男主人公エロRPG「ミラの祓魔師」(睦月庵)体験版感想

ミラの祓魔師
ミラの祓魔師 [睦月庵]
11/30の予告新作で、男僧侶な少年が主人公な女性上位もの作品です(RPGツクールMV製)。本編は2018年12月下旬発売予定です。
若い僧侶が神のため国のため人民のためにその身をある場所に捧げる旅に・・・
僧侶君ことルリが旅の中、女の子たちに女というものを教え込まれたり、
純愛したり、敵の娘に負けて逆レされたりします。

女騎士と旅をすることに


主人公は可愛い系の男僧侶で、騎士様とともに空中要塞へと儀式に向かうことになっているという状況です。この世界では、男は貴重な存在でした。


担当の女騎士は口数少なく怖い雰囲気です。空中要塞へはまだ向かわず、まずは一緒に旅をして力があるのかどうかをテストすることになりました。


最初のミッションは、洞窟へと赴き、戦士像を取ってくるというものです。シスターの話が終わると動けるようになりまして、街出口は下です。


ワールドマップを上へと進んでいくと目的の洞窟が見えてきますが、その前に戦闘がありました。この敵は弱く、通常攻撃で難なく勝てます。

洞窟探索開始


洞窟内の戦闘はシンボルエンカウントです。会話中にも敵が動いて接近してくるのがやっかいでした(読み進めている間に敵に取り囲まれ、会話終了直後に連戦になる可能性大)。

ダンジョン内の敵シンボルはなかなか多めです。ダンジョンが狭めなこともあり、回避は困難でした。本作はかなりレベル上げする必要があるゲームバランスでしたので、どんどんレベル上げしていくといいです。


上へと進んでいき、突き当たりは左にいる高速回転中の敵に話しかけると進めます。


進んでいくとマナ石がありました。セーブはこのマナ石でしかできないので、見つけたらセーブしておくといいです。

淫魔とのボス戦


奥へと進むと淫魔とボス戦になりましたが、本体にはダメージがいきませんでした。取り巻きを倒した状態で3ターンほど経過すると戦闘終了です。


女騎士ソニアが淫魔の術にかかってしまい襲ってきて、強引にフェラされます。淫魔の術を解除しようとするもののうまくいかず。

村に戻ると緊迫した雰囲気


なんとか街へと帰ると、シスターがシリアスな雰囲気です。色々説明がありましたが、まとめると世界各地で異変が発生しているとのことです。そんな感じで世界を救うべく旅に出ることになりました。



夜、今度は正気な女騎士が詫び的に迫ってきまして、今度はパイズリです。主人公は嫌がるそぶりは特に見せず、気持ちよがります。



緑色の枠の魔法陣から別地方へと向かいますが、その前にシスターに挨拶しておく必要がありました。

エルフン村


セーブしたあと、ワールドマップを右へと進み、エルフン村へと向かいます。



右上が村長の家で、この村は盗賊に困っていました。盗賊退治を頼まれます。


“初心者の森”は村長の家から左上に行ったところでした(村の右側出口はまだ使えない)。

初心者の森


ここも敵シンボル多めでした(妖精も敵)。どんどん倒して探索していきます。


進んでいくとグレーのゴーストが道を塞いでいました。説明によると強敵ということですが、そこまで大きな差は感じなかったです。


撃破後、奥へと進むと目的の盗賊達がいました。戦闘になります。



撃破後、姿を消していたエルフが合流しまして、主人公が寝入ったところを襲ってきます。軽いノリでのパイズリで、かなり巨乳でした。


次に向かうのはソンミ村で、まずはエルフン村へと戻ります。転送屋がいるのでこれを利用すると便利です。


ワールドマップを右方向に道なりに進んでいくとソンミ村に到着しました。



村長宅は入って左側です。3人が行方不明になっているとのことで、救出に向かうことになります。


話が終わったら上へと進んでサンソン山へと入ります。ここは敵の数が少なく(密度が低い) 、前2つのダンジョンと比べて回避は楽でした。



が、初見時は、行方不明者を見つけられないまま山頂に着いてしまいました。引き返してじっくり探していき、サンソン山2の橋を渡った先、隠し通路の先にいました。淫乱化しており戦闘になり、この敵はなかなか強かったです(攻撃力高め)。すぐまた戦闘があるので、回復してから先に進むのが無難です。



2人目は、1人目のイベントをやるとサンソン山3に出現しました。こちらは道沿いにいるのですぐ気づきます(ただし1人目のイベントをやっていないと人自体が現れないので注意)。ここも戦闘ありですが、1人目と比べると楽でした。



3人目のリュシアはサンソン山4にいました。道を塞ぐように立っており、こちらもすぐわかります(ここも戦闘あり)


3人ともを助けると、山頂で淫魔と戦闘です。以前の淫魔戦同様、淫魔にはダメージがいかず。ターン経過で戦闘が終わりました。


休憩挟まずに連戦になり、淫魔の呪いを食らった3人組と戦うことになります。この戦いは、3人まとめて相手にしなければいけない上に個々が強化されていまして、相当きつかったです。主人公の回復技を使ったりしつつ、焦らず慎重に戦う必要がありました。


