Tag Archives: 乳首 乳輪

女主人公エロRPG「レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~」(アトリエちょいす)製品版感想

【20%OFF】レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~
レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~ [アトリエちょいす]
9/21発売の新作で、見習いダウジング使いなレリィがあれこれ奮闘していくという話です(RPGツクールMV製)。2人のコミカルな会話が面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~」体験版感想
主人公のレリィはダウザーと呼ばれるダウジング使い。
相方のシエルと共に依頼をこなし、人助けをしていきます。

師匠の帰還


序盤の進行手順を簡単に振り返っていきますと、師匠が帰ってくる日の朝という状況から話は始まり、起きたら左下から出て、人だかりにいる師匠(青マントの男)に話しかけます。


自宅に戻ったあと、左下の幼なじみ宅で服を受け取り、村右手にある師匠の家へと向かいます。軍を引退して魔力を大きく失ってしまったということで、戦闘には不参加でした。再度師匠に話しかけると、戦闘フィールドに移行します(ここはレリィ1人で戦います)。


“ダウジング”について説明が入り、主人公の職がダウナー(埋設物探索者)なので重要なところでした。キーボードの場合、PAGEUPキーでダウジング(サーチ)ができます。埋設物を見つけたら、エンターキーで調べれば採取できます。

なお探している最中に寄ってくる敵がうっとうしいですが、この後ボス戦があるので倒してレベルを上げておくと楽になります。レベル的には、LV4程度あればボスに問題なく勝てました。


奥へと進み、大木の下の光っている箇所を調べるとボス戦です。主人公がドジ踏んでも決して怒らない師匠が優しいです。

続きを読む →

女主人公エロRPG「レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~」(アトリエちょいす)体験版感想

【20%OFF】レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~
レリィ・ナビゲーション!~少女路地裏紀行~ [アトリエちょいす]
2/8の予告新作で、魔術師見習いの女の子が師匠から課される任務をこなしていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版は師匠が帰ってくるところから始まり、森・羊の村・砂漠の街の任務をこなすあたりまでをプレイできました。本編は2019年08月下旬発売予定です。

追記:9/21に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
主人公は村の看板娘になりきれないような
マスコット的ポジションの明るく元気で健康的な少女。
年下には頑張ってお姉ちゃんぶり、同年代には素のサバサバした態度。
大人にはちょっと甘えるような仕草で等身大の少女の様子を描いてきます。

師匠が村に帰還

オープニングはスキップ可能で、見る・飛ばす・簡略から選択可能です。飛ばした場合、回想がカットされ、翌朝起きたところからのスタートになります。


回想では幼少期の思い出が語られました。主人公がかくれんぼで本気になりすぎ、見つけてもらえないまま夜になってしまい、見つけて優しく手を差し伸べてくれたのが今の師匠です。(詳しい説明はなかったものの、孤児だった主人公をここで引き取って住み込みの弟子にしてくれたものと思われます)


翌日は師匠が久しぶりに帰ってくる日で、家を出ると人だかりができているので話しかけます(師匠は群衆の下寄りの緑ローブ男)。師匠(ネーベル)の他、弟子仲間(シエル)もいました。主人公は元気系ドジっ子、シエルはツンデレ系お嬢様という雰囲気です。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ラティスSOS!~Happening&Panic~」(Fielだぁ’s Choice)体験版感想

ラティスSOS!~Happening&Panic~

ラティスSOS!~Happening&Panic~ [Fielだぁ’s Choice]

4/4の予告新作で、配達員と精霊使いの女の子が旅をしていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版あり、2017年08月下旬発売予定。

追記:10/5に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
マジメでおっとりしつつもどこか抜けている少女、ラティス。
そんな彼女と旅を共にするのは明るく人懐っこい自称看板娘のエナオ。

世界の命運とは特に関わりの無いような小さな旅の中で、
2人は少しだけ前に進みます。



主人公が配達して回るところから話は始まり、 動けるようになったら右下に見える家(友人の精霊使い宅)へ向かいます。


返事が返ってくるはずの精霊から返事がなく、心配になって様子を見に行くことになります。本作はこの子と2人で旅することになりました。

続きを読む →