ダンジョン探索エロゲ「冒険者育成学校へようこそ!」(ぺぺろんちーの)製品版攻略

冒険者育成学校へようこそ!
冒険者育成学校へようこそ! [ぺぺろんちーの]
4/16発売の新作で、冒険者学園のエロ男教師が主人公な話です。最近珍しい脅迫調教もので、サークルさん過去作も安定して面白かったので今作も購入してみました。

DLSite販売ページ 2,052円、190ポイント還元
FANZA販売ページ 2,052円、380ポイント還元

体験版感想はこちら
3Dダンジョンエロゲ「冒険者育成学校へようこそ!」(ぺぺろんちーの)体験版感想
ここは新たな勇者を育てる学院。教官となり、女学生の性活を指導せよッ!
無双の姫騎士、純潔の女僧侶、賢者を目指す魔法使い
エリート美少女たちも、寄宿舎では、無防備ッッ!
恥ずかしい姿を観察し、睡眠中にいたずら!

ゲームシステム、操作方法について


まず始めにアップデートについてですが、4/18のアップデートでプレイヤーに有利な(=ゲームが楽になる)変更がされてます(特に2番目の、混乱耐性などが影響大きいです)。(なお4/20 AM1現在、アップデートされているのは今のところFANZAのみ)

・2019年04月18日 更新のアップデート内容
1.戦闘速度ノーウェイト中の敵キャラの誤差動作を修正
2.毒耐性、睡眠耐性、混乱耐性、即死耐性、スキル使用回数+のエンチャントを実装
3.ステータス画面のスキル表示を補正
4.アイテムを購入画面に、説明文を追加
5.戦闘中に「Critical!」表示を追加


ダンジョン探索はオートが便利でした。勝手に歩き回ってフロアボス・下り階段を探してくれるほか、戦闘も自動でやってくれます。なお解除したい場合はマウス左クリックです。あとは画面上部のメニューの”戦闘速度(B)”で戦闘を高速化できまして、ノーウエイトにするとかなりスピーディになりました。


学園にある”購買部”では、武器強化とアイテム購入(回復アイテム・消耗品スクロール・カメラ)ができました。アイテム購入は、気づきにくいですが2ページ目があり、盗撮用のカメラ3種類はそちらにあります。本作はダンジョンで全滅すると所持金が半分になってしまいまして、なるべく所持金使い切ってから潜るようにしました(なおゲーム後半になると金が余りだし[拾った装備を売ると大量の金が手に入る]、半減・使い切り云々は次第に気にならなくなりました)。


装備変更は、メニューの”ステータスを確認する”を開いたあと、画面右下の武器マークを左クリックでできます。武器は探索をしていけばたくさん手に入りまして、どんどん強化していってOKでした(+0だと、レア装備であっても弱くて使い物にならない)。最初に持っている緑の品は、+5まで強化できました。なおキャラによって装備できるものが限られているので、装備できることを(プレイヤーが手動で)確認してから強化に取りかかるのが無難です。

・装備品につく可能性のある効果
攻撃力+、HP+、防御力+、素早さ+、回避+
(敵に与える)炎ダメージ+、(敵から食らう)炎ダメージ軽減 [同様に氷、雷もあり]
回復量+、クリティカル+

[アップデートで追加]
混乱耐性、睡眠耐性、毒耐性、即死耐性(完全に防げるのか、食らう確率が下がるのかは不明)
スキル数+(装備したキャラが所持しているスキル全ての使用回数上限が増える)

第一~第三階層(B1F~B13F)


3Fのボスを倒すと会話イベントが起き、ガメラのことがバレかけました。研究用に撮っているのだとうまくごまかし、事なきを得ます。


4Fに降りると”第二階層”に変化しまして、次回はこの第二階層からスタートできます(以降の階層も同様)。



ダンジョン内のところどころにいる”とても嫌な気配”(赤い敵)は、この段階だと半端ない強さです(全員ワンパンでやられる可能性大)。この敵は1周目はスルーし、引き継ぎ2周目で挑むのがよさそうです(本作はレベル制ではないため、どの程度強くなったら勝てるのかが判別しづらい)。(なお倒すと、周りのザコより少しいい装備が得られます)


どんどん下へと降りていき(このあたりは特に苦戦することもなくサクサク進められました)、8Fボスを倒すとイベントが起き、回復についての会話がありました。


9Fに降りると第三階層になり、ここから罠が出るようになります。あとは敵攻撃力が上がりまして、(HPが一番少ない)キーラが死ぬことが起こり出しました。なお本作に防具はなく、武器に着いた軽減効果が防具代わりです。

