女主人公エロRPG「Ambrosia アンブロシア」(しもばしら工房)製品版感想

Ambrosia アンブロシア
Ambrosia アンブロシア [しもばしら工房]
1/30発売の新作で、左遷的に離島へと派遣されたシスター(女神官)が住民に布教して信者を増やしつつ島を探索していくという話です(RPGツクールMV製)。信者集めなどの珍しいシステムや生真面目な主人公が興味深かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元

体験版感想はこちら
女主人公エロRPG「Ambrosia アンブロシア」(しもばしら工房)体験版感想
フローデという名の神官見習いの少女が、ケルベス島という離島を舞台に冒険する一人旅RPGです。
とある理由で囚われることになった友達を助けるために、とある神様の加護を身に受け、不慣れな土地の中たった一人で奮闘します。
目的を果たすために、戦ったり働いたり、えっちなことをされたりされなかったり。
どんな道筋を辿るかは彼女次第です。

妖香の森・海岸洞窟


セーブデータについては、引き継げるセーブデータは持っていなかったので、新規でプレイしました(”頒布開始に辺り体験版を更新しています。以前のセーブデータからの引き継ぎはできません”とのことです)。オープニングはスキップでき、スキップするとあらすじ説明のあと、ラフレアが連れ去られたというところからスタートです。


ここからしばらくは体験版範囲なので簡単に紹介していきますと、まずはイナーク村左上の雑貨屋へと向かいます。なおメッセージはCTRLキーでスキップ可能です。


次は港町マイラへ向かい、ラフレアを返して欲しければノイエの秘宝を持ってこいと言われます(言った側は諦めさせるため、絶対無理なことを言ったという認識)。


夜、幸運にもノイエ様の加護を得られ、ここから本格的に冒険スタートです。

体験版の時の経験から、信者集め・神官ランク上げを意識してやっていくことにしました。神官ランク2には信仰度が15必要で、これは1日では無理でした。ベッドで寝て日付を進めると、また説法ができるようになります(ただラフレアのことを考えると、無駄に日付を進めてしまうのは避けたい)。


ザコと積極的に戦って戦闘レベル上げつつ進んでいき、LV4で妖香の森のボス”マリスガーデン”に勝利できました。


海岸洞窟は、ノイエ様への報告後、”海岸洞窟について”を選ばないとワールドマップに出現しないので注意です(ただの説明だと勘違いしてキャンセルを選んで話を終えてしまうと、ゲーム進行が迷子になる恐れあり その場合は再度話しかければOK)。


治療剤・魔力剤を用意してから挑み(ボス到着時のレベルは8)、ボスは雷撃のボルト連発で勝てました。奥の宝箱から2つめの秘宝”夢見の貝殻”を入手し、ここまでが体験版の範囲です。

廃坑


ワールドマップに出ていない場合は神殿奥のノイエ様に話しかけ、場所を聞きます。まずは入り口にいる見張りのコボルトと戦闘になり、なかなか手強く、治療剤使ってなんとか勝利できました。


中の敵も当然手強いです(なおダンジョン難易度は☆☆☆)。多いときで3体出てくるので、全体攻撃魔法が欲しく感じました。ダンジョンに特に仕掛けはなく、道なりに奥へと進んでいけばOKです。



適宜逃げて進み、LV10にボスに到着しました。とりあえず挑んでみたものの、このレベルで挑むのはかなり無理がありました(敵攻撃力に対してこちらの最大HPが足りてない感あり)。取り巻きから処理していったものの、何度か死にかけ(これを食らったら死ぬというところで運よくミスしてくれた)、ボス単体になったあとも相当な時間がかかりました(ボスのHPは相当多く、1万近くあったように感じました)。


勝利後、3つめの秘宝”堕落の錬成石”を入手です。

ゲームの進め方について、個人的にはラフレアの調教はあまり進めたくはないものの、この先神官ランクを上げずにゲームを進めていくのは難しい印象でした。日付を進めないということは信者を集められないということで、つまりはキャラ強化があまり図れません(新たなスキルを覚えられない)。(ラフレアの進行状況がエンドに関係しているかは不明)

