寝取られエロゲ「夏色のコワレモノ」(しなちくかすてぃーら)体験版感想

夏色のコワレモノ
夏色のコワレモノ [しなちくかすてぃーら]
11/7の予告新作で、まもなく引っ越すことになった主人公が、周りの男達の魔の手から幼なじみである涼香を守っていくという寝取られ系作品です(RPGツクールMV製)。体験版では最初の1週間をプレイ可能でした。本編は2020年04月下旬発売予定です。
女子バスケ部エースで幼馴染の榎本涼香(えのもと りょうか)。
田舎村で一緒に育ち、密かに想いを寄せていた彼女――

主人公は両親の都合で都会に引っ越す事になり、
夏休み限定で涼香の家に泊まる事になるが――

主人公1人が村に残り、涼香の家に世話になることに


プロローグはスキップ可能です。主人公の母親がしばらくの間都会に移るところから話は始まり、主人公的には仲のいい涼香と距離を縮めたく、無理言って1人この田舎に残させてもらったという次第です。主人公1人で生活させるのは不安と、しばらく涼香の家に世話になることになりました。ただいつまでもここにいられるわけではなく、1ヶ月後には自分も母親のところに引っ越さなければなりません(いていいのは夏休みが終わるまでという約束)。


場面変わって涼香がバスケ部の部活動に明け暮れており、いかにも体育会系な雰囲気のキャラです。巨乳なこともあり、涼香を狙っている男子は主人公以外にも多数いました。


部活仲間から遊びに誘われてどう断ったものか困っていると主人公が現れ、これ幸いと主人公を彼氏的に扱います。涼香的には、主人公に対してそこそこ好意を持っている模様です。ただ男としてどうこうというよりは、友達的なノリでした。

主人公達の住まいは人里離れた山奥の村


ここから移動可能です(なおまだプロローグは終わっていません)。涼香の家は、(左下の町エリアではなく)マップ右上にある”入暮村”にあります。


村に到着後は、”村のお知らせを配って回る”とのことで、具体的にやることは、金持ち息子の情報を集めて屋敷へ行くことと、街左上のテントへ行くことです。


メニューを見ると、あるのはアイテムとオプションとセーブロードのみでした。戦闘・レベルといった要素はないと思われます。ステータス系は画面下部に表示されており、左下には各種ステータスが、右下には涼香が誰を好きかが表示されています。現在は主人公のことが一番好きとなってました。

寄り合い所で大山からセクハラされる



とりあえず村内の建物を見て回っていくと、右下の!マークの家(寄り合い所)で、村の皆が宴会中です。大山という男がセクハラしてきますが、涼香は慣れた様子でうまくあしらって追い払います。


その後、奥の部屋でなにやらされているようですが、カギがかかっていて入ることはできず。Qキーで電話をかけても出ず、諦めて外で待つことにしのした。しばらくして出てきた涼香は、主人公を心配させたくないのかいつも通りのノリです(ただここでは大したことはされていないので、不安に思う必要はありません 知りたい場合は涼香の部屋にある手帳を調べると見られます)。

いじめっ子ノブオ


村左寄りでは、いじめられている子供の話が聞けました。子供達にとって涼香は頼れるお姉さん、正義の味方といったところです。



ノブオというのは金持ちの息子で、村右上を右に進んだ先の屋敷に住んでいます。出てきたノブオは偉そうな態度で、堂々と涼香の乳を揉んでぶちのめされるものの、諦める様子はなく、涼香は自分がものにすると堂々と宣言してきます。

テントでパンツ丸見え


!マークの出ている村左上のテントは、道を見つけるのに少々苦労しましたが、橋の下をくぐると行くことができました。


パンツ丸見えなエロイベントがあり、無防備すぎる涼香に、いつもこんな感じに他男に晒してるのかと危機感を覚えます。

涼香の家へ


お屋敷訪問とこのテントのイベントが終わると、話が進んで夕方になり、


村右上の涼香の家へと入れるようになります。ここからは家の中の光っているポイントを回っていけばOKです。


まずは右隣の涼香の部屋で手帳を入手し、


左下には風呂があります。この先入ることでステータスが上がるので、毎日入っておくのがよさそうでした。


右端の和室は一見扉がないですが、真ん中に体当たりすると入れます。


台所にいる咲に話しかけると夕食があり、


食事が終わって1人になった涼香は、主人公へのアプローチについて練習しています(なんとかして距離を縮めたいと必死)。思っていたより主人公に気があるらしいことがわかり、ここまでがプロローグです。

