは冒険者町にて」(ダイジョビ研究所)体験版感想

魔王のハーレムは冒険者町にて
魔王のハーレムは冒険者町にて [ダイジョビ研究所]
3/15発売の新作で、魔王様が街の女の子と親しくなりつつ力を取り戻していくというラブコメシミュレーションゲームです(Unity製)。体験版ではそれぞれ乳揉みできるあたりまでをプレイできました。 DLSite販売ページ 2,052円、190ポイント還元
■製品基本情報■
基本HCG36枚(総計764枚)
Hイベント 73シーン(1クリックHシーンを除く)
1クリックH 370シーン

従者の女の子がシステム説明してくれる


敵にやられかけるものの、襲ってきた人間男”ヴァン”の体を乗っ取ってなんとか生き延び、なんとか復活したところから話はスタートです。


本作のイベントは、通常のRPGのようなウインドウ会話と、↑のような昔のノベルゲーム風の画面全体でのテキスト両方で展開されました。


主人公は、”デモンナッツ”を食べることで失った”魔王ギトラ”としての力を少しずつ取り戻せるとのことです(デモンナッツを食べ続けることで、この人間の体を魔族化させるという作戦)。ただデモンナッツを買う金がなく、まずは金を稼ぐ必要がありました。周りからは冒険者として認識されているので、これを利用して金を稼ぐことにします。


ひととおり説明が終わったところで行動可能になりました。↑が本作の基本画面です。説明がなかったところを補足しますと、セーブは画面左上のメニューからできました(”日記”はセーブではなくエロイベント回想)。

続きを読む →

コメディ系エロゲ「変態エルフ姉妹と真面目オーク」(WAFFLE)体験版感想


変態エルフ姉妹と真面目オーク [WAFFLE]
WAFFLEさんの新作エロゲで、真面目なオークに痴女エルフ姉妹が迫るというギャグ・コメディ系作品です。体験版では姉妹を助けることになるところから、騎乗位で逆レイプされるまでをプレイできました。本編は2019/03/29発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
変態エルフ姉妹と真面目オーク

原作漫画はこちら
変態エルフと真面目オーク Kindle版 (なか身検索で結構なページ数読めます)
“オークに犯されたい願望” を持つ変態エルフ姉妹、姉のミシュラと妹のエイミー。
姉妹は、人里離れた森の奥で、世界でただ一人の生き残りであるオークを発見する。

オークに犯されたいがため、あらゆる手を駆使して、
オークを誘惑しまくる変態エルフ姉妹。

しかし、オークは、過去にオーク族がエルフ族との戦争の際、
エルフへの凌辱の限りを尽くしたことへの償いのため、
“犯さずの誓い” を貫いていた。

オークが主人公 山奥で平和な日々を送っている


オークがお告げ的な夢を見るところから話は始まり、この夢をよく見るとのことです。エルフに会ったら特に優しくするように言われ、声の主が一体誰なのか気になるところでした(なお体験版ではこのあたりは明らかにならず)。


このオークが本作の主人公です。男キャラですがボイスありでした(ただ全セリフにボイスがあるわけではなく、登場シーンで続けてボイスがあったあとはツッコミ時に時々入る程度)。


オーク族は30年前にエルフ族と大きな戦争をしており、その際オークがエルフを鬼畜陵辱・蹂躙したと伝えられています(オーク族のレイプが発端で戦争に発展)。結局戦争はオークの負けに終わり、当時子供だった主人公だけが生き残ったという次第です(女神さまの計らいで助けられたとのこと)。


主人公は真面目な性格で、オーク族の過去の行いを悔い、女神像に日々贖罪の祈りを捧げていました。

続きを読む →

ラブコメノベルゲー「家の恋人」(Argonauts)体験版感想


家の恋人 [Argonauts]
ラブコメノベルゲーム3部作の3作目で、本作はメイド少女2人がヒロインです(1作目は幼なじみ、2作目は妹がヒロイン)。1・2作目は既に発売済み、3作目は2019/04/26発売予定です。
主人公はひょんなことから腕を怪我してしまい、それがきっかけとなって、チカとユリという二人の美女と同居することになる。
見た目こそ派手だが、根は親切な二人は、日常が不便になった主人公のことを、何かと世話してくれる。
二人にはある‘‘夢’’があった。
その夢を主人公も共有することで、彼は次第に、二人に惹かれるようになっていく。
そして、チカとユリのほうも……。

一作目 家の彼女

3作目”家の恋人”の体験版をやる前に、前2作の体験版を軽くプレイしてみました。シリーズの作りとしては、時間軸・状況設定はおおむね一緒(全く同状況ではなく、開始時期が少しずつ後ろにずれてました)で、誰がメインヒロインになるかが違います。自分の好きなヒロインの物だけ買えばいいというのはありがたい構成です。