レイド山・フィア平原


レイド山は、マイラ港町左上でレイド山の情報を聞くと出現します。難易度は☆☆☆☆で、先ほどの廃坑より上でした。



ここはストーリー・秘宝との関係はなく、素材集めのためのダンジョンです。洞窟内では”火精ボム”や”火精ボム改”(ゲーム終盤で役立つ、攻撃系消耗品)の材料を効率よく集められました。


あとは山頂の☆を調べると最大HPが上がりました。


秘宝のないダンジョンは他に、”フィア平原”がありました。こちらも港町での出現で、左手の建物内にいる魔術師がキーです。(難易度は☆☆☆☆)

ケルベス南街道~オルトスの街



オルトス地下聖堂は、他と違ってノイエ様から話を聞くだけでは不十分で、簡単にはたどり着けませんでした。まずは港街で情報集めをする必要があり、なかなか該当者を見つけられませんでしたが、BARにいる冒険者が情報を持っていました。


情報を元に、盗賊がいるというケルベス南街道へと向かいます。進んでいくと見張りがいまして、5000G払って通るか、強行突破するかの選択です。それぞれ雷撃のボルト2発倒せましてそこまで強くはなく、強行突破するのがいいかと思います。撃破後、左へ抜けるとオルトスの街に到着です。


オルトスの街は店がいくつかあり布教もできるものの、敵シンボル(こちらに向かってきて戦闘になる)もしっかりいました。



奥へと進んでいくと聖堂がありましたが、中へは簡単には入れられない、入りたいなら”レムナント”という薬を売買している売人を捕まえてこいとのことです。


町下の方がスラム街になっていて、ここに売人がいました。が、”なんか違うような…”と主人公が言うのでひとまずスルーして右へ向かいました。



さらに探していくと右奥にもう1人いまして、こちらの方が断然怪しいです。戦闘になり、相手はなかなか手強かったです(敵HPは1500程度)。なおこの売人絡みのイベントは、ストーリー的に重要です(秘宝が7つそろったあとの会話で話題に上がります)。


街上部へ戻り、捕まえた売人を引き渡すと、左手から聖堂へと進めます。



聖堂を進んでいき、ボス戦後、秘宝”新月のマント”を入手です。これはアイテム欄から使用すると戦闘回避できるようになりました。ただ回避のたびにMPを5消費してしまうため、無制限に使えるわけではありません。

盗賊アジト、ネメオス古砦


ここは秘宝とは関係ないダンジョンですが、レベル上げを兼ねてやっておくのもありです。オルトスの街のBARで話を聞くと、盗賊団のアジトの場所が聞けました(盗賊退治の依頼が発生)。



ネメオス古砦は、敵が多いほか、トラップも多数配置されていてやっかいでした。


3F真ん中に首領がいまして、道中がきつかった割にはこのボスは意外と弱かったです。撃破後、左の階段から宝物庫に降りられ、金目の物が色々と手に入りました。


引き渡し先は、港町マイラの衛兵詰所のリーダー(普通の兵士に話しかけても何も起こらない)です。引き渡すと報酬20000Gと信仰+8が得られ、なかなかおいしい依頼でした(本作は金はいくらあっても足りない)。

巫女の巡礼地


難易度は☆☆☆☆☆☆で、相当きつそうですが、とりあえず試しに行ってみました。が、深い谷で渡れず、いったん戻ってノイエ様に話を聞くことになります。


目的地には転移の石で行けるものの、そのためには力を取り戻す必要があるとのことです(転移の石は本来の力を発揮できていない状態)。力を取り戻すには”漆黒の聖石”が必要でした。

港町右下の調合士のところへ行き話を聞き、”漆黒の聖石”は”その他作成”の欄にありました。材料の”精霊源石”はアイテム作成で作成できます。ノイエ様に渡すと、1日経過後、転移石がパワーアップしました(各街に直接行けるようになるなど、使い勝手が良くなります)。


巫女の巡礼地に入るとノイエ信徒がいました。主人公を見て驚くものの襲っては来ず。


奥へと進み、本棚で情報入手です。ここで読める事項は物語上重要なところなので、じっくり読んでおくといいです。主人公が信仰しているライヒ神についての真実が知れましたほか、タイトルの”アンブロシア”という単語もここで出てきました。


