Category Archives: 体験版感想

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」(池袋DPC)体験版感想

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/7の予告新作で、6人の主人公を通じて戦乱の世を描くエロRPGです(RPGツクールVX製)。体験版では主人公2人分の序盤をプレイできました。本編は2018年04月下旬発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

酒場でキャラ選択


まずは酒場内中央にいるローブ男に話しかけ、話が終わったら右上にあるカウンターで話を聞き、再度中央のローブ男に話しかけます。本作はこの男から歌を聴くという体になってます。酒場内にはいろいろ人がいますが、ひとまずはスルーでOKです(知りたいことが出てきた時に聞けば十分)。


ローブ男に話しかけると主人公を選択する画面になります。6人いますが、体験版で選べるのは画面上の鎧兵士と女兵士のみです(下方4人は体験版では選択できない)。キャラごとに目的が違っていて、男兵士の場合は、戦場で適当にサボって生き延びつつ、敵女兵士を捕まえることが目的です(捕まえた女兵士を戦後にレイプできる)。


一方女兵士は真面目な性格で、こちらは武勲(敵兵を倒すと得られる)を稼ぎつつ国の勝利を真面目に目指します。

続きを読む →

女主人公エロRPG「テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-」(八角家)体験版感想

テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-
テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間- [八角家]
2017年11月17日の予告作品で、女主人公が未来から来たアンドロイドと共に世界の危機を救うべく洞窟探検していくという話です(RPGツクールMV製、”地底戦記 -ハスミと最後の7日間-“から”テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-“にタイトルが変わりました)。体験版ではオープニング~3日目終わり(ダンジョン3つ分)をプレイできました。本編は2018年01月下旬2018/4/27発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
DMM販売ページ 1,620円、300ポイント還元
ハスミが出会ったのは未来から来たというカタコトで胡散臭いアンドロイドだった
7日後に訪れる隕石群の飛来を回避するため
2人は富士山のふもとに空いた巨大な隕石孔を降りていく
怪しい生物がはびこる地底の世界に浮かぶのは
力強く剣を振るう少女の姿のなのか、それとも……

オープニング


まずは世界各地の洞窟が紹介されます。なおこれは本筋と直接の関係はないので(本作の舞台は富士山地下)、雰囲気だけ見ておけばOKです。


場面変わってスラム街で、早速動けます(このシーンのみアンドロイドを操作)。悲鳴イベントをこなしながら右下へと進んでいき、



下列まで行ったら右へ進むとレイプシーンで、この襲われている女子校生が本作の主人公です。男に電子ナイフで脅されると身がすくんで抵抗できなくなり、さらに何か薬を使われて洗脳目になってしまいました。抵抗できず、ここで処女を奪われてしまいます。

続きを読む →

陵辱・寝取りエロゲ「アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の刻印」(catwalkNERO)体験版感想

アナスタシアと7人の姫女神 ~淫紋の烙印~
アナスタシアと7人の姫女神 ~淫紋の烙印~ [catwalk/catwalkNERO]

catwalkNEROさんの新作エロゲで、洗脳・陵辱・悪堕ちものです。体験版では皆に術をかけて従わせるまでが描かれ、エロシーンは5つ見れました。本編は2018/04/27発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 7,800円、216ポイント還元
DMM販売ページ 7,800円
惑星アースの中心国家であるアスガルド王国は、
主神オーディン及び彼の家族、臣下であるアース神族が統治している。

その勇猛さと美しさで有名なのが、女神アナスタシアが率いるヴァルハラ兵団。
第一王女ブリュンヒルデたち女神たちで構成されている。
アスガルドに敵対する巨人族の国ニブルヘイムの攻略も女神たちの活躍でなんなく退けていた。

しかし、人間と神族のハーフである醜男ロキがパワーバランスを崩す。
コンプレックスの塊であるこの男は、巨人に授けられた<ハック>の能力で、女神たちの精神を支配していくのだった。

主人公なロキが一方的にやられ、捕らえられる

本作の舞台は本格的なファンタジー世界で、北欧神話がモチーフになってました。北欧神話の神・巨人の人物関係を多少把握しておくと、スムーズに話を理解できます。基本的には、神と巨人が激しく対立している世界です。いろいろキャラが出てきますが、ロキが本作の主人公です。ロキは神話では悪戯好き・悪口多めですが、本作でもその通りなキャラ設定になってました。


