Tag Archives: しもばしら工房

女主人公エロRPG「エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女」(しもばしら工房)体験版感想

エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女
エニシアと契約紋 馬蹄通りの小聖女 [しもばしら工房]
4/21の予告新作で、男に騙されて借金を瀬尾事になったシスターがダンジョン探索やバイトをしたりして金を稼いでいくという話です。体験版では最初の10日間をプレイでき、ダンジョン探索(3Fまで)や悪霊退治、酒場でのバイトなどができました。本編は2022年10月中旬発売予定です。
主人公エニシアが、借金返済のために頑張る物語です。
その過程で様々な問題を解決したり、えっちな目に遭ったり、えっちな目に遭ったりします。

悪い男に騙され、多額の借金を背負うことに


最初に難易度選択があり、3段階からの選択です。日数と金額は、たとえば聖女モードの場合、30日以内に100万ゴールド返済する必要がありました。簡単なモードを選びたい場合、聖女モードとのんびりモードのどちらがラクか判断に悩むところです。のんびりは日数こそ制限がないものの、返済額が聖女の3倍もあり、稼ぐのはなかなか大変そうです。ただ体験版の場合、どのモードでも借金完済は恐らく不可能なので、どれを選んでも大きな違いはなしでした。


オープニングはスキップ可能です(飛ばすと利子返済の必要がなくなるところまで飛びます)。主人公は零細教会のシスターで、動かせるようになったら右の階段から下り、上の方にある?を調べます。あるはずの土地の証文は見つからず、商人に騙されていつの間にか土地の権利を奪われていたことに気付きます。


そんな感じで主人公は借金を背負ってしまい、規定日数以内に返済する必要に迫られます。

雑貨屋で友人から情報入手



説明が終わるとさっそく自由に動けました。まずは教会を出て街へと向かい、友人がやっている雑貨屋は街の右下です。


主人公のために店を売って金を作ろうとする友人を慌てて止め、酒場で働き手を募集しているという情報を得ます。

続きを読む →

女主人公エロRPG「魔法少女セレスフォニア」(しもばしら工房)動作版感想

魔法少女セレスフォニア
魔法少女セレスフォニア [しもばしら工房]
8/16の予告新作で、魔導書を手にした少女が怪魔と戦っていくことになる変身ヒロインもの作品です(RPGツクールMV製)。正式な体験版はまだですが、”動作版”が作者様サイトで公開されていたのでプレイしてみました。動作版は夜道で襲われて力を得るところから始まり、下水道と敵アジト1つめ(どちらもボス戦あり)をプレイできました(エロシーンはボス敗北エロ2つや後輩女子陵辱の他、一般人相手のエロが複数あり)。

追記:12/11に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,870円、170ポイント還元

・DLSite価格推移(2021冬以降)
2021/12/??~2022/01/07 1,309円(30%OFF)
2022/01/08~ 1,870円(通常価格)

本作は主人公”アマネ”が、魔法の変身ヒロイン”セレスフォニア”として人外の敵と戦うRPGです。
普通の少女として日常を謳歌しつつ、えっちな目に遭ったり合わなかったりしながら、
変身ヒロインとして好きなように活動しましょう。

怪魔に襲われ、魂の半分と引き替えに力を得る


学園の図書館から話は始まり、後輩女子(ハヅキ)との会話が終わったら、左にある!マークを調べます。主人公がこの書を手にしたことで話が動き出すことになりました。



親しく話しかけてくる後輩と分かれたあと、薄暗い夜道を1人で家へと向かっていると何者かに襲われます。いきなり触手状の化物に取りつかれ、この時点の主人公はまだただの人間ということで対抗手段がなく、されるがままです。


意思に反してイかされてしまい、恐怖と絶望に打ちのめされていると、”助けが欲しいですか”と何者かが呼びかけてきました。魂半分をいただく代わりに魔法を授けるといい、他に抜け出す手段がない主人公はこれにすがるほかありません。(少なくとも動作版Ver2では)変身バンク的なものはなく、即変身でした。


コマンド戦闘になり、チュートリアル的戦闘ということで”武器攻撃”のみで難なく勝利です。システム的には、他のMV作品と比べてスピーディな戦闘で(攻撃時のウエイトがほとんどない)、サクサク軽快に進行しました。


戦闘後、場所が変わり、魔法の本の中とのことです。緊迫感ある状況にも関わらず会話のノリにほのぼのコミカルなところがあるのは、前2作を踏襲していました。メモリアなる少女が色々と説明してくれ、要約すると、魔力の高い主人公は魔物(怪魔)に狙われやすく、魔導書(メモリア)の力を使って戦うほかに道はなしでした(主人公が具体的に何をやるべきかについては、後ほど説明があります)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「Ambrosia アンブロシア」(しもばしら工房)製品版感想

Ambrosia アンブロシア
Ambrosia アンブロシア [しもばしら工房]
1/30発売の新作で、左遷的に離島へと派遣されたシスター(女神官)が住民に布教して信者を増やしつつ島を探索していくという話です(RPGツクールMV製)。信者集めなどの珍しいシステムや生真面目な主人公が興味深かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Ambrosia アンブロシア」(しもばしら工房)体験版感想
フローデという名の神官見習いの少女が、ケルベス島という離島を舞台に冒険する一人旅RPGです。
とある理由で囚われることになった友達を助けるために、とある神様の加護を身に受け、不慣れな土地の中たった一人で奮闘します。
目的を果たすために、戦ったり働いたり、えっちなことをされたりされなかったり。
どんな道筋を辿るかは彼女次第です。