涼香とともに村周辺をうろついてみる


ここから自由に行動できるようになります。ゲームの目的もここで簡単に解説され、涼香を他の男に奪われない動いて守り切ることが最終目的でした。


とりあえずは寝取られを回避しつつ、1週間の流れを把握していくことにしました。朝、自宅にいる涼香に話しかけると連れ出すことができます(朝以外はいる場所が学校だったりとまちまちなので、連れ出すなら朝が適してます)。


田舎方面から見ていくと、マップ右下の浜辺では2人で水遊びをし、水着姿が見られました。ステータスは、運動と絆がアップします。

日常イベントが頻繁に発生



2日目朝、日常イベントが発生し、夜中にも関わらず、シュートの練習に付き合わされる様子が描かれます。タイミングよくエンターを押せばいいようですがうまくいかず、5発ほど外したところで見回りに来た教師に見つかってしまいました。なお日常イベントではステータス変動はなしでした(見ずに飛ばすことも可能)。


翌日の火曜は、涼香に声をかけず出てみました。午前中、涼香は学校で補習を受けていますが、サボりたくて仕方ないようで、連れ出すと大いに喜んでくれます。


夜の体育館ではシュート練習ができます。タイミングがなかなか難しいですが、赤で止めるとシュート成功で、ステータス(運動と絆)が上がりました。終えたい場合は、ゴール下にいる涼香に話しかけると切り上げることができます。

涼香の手帳で、寝取られイベント確認



寝取られイベントはハートマークで、これが発生したあと、涼香の部屋で手帳をチェックすると、なにをされたのかを見ることができます。プロローグの寄り合い所での大山の件は、涼香がぶちのめして事なきを得ていました。

海と生理の日常イベント



水曜の日常イベントでは、夜中に間食している主人公に絡んできて、海に誘ってきます。いい雰囲気になりますが、これといった進展はなしでした。


金曜の日常イベントでは、生理な涼香が使ったあとのトイレに主人公が知らずに入ろうとし、恥ずかしがる涼香と鈍感な主人公の様子が見られました。


土曜の夜、涼香が風呂に入っているタイミングに遭遇しましたが、驚かれる程度で暴力振るわれたりはせず。なお鉢合わせすると各種ステがアップしました。


日曜の日常イベントでは、涼香が料理に挑戦するものの、”適量”の加減がわからず大惨事になってしまいます。ただ失敗作を無理矢理食べさせたりはせず、一人で落ち込むのみでした。

月曜が終わると体験版は強制的に終わりで、タイトル画面に戻ります。寝取られフラグを回避して平和に過ごしたところ、何事も起こらないまま1週間が終わってしまいました。

各キャラのフラグ


涼香の家の前で攻略ヒントを読むことができ、これを読むと進行がぐっと楽になります。間男フラグはそれぞれ一度満たしてしまうと、寝取られイベントが進行していくとのことです。

大山:1.涼香と(一緒に行動して)大山に話しかける 2.涼香と村長に話しかける
まさる:1.銭湯でまさるに話しかける 2.学校でイジメ女子の噂を聞く 3.家に帰る
ノブオ:体験版では発生せず
大介:火曜または木曜日にレンタルビデオのアルバイトを2回する
浮浪者:1.浮浪者と話す 予備校でパンフレットを入手する 2.家に帰る 3.図書室で自習する
安井:1.涼香と(一緒に行動して)安井に話しかける 2.町内の気弱な男子に話しかける 3.市内のクラブに行く