撃破するとこの村の問題は解決ですが、


話を先に進めるには、サンミ村の依頼も解決する必要がありました。サンミ村はワールドマップを右へと行ったところです。


騎士団の建物は真ん中あたり、建物前に金髪キャラがいるところです。ここでも行方不明になった女3人を探すことになります。


話が終わったら草原へ向かいます。街出口は下です。



1人目のサリナは左方向、豪邸の先にいました。





2人目のスフィは右手、強敵狩場を下に抜けた先です。




3人目のシルクは、強敵狩り場から右下に行った先にいます。このキャラは魔法が強力でした(4連続攻撃なプラス技を使ってくる)。



3人目撃破後、屋敷に移動してボス戦です。ここも2戦目が本番で、淫魔に操られた3人組と戦うことになります。LV14で再起薬(蘇生アイテム)を使いつつなんとか撃破できました。



なお帰りに盗賊アジトに寄ってみましたが、ここはかなりのきつさでした。多数のザコをなんとか乗り切ってボスにたどり着けたものの、全く歯が立たず(ボス時LV17、取り巻き1体すら倒せず)。



敗北すると敗北エロのあと、最初の村の教会で復活です。2つの依頼を終えていたので、自動的にイベントが進みました。


女騎士の手コキエロのあと、左下の魔法陣からガーナン地方へと向かいます。



エルフ娘に強引にキスされたりがあり、ワールドマップを上へと進んで王都へと向かいます。

王都クアンフック・ガーナン城


王都クアンフックは街ではなくダンジョンです。ここはシンボルエンカウントに加えて、ランダムエンカウントもありました。


上へと進んでいくとガーナン城です。2Fでイベントがあり、上へと進むと鏡エリアです。



ここは謎解きをすることになりました。まずはついている火を消し、火のついていないところはつけていきます。



謎は、2Fだけでは解けませんでした。金の銅像が邪魔をしており、これを消すには1Fに戻って紫水晶を破壊する必要があります。紫水晶は7つあり、全て壊さないと先へは進めません。ランダムエンカウントで敵が出る中でやる謎解き(なかなか正解がわからず行ったり来たり)はきついものがありました。


3F奥が王の間で、ガーナン戦です。勝利すると仲間が増え、3人パーティになりました。

氷の洞窟


ワールドマップに戻ったあと、近くにあった氷の洞窟へ入ってみました。ここも敵が多数配置されてます。なお王都クリア前にここへ入ったところ入り口でフリーズしましたのでご注意ください。



右手にある○印に入ると雪娘と遭遇し、戦闘になります。


この雪娘はかなりの強さで、約1000ダメージの全体攻撃をほぼ毎ターンやってきました。倒すと賞金10000ゴールドで、他にはイベントはなく、メインストーリーで行くところではない模様です。

雪の村レト・サーブ山



他に行っていないところを探していくと、雪の村レトの奥にサーブ山がありました。ここもシンボルエンカウント+ランダムエンカウントです。


四方に道がありましたが、先へと進むルートをなかなか見つけられず。シンボルが多い上に、ランダムエンカウントも高頻度で発生し、さすがにきついものがありました。(少々疲れてきたので、今回はひとまずここで終了にしました)

未見のエロシーン概略



教会(物語最初の街)地下には回想部屋があり、起こしていないイベントの物含めて見ることができました。CG集がメインなサークルさんということで、RPGをやるのが面倒な場合向けの配慮と思われます。


今回はほとんど負けずに進めてしまいましたが、各ボスには敗北エロがあり、女性上位感が強めです。


賞金首はもうひとり、うさ娘がいました。並んでいる順番からすると、序盤のダンジョンにいると思われます。

感想まとめ

かなりボリュームある体験版になっており、やり応えある内容でした。話は本格的なストーリーで、ゲーム進行も(クエストリスト的な物はなかったですが)次に行くべき所がわからないということはなかったです。バグ的な物も、氷の洞窟でフリーズしたほかは特に遭遇しなかったです。

戦闘難易度はかなり高めという印象でした。まずダンジョン内のザコ敵の数が多めで、探索に苦労することが多かったです(密集している箇所が結構あり、撃破直後に即次の敵と戦闘になることも珍しくない)。加えてボスも強く、ザコをしっかり倒し続けてレベル上げしないと歯が立たなかったです(多数いるザコを全部倒して進むことを前提としてボスの強さを決めていると思われます)。個人的には、もう少しザコの数が少なくてもよかったかなと感じました(特に謎解きのあるフロア)。

エロシーンは仲間に夜這いされての純愛系と、ボス敗北エロが見られ、いずれも女性上位な内容になってました。前者は特に嫌がる様子はないですが、後者は多少抵抗してました。CG的には、いずれも肉付きのいいぽちゃ巨乳体型に描かれており、いい味が出てました。

ミラの祓魔師
ミラの祓魔師 [睦月庵]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)