第四~第五階層(B14F~B23F)


14Fに降りると第四階層で、BGMが荘厳なものに変化しました。ここから罠の種類が増え、暗闇罠が出現するようになります。これに引っかかると、画面右上のマップが一時的に見えなくなりました(ただ自動探索を使えば影響は少ないです)。


進め方についてですが、このあたりから先は、ノンストップでどんどん下を目指すよりは、(あえて下に降りずにうろうろして)エロシーン埋めを進めつつのんびりとステータス・装備強化をやっていった方が無理なくキャラを強化できました。急いで下だけを目指すとフロアボスで全滅する機会が増え、やっていて”敵が強すぎてなかなか先に進めない”とストレスを感じる恐れありです。
(なおサークルさん過去作にありました日数経過によるバッドエンドは今作にはない模様で、のんびり進めて大丈夫でした)

あとはこのあたりから混乱をやってくる敵が出始めました。特にキーラが食らってしまうと、自分の全体攻撃魔法で一気に壊滅してしまう恐れがあり、厄介な攻撃です。04/18のアップデートで、武器強化で混乱耐性が着くようになりましたので、今からやる場合はこれを利用するのがいいかと思います。


進めていくと学園でリィのイベントが発生し、泳ぎが苦手な様子が描写されました(盗撮成功がフラグなのか、ダンジョン探索状況がフラグなのかは不明)。ダンジョン探索より水泳の授業の方が彼女にとっては大問題なようで、”試錬”など深刻な物言いがほほえましいです。


18Fボスを倒すと、怪我したリィを皆が心配するイベントが発生します。

19Fから23Fまでが第五階層で、ここは特に新要素はなしでした。(敵は相変わらず強いです)

各キャラの弱み

このあたりで各キャラの弱みが少しずつ握れるようになりました(なお弱みは各キャラ2つあり)。盗撮は、最低ランクの盗撮ガメラだと壊されて失敗なことが多く、メタルガメラやはぐメタガメラなどを使う必要がありました。


オウカの盗撮映像は、部屋で鍋料理をしている様子が映っていました。楽しそうな食事シーンですが、部屋で火を使うには申請がいるということで、違反行為です。2段階目は部屋で鳥を飼っていることが明らかになり、ペット禁止ということで、これも弱みです。


リィは室内でトレーニングをしていました。が、力が入りすぎて手が滑って武器が飛んでいき、壁に軽い傷がついてしまいます。そこまで咎められるほどのことではないものの、信心深いリィには弱みとして使えました。

リィ2段階目は、クラスメイトを自分の宗教に勧誘しており、聖職者という設定とうまくマッチしていました。強引な勧誘行為は褒められたことではなく、弱みに当たります。


キーラは何やら通販で買い物しており、その中に酒がありました。学校内での飲酒は禁止ということで、これも違反行為です。2段階目は、昔の女友達に会うのに苦労していました。娼館勤めでなかなか会えず、やむなく金を払って客として通っています。女が娼館に通っているというのは、この学園では大きな弱みになるようです(面白い要素でしたが、この女友達は結局エロには絡んでこず残念でした)。

第六階層 転職イベントが発生


B24Fから第六階層です。学園に戻ると、皆を集めての上位職への転職の話が出ました。転職には条件があり、ここでは”そういう仕組みがあるぞ”と言う話のみで終わります。職は各キャラ2種類あり、どちらの職に就くかはエロイベントの進行状況によって変わりました(どこまで進めればいいかはキャラによって違う模様)。

なお各キャラのエロイベント進行状況は、どのエンド(個別・ハーレム・ノーマル)になるかにも影響します。本番3段階目を見てしまうとハーレムエンド・ノーマルエンドに行ける可能性がなくなるのでご注意ください。


転職は、B26Fに到達したあと学園に戻ると勝手に行われ(自動発生)、プレイヤーがタイミングを選ぶことはできませんでした。いい職につきたい場合は、ダンジョンで先に進むのをいったん止め、エロイベントを進めるのがよさそうです。今回1周目はそういったことを知らなかったため、3人ともエロなしの方の職[パラディン・ビショップ・賢者]になりました(いずれも露出度低めな格好で、主人公は残念げ)。なお転職すると装備が勝手に外れているので、メニューから装備し直しておきます。

