女主人公エロRPG「GranEndeIII」(樋渡本舗)体験版感想

GranEndeIII
GranEndeIII [樋渡本舗]
2/7の予告新作で、僻地へと派遣された女騎士が依頼をこなしていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は騎士として採用されたものの任務地が辺境でがっかりするというところから始まり、地道な任務をこなして少しずつ住人の信頼を得ていくあたりまでをプレイできました(エロシーンは先輩騎士によるセクハラ、酔い潰れて撫で回される、坑夫たちの見抜きに応じるなど)。本編は2021年02月11日発売予定です。

追記:2/11に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,386円、126ポイント還元(10%OFF価格、2/24まで)
同じ新人騎士であるシスカと共に、王都勤務に返り咲くために
この地でバリバリ仕事に勤しむアンジェ達。
だけどこの街の騎士団はどうにもおかしい…。
疑念が確信に変わる時、新米騎士であるアンジェとシスカは
想像もしていなかった陰謀に巻き込まれていく事になる――。

念願の騎士になるものの、配属先は僻地



8年もの苦難の末ようやく騎士になれたというところから話は始まり、ようやく王都で裕福な暮らしができるとテンションの上がる主人公アンジェでしたが、言い渡された配属先は西端の街カイチェリンでした。



3日の旅の末勤務地に到着し、田舎な街並みを見たアンジェは露骨に落ち込みまくり、相方の女騎士シスカになだめられてなんとか宿舎へ入ります。


騎士団長は真面目な雰囲気で挨拶してくれますが、横の先輩男騎士たちはエロ目線で主人公達のことを見てきまして、こちらに聞こえることも気にせず下品な噂話をしてきます。


真面目なシスカは下品な先輩騎士にお怒りですが、アンジェは逆に、ここでしっかり働けば王都に戻れると意気込みます。

最初の任務はパトロール


翌朝、騎士団全体でまとまって動く的なことはなく、個別に依頼を受けてこなすという展開になりました。主人公達に与えられた最初の依頼は町中のパトロールで、鉱山・冒険者宿・住宅地・市場を回って欲しいとのことです。


市場は建物を出てすぐ左の丸印で、商品が騎士団に没収されてから何の連絡もないのでなんとかして欲しいと頼まれます。


住宅地は街の左下、井戸前の丸印です。ここではトラブルは起きていないようで、騎士たちの働きに対して感謝してくれました。


冒険者宿は街の右下で、この街に冒険者が多くやって来ていることが説明されました。(ただ体験版の範囲だと、他冒険者はこれといって話には絡んでこず)



鉱山は街の右上にある洞窟内で、ここ最近誰もパトロールに来ていなかったと聞かされ、騎士達のサボリ具合(もしくは魔物退治の忙しさ)がうかがえます。


4箇所終わるとセリフが出るので、駐屯地に戻り、受付に報告します。オーグという副団長の女癖が悪いことを聞かされました。

夜パートで先輩のセクハラ


話が終わったら2F右端の自室へと向かい、夜パートです。まずは左下の部屋に!マークが出ているキャラに話しかけ、セクハラしてくる男に逆らわず受け入れるよう言われ、アンジェは困惑します。


2F中央とは、自室前から右に行ったところです。ウィストという先輩騎士は、稽古をつけてくれるといい、承諾するとさっそく稽古で、おだてられたアンジェは上機嫌です。アンジェが勝ったら二度と言い寄らないという約束を取り付け、勝ちを確認するアンジェなものの、先輩騎士は炎技を出してきて、不意打ちされたアンジェは負けてしまいました。