巨人達との戦いから話がスタートし、劣勢になったロキがヨルムンガンドとフェンリルを召喚します。一般兵士達を圧倒しますが、


女神たちが現れ邪魔をしてきました。人物関係の説明があり、簡単に言うとこの女神達は主人公の敵です(元仲間)。


ロキはブリュンヒルデに好意を持っているものの、身分的に付き合えないし許嫁もいるからと断られてしまってます。ブリュンヒルデは誰にでも分け隔てなく優しい性格で、それをロキが勘違いした模様です。

続きを読む →

クイズ系エロRPG「うさみみボウケンタン」(Loser/s)体験版感想

うさみみボウケンタン
うさみみボウケンタン [Loser/s]
3/29の予告新作で、男主人公がうさ耳娘とともに冒険していくという話です(RPGツクールMV製)。体験版では冒頭部分をプレイできました(パンツ見せと手コキエロあり)。本編は2018年04月下旬発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
唐突に世界を救うことになった一般人の【主人公】。
精霊【うなさか】と共に世界に蔓延するアクイを止めるために旅に出ることに!
うさみみの精霊とイチャイチャしながら旅をしよう!

異世界へ落ち、ウサギ娘と出会う


現代風の町並みから始まり、主人公の男が穴に落ちてしまい、


出た世界はファンタジー世界でした。魔物2体に襲われピンチなうさ耳少女と遭遇し、助けに入ります。このあたり話が手短で展開早かったです。


戦闘は4択のクイズ形式になってました。この戦闘に関しては間違えてもHPが1減るだけで、相当余裕あります。正解は干支にいないのが狐、合わせると1束、内角の和は720度です(なお出題される問題の順番は毎回同じでした)。


戦闘後、落ち着いたところで自己紹介をし合い、主人公は口数少なめ・無口系です。うさぎ娘に懐かれ、一緒に旅をすることになりました(はい/いいえのどちらを選んでも同じ結果)。

続きを読む →

「勇者と魔王と、魔女のカフェ」(MintCUBE)体験版感想


勇者と魔王と、魔女のカフェ [MintCUBE]
MintCUBEさんの新作エロゲで、森の奥のカフェを舞台にしたラブコメ系作品です。体験版ではプロローグ~第一章と、エロシーン8シチュを見られました。本編は2018/04/27発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DMM販売ページ 7,800円
『うーん、記憶喪失か……まあ、なんとかなるだろう』
その青年は記憶を失っており、森の中をずっと彷徨っていた。
やがて青年が辿り着いた小さなお店は『カフェ・ソルシエール』。
そこは魔女見習い三人のウェイトレスと店長が明るく楽しく過ごしている宿屋兼喫茶店だった。

プロローグ 森の奥のカフェにたどり着き、女の子4人に迎えられる




主人公が森の奥の喫茶店にたどり着くところから話は始まり、コミカルな雰囲気で、4人とも温かく迎えてくれます。世界状況としては、10年前に勇者フィオナと魔王アスタロスの戦いがあったものの、今現在は平和な世の中です。

続きを読む →

防衛系SLG「その大樹は魔界を喰らう!」(ソフトハウスキャラ)体験版感想

その大樹は魔界を喰らう!
その大樹は魔界を喰らう! [ソフトハウスキャラ]
ソフトハウスキャラさんの最新作で、防衛系のSLG作品です。体験版ではオープニング~30ターン目までをプレイできました(エロシーン2つあり)。本編は2018/04/27発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 7,776円、216ポイント還元
頭ではなく下半身でしかものを考えない淫魔が役に立つはずがない。
淫魔が居るだけで風紀が乱れる。
淫魔を覆うなんて無駄だ。

そんな心ない言葉を浴びせられながら、流れ流れて、最後にたどり着いた。
大魔族『塊然』の元で、ようやく仕官を得ることに成功する。

自分を拾い上げてくれた主君に忠義を尽くすべく、ファビオは誓う。
己の全能力を懸けて、この人を必ず魔王にしてみせると。

オープニング


主人公は淫魔の男で、仕官先を求めてあちこちあたっているもののすべて門前払いで途方に暮れているという状況です。この世界では、淫魔は役立たずと見下されている存在です。