1作目”家の彼女”は2018/06/29に発売になっており、メインヒロインは幼なじみである”纏 絢萌”(まとい あやめ)です。幼なじみなものの同級生ではなく、ひとつ下でした(主人公は社会人1年目、絢萌は学生で3年生)。


主人公は酒関係の小さな商社に勤める会社員で、女社長に軽くセクハラされたりしつつも楽しく働いています。(たまに残業シーンがあったものの、比較的ホワイト企業)

彼女が欲しいなあと漠然と思いつつ、馴染みの喫茶店に行こうとすると閉まっていました。マスターが顔を出し、リニューアル工事でしばらく休むとのことです。(この喫茶店は3作目でメインになります場所です)


1日目、家の前で待っていたのは妹の”橘木 理帆”(たちばなき りほ)で、この妹は2作目でメインヒロインになります。1作目では出番は少なめでした。


2日目、自炊でもしようかと買い物を終えて帰宅すると女の子が待っており、この子が幼なじみの絢萌です。彼女の親(ロンドンに住むことになった)から連絡が入り、しばらく娘を住まわせてやってくれないかと頼まれ、主人公はすんなりと承諾します(男女が同居云々は、主人公の頭には特にない模様)。

続きを読む →

巨乳ギャルMC交際 「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」体験版感想

巨乳ギャルMC交際「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」
巨乳ギャルMC交際「こんなオジサンチ○ポに逆らえないなんて……マジありえないっ!」 [ルネ]
ルネさんの新作ノベルゲーで、マインドコントロール(MC)アプリを使ってヒロイン4人をハメていくという催眠術系の話です。体験版では女達に騙されたあとMCアプリを手に入れ、アプリを使ってヒロイン達を一通り矯正していくあたりまでをプレイできました(エロシーンは約8つあり)。本編は2019/03/29発売予定です。
ホテルのバスルームから出ると、2人の姿と一緒に自分の財布が消えてしまっていた。
やられたと確信したときには連絡する術も失っていて、
警察に泣きつくにはあまりにも状況が最悪だった。

泣き寝入りするしかなかったが何となくネットでそのことの愚痴を呟いてみた。
『誰か共感してくれるだろう』『解決策なんてなくてもいいから誰かに聞いてほしい』
そんな気持ちでSNSで呟いたのだが――――
「私も同じ目に遭ったんですよ。なので、これを差し上げます」

ギャル女に騙され、金を持ち逃げされる


始めるといきなりセックスシーンで、相手は金髪ギャル(芳地 優樹菜)と黒髪少女(水羽 綾音)です。(この絡みは後ほど改めて、じっくり描写されます)

時間遡って、どうしてこうなったのかの回想です。主人公は仕事があまり出来ない平社員ですが、会社・他社員に対して特に不満はないようで(出世欲も特に感じられず)、会社のシーンが出てくるのはここのみでした。


自宅へ帰りネットを見ていると可愛い動画配信少女(栗栖 理香)を見つけ(元人気子役だと気づいて興奮する)、食事相手募集という誘いにダメ元で応募します。


幸運にも当選して会うことになり、同席した少女(戸隠 はるか)と3人で平和に食事を楽しみます。食事だけで終わりって事はないよなと考える主人公ですが、いざ誘いをかけると女の子はどこか悲しそうな、微妙な反応です。

続きを読む →

男主人公エロRPG「魔王と豚の城」(鬼貴族)体験版感想

魔王と豚の城
魔王と豚の城 [鬼貴族]
2018/10/16の予告新作で、村で平和に暮らしていた主人公が豚たちとの戦いに巻き込まれるという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では村を出て都へ向かい、豚の襲撃に遭い囚われの身になるあたりまでをプレイできました(ヒロイン2人のエロシーンが各1あり)。本編は2018年12月下旬発売予定です。

追記:2019/2/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
山の小さな村に生まれた青年。
意中の人である姫との逢瀬の合間、魔王率いる豚人間の軍団「ポークチャップ」に村を襲撃される。
姫までも連れ去られてしまった青年は一人、姫救出の旅に出る……

オープニング 主人公は村で平和に暮らしている


主人公は記憶喪失気味にスタートです。正体などは、話を読み進めていくと次第に明かされていきました。


場面変わって病院で、男2人が腕相撲で盛り上がっています。片方(ユージン、足を骨折して入院中)はこんな小さな村から出たいと愚痴り、一方主人公は農民なもののお姫様に惚れていて、長いこと通い詰めてプレゼントなどをしてきたという状況です。話が終わると動けるようになり、左側が出口です。