魔術はずるいと抗議するものの通らず、騎士が約束を反故にするわけにも行かず、乳揉みを受け入れます。


仕方なく受け入れるアンジェなものの、手慣れた乳揉みを受けるうちに次第に感じさせられ、最後は乳首責めでイかされてしまいました。


中央通路にいるもう一人は、シスカを探していました。操作キャラはQキーで変更できます。



シスカの方は倉庫整理を手伝っているうちに撫で回されます。こちらの先輩も女慣れしており、次第に気持ちよくさせられてしまいました。

ノシア渓谷で人助け


翌日、依頼を一気に4つ受注です。強制的に渡されまして、やる依頼をプレイヤーが選ぶということはできず(これを全部終えることでメインストーリーが進行します)。


内容はメニューの依頼で確認できまして、推奨レベルや目的地などが細かく書かれてますありがたい仕様です。ただこの部分の動作はちょっと重めでした(内容が表示されるまでに少しラグあり)。


ノシア渓谷は、街のした出口から外に出たあと左下です。



戦闘はシンボルエンカウントでした。敵は少なめで避けることは容易でしたが、この先ちょくちょくボス戦があったのでなるべく戦っていくと効率いいです。



どんどん下へ進み、丸印でイベント戦闘です。LV3でなんとか勝利できました。


魔物に襲われていた男を助けるものの、来るのが襲いと文句を言われてしまいました。ただこのあと主人公達のスタイルが良いことに気づいてコロッと態度が変わります。

大工に橋を直してもらう



依頼の大工はイベント戦闘前の分岐を下に行ったところにいました。橋の修理をすんなり引き受けてくれます。


翌日、渓谷入ってすぐのところにいる大工に話しかけ、早くも作業は終わっていました。アンジェはなんでこんな簡単なことを先輩騎士達はやっていなかったのかと呆れます。

鉱山で子供を救出




子供は廃鉱山1の右上にいました。ボス戦はなく、子供を無事救出し、騎士としていい仕事ができました。

ところでこのダンジョンの敵は結構強かったです(攻撃が痛い)。メインクエのみをどんどん進めるより、しっかりザコを倒して討伐数ボーナスをもらいながら話を進めていったほうが無理なくやっていけそうでした。



エーテル観測箱は↑の部屋にありまして、この依頼もボス戦はなしでした。


エーテル観測箱を手に入れたら駐屯地に戻り、カウンター右端の女に渡せば依頼完了です。



評価値はまだ8なので(話を先に進めるには10必要)、目に入ったサブクエストをやっていくことにします。入り口付近では、女から強引に弁当を渡されまして、先ほど大工がいたエリア上の方にいる彼氏に渡して評価値+1です。



鉱山のなくした指輪は、2の右下にありました。男はアンジェが真面目に探して渡してくれたことに驚き、先輩騎士達の素行はだいぶ悪いようです。

鉱山で崩落発生


評価値10にしてカウンター中央に話しかけると話が進みます。次の仕事について雑談していると、坑夫が慌てた様子で駆け込んできて、鉱山で崩落発生とのことです。



順路は上ではなく、鉱山入ってすぐ右下の階段から進みます。


崩落に巻き込まれて弱った坑夫たちを発見するものの、高さがあって下りられず。右からぐるりと回ることになりました。




スカルスパイダーという敵とボス戦になり、このボスは敵体力が2400もありました。最初はLV5で挑みましたが、与えるダメージ量的に厳しそうでしたので早めに見切りを付けてリセットしまして、レベル上げをしたあと再挑戦し、LV7でなんとか勝利できました。勝利したアンジェたちは、負傷した坑夫たちを連れて出口へと向かいます。


ゴドヴァンというのはこの街を支配する資産家のお偉いさんです。言葉遣いや態度は偉そうでしたが、坑夫のことを全力で心配しているほか、主人公にも礼を言ってくれ、ツンデレな感がありました。

引き続き依頼をこなす


翌日、団長からお褒めの手紙が読まれたあと、依頼が3つ追加されました。



シスカが教会に行きたいそうなので、まずはこれからやっていきます。教会は街の真ん中あたりにありました。シスカが敬虔なのに対し、アンジェはシオン教に懐疑的です。


坑道奥の調査の推奨レベルは9と高めです。ただ体験版のメインストーリーではこの先ボス戦はなかったので、避けて進んでも支障はなしでした。


装備的には、シスカは先ほどのボスからベノムブレイドが手に入っていたので、アンジェの武器のみ購入しました。あとは回復アイテムは道中であまり手に入らないので、店でいくつか買っておくと安定します。



