「私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!-」(H:O:T(仮))体験版感想

私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!-
私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!- [H:O:T(仮)]
11/2の予告新作で、エロ店長が立場と金を利用して女店員などにセクハラ・羞恥を仕掛けていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では店の日常から始まり、2号店が開店するところまでをプレイできました(エロシーンは、女店員2人へのセクハラ、風俗嬢との露出プレイ、女戦士の羞恥プレイが見られました)。本編は2019年05月上旬発売予定です。
それはとある街の雑貨店店長のお話
お金に困る女性たちに給料を多めにあげる優しい店長

・・・ではなく
給料を釣り上げるために無理難題をふっかける!?
普通に仕事してもらってもつまらない・・・条件がある!

客に頼まれたレアアイテムを取りにダンジョンへ


本作の主人公は雑貨屋店長で、自分でダンジョンに赴いての冒険・アイテム探しもしていました。今回は客に頼まれたレアアイテムを取りに洞窟に来たという状況です。


穴を飛び越えたりしつつ右下方向に進んでいき、


ザコとの戦闘では、1撃で勝つ”簡単な勝利”コマンドもありました(ただこの敵に関しては普通に殴ってもワンパンできるため、どちらでも所要時間は大差なし)。


コンパクトなダンジョンになっており、右上で早くもボス戦です。最初ということでボスも弱く、殴ってもスキルを使っても難なく勝利できました。


こうして無事目的の品を入手し、店へと戻ります。

店では金に物を言わせ、女店員にセクハラ


店長が戻ってきたのを見た女店員は慌てた様子です。店長の度重なるセクハラに辟易し嫌悪しつつも、バイト代がいいため店を辞められないようでした。


店長はわざと高所の掃除をさせ、下から覗き見します。女の羞恥・嫌悪感がうまく表現されてました。(パンツ丸見えなことに気づきつつも、渋々従う)


!マークを調べると話が進みます(このあと選択肢があるので、調べる前にセーブ推奨)。先ほど入手した依頼品のレアアイテムを富豪に高く売り、これが店の経営の柱になってました。

人妻を面接し、羞恥プレイ


続いて金に困ってやってきました人妻を面接します。(なお本編では面接のやるやらないを選択できるとのことです)


なんでもするという人妻に、何をやらせるかの3択です(ハードなものほど払う額も高い)。



一番報酬の低い”きわどい制服を着て仕事”は、男性客にじろじろと視姦される様子を隠しカメラ越しに観察します。途中で止めに入るかを選べまして、止めた場合はそこで終了(こちらだとエロ行為はなし)、”見て見ぬふりだ”をした場合はアクシデントを装って乳揉まれる様子を鑑賞できました。なお見て見ぬふりをした場合はさらに選択肢があり、最後まで助けに入らなかった場合は気まずい雰囲気になりました(また働いてくれることはなさそうな雰囲気)。


“サイズの小さな制服”は、ピチピチの服を着せて床掃除をさせ、衣装がこすれて気持ちよくなる様子を横でたっぷり視姦です。なお一番下の”こっそり性行為”は、怒って拒否されてしまいまして、金さえ払えば何でもできるというわけではないのが面白いところでした(選択肢に戻される)。

回想 このような性癖に至った理由


閉店後、!マークを調べると回想です。幼少期、かくれんぼ中に店の裏で何かを見つけ、店内を覗き見すると、


主人公憧れの知的な美人店員が、客がいないスキに店内でこっそりオナニーしているのを目撃し、主人公は大いに興奮します。


女店員の行為はその後も続き、ある日バイブオナニー中に客が入ってきまして、客がいる前でイってしまいます。結局その店員は辞めてしまったものの、主人公の性癖は羞恥系に染まってしまいました。

