Tag Archives: 戦士

「フェラ怪人Amyrin~変容の淫蟲敗北の証~」(カサイ屋本舗)体験版感想

フェラ怪人Amyrin~変容の淫蟲敗北の証~
フェラ怪人Amyrin~変容の淫蟲敗北の証~ [カサイ屋本舗]
7/25の予告新作で、村を襲う蟲たちに女騎士が立ち向かっていくという話です(RPGツクールMV製)。体験版は蟲に襲われる村に女騎士が駆けつけるところから始まり、村人達を助けた後、除虫剤で大量の蟲の対処をするあたりまでをプレイできました。本編は2020年09月上旬発売予定です。
勝っても負けてもストーリは進行し、多数のバットエンドを経験していくRPGです。
バットエンドへ繋がる選択は分かりやすくなっています。

蟲に襲われる村に、女騎士が駆けつける


村に何やら蟲が現れ、緊急事態という雰囲気なところから話は始まり、


兵士が悲壮な覚悟で蟲に挑もうとすると、オリヴィアという女が現れ蟲を瞬殺します(この女が本作の主人公でした)。


コマンド戦闘になり、スキルを使うと早く終わります。ただ本作にはこの先宿屋的な全回復施設はないため、なるべく消費は避けたいところです(=2桁MPを消費する技は、ここではもったいないので使わないほうがいい)。


オリヴィアは国でも有名な騎士らしく、なぜこんな田舎の村に現れたのか男が不思議に思っていると、理由はこの村にオリヴィアの妹イリアがいるからでした(+オリヴィアはこの村で生まれ育った)。凜々しい騎士でしたが、妹のことになると様子が一変するのが面白かったです。

蟲はレベルドレイン攻撃をやってくる


ここから行動可能になりますが、敵(普通のザコ含む)は時々エロ攻撃(レベルドレイン)をやってきまして、これが本作の肝になりました。

本作では敵を倒しても経験値が一切得られずレベルが上がらないため、一度下がったレベルは取り戻せないと思われます(少なくとも体験版の範囲ではレベル回復手段は見つからず)。レベルが下がれば下がるほど敵を倒すのがどんどんきつくなっていくため、ザコとの戦いは基本的に避けた方がいいように感じました(ザコで下手にレベルを下げすぎると、イベント戦闘に勝てずメインストーリーを進められなくなる恐れあり)。



村には取り残されている村人がまだまだ多数おり、順に回ってどんどん助けていきました。

続きを読む →

「IN FOREST -Two In Crisis-」(Contrast Delta)体験版感想

IN FOREST -Two In Crisis-
IN FOREST -Two In Crisis- [Contrast Delta]
6/15の予告新作で、男主人公が偶然知り合った女冒険者2人を助けたら助けなかったりするお触り系作品です(Unity製)。体験版では女冒険者2人の助ける/助けないを各1見られました。本編は2020年07月中旬発売予定です。

追記:7/9に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,650円、150ポイント還元
FANZA販売ページ 1,320円(20%OFF価格)
兎獣人の魔法使いラビは魔力を増大させると言われる鉱石「レッドアイ」を採集すべく訪れたのだと言う。
傭兵稼業を営む女剣士レミは傭兵を募集していると言われる深い森の先にある街まで腕試しの為、迂回もせずに挑もうという事だった。

旅人の貴方は単身深い森に入るのは危険なのではと心配したが、
二人とも自信に溢れている。
休憩も終わり、二人はそれぞれ別の方向へと消えていった。
旅人の貴方は深い森を探索すべくどの方向へ向かおうか考えていた…。

女冒険者2人と知り合う


森に対して危機感の薄い女冒険者2人と遭遇するところから話は始まり、会話後、2人とはいったん別れます。


主人公1人になったところでどちらに進むかの選択肢が入り、今回は北西から選択しました。なお選ぶ前にセーブしておくと進行が少し楽になります(体験版の選択肢はここのみ)。

ゴブリンたちに捕まっている女を発見


選択肢を選ぶと(歩き回っての探索などはなく)即ダンジョン内で、先ほどの女冒険者の片方であるラビがゴブリンたちに捕まっています。こちらに気づいたラビは、素直に助けを求めてきました。



戦闘はクリック式で、緑ゴブリンの頭をクリックすることでダメージを与えられ(敵体力ゲージは左上)、一方女の子の体に触ってイタズラすると軽い喘ぎ声が出て時間が無駄に経過します。助ける場合はひたすらゴブリンをクリックし、時間内(時間ゲージは右下)に画面左上の敵ゲージを0にできればクリアです。敵は逃げたり動いたりはせず、お触りを我慢して攻撃に専念すれば難なくクリアできました。