妖香の森・海岸洞窟


セーブデータについては、引き継げるセーブデータは持っていなかったので、新規でプレイしました(”頒布開始に辺り体験版を更新しています。以前のセーブデータからの引き継ぎはできません”とのことです)。オープニングはスキップでき、スキップするとあらすじ説明のあと、ラフレアが連れ去られたというところからスタートです。


ここからしばらくは体験版範囲なので簡単に紹介していきますと、まずはイナーク村左上の雑貨屋へと向かいます。なおメッセージはCTRLキーでスキップ可能です。


次は港町マイラへ向かい、ラフレアを返して欲しければノイエの秘宝を持ってこいと言われます(言った側は諦めさせるため、絶対無理なことを言ったという認識)。


夜、幸運にもノイエ様の加護を得られ、ここから本格的に冒険スタートです。

続きを読む →

女主人公エロRPG「Ambrosia アンブロシア」(しもばしら工房)体験版感想

Ambrosia アンブロシア
Ambrosia アンブロシア [しもばしら工房]
2018/10/17の予告新作で、僻地の島へと派遣されたシスターが信者を増やすべく奮闘していくという作品です。前作は現代物でしたが、今作はファンタジー世界が舞台です。体験版では、ダンジョン2つめまでをプレイできました(街の住人によるセクハラエロシーン多数あり)。本編は2019年01月下旬発売予定です。

追記:1/30に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
ケルベス島という離島に来ることになった神官見習いの少女フローデが、
とある理由で囚われることになった友達を助けるために、不慣れな土地の中たった一人で奮闘します。
魔物の棲む危険な地を冒険し、街のいやらしい男達の視線を受け、その先に何が待ち受けているのかは彼女次第。

オープニング


オープニングはスキップ可能でした。主人公の見習い神官が、廃墟じみた神殿に派遣されてくるところから話は始まります。



時間遡って、どうしてこうなったのかの回想です。お偉いさんのセクハラ的な要求を拒絶したことで騒動になり、ほとぼりが冷めるまでの間左遷されたという状況でした。直属の上司は主人公の味方で、なるべく早く戻れるよう取り計らってくれます。


船でケルベス島へと渡る船では、珍しい生物を研究している男に声をかけられます。(この後の展開を考えると、この男が本編でまた出てくるのかは気になるところでした)


神殿近くの村で村長から話を聞き、ここまでが回想です。

続きを読む →

現代物エロRPG「Anthesis アンテシス」(しもばしら工房)製品版感想

Anthesis アンテシス

Anthesis アンテシス [しもばしら工房]

12/22発売の新作で、悪魔に呪われてしまった女主人公が呪いを解くべく頑張るという現代物作品です(RPGツクールVX Ace製、戦闘なし)。自撮りする主人公が可愛く、システム的にも自由度高くて面白かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 972円、90ポイント還元
DMM販売ページ 972円、180ポイント還元

体験版感想
女主人公エロゲ「Anthesis アンテシス」(しもばしら工房)体験版感想
戦闘のない、日数制限のある探索ゲームです。
えっちなイベントを探したり探さなかったり、バイトしたり、おやつを食べたり、謎のメダルを集めたり、期限まで自由に行動します。
一部ステータスの値で結末も変わっていきます。


ゲームの基本的な流れや行ける施設は体験版とほぼ一緒で、どの施設のイベントも、やることがどんどん過激になっていきます。マッサージ店では、バックでハメられ、


コンビニバイトでは店長にアナルパール入れられ(この店長とはアナルのみ)、


裏通りではチンピラたちに立位で前後からハメられ(いわゆるサンドイッチ)が見れまして、かなりセックスに抵抗なくなってます。

続きを読む →

女主人公エロゲ「Anthesis アンテシス」(しもばしら工房)体験版感想

Anthesis アンテシス

Anthesis アンテシス [しもばしら工房]

12/1の予告新作で、悪魔に呪いをかけられてしまった女子校生が男子の性的エネルギーを集めるハメになるという話です(RPGツクールVX Ace製)。体験版では最初の7日分をプレイできました(エロシーン複数あり、本番もあり)。本編は2017年12月下旬発売予定です。

追記:12/22に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、90ポイント還元
DMM販売ページ 972円、180ポイント還元
ある日悪魔に呪われてしまった普通の女の子、ナツ(名前変更可)。
色々と脅かされながら、悪魔のために”廃気”と呼ばれるエネルギー(dpt)を集めるお話です。
そのために望む望まざるに関わらずえっちなことに巻き込まれ、
心の中の”花”を咲かせ、淫らになっていきます。

・オープニング(スキップ可能)

主人公が落とした財布を必死に探していると、謎の小瓶を見つけてしまい、これが災難の始まりでした。


場面変わって自宅で、謎の人物が我が物顔で居座ってます。話を聞くと、先ほどの小瓶に封印されていた悪魔でした。小瓶から出して欲しいと頼まれるものの、明らかに怪しいです。変なトラブルに巻き込まれたくない主人公が拾った場所に返しに行こうとすると、悪魔に呪いをかけられてしまいます。呪いは肉体操作系で、自分の意思に反してパンツを見せてしまいます。恥ずかしがる様子がいい反応でした。

この悪魔には逆らえないと悟り、やむなく瓶を開けることにしますが、開けるには”廃気”(dpt)が必要でした。この廃気を期間内に集めるのが本作の主目的です(なお体験版ではこれは気にしなくてOK)。廃気は光っている”ピット”にあるということで、まずはこれを集めにいくことになります(スキップするとここからスタート)。

続きを読む →