風俗嬢と羞恥プレイ


現在に戻りまして、町に人だかりができていて、プレイに使えそうだと思い立ちます。



それを利用して、以前店に来てくれた風俗嬢と羞恥プレイを楽しみます。バレないように声を我慢する様子がうまく描写されてました。


なお人だかりの理由はお姫様の訪問で、本編でどう主人公と絡んでくるのか気になるところでした。

2号店を開店すべく隣町へ


そんな感じで金が貯まったところで、2号店を作るべく隣町へと出向きます。


2号店予定地には森を抜けていく必要がありました。左方向へと進んでいきます。



宝箱の前にあります扉は、開けるには漢字の読みを入力する必要がありました(正解は”むこう”と”ゆううつ”)。文字削りはXキーでできます。(面倒だったらスルーして進んでもOK)


先日のダンジョン同様ここも短く、青い渦でボス戦です。雷が弱点で、”少し痺れるが”でワンパンできました。

女戦士を雇って地下のモンスター退治


森を抜けてバンダグールの町へ到着です。目を付けていた物件は格安なものの、その分わけあり物件で、地下倉庫にモンスターが住み着いていました(なんとかフタをしてしのいできたものの限界に来た)。


なるべくリスクを下げたいと、念を入れて酒場で仲間を探します(店内左上がカウンター、このあと選択肢があるので話しかける前にセーブ推奨)。手頃な女戦士が見つかり、交渉もすんなりとまとまりました(この時点では女は、たた敵を倒せばいい簡単な仕事だと思っている)。選択肢は、”布地の少ない服”が水着、”布地はあるが一部穴~”が穴あきボディースーツです。



エロい格好で戦うと知るとなんでそんなことをと不満をこぼしますが、既に仕事を引き受けてしまっている以上やらざるを得ません。これでもかと恥ずかしがってくれ、わかりやすくていい反応です。


戦闘中も恥ずかしがり、羞恥感がうまく出てました。なおこのダンジョンは壁の!マークを調べていく必要がありました(調べ終わらないとボスに進めない)。


左へと進んでいくとボス戦です。ザコと比べると少し強いものの、女戦士の攻撃2発で終わりました。



が、床下にまだ敵がいました。女戦士が捕まってしまい、触手エロです。主人公は痴態を鑑賞しつつ、じっくり時間をかけて取り除きます。


こうして2号店が無事開店、というところで体験版のストーリーは終了です。


ラストに本編ダイジェストがあり、羞恥接客がメインな模様でした。

感想まとめ

羞恥系に特化していて、うまくまとまった内容になってました。サークルさん特徴の、淡々とした語り口もいい味が出てました。ゲーム進行に関しては、今回の体験版は自由行動がなく1本道な作りでしたが、”体験版はわかりやすく1本道にしています”とのことで、本編は違った物になりそうです。

戦闘絡みは、敵の数が少なめでダンジョンもコンパクトでした(すぐにボスにたどり着けました)。レベル上げも特にする必要なく、ストレスなくサクサクとエロシーンを見ていける作りになってました。

エロは女店員へのセクハラ・羞恥プレイが多数で、特に女戦士など恥ずかしがる様子がうまく描写されてました。

私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!-
私の雇い主は変態店長 -お金が欲しいからどんな恥ずかしいことでも・・・ヤリます!- [H:O:T(仮)]

主な過去作品


絶望!寝取られヒーロー -俺の相棒は怪人達に犯されていた-
変身ヒロイン堕ちる!
ヒーローの知らないところで相棒は怪人達に犯され汚されていた
もう・・・あなたを信じて待てない・・・
怪人おちん○大きくて素敵


陵辱収容所-絶望の未来-
それは塀の中の希望なのか
それとも檻の中の絶望なのか
俺を裏切ったあの女を絶対に許しはしない


堕落神官エンデリネ -わたくし純潔を守ることが出来ませんわっ!-
再び名家に自分の力で成り上がるため神官としての道を歩むことになるものの
出会ったのは先の反乱の張本人
そして彼女はその元宮廷魔術師に呪いをかけられてしまう
呪いとは堕落へのいざないであった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)