古びた手記5まで読んだあと書庫入り口の男に話しかけると、右から先へ進めるようになります。


ここから先はノイエ(エロ系の神様)の試錬場的な作りになっており、エロトラップ・エロ敵が多めでした(処女キープしたい場合は注意)。


↑は踏んでしまうと精液沼に飛ばされます。戻ってくるのは大変で、避けて進むのが無難でした。


最奥で待ち受けていたのは予想通りの相手で、ホーリーボルトが効きました。勝利後、秘宝”ノイエの月杖”を入手です。これは貴重品の欄ではなく武器欄にあり、装備可能です(おそらく最強の魔法系武器)。

集めた秘宝を持って港町へ

これで秘宝が7つ揃いました(最初の村の”明星の鍵”をやっていない場合は、金を払うなりして入手)。なおこの先港での会話後神殿に戻ると一時的に神殿から出られなくなるため、渡しに向かう前あたりのセーブデータを残しておくといいです。他には、作者様ブログによりますと(Ver1.00の場合)ラフレアの調教進行具合によってはハマり状態になる(”ラフレア調教日に、本来2Fにいないはずのフォルツに秘宝を全て渡すと進まなくなってしまう”)とのことなのでご注意ください。


港町の男は、主人公が先日売人を捕まえた麻薬密売組織とつながりがありました。もうダメだと意気消沈・ヤケ気味で(憔悴した姿を見て主人公も困惑)、ラフレアをあっさり解放してくれ、ハモンドという男が黒幕なことが明かされます。


地下牢でラフレアを助け、神殿に戻ると話が進みます。なおこの状況になると神殿から一時的に出られなくなる(=この後の戦闘用に回復アイテムが欲しくても、買い物などはできない)ため、上書きセーブは止めた方がいいです。ベッドで眠ると話が進みます。


夜中、黒幕のハモンドがラフレアを取り返しにやってきまして、話もいよいよ大詰めという雰囲気です。ゴーレムと戦闘になり、弱点は雷でした。


勝利すると引き下がってくれましたが、このまま放ってはおけないと、倒しに行くことになります。まずは港町のフォルツのところへ話を聞きに行くと、オルトスあたりが怪しいとのことです。

ケルベス街道



オルトス元締め→酒場と話を聞いていくと、”ケルベス西街道”が解放されました。


ここは、道なりに上へと抜けてしまうとそのまま外に出てしまうので注意です。正解ルートは道から外れて左に入ったところでした。危険度はこれまでで最高の☆7ですが、敵の数はそれほど多くなく、レベルが足りていれば避けて進んでしまって問題なしです。


進んでいくと錬金ゴーレムが道を塞いでおり、戦闘になります。強さ的にはそれほどでもなく、問題なく勝利できました。

地下錬金施設


勝利後、階段を降りると”地下錬金施設”で、ここが本作のラストダンジョンです。


まずはぐるっと回った後、青いスイッチを押してショートカットルートを作っておきます。


階段を降りると次は3つのキーが必要とのことですが、ひとつは既に持っていて、必要なのは2つ(”銅の改呪キー”と”銀の改呪キー”)でした。


左側は炎をタイミング良く避けて進んでいきます。関門数は少なく、すんなりと鍵にたどり着けました。(一般的にラストダンジョンというと難解な場合もありますが)ほどよい簡単さでありがたかったです。


右側の鍵のありかは、↑を右上に進んだ先です。右下のワープに目が行きがちですが、これは戻るためのワープでした。2つの鍵を手に入れたら中央へ戻り、キーを入れて奥へと進み、まずはゴーレム戦です。


撃破後、奥へと進むと最後の戦いです(最後と明言されているのは、アイテムを遠慮無く使えて助かりました)。色々攻撃をやってきましたが、溜め後の”グラウンドゼロ”がやっかいでした(約700ダメージの2回攻撃)。相手が溜めたら防御するのが無難です(防御すればダメージは約半分になる)。攻撃がきついだけでなく、敵体力もかなりのもので(推定敵HPは30000程度)、ラスボスにふさわしい強さです。手持ちのアイテム類を惜しみなく使いまくりましたが、撃破までには相当な時間がかかりました。なお敗北エロはなく、負けた場合は神殿に戻るかゲームオーバーになるの選択があるのみです(再戦したい場合は、ゲームオーバーになってロードした方が手っ取り早い 回復アイテムを使いまくった状態で神殿に戻るのはもったいないので避けたい)。