大山のイベント



大山は村の右よりの廃れた小屋にいる中年男です。まずは村長が呼んでいるという話をしてきて、涼香としても村長をスルーするわけにはいかず。


村長は宴会場の右手にいます。主人公は席を外させられました。


回想では、村の男達が涼香がらみで会話しています。神社で三日三晩ともに過ごすしきたりらしく、選ばれた村の男はそのしきたりを利用して涼香とヤろうと意気込んでます。


ここまで進めると、夜に村の右寄りで涼香と大山が会話しているイベントが起こりました。


何をされたかは、涼香自室の手帳で確認できます。大山に呼び出されて行ってみると、祭事で自分を選んで欲しいと懇願してきまして、自分を選んでくれたら他男のように襲ったりはしないと必死のアピールが続きます。結局涼香は話に乗らずに帰っていきましたが、大山のあまりの必死さに最後には少し心が揺らいだ模様です。

“大山と2″でも大山の説得が続きますが、涼香は徹底して拒否し、結局エロ行為にはまだ至らず(効率よく動けばもう少し先まで行けそうな気もしますが、今回やった限りでは見られたのはここまででした 他キャラも同様)。

まさるのイベント


まさるは銭湯の番頭で、いじめられっ子です。主人公たちとは幼なじみな関係です。銭湯は村の下の方にあります(寄り合い所の下)。


湯に入っていくを選ぶと、女子にまでいじめられているという話が聞けました。会話後、湯に入っていくと、2人の会話をまさるが盗み聞きしていました。


村を出て学校へと向かうと、右にいる派手な女子たち(この女子達がいじめっ子)が、まさると涼香(田舎娘)をくっつけたら面白そうと画策しています。


涼香宅に帰る(家に入ろうとする)とイベントが起き、女子にいじめられているまさるを涼香が助けるシーンが描かれます。ここで勢い余って女を怪我させてしまい(女は運動部に入っており、怪我のせいで大会に出られなくなった)、それが涼香にとって負い目になりました。


ここまで進めた後、夕方あたりに村の銭湯にハートマークが出ていました(イベント内容は涼香自室の手帳で確認できます)。まさるがこれ以上いじめられないようにするため、2人で協力していじめっ子達を騙す作戦を取り、


乳揉みな一枚絵イベントが見られました。まさるはいじめっ子女達に脅されて仕方なくと言いつつ、内心は乳を揉めてラッキーと状況を喜んでいるようです。

浮浪者のイベント


浮浪者は”市街”にいます(マップ真ん中あたりの無人駅から行けます)。


まずはベンチに座っている浮浪者に話しかけ、


続いてすぐ上の予備校に入ってカウンターに話しかけ、パンフレットをもらいます。


ここまで進めたあと、翌日、家を出ようとするとイベントが起き、置いてあった予備校のパンフレットを涼香が見つけ、主人公に迷惑をかけないように予備校に通うことを思い立ちます。


涼香を連れて学校の図書室で自習をすると、涼香が予備校に行くイベントが見られました。予備校帰りにうっかり浮浪者の前を通ってしまい、これによって目を付けられることになります。

安井のイベント


安井は学校の教室にいるモヒカン男で、このキャラは比較的容易にエロシーンまで行けました。主人公1人だと何も起こらず、涼香を連れて話しかけることで最初のフラグが立ちます。女子に怪しげなバイトを紹介している事が発覚し、涼香が容赦なくぶちのめし、


このイベントを見ると、”町内”のレンタルビデオ屋前に気弱男が出現します。合コンのメンバーが足りなくて困っているとのことで、これを引き受け、


クラブは市街の右下です。看板などが乱立していて、通行可能箇所が少しわかりづらいところがありました。


いたのはなぜかバスケ部の女子で、主人公は聞いていた話と違うと違和感を覚えつつも、約束をしっかり守って帰らず。


気を失ったのか、気がつくと店外でした。どうやら怪しい薬を混ぜられたようです。


金曜午後、市街のカラオケに行くと寝取られイベントが発生しています。


後ほど涼香自室で確認すると、主人公が写ったクラブでの写真を見せられ、当然主人公はハメられただけとすぐ気づいて主人公の心配をします。ここではまだセクハラ的なことは特にされず。