続きを読む →

「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)製品版感想

Le dernier saint chevalier
Le dernier saint chevalier [B.H.C]
8/29発売の新作で、街の防衛を任された主人公が限られた資材をやりくりしつつ任務をこなしていくというSLG的なRPG作品です。よくできたシステムで面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
FANZA販売ページ 1,620円、300ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)体験版感想
一人の邪悪な魔術師“ネヴィル”によって滅亡の危機に瀕する世界。
“魔術師ネヴィル”によって生み出された魔物達は敗北した男達をさらなる魔物に変え、
捕えた女性を“苗床”にして爆発的に数を増やしていく……
絶えず襲ってくる魔物達からその身を盾にして“神殿都市レーヌ”を守る“白百合騎士団”の可憐なる少女達の物語……

オープニング

まずバグについてですが、発売当初は進行不能系バグがいくつかありましたが、9/1現在最新のVer1.03ではだいぶ対処が進んでおおむね問題なくプレイできるようになってます。ただまだバグが色々と残っているようで、そのあたり気になる方はもう数日待って落ち着いてからプレイするのが無難かと思います。



まずは体験版範囲を簡単に紹介していきますと、オープニング(スキップ可能)は上官ミレーヌに助けられて難を逃れるところから話は始まり、上官は何かが残り少ないのか、早く主人公に強くなってもらおうと焦り気味でした。


翌日、自室を出て左上の騎士詰所へ移動し、クラーケン討伐に向かうことになります。


ミレーヌに助けられてなんとかクラーケンを倒し、帰ろうとしたところで、想定外の難敵の襲撃を受けます。ミレーヌは自分が囮になり、主人公を逃がしてくれました。


なんとか生き延びて町に戻った主人公たちは、即座に救出に向かおうとするものの、自分たちが今向かっても勝てない、自分たちが今やるべきは町の防衛と枢機卿に諭されます。こうして町の防衛が主人公たちに託されることになるというのが、ゲームスタート時の状況です(オープニングをスキップするとここからスタート)。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想5(帝国将軍ボルデ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回は帝国将軍ボルデ(帝国軍の指揮官で、ギアの上官的存在)をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
製品版感想2(山賊インゴ編)
製品版感想3(アーデルハイト編)
製品版感想4(剣士フェイ編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

戦闘システムはアーデルハイト編と同様


話的には、帝国軍の勝利は時間の問題なものの、援軍が来る前に自分達で攻め落とさないと自分の出世に響くということで、それなりに焦りはありました。


商人は部屋左下におり、アイテムの他、奴隷女や防衛用の傭兵も買えました。


戦闘のシステムはアーデルハイト編と同様ですが、こちらは軍師はおらず、予測は”詳細情報”(消耗品)で行います。1回につき1つ使ってしまい、あまり乱用はできません。情報の精度は軍師と違って100%のようで、やった限りでは外すことは一度もありませんでした。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想4(剣士フェイ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回は剣士フェイ(アーデルハイト編で協力してくれた冒険者)をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
製品版感想2(山賊インゴ編)
製品版感想3(アーデルハイト編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

まずは情報を求めて世界を放浪


師匠の敵(かたき)を取ることがこの主人公の目的で、他と比べると謎解きアドベンチャー的な面がありました。背中の入れ墨とショートソードの使い手という情報を元に、世界中を聞き込みして回ることになります。


まずはPUBなどの張り紙をこなして金を貯めつつレベルを上げていきます(この主人公は、インゴと違って普通に経験値が入りました)。話を進めていくと最後でボスに勝利する必要があり、いきなり謎だけ解いてもクリアできなく徒労になるのでご注意ください(ラスボス撃破の目安レベルは30程度)。


ノード軍傭兵の依頼をやっていくと、兵士から少し手がかりが得られました。アーデルハイト編などからするとラルクが目的の人物とは思えませんが、帝国軍側の依頼を受ければ会えるということです。


チャプター1で宿屋に泊まるとイベントが起き、有益な情報を5つ集めれば居場所を突き止められると指令が入ります。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想3(アーデルハイト編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回はノード王国騎士のアーデルハイトをやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」(池袋DPC)体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
製品版感想2(山賊インゴ編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

戦闘形式は特殊


アーデルハイトの副官(軍師的な役どころ)がルシールで、知的な雰囲気がうまく出てますキャラでした。


この主人公の場合、戦闘はじゃんけん的なバトルになります。勝つと一歩前に進み、負けると一歩下がるのを繰り返し、端まで押しきるか押しきられるか10フェイズ経過するかすると決着です。ルシールの予想は8割当たるということですが、体感だと5~6割程度でした(なお後のイベントでこの確率は上がります)。


適当にやると敗戦続きで、あっという間に戦況悪化していき、最終ラインを突破されてノード王国の敗北に終わりました(バッドエンド2)。なかなか特殊な形式なので、最初はシステムに慣れつつエンド埋めでいいかと思います。


なお”全軍突撃”を選んで自ら戦場に赴いくことも可能でした。レダ編と同様な兵一杯の戦場画面になり、反対側にいる総大将を倒せばステージクリアです。今回やった限りでは、総大将に勝つのは厳しかったです(ザコを避けるなどして大将までは行けるものの、大将[将軍]に勝つのが難しい)。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想2(山賊インゴ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回は山賊インゴをやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

