Tag Archives: URURUC

店経営エロゲ「ある帝都のある店で」(URURUC)体験版感想

ある帝都のある店で
ある帝都のある店で [URURUC]
7/17の予告新作で、帝都に出店を果たした男主人公が店を存続させるべく日々奮闘していくという経営SLGです(Unity製)。体験版では1人目との勝負に勝ち、2人目と顔を合わせるあたりまでをプレイできました(見られるエロシーンは3つ)。本編は2020年10月下旬発売予定です。
マウスを使用する経営シミュレーションゲームです。
商品を仕入れて販売したり設備を導入したりしてお店をどんどん発展させていきましょう。
他店との資金バトルに負けるとゲームオーバーな為残り日数には要注意!

帝都で念願の店を開く

最初に難易度選択があり、ハード・ノーマル・イージーから選べます。今回はイージーを選択しました。


男が脇目も振らず目的の店へと向かうところから話は始まり、念願の自分の店を持ったという状況です(この男が本作の主人公)。当面は自分1人でやるとのことで、どうやら娼館ではなく物を売る店のようです。



いきなり行動可能になり、画面中央の”なし”という部分をクリックすると、店に品を並べられます。値段を変えられましたが、ひとまずそのままで並べました。他にも色々行動できましたが、どれだけ売れるのかわからないので、ひとまず仕入れはせず、宣伝だけして店を開きました(画面左下の終了を押すと店を開けられます)。


開店したばかりの店ですが、予想外に客がいきなりたくさん来てくれ、あっという間に在庫切れになりました(このあたりはイージーだからかもしれません)。在庫がなくなるか残り時間(画面右上)が0になるかするとその時点でその日は店じまいです。

帝都の政策が新たに発表され…


2日目朝、散歩をしていると広場が何やら騒がしいです。何があったのか尋ねると、帝都の政策で、2店で比較し資金が乏しい方の店は強制的に閉店させられることになりました。


店に戻った主人公は愚痴ったりはせず、金をなんとかして稼いで店を存続させることを誓います。



前日の完売で在庫がなくなったので、バザーで仕入れをしました。どれを仕入れてもかなり利益が出まして、2日目も無事完売です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「リビルの罠」(URURUC)体験版感想

リビルの罠
リビルの罠 [URURUC]
1/4の予告新作で、行方不明になった両親の借金30万Gを返すべく女主人公が奮闘していくという話です(ウルフエディタ製)。体験版では最初の10日分をプレイできました。本編は2019年02月下旬発売予定です。

追記:2/16に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円、240ポイント還元
道具屋の娘アリシアはある日突然両親達の解放と引き換えに300000Gの借金を負う。
そして借金返済の為に冒険と店の経営を始める……

行方不明になった両親を救うべく、活動開始


主人公は道具屋の娘です。両親がなかなか帰ってこず心配していると(一人で店番している)、怪しい男がやってきて、借金返済の必要があると告げていきました(30日後に取りに来る)。突然のことに面食らいますが、添付のアクセサリは確かに両親のもので、デタラメを言っているわけではなさそうです。


店はカウンターを調べると営業することができ、品物を並べたあと(個数はキーボードで数値入力する必要あり)、店を開けて客を待つという流れです。品物は、街の外に出て拾ってくるのが主でした(他に街右上にある道具屋で買うこともできるものの、それをやると赤字になる)。1日の売り上げは、最初のうちは拾ってきた物を色々並べても1500程度と少なめでしたが、販売繰りかえして店レベルを上げていくと次第に増えていきます。なお主人公は一般的な商人で、調合・合成といった工房的な要素はなかったです。

店は強化することができました(やった回数に応じて費用が増加)。棚増加は、種類増加ではなく個数が増加していきます。最初は各10個しか並べられずすぐ完売になってしまいますが(=いちいち並べ直すのが面倒)、20個30個と伸ばしていくと1日では売り切れない物も出てきまして、効率よく販売ができました。



なお両親捜しについては、街左上の酒場で情報料を払って敵アジトを調べてもらうという手もあります。ただし費用は、借金と同額の30万G必要でした。いずれにしても体験版は10日で終わり(この期間内に30万稼ぐのはほぼ無理)なので、借金云々は気にしなくてOKです。

続きを読む →