脅迫エロ(キス・奉仕)

エロシーンは各キャラ5段階あり、キス→奉仕→本番1→本番2→本番3と進んでいきました(本番の体位はヒロインによって違う)。それぞれ3段階あり、全部埋め切るには結構な日数が必要です。


弱みが集まったところで、ぼちぼち脅迫行動に移ってみます。オウカは最初はキスで、主人公は王道な脅迫でした。オウカはしっかり嫌がり抵抗していて、いい反応です。

オウカ2段階目は奉仕で、処女は失いたくないだろうと脅され、渋々手コキに応じます。(屈する気配はまだまだ全くなし)

なおどのキャラもそうですが、シーン3回目まで見てから次の段階に進んだ方が話の流れが自然になりました(例:キスを3回やったあと、奉仕1回目に進む)。


リィを脅すと、聖職者らしく改心させようとしてきました。主人公は強引にキスし、いい嫌がり具合です。リィ奉仕は、嫌がりつつの手コキフェラで、こちらもまだまだ渋々です。


キーラのキスは、抱き上げてのキスで、キモいと罵りつつ抵抗してきます。ガードが固く、結局ろくにキスできず、落としがいのあるキャラでした。奉仕は、要求すると全力で拒否してきまして、素股をすることになります。相変わらず罵り強めでした。

各キャラとも、奉仕が終わると本番ができるようになります(もしできない場合は隠し撮りが足りてない可能性あり)。繰り返しになりますが、誰とどこまでヤったかでエンドが決まるので、本番3段階目をやる前にはセーブ推奨です。

オウカ騎乗位(本番1段階目)はまずはキスで、だいぶ抵抗が弱まってきました。従わなければ国の名誉が損なわれる、お前は自分だけ綺麗(処女)ならそれでいいんだなと脅すとオウカも従わざるを得ず、挑発に乗ってくれて処女騎乗位です。騎乗位2回目はわざとゆっくり動き、オウカに自分で腰を振らせるという鬼畜なプレイでした。

リィの本番1段階目は対面座位で、神職だけに処女の意味合いは重いものがありました。対面座位2回目は、自室での行為中に同級生が勉強を教えて欲しいと声をかけてきます。居留守を使おうとするものの、喘ぎ声が出てしまいバレかけ、スリル感がうまく出てますシーンでした(リィもスリリングな行為にいつもより興奮できた模様)。

キーラの本番1段階目はキスした後正常位でハメで、 想定外の展開にうろたえる様子が可愛いです。暴れるものの、魔法使いということでたかが知れており、無理矢理処女を奪われます。正常位2回目は中出しされそうになり焦る様子が可愛いです。まだまだ屈してはいなく、強気な態度でした。正常位3回目は全裸ハメで、中出しを拒否しいやがりつつも、思わず喘ぎ声が出してしまい、このあたりから次第に体が反応し出します。

本番2段階目は3キャラとも後背位(立ちバック)でした。面白かったのはリィのシチュで、こんな方法(バックでの性行為)は正しくないと説法をしてきたあと、シーン後半はいつまでたっても終わらないと感じたのか自分から締め付けてきて、主人公がうろたえる様子が見られました。


本番3段階目の体位はキャラごとに違います。オウカは交差位で、衣装と巨乳がうまく表現されていていいCGでした。リィは対面立位で、片足持ち上げてのハメで、言葉では否定しつつも気持ちよさげです。キーラは屈曲位(まんぐり返し)で、感じているのは明白ですがまだ否定しています(行為2回目で焦らしプレイがあり、ここでようやく認め出しました)。

まとめますと、本番3段階目になってようやく感じていることを認めるようになり出しまして、屈するまでの時間が長くて理想的な調教になってました。

装備強化について


ダンジョン探索・キャラ強化に話を戻しまして、このあたりになると、さらに上位の武器(金装備など)が出てきました。装備強化は、+8までは100%確実に成功しますが、+9以上は失敗する可能性がありました。武器につく効果は最大4つで、イマイチな効果がついてしまったら+8で見切りをつけるのがいいように思いました(+8から+14まで上げきるのは、相当なお金とマウス左クリックの手間がかかるため)。

・強化上限値
緑装備:+5
青装備:+8
銅装備:+11
銀、金、紫装備:+14
(紫は終盤の赤敵がドロップ)