鉱山に入ったあとは、上ではなく右下の階段から進みます。先ほどのボスのところに戻り、階段を進むと坑道4です。


左上の丸印を調べれば依頼完了で、ボス戦はなしでした。


“みんなの食を守るため”は、モース森林へ向かいます。フィールドに出て、マップ右下がモース森林です。


光っている箇所を調べてアジキノコを回収していき、


4箇所調べ終わったら、あとは街に戻って報告です(この依頼もボス戦はなしでした)。報告は右端の女にします。

モース森林でネムリマッシュを入手




不眠解消の特効薬もモース森林です。目的のものは入ってすぐに見えているのですが、1から直接は行けず、2→3と進んでようやくたどり着けました。



依頼者の家は街の左下、青い屋根の家で、ネムリマッシュを渡して一件落着です。夜の酒場のエロイベントが開放されました。

シスカは酒に弱い


酒場は街の入り口付近にあり、エロイベは右下の男です(右上の坑夫は尻を撫で回されるのみで無関係)。シスカで話しかけると先日の礼を言われていい雰囲気になり、恋愛絡みで悩みがあると相談してきます。が、シスカはかなり酒に弱く、話を聞いているうちに眠りこけてしまいました。


男がネムリマッシュを酒に入れることもできる状況でしたが、うろたえる男の反応からするとそういったことはしていないようです。男はシスカがいつ起きるかとヒヤヒヤしながら触っていき、一方のシスカはアンジェとの行為を夢の中で妄想しているようです。最後は眠ったままイってしまいました。

坑夫に頼みこまれ、見抜きに応じる



夜の坑夫宿舎(町右上)には、坑夫とアンジェの宴会エロイベントがありました。まずはゴドヴァンについての話になり、坑夫たちに対しての待遇はかなり良いようです。ただ坑夫たちはこの街に女がいないことが不満で、ムラムラを発散できずにため込んでいました。


性欲発散に協力してほしいと皆に必死に頼みこまれ、真面目そうな男に助けを求めるものの、この男も頼んできまして、押しに負けて見抜きを受け入れることになります。服を脱いでおっぱい見せのあと、


腋に興奮する男の変態さに困惑しつつも、男たちのしごき具合を観察する様子はなかなかレアなシチュでした。最後は盛大にぶっかけられます。

(なお本作には他にも色々とサブクエストがありましたが、発売が11日に迫っているのでひとまずここまでで記事にまとめました 余裕があれば追記します)

感想まとめ

前2作同様に完成度の高い本格派作品という印象で、話的にもうまくまとまっていて読みやすく、この先どう展開していくのか、この地で何が起きているのか気になるところでした。

戦闘難易度はやや高めで、ボスに勝つにはしっかりレベルを上げる必要がありました。ボスのHPが多めなので、惜しいところまでいって負けたという事態は避けたいところです。その意味では、依頼欄に目安レベルが書かれているのは親切でありがたかったです。

エロイベは街などでの人間男によるセクハラ系に特化していまして、モンスター相手のエロ要素は、少なくとも体験版ではなしでした。相手は先輩騎士や坑夫や街の住人などで、いずれも男が攻めでしたが、手荒な真似はしてこず、陵辱感は薄めでした。

GranEndeIII
GranEndeIII [樋渡本舗]

過去作品


GranEnde
戦災孤児として田舎の孤児院で育ったイリア。
成長し、自分の目で広い世界を見てみたいと思い冒険の旅に出る。
しかし旅に慣れていないイリアはすぐに自分の認識が甘かったことに気付かされる。
女の子一人で世界を旅するには力やお金や経験がもっともっと必要だった。
ナジュという女性に助けられ、辿り着いたのはこの地方最大の都市『トライリーベ』。


GranEndeII
旅をしていた主人公はナハスという小さな村に辿り着く。
路銀を稼ぐために引き受けたキノコ採取の仕事のために、
エルフが住む森へ入った事で物語が動き出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)