女主人公エロRPG「卵の鍵」(ハソユア)体験版感想

卵の鍵
卵の鍵 [ハソユア]
11/2の予告新作で、”卵の鍵”を手に入れるべく街へとやってきた主人公が評価を得る為依頼をこなしていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では10日目朝までプレイでき、エロシーンは触手エロや酒場客によるレイプなどが見られました。本編は2020年03月上旬発売予定です。
その集落において「真姫」として扱われ、丁重に扱われる主人公・セラフィナ。
だがそんな集落に一通の手紙が届く。
それは一族が隠れ潜むことに異を唱え、集落を抜け出した少女・アンジュからのもの。

「卵の鍵を見つけ出した。
 真姫と私でどちらが卵の鍵を持ち帰ることができるか、勝負を行わせろ。
 そして私が勝利した場合、私を真姫とし、更に指導者と認めろ。
 認めないのであれば、卵の鍵は勝手に持ち去る」

この手紙を見た長老達は仰天したものの、卵の鍵を取り戻す好機を逃すことはできず、
要求通りにセラフィナをアンジュの元へと向かわせるのだった。

難易度設定・オープニング


最初に難易度設定があり、今回は”簡易設定・易しい”を選択しました。実際やってみたところ少し簡単すぎたので、歯ごたえを求める方は少し難しめを選ぶのもありです。なお詳細設定を選ぶと細かく決められます(難易度設定が4段階あるほか、色々と設定あり)。


主人公セラフィナが旅立つところから話は始まり、人のよさそうな清楚系の雰囲気です。一族にとって大事な”卵の鍵”を手に入れるべく、村にとっての厄介者のところに向かうという状況です。


本作のタンジョン(探索・戦闘フィールド)は前にしか進めない形式で、通常のRPGのように自分で歩き回ったりはできません。


戦闘は、敵がいきなりエロ攻撃を繰り出してきました。綺麗に描かれてましたほか、サッとすぐ消えるのはありがたかったです。

2つほど進むと早くも草原を抜け、街に到着です。(ここはチュートリアルなのでダンジョンが短く、後ほど出てくる通常のダンジョンは10~15歩程度進む必要がありました)

街に到着し、問題の女と対面


街入り口の警備は厳重でした。審査を待っているとチンピラに絡まれ、主人公の持っている通行札は貴重品のようです。幸い大した相手ではなく、難なく撃退できました。


許可が出て街の中へと入り、さっそく問題の女と対面です。どちらが”卵の鍵”を使いこなせそうか勝負することになり、とりあえずの期限は10日です。

1日目 まずは分庁舎へ


1日目、ここから本格的にゲームスタートです。移動は目的地を選ぶ形式で、ダンジョンと同じく歩いて回ったりはできません。1日目は行けるところが限られており、分庁舎へと向かいます。


滞在期間が10日では短すぎると延長申請をし、ある程度は認められそうな雰囲気です。ただ主人公が出たいオークションの日まで滞在するのは一筋縄ではいかず。他にオークションへの参加許可や軍資金稼ぎも必要になりました。

水源の見回り


まず頼まれたのは”水源の見回り”でした。外門(街を出る)→クエストへ向かう、と選択します。


先日同様、どんどん前へと進んでいきます。戦闘頻度は、3~4歩に1回程度と少なめでした。なお戦闘後に入る経験値量は固定ではなく、レベルから見て強い敵を倒すと多く得られるとのことです。


少し進むと3体との戦闘があり、全体攻撃を使うと両サイドを一掃できて楽です。


60/120まで進むと様子が変わったものの、敵の強さは大差なしでした。


水源では老婆との会話のみで戦闘はなく、あっさりとクエストを達成できました(依頼はこれで完了しており、分庁舎で報告する必要はありません)。

依頼:薬草詰み


街に貢献して点数を稼ぎつつ、オークションで買う為の金を貯めるのが本作の主目的です。ただ体験版は9日目まで終わりなので、そのあたりを気にする必要はありません。


2日目になると行けるところがぐっと増えました。体験版は、ここから8日目まで自由に行動できます。まずは前日と同様、仕事をもらうべく分庁舎へ向かうことにしました。出ている依頼は、さきほどやった水源の見回り含めて4つです。