このままでは終われない、なんとかして就職先を見つけてやるぞと決意を新たにしつつ眠りにつこうとすると、爆発音と閃光がしまして、慌てて光のした方角へと向かいます。魔族同士の戦争が始まり、仕える先を探している主人公としては願ってもない状況です。


たどり着いた城は意外にも驚くほど静かで、警備兵は誰もいません。中へとずいずい入っていき、あっさりと玉座にたどり着けました。人手不足で困っているということで、すんなりと雇ってくれます。誰もいない理由は、魔王のマナの少なさを知った配下達が見限ったというものでした。主人公は思い悩むものの、魔王のマナを回復させられれば自分が筆頭家臣ということで、配下に着くことにします。


主(プリルディーネ)が力を見せる、というところまでがオープニングで、タイトル画面に移ります。

続きを読む →

今回は妹がヒロイン「9-nine-そらいろそらうたそらのおと」体験版感想


9-nine-そらいろそらうたそらのおと [ぱれっと]
連続石化事件の謎を追う連作の2作目で、今回は妹の新海天がヒロインです。今回の体験版では前作の続きで、妹が能力に目覚めたり、怪しい人物と対峙する様子が描かれました(エロシーンはなし)。本編は2018/04/27発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DMM販売ページ 3,024円
責任感が強く頼れる主人公「新海翔」は、
正義感の強いしっかり者「九條都」が事件の解決のために動くことを知り協力を申し出る。
そこに天真爛漫な妹の「新海天」も加わり、3人は連続石化事件の調査を始めることとなった。

白巳津川で起こる怪奇事件。秘められた恋心。謎の組織。
今、アーティファクトユーザーの運命と意思が交錯する。



まずは前作の内容を軽く振り返ってくれます。前作の発売日から間が1年ほど空いているということで、こちらとしてもだいぶ話を忘れてしまっているのでありがたい措置でした。石化事件の犯人を追うものの、結局犯人を捕らえきれないまま未解決で終わった、というのが前作のあらすじです。

なお前作をやっていることを前提とした簡単な説明でしたので(やっていないと話についていくのは困難)、未プレイの方はまずは前作「9-nine- ここのつここのかここのいろ」の体験版からやることをオススメします。

4/21 天が能力に目覚める


まずは引き続き石化事件の犯人捜しをするものの、これといった手がかりは得られず。


帰宅後、思案していると妹がやってきます。相変わらず遠慮のない態度が可愛いですが、微妙に様子が違いました。我が物顔で居座る妹に声をかけると、”自分が見えるはずない”とおかしなことを言い出します。アーティファクトの能力で透明人間にでもなったのかとこちらが思うと、主人公も同じように感じていて、変なものを拾わなかったかと問いただします。話が早くてありがたい展開でした。

続きを読む →

防衛系アクションゲーム「Womens Defence ~ウィメンズディフェンス~」(サークルきんぐ)体験版感想

【30%OFF】Womens Defence ~ウィメンズディフェンス~
Womens Defence ~ウィメンズディフェンス~ [サークルきんぐ]
4/22発売の新作で、襲ってくるモンスターを女主人公が撃退していくタワーディフェンス・アクションゲームです。体験版ではステージ1をプレイできました。

DLSite販売ページ 1,360円(30%OFFキャンペーン価格、5/19まで)
敵が侵入してくる前に、ユニットを配置し、敵を撃退します。
ディフェンスポイントを守ることが使命となります。
主人公が倒れるか、街が攻め落とされるとゲームオーバーとなります。

ユニットは敵と接触すると、その場でレ●プされます。
一度主導権を相手に握られると、辺りはユニットのレ●プ祭りとなり、
阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられます。

チュートリアル


チュートリアル(スキップ可能)の1面は操作説明です。操作はキーボードのADキーで移動、マウスの左クリックで攻撃、右クリック押しっぱなしで狙いを定めます。本作には奥行き要素があり、手前や奥の相手は右クリックで狙わないと当たりませんでした。なお弾数やリロードといった概念はなく、ばりばり撃ちまくってOKです。