・強化成功率
+8→+9:成功率75%
+9→+10:成功率50%
+10→+11:成功率30%
+11→+12:成功率25%
+12→+13:成功率15%
+13→+14:成功率10%

第七~第八階層(B29F~B38F)


B29Fから第七階層で、おどろおどろしい雰囲気でしたほか、罠頻度も増えたような気がしました。あとは敵の攻撃も激化です。(全滅することが珍しくない)


31Fボスを倒すとイベントで、オウカの恋愛についての話題です。どうやら国では支配階級なようです。


B33Fボスを倒すと、何気ない会話からキーラを怒らせてしまい、生徒達との雰囲気もだいぶ打ち解けてきました。

B34Fから第八階層です。敵攻撃力はさらに上がり、毒もやってきました。


一方学園では学園祭が開かれ、キーラがメイド的なことをやっています。うっかりかわいらしいノリでアピールしたあと素に戻り、あんたは店には来るなと釘を刺して去っていきます。(主人公は当然隠しカメラを仕掛け、メイド姿を鑑賞)

第九階層(B39F~B43F)、エンディング


B39Fから第九階層で、ここに到達したあと学園に戻るとイベントが起き、卒業する条件が明らかになりました。”9層の奥”にいるベヒモスを倒せばいいとのことです。初見時はこのベヒモスの居場所がわからず(”9層の奥”を10層と解釈してしまった)、そのまま進んで結局最下層のB50Fに到達してしまいました。


ベヒモスは40Fにいる赤い敵でした。見つけやすいのは40Fに降りてすぐのところにいる場合です。もしかしたら別のところにいることもあるかもしれませんが、ザコ敵が強いこのあたりのエロアをうろうろ探し回るよりは、40Fに降りてすぐのところにいなかったら出直した方が手っ取り早いです。

戦いについては、(装備で対処できていない場合)混乱がやっかいで、十分に強くなっていても事故的に全滅することがありました。挑む前にセーブ推奨です。


このベヒモスを倒すと、選択肢が出まして、エンドに進むことができました。本作のエンドは6種類あり、エンドリスト1~5番目がこのベヒモスを倒した場合に迎えられるエンドです。

・エンド分岐
何も条件を満たしていない → ノーマル
3人全員と後背位まで終わっている → ハーレム
本番3段階目まで終えているキャラがいたらそのキャラの個別エンド(2人いた場合どちらのエンドになるかは不明 1人ずつ埋めていくのが無難)

ハーレムエンドは、(ネタバレにつき反転で表示)セックスにハマって冒険どころではなくなり、娼館で働くことになるという展開でした。が、オウカの接客態度が悪く苦情が来まして、最後はオウカが受けの4Pです(男1女2が攻め)。これはこれでハッピー感ある終わり方でした。(反転ここまで)

個別エンドは、いずれもしっかり長めの力の入ったイベントになっており、エロシーンもありました。3人分埋めるのはちょっと面倒ですが、見る価値はありました。

オウカの場合は、(ネタバレにつき反転で表示)2人でオウカの故郷(戦国・江戸風の街)へと向かうことになります。挨拶などを終えたあと、オウカが住民達に見せつけるように動く、女性上位・逆レイプなエロが見られました。主人公はいつのまにかペース握られてしまっており、尻に敷かれ気味のほのぼの感ある終わり方です。(反転ここまで)

リィの場合も、(反転で表示)2人で故郷へと向かいます(リィの信じる教えでは、妊娠したら棄教しないといけないとのこと)。あとは信じる主が助けてくれなかったことで、信仰心も薄れてしまったようです。エロ行為は故郷へ向かう道中であり、濃厚フェラのあと、木の下で立ちバックで、いいイチャイチャ具合でした。(反転ここまで)

キーラの場合は他2人と違い、(反転で表示)主人公は学園で指導を続けています(キーラが助手を務めている)。これもなんだか尻に敷かれていまして、ほほえましい関係でした。家に帰ると優しく出迎えてくれ、新婚感満載です。最初の頃のツン具合はすっかり消え、すっかり好き好きモードになっており、イチャイチャな絡みが見られました。(反転ここまで)

いずれのエンドも、エンドを見ると引き継ぎプレイ(強くてニューゲーム)が可能です。一番バッドなノーマルエンドでもしっかり引き継げました。引き継がれるのはステータス・装備・所持金などで、ダンジョン・ヒロインの攻略状況はリセットされます。