最初は簡単なところからということで、Rank1の薬草詰みを受け、特に問題はなくゴールの150に到達できました(出現ザコはスライムと触手、ボス戦はなし)。

Rank2依頼は意外と簡単


3日目、ランク2依頼は少しきつそうな気がしましたが、同じのをまたやっても仕方ないので”街周辺の魔獣退治”に挑戦してみました。難易度”易しい”でプレイしているせいか意外にもサクサク進めまして、その割に経験値が多くておいしいです。出るザコは触手とスライムです。


150でボス戦ですが、ザコと大差ない強さで、難なく勝てました。



4日目、今度は街道の盗賊警戒を選択しました。こちらはボス戦もなく、さくっとクリアできました(ここのエロイベントについては記事下部で紹介)。

教会でバイト


5日目、これで依頼は一通り終わったので、街の施設を回ってみます。教会では働くことができますが、1日働いて200Cと依頼と比べて報酬は少なめです。金の他には、性感度が下がる効果がありました。


なおこのシスターは結構地位が高いようで、後ほど役所(分庁舎)でも出てきます。うまくやれば滞在許可絡みで便宜を図ってくれそうですが、果たして主人公の味方なのか気になるところでした。

酒場で働き続けると…


6日目 “表通り”→”表通りの酒場”と進み、給仕の仕事をやってみました。着せられた服はかなり露出が激しく(というより主人公の胸が大きすぎる)、客が次第に我慢できなくなり手を出してきます。結局衛兵に睨まれ、この回は何事もなく終わりでした。もらえた報酬は1400Cで、なかなかおいしいバイトです。


7日目、再度酒場で働くと、衛兵が出動でいなくなった隙を突いて客が大胆な行動に出てきまして、たっぷりと尻を揉まれます。結局反撃して事なきを得て、報酬は1600Cです。



8日目、さらに酒場で働いてみたところ、休憩をしに店外に出たところで襲われ、レイプな一枚絵エロに移行しました。いきなりぶち込まれ、ここで処女喪失です。(しばらくすると助けが入り、店主に詫びられました)

役所で申請


9日目、滞在期間を延長してもらいに役所へと向かいます。仕事(分庁舎で受けられる依頼)をこなした回数で審査するらしく、4回で合格できました。

ライバル女の状況


場面変わってアンジュ(ゲーム冒頭で出てきた厄介者・ライバル女)が暗い部屋で拘束調教されています。ただ嫌がるそぶりはなく、本人の希望でこの状況になっているようです。なおテキスト的には喘ぎ声が多めでしたが、ボイスはなしです。

よそ者には容赦ない街


10日目、起きると外が騒がしく、様子を見に行くと不法移民を入れようとした女が火あぶりの刑に処されていました。


アンジュの考えがここで聞けまして、主人公はある程度は理解できるものの、やり方が危険だと、卵を手に入れるのは自分だ(アンジュに渡すのは危険)と思いを新たにします。

会話が終わってスラムに行けるようになる、というところで体験版は終了ですが、周回プレイでゲーム冒頭(名前・難易度設定)からやり直せました。

引き継いでプレイし、今度は難易度”普通”を選択してみました。ただ敵の強さはそれほど変わらず、食らうダメージが少し多いかなという程度でした。


気づくのが遅れましたが、メニューからスキルを取得することができました。色々あって悩みましたが、今回は氷攻撃魔法を取得し、ザコをワンパンできて楽でした。

エロシーンまとめ


一通りプレイできたところで、エロシーンを探していくことにします。回想はタイトルから行けまして、未見箇所にヒントありです。体験版で見られるのは8つでした。

[左ページ]
触手系の魔物に敗北する その場で触手エロ
触手系の魔物が登場するクエストのランダムイベント(胸を狙ってくる)
触手系の魔物が登場するクエストのランダムイベント(膣を狙ってくる)
触手系の魔物が登場するクエストのランダムイベント
人間の敵に敗北する(依頼”街道の盗賊警戒”) 拉致されて監禁陵辱