撃破すると、一件落着なエンディング後、引き続きプレイ可能です(なお処女のままクリアしましたが、その点についての言及は見当たらず)。


神殿の石像(ランクアップなどで使うもの)を調べると引き継ぎプレイが可能でした。引き継ぎは性経験をどうするか(引き継ぎかリセットするか)を選択できます。キャラレベル・神官レベル・所持金が引き継がれましたほか、アイテムも(一部の貴重品を除き)引き継がれました。貴重品欄にあります秘宝の所持状況は当然ながらリセットされましたが、装備していたノイエの月杖だけは(バグか仕様か不明ですが)引き継がれました。


神殿左にあります倉庫の宝箱を調べると、難易度変更アイテム”試錬の巻物”が手に入りました(今回はコメントいただきようやく見つけられましたが、確認してみましたところゲーム開始直後から獲得可能でした)。難易度はSTORY~VERYHARDの4段階で、デフォルトは最も簡単なSTORYになってました。なので、敵が弱くて物足りない場合に使うためのアイテムのようです(なお難易度を上げても、得られる経験値は同じでした)。

回想部屋・エロシーンまとめ


回想部屋はデフォルトだと出ていなく、港町右下の方の露店で買うことで出現するようになります。ヒント機能・全解放も、必要な場合に金で買うという仕組みになってます(全解放は、購入後にアイテム欄から使用することで発動)。


回想部屋を買うと、神殿自室左上に下り階段が出現します。

エンドの回想は左下にあり、先ほど見たもの(いわゆるトゥルー・グッドエンド)の他、もう2パターンありました。他と違ってここのヒントだけは表示されなかったので、正確な条件はわからず。なお全解放で中身を見てみたところ、エンド2はビッチ化した主人公が信徒男にハメられており、エンド3は露出にハマったビッチ主人公が描かれていました(エロステータスの”セックス回数”や”露出癖”が関係?)。

[左端列]
ノイエの加護を得たあと、夜の自室で…(角オナニー)
神殿を拡張してとある施設を作ってみよう(懺悔室)
淫乱値が高い状態でとある儀式を行う(信徒にバックでハメられ)
淫乱値が高い状態でとある儀式を行う(ぶっかけ儀式)
村の人々との関係が変わったあと、自室で…(神殿で乳揉まれる→ハメられ)
とある場所にいる信徒達と…(ノイエ信徒にフェラ)

[左から2列目]
ストーリーを進め、デックスと交換条件で(後ろから撫で回される)[デックスはイナーク村の雑貨屋]
秘宝を本格的に探し始めたあとデックスに話しかける(デックスにパイズリ)
秘宝を本格的に探し始めたあとデックスに話しかける(デックスにハメられ)
イナーク村に腰を痛めた行商人がいるようだ(露天の店番を手伝い、羞恥プレイ)
フローでの雰囲気が変わることで~(イナーク村左上の少年リットに手コキ)
森の中に住んでいる人の依頼を聞いてみよう(森のテントのランバがらみ)
ラフレアが囚われ、日数進行(4段階目まであり)
ラフレア解放後(ラフレアがこっそりオナニー→村の男にハメられ)

[中央列]
酒場でたくさんセクハラされてしまうと…(港町の酒場)
破廉恥な格好で港町を歩き回ると(衛兵に問い詰められ、電マ責めされる)
マッサージの特別コース(港町左下のマッサージ店)
チラシ作りを依頼する(村の村長から派生する信徒増やし関連)
怪しげな術をかけられたまま浴場へ行く(港町 詳しい発生条件は不明)
水着姿で、ビーチで捜し物男に話しかける(ナンパ男に乳揉まれ)
オルトスの酒場で踊り中に…(発情して客とH)

[右から2列目]
オルトスの奥に珍しい仕事をしている男がいる(撮影所でエロ女優業 オルドス地下街左上、ヘラヘラ笑う兵士から左に行ったところ)
オルトスをうろつくならず者に敗北する(地下街住人に公衆便所扱いされる)
オルトスの娼館で働こう(お客と69)
オルトスの娼館で働こう(お客とH)
オルトスの娼館で働こう(お客と乱交)
オルトスの宿には気をつけよう(睡姦)

