アクションRPG「淫魔殺しと無謀な勇者」(淫魔殺しの伝説)体験版感想

淫魔殺しと無謀な勇者
淫魔殺しと無謀な勇者 [淫魔殺しの伝説]
6/10の予告新作で、娼館の女に助けられた男冒険者が依頼をこなしていくアクションRPGです(RPGツクールMV製)。体験版は女に助けられパイズリされるところから始まり、スライム娘を撃破し、淫具のほこらをクリアするところまでをプレイできました(エロシーンはパイズリ、スライム娘レズ、魔女がミミックに捕まる、スライム娘が客の相手をするを見られました)。本編は2020年12月下旬発売予定です。
とある事件により溢れかえってしまったモンスター娘や
悪い痴女達から町を救い
その元凶である魔王を退治することを目的としたストーリーのアクションRPGです

空腹でフラフラなところを娼館の女に助けられる


冒険者な主人公が、食糧が尽きフラフラな状態で街をさまよっているところから話は始まり、話しかけてきた女はいかにも怪しいですが、主人公は空腹に負けて話を聞いてしまいます。


魔王を倒しに行くところだと説明すると笑い飛ばされてしまいますが、主人公は怒ったりはせず冷静に受け止め、ひとまずここで働いて金を稼ぐことになりました。主人公の仕事は、娼館で使えそうな魔物娘を捕まえてくることです。


話が終わったところでいきなり女に押し倒されてパイズリエロで、娼館経営者ということでそのあたりは手慣れたものでした。エロシーンは動きありで、このシーンは乳揺れなどがいい具合に表現されてます。

最初の任務はスライム娘退治



起きて説明を受けると動けるようになり、セーブは街にある女神像でのみ可能でした。このあとゲーム内でも繰り返し言われますが、本作はちょっとしたことですぐ死にました(ゲームオーバーでタイトル画面に戻される)のでこまめなセーブを推奨です。


セーブが終わったら、右下のギルド(灰色の建物)へと向かいます。

ザコスライムはなかなか手強い



最初のターゲットはスライムです(ワールドマップ左下)。ザコとの戦闘はアクションバトルで、操作はAキーで攻撃、Sキーで必殺技(MPを消費)です。


最初のうちは敵がかなり強く(=主人公がひ弱)、少し囲まれるとすぐやられてしまいまして、言われた通りこまめなセーブが必要でした。なお本作に経験値やレベル的なものはなく、金を貯めて装備を整えたり、モンスターから手に入る品で最大HPを上げたりしてキャラ強化を図っていきます。


宿代は10Gで、スライム2体分と結構高かったです(=しょっちゅう泊まっていると全然金が貯まらない)。できるだけダメージ食らわないように戦いたいところです。

なお自宅の宝箱は、作者様Ci-enをフォローするとパスコードが手に入って開けられます(面倒だったら”淫魔ごろし~”というゲームタイトルから類推するのもあり)。中身はステータスアップアイテム(攻撃+1と防御+1)と、カジノコイン100です(カジノコインはステータス+1の装飾品に変えられます)。


スライムがたまに落とす”スライムの粘液”は、最大HP+1のステータスアップアイテムです。温存しておいてもメリットは特になく、手に入れたらどんどん使っていくと戦闘が楽になっていきます。

ザコを20体撃破するとボス戦


そんな感じで20体撃破すると先に進むことができますが、このあとボス戦があるので、満タンにしてから進むのが無難です。


進むを選ぶと、スライム娘が攻めのレズエロシーンのあと、コマンド戦闘なボス戦です。スライム娘の体力がやや多く、ポーションをいくつか使ってなんとか勝利できました。


捕まえたスライムは娼館へと連れて帰り、特に抵抗することもなく付いてきてくれました。

淫具のほこらは即死トラップ系



娼館主に見下されているのが悔しい主人公は自分がリードしたく思いますが、やめておけと老人から諭され、淫具のほこら(ワールドマップ右上)にある封淫の首輪なら女に対抗できると教えてくれました。