まずは近場の村を襲撃


インゴは山賊団の頭領で、レダ編グッドエンドの終わりで出てきたキャラです。ノード領の小さな村を襲うシーンから始まり、女剣士達を瞬殺します。


いきなり世界中に行ける自由度の高い作りですが、まずはすぐ南にある辺境の村から行くのが賢明です。山賊達はそこまで強くはなく、兵士に見つかると勝ち目が薄いです(デフォルト状態だと見えてませんが、砦近くや橋近くには兵士がいます)。



村荒らしは制限時間があり、これがゼロになると憲兵団に入り口を塞がれて出られなくなってしまいます。一応戦闘にはなりますが、全く勝負にならず(全員ワンパン即死)、時間切れ=ゲームオーバー確定と言えました。牛に手を出すのは最初のうちは止めておくのが無難です。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。よく考えられた面白いゲームシステムで、CGのクオリティも良かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

体験版感想はこちら
オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」(池袋DPC)体験版感想
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

帝国兵ギア編

ラルクを脅して戦闘に


チャプター1と2を体験版同様に進めていき、チャプター3の戦闘前、ラルクのことを味方2人にバラして協力を求めるか、黙っておいて1人でやるかを選べます。


仲間を誘うと3人での戦闘になり、仲間2人は主人公と同等の強さでした(主人公のそのときのレベルが適用される模様)。ラルクはかなりの強さで、3人がかりでも初周のチャプター3で勝つのは厳しいです(もし負けると容赦なく殺されてゲームオーバー)。なおラルクはストーリー進行・エンディングには関わらず、無理して倒す必要はありません。

勝利後、3人で勝った場合は輪姦、1人で勝つといると自分達だけがこっそりと楽しめ、どちらの展開もいい展開でした(CGは一緒でテキストは別のエロシーン ラルクを言葉責めで追い詰めていく様子は、1人のほうがわかりやすかったです)。なお本作では、回想を埋めたい場合、セーブ+ロードでは埋まらないのでご注意ください(グッドエンドを狙う場合周回してレベル上げすることになるので、そのときついでに回収するのが効率いいです)。


エロシーン後は、他兵士達に秘密をバラすかバラさないかを選べます。秘密にしておいてやると好きなときに犯せて、一方皆にバラすと兵士達によりビキニ鎧姿にさせられます(レイプシーンあり)。秘密を見抜いた功労者ということで、仲間も主人公に対して敬い気味です。他の皆(女キャラ含む)もその話題で持ちきりで、いい雰囲気出てました。

続きを読む →

討伐系エロRPG「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)製品版感想

ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-
ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel- [黒電車]

12/15発売の新作で、淫乱化の呪いにかかったハンターが呪いを解くべく討伐をしていくという作品です。やり応えあって面白そうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元
ハンターの少女、アゼルは自分に淫紋を刻んだ魔獣を探し求め、
ついにそこへ辿り着いた。
人類と魔物の生存競争の最前線。
厄災の堤防と呼ばれる辺境の地、ニプルヘイムへ……。


オープニングはスキップ可能でした。話をおさらいしておくと、加工屋の男と女ハンターが旅の末、この街に到着したという状況です。最終目的は魔獣を倒して、体に染みついた淫紋を消すことです。

チカイの丘でウルフ退治


部屋を出てフロアに降りるとイベントが起き、怖そうな男が親切に手配をしてくれます。(結局この男は裏心的な物はなく、ただの親切な男でした)


ゲーム進行的には、退治・討伐の依頼をどんどんこなしていけばOKです。採取・納品系は基本的にやらなくていいですが、中盤(タカイ火山)の”桃色飛竜”を出す場合のみ納品をやる必要がありました。

まずはウルフ退治を受けてみました。Sキーで狩り場に直接移動(左右キーで場所チェンジ)でき、便利でありがたいです。


戦闘はびっくりするほど高速で、エンターキー押しっぱなしにするとあっという間に終わりました。技術的なことは当方あまりわかりませんが、よくここまでスピーディにできるものだと感心する速さでした。

続きを読む →

「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)体験版感想

ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-
ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel- [黒電車]

4/5の予告新作で、女ハンターと男装備職人が冒険していくという作品です(ウルフエディタ製)。体験版あり、2017年08月下旬発売予定。

追記:12/15に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元

製品版感想はこちら
討伐系エロRPG「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)製品版感想
ハンターの少女、アゼルは自分に淫紋を刻んだ魔獣を探し求め、
ついにそこへ辿り着いた。
人類と魔物の生存競争の最前線。
厄災の堤防と呼ばれる辺境の地、ニプルヘイムへ……。

まずはウルフ退治


最初は男視点で始まりますが、実際戦うのは女の方です(男はサポート役)。女のおなかにあります淫紋が物語の鍵になりそうです。動けるようになったら部屋を出て下へ進むとイベントが起こります。


カウンターに話しかけるとクエストを受注できまして、本作はこれがメイン行動になります。オススメのクエストを教えてくれたので、それに素直に従い、ウルフ退治を受けました。

続きを読む →