[右端]
森で魔物に敗れてしまうと…(植物系モンスターによるツル陵辱)
海岸洞窟で魔物に敗れてしまうと…(触手陵辱)
廃坑で敵に敗れてしまうと…(オークたちによる輪姦)
地下聖堂で敵に敗れてしまうと…(憑依されて勝手に手コキフェラ)
巡礼地で敵に敗れてしまうと…(機械に拘束されてイかされ続ける)
怪しい薬売りの護衛に敗れてしまうと…(オルトス街の右下端、ストーリー進行で行くところ)
賊に敗れてしまうと…(フェラ強要 賊は1つめの秘宝を入手後出現するようになる)
西街道に出没する賊に敗れてしまうと…(体持ち上げられてレイプされる)
盗賊に敗れ監禁されてしまうと…(バック、赤ボンテージスーツハメ、二穴陵辱の計11パターン)

感想まとめ

細かいところまで丁寧に作られていて完成度高い内容になっており、話もうまくまとまっていてました(難解さはさほどなく、1周ですんなり理解できました)。ゲーム進行も、今やるべきことが明示されていてわかりやすかったです。ダンジョンも素直な作りで(迷いにくいシンプルな構造で、意地悪・理不尽な謎解きもなし)ストレスなく終わりまで楽しめました。自由度高い作りなものの、今回やった限りではバグには出くわさず(ただバージョンアップ情報を見ると多少のバグはある模様)、丁寧にテストプレイ・デバッグされてまして好感が持てました。

戦闘のゲームバランスは少し難しめになっており、しっかりレベル上げ・信者集めをし、あとは金稼ぎをして回復アイテムをため込んでからボスに挑む必要がありました。難易度変更アイテムがあるものの、敵を強くするのみで簡単にすることはできず、さくさくストーリーだけ進めるということは(1周目は)しづらい作りです。敵シンボル数はやや少なめのほどよい数で、ダンジョン探索でストレス感じる場面は特になしでした。キャラ強化的には、信者集めとキャラ強化・スキル取得が連動しているのが新鮮で面白かったです。

エロシーンは住人によるセクハラ系(要求を断り切れず許してしまうなど)と敗北エロで、特に前者はパターン豊富で見応えありました。最初の真面目で貞淑な神官姿から、状況に流されて少しずつエロ化していく変化具合がよかったです。シーン数で言うと住人絡みのエロがメインで、モンスター相手の敗北エロはやや少なめでした。

Ambrosia アンブロシアAmbrosia アンブロシアAmbrosia アンブロシアAmbrosia アンブロシアAmbrosia アンブロシア

過去作品


Anthesis アンテシス
ある日悪魔に呪われてしまった普通の女の子、ナツ(名前変更可)。
色々と脅かされながら、悪魔のために”廃気”と呼ばれるエネルギー(dpt)を集めるお話です。
そのために望む望まざるに関わらずえっちなことに巻き込まれ、
心の中の”花”を咲かせ、淫らになっていきます。

6 thoughts on “女主人公エロRPG「Ambrosia アンブロシア」(しもばしら工房)製品版感想

  1. Aono

    お初で、申し訳ありません
    いつも、楽しく拝見させて頂いています
    とても、買うときの指標になり有りがたいです

    難易度設定は、アイテムで有ったと思います(ただ、何処かで手にいれた様子なのですが何処かを覚えていないし、最初からなのか??バージョン上がってるからそれからの実装なのか???)
    貴重品の所で使うアイテム(消費はしない)でそういう説明のが見られたので、一様

  2. erorpg Post author

    いつもご覧下さり感謝です。
    詳しい情報どうもありがとうございます。
    確認してみましたところ当方のアイテム欄にはありませんで、手に入りましたら入手法追記いたします。

  3. Aono

    すみません、お手間というか
    邪魔した様でしたら

    あと、一応アイテム名は、「試練の巻物」で貴重品に入っていました
    デフォルトは、一番優しいstoryっとなっているそうですので御伝えのみ
    どこで手に入ったのかが分かるとまたいいんでしょうがすみません

  4. erorpg Post author

    丁寧に情報どうもありがとうございます。
    簡単な方に変更するものではないということがわかりまして助かりました。

  5. mogtan

    いつもお世話になってます
    横から失礼します
    試練の巻物は神殿の倉庫(出て左の建物)にありますよ

  6. erorpg Post author

    情報ありがとうございます。
    おかげさまで手に入れることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)