淫具のほこらはトラップだらけで、爆弾や炎は当たると即ゲームオーバーです(タイトル画面に戻され、セーブしたところからやり直し)。ダンジョン内ではセーブはできず、入ってすぐの魔女会話イベを何度も見るのは手間なので、イベント後にいったん街まで戻ってセーブしてから挑むと効率いいです。1F上部の黒い岩(バクダン)は、突っ込むタイミングが一度掴めればそこまで難しくはなかったです。



2Fは食らうとダメージな敵や罠が色々とあり、避けながら進んでいきます。コウモリは一応倒すことが可能ですが、攻撃力・体力ともに高く、わざわざここで倒すのは割に合わなすぎるのでスルーするのが無難です(もし戦いたい場合は、ワールドマップ右上のコウモリの巣で戦えます)。


3Fは1Fと同様、死神に捕まると即ゲームオーバーです。右の周回はタイミングがわかりやすかったですが、左の死神のタイミングがなかなか掴めず苦労しました。


ここで結構な時間停滞しましたが(失敗すると1Fからまたやり直しなのが精神的にきつかったです)、繰り返し挑戦してなんとか突破できました。シフトキーを前もって押しっぱなしにしておくとうまくいきやすかったです。


その先は動き回る死神に捕まらないよう注意しながら岩を壊します。この死神は規則的に動いているので、それがわかればいつ戻ればいいかがつかめ、比較的安全に岩を叩けました(ただあまり欲張りすぎるともったいないことになりかねないので、1回2発程度にとどめておくのが無難)。


その右はぐるぐる回っている死神に当たらないよう慎重に操作しながら、ぐるっと一周し、階段を降ります。(2Fでダメージを受けた場合は、降りる前に回復推奨)

ようやくボスにたどり着くものの…


降りた先で宝箱を発見しますが、入り口で話しかけてきた魔女が絡んできて、宝箱を横取りされてしまいます。



宝箱はミミックでした。ここも動きがあり、魔女が箱に捕らわれ暴れる様子がうまく表現されていました。


ボスのミミック戦はコマンドバトルで、相当な強さで、初回時は勝負にならずに敗北でした(なお負けると当然ながらゲームオーバー)。痛恨の一撃で20食らったので、勝つにはかなりの準備が必要です。

こつこつキャラ強化を図る


どうキャラを強化すべきかですが、ザコのスライムが”スライムの粘液”(最大HP+1)をドロップするので、ひたすらスライムを倒し続けて最大HPを上げまくります。ミミックとまともにやり合うには、HPが30程度はないと厳しいです。回復アイテムも相当な数必要で、今回は準備できませんでしたが、エリクサー(店売り300カネー)が1つか2つあると楽になると思います(回復量10のポーションだと、痛恨の一撃を食らった後の復旧にかなりのターンがかかりました)。

HPアップと回復アイテムの準備(ポーション30個)が整ったところで再挑戦し、結構なターン数かかってポーションもほぼ使い切ってしまいましたがなんとか勝つことができました。ミミックはかなりのHPがあり、150程度はあったように感じました(追記:作者様から情報頂き、HPは60とのことです)。



主人公に助けられたにもかかわらず素直ではない魔女との会話後、ミミックの中から目的の品を入手です。


街に戻り、手に入れた首輪をどうやったら女につけさせられるか悩んだ末、無理矢理犯して着けさせてやると決意する、というところで体験版は終了です。

その他の施設・イベント


ワールドマップには他にも入れる施設がありました。まずワールドマップ右上にある”コウモリの巣”は、コウモリとスライムが出現します。コウモリはスライムより数段強く、もし行く場合は事前のセーブを推奨です(入ってすぐのところに敵がいるので、HP10な序盤にもし行くと入った瞬間に即死する恐れあり) 。ただ絶対勝てないわけではなく、ミミックを倒せる程度まで強くなっていればそれなりに戦うことが可能でした。