まずは右上の建物へと村長に挨拶しに向かいます。


村長からは米俵を都に運ぶ仕事を任され(”やだ”を選んでも、引き受けるまでループ)、主人公が普通の人間ではないこと(魔法が使える特異な存在)がここで明かされます。主人公は正体がバレないよう人前で魔法を使わないようにしていて、村長達も村外に秘密がバレないよう秘密を守ってくれていました(主人公に対して怖がったり迫害したりはなく、他の住人と同じように接してくれているという印象)。

続きを読む →

男主人公エロRPG「イブニクル2」(アリスソフト)体験版感想


イブニクル2
アリスソフトさんの新作で、貴重な商業のフルプライスエロRPG作品です。体験版ではヒロインのユラギと知り合うところから始まり、山賊退治の末ユラギと結ばれるあたりまでをプレイできました。本編は2/22発売予定です。

追記:2/22に発売になりました。
FANZA販売ページ 7,776円
スキル・魔法を使うと病に冒され死に至る【英雄病】と呼ばれる症状が蔓延する世界。
戦う才能を持つ者は死を覚悟してモンスターとの戦いに挑んでいた。
すべては残された家族や仲間たちのために、一匹でも多くのモンスターを消し去るために。

そんな悲劇的な世界に伝説の医術スキルを身につけた青年・アレクが現れる。
医術スキルを持つ者は傷一つ付けずに手術を行い、その体液はあらゆる病気を癒す薬になる……
青年医術師アレクは、英雄病に苦しむ美少女を救うために旅立つ。

女戦士が英雄病を発症


人間とモンスターが激しく戦っている世界が本作の舞台で、スキルを使うと発症するという”英雄病”が本作のテーマになってます。スキルを使うのは年長者からというのが暗黙の了解になっていましたが、他にまともに戦える人員がいない状況でこの女戦士ユラギ(まだ若者で、普通だったら使う順番ではない)がスキルを使ってしまい、英雄病を発症してしまいました。(この英雄病の症状や治療法など詳しいところは、追々説明されていきます)


そうして英雄病を発症したユラギが落ち込んでいると男が登場し、この男が本作の主人公アレクです。いきなり肉棒を露出するなど第一印象は軽いノリに見えましたが、真相は微妙に違いました(ここの状況は後ほど改めて描写されます)。アレクは自分とセックスすれば病気を治せると女に迫るものの、周りで見ていた者がそんなおかしな話があるかと止めに入ります。

主人公は辺境の村の研修医


時間遡り、ここからしばらくは主人公アレクが何者かの紹介です。アレクは小さな村(いるのは老人ばかり)の医者見習い(研修医)で、先祖伝来的な特殊治癒能力で住民を治していました。今のところ治せるのは簡単な病のみですが、主人公いわく、これは若い女の子がいないせいで本来の力を発揮できていないだけとのことです。


まずはおばあさんの頼みで猫探しをすることになりました。右へと進むと巨大な!マークがあり、本作は基本的にこの!マークをたどっていけば話が進みます。!マークは(とりあえず体験版の範囲では)2種類あり、緑が会話イベント、赤が戦闘イベントです。


戦闘は、敵をマウス左クリックすることで攻撃できます。スキル技(攻撃系)は、使用にはBPが必要で、これは毎ターン1ポイントずつ自然回復していきます。必要値は、攻撃魔法などの主要技は2ポイントでした。一方回復技はMPが必要で、こちらは自然回復はせず、回復するには村・街にある宿屋に泊まる必要がありました。

続きを読む →

「pieces/渡り鳥のソムニウム」(Whirlpool)体験版感想


pieces/渡り鳥のソムニウム
Whirlpoolさんの新作で、夢がテーマな男主人公・学園もの作品です。体験版では冒頭部分(君原結愛に一目惚れ~悪夢問題を一つ解決)をプレイできましたほか、ヒロイン4人のエロシーンが各1見られました。本編は2019/03/29発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
pieces/渡り鳥のソムニウム
天使が安らかに眠れるように毎朝子守唄を捧げている。
子守唄で人々は目覚め一日が始まる。
そんな不思議な伝承のある町ミッテベル。

天使だけではなく人間だって不思議な夢を見ることがある。
イメージした人間の見る夢を渡り歩き、登場人物の一人になる……。
高坂燕は、そんな力をいつからか持ち、他人の夢を渡り歩くべく一日の大半を睡眠に費やしていた。
そんな彼がある日、古ぼけた洋館の窓辺に一人の少女の姿を見かける。