チュートリアル2面は仲間の配置についての説明です。ここではLV1と表示されている者のみ配置でき、5体配置完了するとこの面はクリアです。ユニットは別々のを5体でも、同じのを5体でもOKです。


チュートリアル3面は実践演習です。画面説明は一度では覚えきれないと思いますので、さらっと聞き流してOKです。画面中央上は制限時間ですが、体験版の範囲では非常に余裕あり、気にする必要はなしでした。)


ティアという女は一匹狼系で、住人救助よりも自分の成績やミッション成功を優先してました。群れるのは馬鹿らしいと、一人で出て行ってしまいます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ゼヴェンの孕姫」(ラブリープリチー超愛してる)体験版感想

【10%OFF】ゼヴェンの孕姫
ゼヴェンの孕姫 [ラブリープリチー超愛してる]
2017/3/10の予告新作で、洞窟のある街に赴くことになった女騎士が街の住人にセクハラされていくという作品です(RPGツクールVXAce製、旧タイトルは”孕姫レティシア”)。体験版あり、2018年01月上旬発売予定。

追記:2018/4/19に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,555円(10%OFFキャンペーン価格)
海上交通の拠点として栄えた海辺の街ゼヴェン。
この街には、”海神の祠”と呼ばれる獰猛な魔物が跋扈する迷宮があった。
姫騎士レティシアは、諸々の事情により”海神の祠”を踏破すべく、身分を隠し冒険者としてゼヴェンを訪れる。
…しかし、ゼヴェンは独自の風土的要因ゆえに女性の住人の存在しない、女体に飢えた男たちでひしめく危険な街だった!!
街唯一の女性として、街中の男たちの情欲の対象となるレティシア!
街ぐるみのセクハラ!装備や宿代の対価として要求される卑猥な行為!
果たしてレティシアは自らの貞操を守り抜き、見事海神の祠を踏破することができるのか!

最初に難易度選択があり、HARD・EASY・なめくじ(エンカウント率1/10・食らうダメージ1/10など)の3段階から選べました。今回はEASYを選択しましたが、実際やってみたところあまり簡単ではなく、第2層あたりから先はしっかりレベル上げなどをする必要がありました。

なおなめくじは、少し試してみましたところ表記以上にエンカウント率低い印象で、全くエンカウントせずにボスまで着いてしまうことも珍しくなかったです。


主人公は武芸一筋という感じの正統派な女騎士です。トレーニングに明け暮れているところから話は始まり、動けるようになったら階段を上がります。


メイドがワインを割ってしまって道が塞がれているので、上からぐるっと回ります。せっかくなのでメイド達の話を聞いていくと、兄たちは女好きが多いようで、特にティロスの評判が悪かったです。

続きを読む →

ローグライクエロRPG「イニクィタティスの器」(mmzn.yry)体験版感想

【15%OFF】イニクィタティスの器
イニクィタティスの器 [mmzn.yry]
4/16発売の新作で、女主人公・ローグライク(入るたびにダンジョンの作りが変わる)ダンジョン作品です(ウルフエディタ製)。体験版ではB1F~B9Fをプレイできました(ドットエロ複数あり)。

DLSite販売ページ 826円(15%OFFキャンペーン価格)
ドット絵風ローグライクRPG。
プレイ時間は約4~5時間ほど。
ドットアニメ約14種類。
ゲームオーバーCG通常1枚+ボス戦専用3枚の計4枚。

ローブ男と戦闘に


ゲームを始めると(説明などはなく)いきなり動かせまして、近くにいるローブ男(司祭ザルウヌル)が敵です。操作はZキー(もしくはエンターキー)で攻撃です。男は逃げ回るので、追いかけて命中させます(なお敵が逃げるのはこの戦闘のみで、この先のダンジョンでは敵はいずれもこちらに向かってきました)。


赤い敵を召喚した場合はそちらから倒していきます。力的にはこちらの方が断然上で、3体に囲まれても楽に勝てました。


ローブ男に5回ほど当てると倒せて、話が先に進みます。

続きを読む →