ワールドマップ右下にはカジノがあり、スライム叩きがプレイできます(1回50カネー)。テンキーがない場合は、オプションのキーコンフィグで変更してからプレイします(変更をやらずに入ってしまうとただ50カネーを無駄に失うことになるので注意)。

カウンター前にいるピエロに話しかけるとカジノコインをアイテムに交換でき、ステータスアップなどの装飾品が並んでいました。



街にはサブ依頼もあり、町右下のコインの看板の建物で受けられます。


依頼1の”エロのバイブル”は、街の右上端で手に入ります。障害物はエンターキーで破壊可能です。


酒場は街の右上で(本のすぐ左の建物)、詩人は左上の赤い帽子の男です。



依頼2のミルクは、スライムから助けだした女の子がくれます。なのでこの依頼をこなすには、ある程度ゲームが進める必要がありました。


渡すのは酒場内カウンター前にいる男です。




依頼3は街の店員にまつわるイベントで、見るだけで達成できる楽な依頼でした。手に入る”くじける心”は防具で、最大MPが10減るかわりに防御が2上がります。


他に街の真ん中にある井戸は入ることができ、中には死神がいて回想を売ってもらえました。



テキストのみのものが多いですが、1000カネーの”娼館のスライム娘の映像”は一枚絵なイベントありです(他のエロシーン同様に動きあり)。半透明で中が透けて見えるというスライムの特性がうまく活用されてますシチュで、CG的にも綺麗な色合いのスライム色に表現されてました。

感想まとめ

話と設定は珍しくて面白く、スライム娘も可愛く描かれていてよかったです。常識人な主人公も好感が持てました。

戦闘・探索の難易度は高めでした。最初のダンジョンはコツコツ焦らず確実に敵を倒し続けて金を貯める必要があり、2番目のダンジョンは即死トラップだらけで自分の腕だと進むのに苦労しました。加えてダンジョンボスも強く、勝つには十分な量の回復アイテムを用意しておくなど入念な準備が必要でした。硬派でやり応えがあるのはよかったですが、個人的にはもう少し全体的に難易度が低くてもいいかなと感じました(炎や爆弾や死神を即死ではなくダメージにする、ダンジョン内にセーブポイントや中間点を設ける、難易度設定を設けるなど) 。

エロシーンは娼婦によるパイズリや、スライム娘によるレズ、ミミックに魔女が取り込まれる、娼館でスライム娘が働かされるが見られ、特にミミックの動きがよくできていました。

淫魔殺しと無謀な勇者
淫魔殺しと無謀な勇者 [淫魔殺しの伝説]

2 thoughts on “アクションRPG「淫魔殺しと無謀な勇者」(淫魔殺しの伝説)体験版感想

  1. 淫魔殺しの伝説

    初めまして 作者です。
    プレイ&とても詳しい解説ありがとうございます!

    難易度に関してとても貴重な意見を頂けました。
    この意見を参考にさせていただき、2つ目のダンジョンの難易度を少し低下させようと思います。
    (コウモリの攻撃力低下、途中で脱出できるカ所を設けるなど)

    懸念はしていましたがやはり難しいですよね。
    ツクールMVでのアクションRPGは敵のいるダンジョン内で
    セーブしてしまうとバグりやすいという性質上 仕方なくセーブ不可にしてあります。

    迷わない小さく面白いマップを目標に作っておりますので
    低難易度にするとプレイ時間が短くなりすぎてしまうので
    その辺りもうまく調節しながらやっていこうと思います!
    ちなみにミミックのHPは60です!

    とても参考になる記事を書いていただいたので、
    この記事をci-enの記事に載せさせていただいてもよろしいでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  2. erorpg Post author

    丁寧なコメント頂き恐縮です。意見が何かの参考になれば幸いです。
    ミミックのHP具体的な数値いただき助かります。さっそく記事を修正させて頂きます。

    お褒め頂きどうもありがとうございます。記事へのリンクでしたら歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)