第十~第十一階層


ダンジョン探索に話を戻しまして、B44Fから第十階層です。ここ以降は純粋なRPGというフロアで、エロイベントはなかったです。ビジュアル的には、床と壁が判別しづらいのと薄暗いのが相まって、手動で進むのは難しかったです(手探り状態)。オートに頼るのが楽でした。なおここは次の階層までが長く、行動力が尽きて帰還することが多かったです(44F→49Fまで、行動力300で一気に行かないといけない)。


49Fから第十一階層で、ここは2フロアのみと短いです。1周目をもう少し続けたい場合は、このあたりでセーブしておくといいです(オートだと勝手にラスボスに突っ込んでしまい、勝ったらそのままエンディングに入ってしまうため)。



50Fボスに勝利するとラストイベントで、(ネタバレにつき反転で表示)踏み込んではいけないところに踏み込んでしまい、主人公が慌てて止めます。3人が勢いで剣を抜こうとする(今の自分たちなら魔王でも倒せると妙な自信を持つ)ものの、主人公が諭して事なきを得まして、教師にふさわしい振る舞いでした。エンド名は”封印された勇者”で(反転ここまで)、他エンドと違ってこのエンドにはエロ要素はありません。


引き継いでの2周目、改めて1Fから強化しつつ降りていき、1周目はスルーせざるを得なかった赤い敵も問題なく倒せました。50Fの赤い敵(ズメイ)が本作最強の敵と思われます。


終盤(第十~第十一階層あたり)の赤い敵を倒すとエクスカリバーなどの紫装備(金装備よりさらに強力な装備)をドロップしました。強化は同じく+14までなものの、+14まで強化した時の攻撃力は130程度と高いです。B50Fまで制覇し、エロイベントが全て埋まったらコンプリートです(比較的すんなりとコンプリートできました)。

感想まとめ

話は冒険者学校の日常感がうまく出ていて、珍しい内容で面白く読めました。エンドも、尻に敷かれたりガチ冒険者だったりとバラエティーに富んでいて、それぞれいい終わり方でした。

システム的には、ダンジョン探索のオートが便利でよくできてました。武器強化はMMO風のシステムになっており、狙った効果がなかなか思うようにつかず、強化のしがいがありました(ただ成功するまでひたすらクリックし続けるのは少し手間で、この点は今後のアップデートで改善されることに期待です[“成功するまで繰りかえす”の選択肢を設けるなど])。

戦闘難易度は高め(育成に手間がかかる)でした。9Fあたりまではサクサク進んだものの、そこから先はどんどん難しくなっていき、7階層あたりからは全滅することも珍しくなかったです。手動で無理して進めるよりは、オートで楽に勝てるようになるまでステータス上げた方が手っ取り早いように感じました。

エロシーンはCG、テキストともに申し分ない脅迫陵辱な展開でした。プレイ内容としては、キス・奉仕・体位各キャラそれぞれ3つ、それぞれテキスト違いで3段階ありです。ヒロインの反応は、しっかり嫌がって抵抗しているところから始まり、墜ちるのは終わり間際で、なかなか墜ちないのがよかったです。絡みのCGは1回目が着衣、2回目が半脱ぎ、3回目が全裸となっており、着衣派も全裸派も満足できる作りになってました。あとは各場所での盗撮が色々あり、こちらも着替えやトイレなどの日常風景がいいアングルで描かれてました。

冒険者育成学校へようこそ!冒険者育成学校へようこそ!冒険者育成学校へようこそ!冒険者育成学校へようこそ!冒険者育成学校へようこそ!

過去作品


冒険者の宿へようこそ!
冒険者の宿。その主人となって眠る美女たちを「睡眠姦」ッ!!
強気な女冒険者も眠ってしまえばただのか弱い乙女!


バージン・ロード
初夜権を行使し、全ての花嫁を強奪せよ!
領地を守り、発展させ、富、女、権力をその手に!
邪魔者は異端審問、財産没収して排除!
失ったものを取り戻すため――
追放された司教の復讐が始まる!


蹂躙のオーク
エルフの帝国を侵略し、覇者となった伝説のオーク。
今度は人間の女がターゲット!!
犯し孕ませ、酒池肉林!!


逆襲のオーク
虐げられしオークよ、立ち上がれ!
エルフの帝国を侵略せよ!
徹底的に犯し! 嬲り! 孕ませろ!


オークブレイク
今度のオークは、アクションゲーム!
五つのエルフの里を襲撃、聖なる妖精たちを蹂躙!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)