涼香宅に帰宅すると騒ぎになっており、先生が来ていました。先日のクラブの件がバレており(薬の効果で女子に乱暴した模様)、体育教師としてはバスケ部を守るほう(自己保身)が大事で、休み明けに退学させられることになってしまいます。


土曜午後、市街カラオケに再びハートマークがあり、先ほどより一段階進んだイベントです。店員が巨乳女の噂話をしており、部屋でされていることが気になりますが、助けに入ることはできず。


涼香宅で確認すると(シーン名は”安井と…2″)、涼香が後ろから揉まれており、クラブで何があったのか真相を追求しようとしてこうなったようです。行為は次第に大胆になり、入ってきた店員の前で手マン責めされ、店員がいなくなった後も手マンは続き、かなり気持ちよくさせられてしまってました(安井は相当女慣れしている)。

大介のイベント



大介はバイト仲間で、イベントを起こせるのは火曜と木曜のみでした。この男は女に飢えていて、客でもお構いなしに見境なく口説いています。なおバイトは連続してはできず(やろうとしても今日は上がっていいよと言われるのみ)、他キャラと比べてフラグを立てるのに日数を要しました(恐らくフラグが立つのが最短でも木曜で、体験版だと残り日数があまりない)。


木曜に再度バイトをすると、大介と協力してAVの整理をするうち、巨乳の話題になり、


大介の押しに負けて、一緒にAV鑑賞会をやるハメになります。涼香宅でやるわけにはいかず、主人公の自宅へ案内すると、そろそろ帰ってくる頃だろうと迎えに来た涼香と鉢合わせし、大介と涼香がここで面識を得ます(当然大介は涼香に一目惚れ)。

感想まとめ

話・人間関係的には、思っていた以上に涼香が主人公に対して積極的で、なんとかして距離を縮めようと色々試みるものの空回りが多い様子が可愛く描かれてました。主人公はセリフがない無口系で、時々出る選択肢で表現する形式です。海での様子などからすると性格的にはやや奥手のようで、涼香との距離はなかなか縮まらず。

ゲームの進め方ですが、初回時に寝取られを起こさないように純愛系で進めたところ、ほとんどエロイベントが起こらないまま1週間が終わってしまいました。純愛エロのハードルは高そうです。なお間男達の寝取られは、寝取られフラグを立てないようにすれば寝取られないままに進めることができ、寝取られるか否かをプレイヤーがしっかりコントロールできるのはありがたかったです。条件は家の前で見られるヒントでズバリと表示され、フラグ回避は楽でした。

一方寝取られ狙いで進めた場合、各キャラのフラグ立てについては看板の攻略情報を参考にして比較的楽に行けましたが(バイト男以外は初日でほぼ立て終わる)、その先のハートマーク(寝取られ)イベントがなかなか進まず(今のところ見られたのはまさるの乳揉みと安井の手マンのみ)。複数キャラを並行してやるより、1人に特化して進めた方が確実なように感じました。

夏色のコワレモノ
夏色のコワレモノ [しなちくかすてぃーら]

過去作品


紅獄の剣士ティーナ
魔女を討ち果たした主人公ティーナに命じられたのは―――
治安悪化の一途をたどる村、ダラムの調査。
やがて彼女は、普通の村人たちが
ならず者たちに紛れて悪さをしていると気付いていくが―――


彼女の媚肉が堕ちるまで
気が強くてちょっと怖い、同じアパートの隣人、千晴さん。
屈託のない彼女の強さと優しさに、いつしか惹かれてて……。
ようやく想いが…かなったはずだった。


琴子ちゃんはちょっと変。
成績優秀、控え目で常に周りから期待されている春山琴子。
ストレスを抱える彼女には”変な癖”があった。
それは、自分へのいやらしい視線に気付くと、
バレないように少しだけエッチなお返しをする、というもの。


エロガキに嵌まる彼女
いつも世話を焼いてくれた幼馴染「夏川こまき」。
主人公は密かに想いを寄せつつも、その距離感を詰めれずにいた。
幼馴染という立場に慢心していた主人公は、
思わぬ相手に、足をすくわれる事になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)