[右ページ]
表通りの酒場で3度働く
路地裏の酒場で仕事を受ける
アンジュ施術 9日目まで進める

触手・盗賊の敗北エロ



まずわかりやすいのはザコ敗北で、戦闘エロと違ってしっかり一枚絵エロです。なお”易しい”や”普通”だと敵が弱すぎて負けるのが困難で、特技の中にあります”諦める”コマンドを利用すると楽です。


人間(ならずもの・盗賊)に捕まった場合も陵辱系の一枚絵エロが見られました。



敵アジトでの陵辱ということで、シーン後は1歩ずつ進んで脱出することになります。10進めれば脱出成功ですが、装備が一時的になくなっている他、外と違って高頻度で盗賊と出くわしてなかなか難儀でした。↑のように窮地に追い込まれ、ぎりぎりなんとか脱出できました。


3つある”触手系の魔物が登場するクエストのランダムイベント”はなかなか発生せず。クエスト”Rank2 街周辺の魔物退治”をひたすら繰り返して、2つはなんとか見ることができました(ただどちらも一枚絵エロではなく、出すのが大変なぶん少しあっさり感がありました)。

酒場でセクハラ、泥酔姦


路地裏の酒場は、表と比べて治安が悪く、入るといきなりセクハラされます。


働くを選ぶと、キャバクラ的なことをさせられ、


勧められるままに酒を飲んでいくと酔っ払い、男とともに場所移動し、立ちバックでハメられでした。


翌朝、されたことをよく覚えていないということでショックは薄めです。チップ込みで3000C得られました。体験版で見られるイベントはおおむねこんなところのようです。

感想まとめ

変わったシステムですがうまくまとまっていていて、特にバグなどもなくスムーズにプレイできました。進行も、何をやればいいかや期限が明示されてわかりやすかったです。話的にはまだ序盤で、オークションまでかなり日があり、この先誰が敵・障害になっていくのか(アンジェが敵のままなのか味方になるのかなど)気になるところでした。

ゲームバランス的には、易しいを選んだところ思った以上に簡単でした。説明通りしっかり簡単なのはありがたかったですが、多少の歯ごたえはあった方がいいという方は冒頭の選択で難度高めを選ぶのもありです。

エロ要素は探索中の戦闘エロ・敗北エロと、街でのセクハラ・レイプが半々といったところでした。シチュ的には触手や盗賊による陵辱、酒場の客に犯されたりとレイプ・陵辱がメインで、どのシーンも過去作同様非常に綺麗なCGで表現されてました。あとは回想にほぼズバリとヒントが出ており、埋めるのが楽なのはありがたかったです。

卵の鍵
卵の鍵 [ハソユア]

過去作品


操魔の器
ブランシャール家のメイドであるフォーティは盗賊のアジトに潜入していた。
仕えるべき主である令嬢・リゼットが突如として教会から悪魔だと認定された挙げ句、
謎の盗賊団によってリゼットが誘拐されるという事件が発生したためだ。


花開く魔種
水の街として有名だったソムデンは、ある日から水源の洞窟から瘴気が発生するようになった。
土地は汚染され、街の半分は荒廃しきって盗賊と変わらないような人間が我が物顔で歩く有様。
人々を看護していた教会の神父達も、魔物に襲われ行方不明に。
救援として派遣されたシスターである主人公もまた、ソムデンに向かう途中で魔物に襲われてしまう。
なんとか助かった主人公だったが、魔物に犯された彼女の頭には謎の花が咲いていた。


侵胎迷宮を抜けて
昔、魔物の襲撃を受けて寂れてしまった土地・リモートスノー。
二十年の月日を経て再び襲い来る魔物達に対し、
主人公は故郷を守るべく奮闘するも、謎の魔導師の手によって囚われてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)