幼なじみや友人達との和やかな学園生活

最初に選択肢があり、本編とエッチシーンが選べました。まずは本編の方からプレイしていきます。


童話風のほのぼのタッチな絵での神様やら天使の話からスタートし、地上へと降り立った天使は少しだけ昼寝休憩するつもりがずっと眠り続けてしまいます。眠っていても天使様の力は絶大で、寝返りを打てば地震が起きました。


場面変わって教室で、今の話は歴史の授業でした。主人公は授業中に居眠りしていましたが、勉強嫌いな不良学生というわけではなく、夢絡みでそうせざるを得ない理由がありました。

ここからしばらくは男友達(吉川晃司)との会話が続きます。男キャラにもボイスがあり、妙に声が大きめでした(滑舌がよく、女キャラより存在感あり)。ボイス音量は、コンフィグ(画面右下の歯車マーク)→サウンドで調節可能です。


放課後、駅前へとぶらりと出まして、小鳥遊柚(たかなし ゆず)は主人公の幼なじみです。ベタベタしすぎず適度な距離感で主人公の心配をしてくれる、王道な幼なじみでした。


帰宅後、今日は誰の夢を覗き見するか思案します。誰の夢でも無条件で見られるわけではなく、ルール・制約があるようでした(詳しいところはまだ不明)。結局誰にするか決められず、今日は普通に眠ることにします(結局体験版では、誰かの夢に潜り込む場面は限定的でした)。

続きを読む →

男主人公エロRPG「ディアボロスの凱旋 -The triumphant return of Diabolos-」(ルピナスの蕾)体験版感想

ディアボロスの凱旋 -The triumphant return of Diabolos-
ディアボロスの凱旋 -The triumphant return of Diabolos- [ルピナスの蕾]
2018/9/26の予告作品で、実は魔王だった男主人公が仲間にした女達とともに冒険していくという話です。体験版では魔王な事を知るところから始まり、ダンジョン探索をして仲間を増やした後、幼なじみと再会を果たすところまでをプレイできました。本編は2019年01月下旬発売予定です。
かつて、人間同士の争いが頻発していた時代。
世界を支配したのは、魔王だった。
魔王に対抗するため人間は手を取り合い、最後には魔王の討伐に成功した。

それから18年後――
青年レインは、幼馴染のシエルと共に帝国騎士を目指していた。
ある日、二人が近くの洞穴へ行くと、魔族の女の子が佇んでいた。
彼女は言った、「お待ちしておりました、魔王様」と。

プロローグ

まず起動に結構時間がかかりました(15秒程度)。一度立ち上がったあとは重く感じる場面はなく、問題なく進みました。


ゲーム開始すると、最初に色々設定があります。今回は難易度をEasyに変更し、他はそのままでプレイ開始しました。ダンジョン探索(正解ルート探し)がなかなか大変でしたので、Easyにして戦闘時間を短くするのがオススメです。


レインという男(セディス国に所属する騎士)が本作の主人公です。幼なじみのシエルという女の子とともに洞窟探索に行くところから話は始まり、


主人公は、今の自分の国(セディス)のやり方(強硬なやり方で領土を拡大している)に不満げでした。これが、このあと”あなたは実は魔王”と言われたときに比較的すぐ受け入れる素地になっている模様です。

続きを読む →

男主人公エロRPG「フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-」(ジュッカクゲームス)体験版感想

フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち-
フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち- [ジュッカクゲームス]
2018/12/4の予告作品で、男主人公が奴隷少女とともにダンジョン探索していくという話です。体験版では1層の一部分をプレイできました。本編は2019年03月上旬発売予定です。
主人公であるあなたは『冒険者』だ!
あなたは無尽蔵にアイテムが発掘されるダンジョンの街、ヴェリアプールへとやってきた。
ここには数多のアイテムを求めて冒険者が集い、商人が集まり、奴隷屋なんてのまで寄ってくる。
――さあ、あとはすべて、あなたの冒険だ。

オープニング 街を見て回る


最初にキャラ設定があり、名前や性格などを色々と選択できました。クラスは3種類から選べまして、今回は戦士を選択しました。


設定決めが終わると、到着を待ち構えてました精霊オウラから説明を受けます。主人公は船旅の末、目的のダンジョンのあるこの街に着いたという状況です。宝箱を開けたあと左へ進みます。


ここで奴隷少女2人が仲間に加わり、好感度は体験版独自の仕様で最初から高めでした(本編ではよそよそしい状態から始まるようです)。印象としては右のトルテが偉そうでツン気味、左のファノが主人公に好意的でした。


2人を仲間に加えたあと、下へと進むとさっそくイベント戦闘です。3キャラとも色々とスキルを所持していまして、それを使って難なく勝利できました(なお体験版は特別に最初からレベル高めになっているとのことです)。なお戦闘はシフトキーで早送りができます。

続きを読む →