Tag Archives: ポニーテール

ローグダンジョンRPG「狐忍退魔伝このは」(はちみつサンド)体験版感想

狐忍退魔伝このは
狐忍退魔伝このは [はちみつサンド]
10/4の予告新作で、くノ一少女が依頼に応じてダンジョン探索していくという話(RPGツクールMV製、ダンジョンはローグライク)。体験版ではダンジョン3Fまでプレイでき、エロ的には街でのオイル塗りマッサージイベントがひとつ見られました。本編は2018年10月下旬発売予定です。

追記:12/14に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、90ポイント還元
駆け出し退魔忍である【このは】は突如行方をくらませたという
前任者の任を引き継ぐため、お供の喋り狐【ぽん吉】とともに田舎町を訪れた。
依頼内容は魔物の窟に生まれし【大魔】を退治すること。
しかし、そこには厄介なことに淫の瘴気が充満していた……。

オープニング・操作説明


主人公はクール系のキツネ系獣耳少女でした。まずは屋敷を目指して森を進んでいきます。ここはまだ目的のダンジョンではないので(チュートリアル的なエリアで、構造も固定)、気楽に道なりに進んでいけばOKです。


さっそく敵のスライムと遭遇し、攻撃はCキーです。こちらが1行動すると敵も1行動するという、ローグ・トルネコ系な形式になってます(=アクション要素はなく、慌てなくていい)。向きだけ変えたいときはCTRLキー、敵が一マス先にいるときは空振りして引き寄せます。グラフィック的には、1マスが大きめで見やすく、特に階段が一目でわかるのは助かりました。


あとは説明が、実践する間を開けつつ少しずつされるのもありがたかったです。指南書というのを手に入れるとスキルを使えるようになるとのことですが、今回の体験版ではこれは出てこず。


Cキーで何もないマスを空打ちすることでトラップを発見できました。ただずっと空打ちしつづけるというのも手間がかかって大変なので、慎重に進みたい時(”今罠にかかると危険”的状況や、罠増殖の罠を踏んでしまった時など)のみ使えばいいかと思います。種類的には、毒トラップ(なかなか治らず自然減少し続け、満タンから半分以下まで減る場合もあり)や地雷(踏んでしまうとHP1になる)がやっかいでした。


ここではレベルの上がりは遅めで、お屋敷到着寸前にようやくLV2に上がりました(スライム5体分 おそらくちょうど上がったタイミングで着くように配置数が調整されているものと思われます)。

続きを読む →

待ち受けトラップ系エロゲ「されど姫騎士は歩みを止めず」(くろごまソフト)製品版感想

されど姫騎士は歩みを止めず
されど姫騎士は歩みを止めず [くろごまソフト]
7/20発売の新作で、洞窟へとやってくる姫騎士をトラップなどで迎え撃つという作品です。珍しいゲームシステムで、使い魔と姫騎士の会話もほのぼのとしていて良かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元

体験版感想はこちら
トラップ配置系エロゲ「されど姫騎士は歩みを止めず」(くろごまソフト)体験版感想
ダンジョンを探索する姫騎士に、罠を仕掛け魔物をけしかけ、
えっちな目に合わせてしまうゲームです。
時には休憩させたり、食べ物を与えたり、宝箱を用意してあげたり
姫騎士のステータスを管理して最下層までおびき寄せよう!

オープニング


オープニング・チュートリアルはスキップ可能です。ストーリーをおさらいしておきますと、部下兵士達が皆逃げてしまい、姫騎士1人が主人公の住んでいるダンジョンへと乗り込んできます。


生かさず殺さず、ダンジョン探索を続けてくれるようにうまく調整しようというのが本作の目的になります。


ストーリー的には、モノリーと姫騎士で話が進行しました(他にはキャラは出てこない)。ブランクマス会話は非表示にもできますが、なるべく見ておくといいです。

0階層 マッスライムを配置


とりあえず先に進みたい場合は、ボスの”マッスライム”を配置すればOKです。手持ちのザコモンスターはこの段階だと各1しかいないので、配置しない方が効率的です(1体いると増殖で勝手に増えていきますが、0体にしてしまうと増殖せず、手動で1体作成する必要があり面倒です)。


あとは失敗回数が増えていくと、初期アイテムを増やすことができました(↑のように選択可能)。わざと失敗を繰り返してこれを狙うというのもありです。

続きを読む →

エロアクションゲーム「京子のMAX」(Etching Edge)体験版感想

京子のMAX

恭子のMAX [Etching Edge]

4/25発売の新作で、女主人公な横スクロールエロアクションゲームです。体験版あり。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,555円(20%OFFキャンペーン価格)
自らの快楽を武器に、かわいい子を助けながら、下品で粗暴な奴らをぶっとばす。
世紀末爽快横スクロールアクションゲームです。


オープニングでは世界観が描写され、荒廃した未来世界という設定でした。



基本操作はZキーで攻撃で、連打で連続技が出ます。他には↑+Zや↓+Zで特殊技が出ますが、タイミングは結構シビアでした(自分の腕だと出そうとしてもうまく出ないことが多かったです)。

続きを読む →

パンチやキックで男に抵抗するエロACT「ぶちこめ☆ハイキック!」(アオクマシー)体験版感想

ぶちこめ☆ハイキック!

ぶちこめ☆ハイキック! [アオクマシー]

2015/12/31発売の新作で、襲われてる女の子(制服黒ハイソ)を操作してパンチやキックで抵抗するというアクションゲームです。体験版あり。

DLSite販売ページ 1,296円、240ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円、240ポイント還元
主人公は「こんなことされるかもしれない・・・」という【予感】が、いつもその通りになってしまう女の子。
ある日、突然の尿意に立ち寄った公園のトイレ。痴漢が多いという噂を聞いていた女の子は、
「痴漢に遭遇しちゃうかも・・・」という嫌な【予感】は、見事的中。

トイレから出て公園を出ようとする女の子の前に立ちはだかるおじさん。
痴漢する気満々です。

護身のためにかじった空手を駆使して、なんとか切り抜けようとしますが、おじさんにつかまるたび
嫌な【予感】が・・・


操作はZキーで攻撃です。Zキー連打でワンツー、↑キー+Zキーでタイトルにもあるハイキックが出ます。なお”ゲームスタート”するといきなり襲われるので、↑の操作説明(タイトル画面から行けます)を見てから始めるのが無難です。


ストーリー的な物は特になく、スタートするといきなり男がいます。こちらの攻撃はガンガン当たりましたが、いくら全力でパンチをぶち込んでも全然効いてなく(右上の青ゲージが敵体力)、女の子の無力感がうまく表現されてました。そのうちにスタミナが切れて捕まってしまいます。


男に密着されてエロ行為になったあとは、”予感”を選ぶことで男が何をするかをプレイヤーが決めることができます。いきなり脱がせてしまうよりも、一通り触ってから服を脱がせた方が楽しめる感じでした。

続きを読む →

エロアクションゲーム「悪魔城サキュバス」(らいぶらはーと)が発売に

悪魔城サキュバス

悪魔城サキュバス [らいぶらはーと]

6/6の予告新作で、レトロな雰囲気のエロアクションゲームです。体験版あり、2015年06月下旬発売予定。

追記:7/11に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、27ポイント還元
DMM 販売なし
サキュバス・ハンター
シモーヌ・ベルモンテが聖なる鞭を片手に
悪魔の城に挑む、レトロ風エロアクションゲーム!

悪魔城サキュバス悪魔城サキュバス悪魔城サキュバス

・過去作品
サキュバス

サキュバス

ドット絵エロアクション

KAZTさんの新作エロゲ「私はアニマルハンター」が発売に

私はアニマルハンター

私はアニマルハンター [KAZT]

3/30発売の新作で、動物を見つけるのがテーマの作品です。RPGツクールXP製、体験版は今のところなし(予定はある模様)。

DLSite販売ページ 756円、21ポイント還元
DMM 販売なし
リゼは仕事の為、とある村に訪れていた。
彼女の職業は【アニマルハンター】
生息数の少ない動物を保護する為、捕獲するのが仕事である。
ただ、その捕獲方法が少し変わっていて…?

私はアニマルハンター私はアニマルハンター

・主な過去作品
First QuestII

First QuestII

全ての雑魚キャラにHイベントがある、異種姦あり、輪姦ありのRPGです。前作との繋がりはありません。

First Quest

First Quest

アレやコレやしながら、世界を旅するRPGです!

女主人公エロRPG「Phantasia Infection」(緋色)製品版感想

Phantasia Infection

Phantasia Infection [緋色]

1/30発売の新作エロRPGで、淫魔の力を得た女主人公が戦っていく話です。ほどよいゲームバランスで絵もよかったので購入してみました。

2017/4/8追記:無料配布になったようです。
DMMダウンロードページ

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Phantasia Infection」(緋色)体験版感想
とある町で人を魔物に変える謎の病気が発生した。
沙姫はその町から避難した仮設住宅に住むごく普通の少女だったが、
事件対策の組織【W-トレイター】の新兵器実験の場に居合わせ、偶然力を手に入れてしまう。
力を得た代償に半ば魔物と化してしまった彼女は事件解決に向けて【W-トレイター】に協力する事になる。

しかし沙姫が手に入れた魔物の力は【サキュバス】と分類されたもの。
最大限に力を使うには男性の体液が必要となる力だった・・・・・・・。

体験版のセーブデータ引き継ぎ可不可については、Readmeなどに記述見当たりませんでした。自分の場合LV11と結構上がっていたので、体験版のセーブデータを使ってプレイしました。今のところ問題なくプレイできてますが、何か不具合が起きる可能性があるのでお勧めはしません。


研究員の時坂に話しかけて話を聞いたあと、怪しい箇所を探して欲しいと言われます。


施設内中央あたりにある、↑の箇所が正解でした。イベント戦闘になりますが楽に勝てます。


次は施設右手にあるベッドを調べると↑のようないつもと違うセリフが出まして、


そのまま休むとイベントが起こります(会話後戦闘あり)。先ほどの敵よりは強かったですが、LV11で楽に勝てました。



拠点に場面が戻り、時坂に話しかけると話が進みます。


なおこのあたりから雑魚敵の体力が結構ありまして、戦闘にそれなりに時間かかるようになりました。MP回復アイテムが施設で買えるので、それを使ってがんがんスキル技を使っていくと時間短縮になっていいと思われます。


毒々しい城は中央の扉から進んでも特に変わった箇所は見当たらず。詳しい発生条件はわかりませんが、今回の場合全部の敵を倒したあと外に出ると会話が出ました。


右手にあるはしごを進むとイベントが起こりまして、新しい女キャラが登場しました。

続きを読む →