異世界転生エロゲ「ボクいふっ!~ボクの異世界転生吸血鬼らいふっ!~」(プルート)体験版感想

ボクいふっ!~ボクの異世界転生吸血鬼らいふっ!~
ボクいふっ!~ボクの異世界転生吸血鬼らいふっ!~ [プルート]
3/15の予告作品で、異世界転生・吸血鬼化もの作品です(RPGツクールMV製、戦闘なし)。体験版は、死亡して異世界で体を得るところから始まり、村に住む女キャラが一通り出てくるところまでをプレイできました。本編は2019年06月上旬発売予定です。
玉茂(たまも)ユウヤは遊びに行く途中、突然の事故で死んでしまいます。
しかし、目が覚めると魂だけになって異世界に!?
かつて異世界【ヤートリシア】を支配していた【紅の君主】が、ユウヤの魂を呼んだのです。
【紅の君主】はまだ封印された存在ですが、来たる復活と勇者への対策を企てます。
ユウヤは異世界から呼び出された上質な魂として、新たな肉体を得るのですが…。

オープニング いきなり死亡し、異世界へ


主人公の少年がウキウキしつつ待ち合わせ場所へ向かっていると、


道路の向かいにいた女の子に気を取られ、走ってくる車に気づかず思い切りはねられてしまいます(即死したものと思われる)。


気がつくと異世界で、ここから動かせるようになります。左下で眼鏡を調べ、右下で幽霊?に話しかけたあと中央に戻ると話が進みました。


声の主は、勇者を倒すことをもくろんでおり魔王サイドな模様です。魂だけではどうにもならないだろうと、体を与えてくれましたが、その体は女吸血鬼でした。



フロア上部にある鏡を調べ、自分の体を確認します。女体化ものの定番シチュで、いい狼狽具合でした。ただ男に戻りたい的な感情はなく、比較的すんなりとこの体を受け入れます(以降、自分の女体に関してのセリフは特になし)。


主への忠誠を誓い、命令に従い、フレデ村に赴くことになります。

夜の森で少女に噛みつき、しもべとする



夜の森で採取帰りの少女ジョディに噛みつき、


噛みつかれた少女は主人公の下僕になりました。この少女(村の宿屋で働いている)を利用して、フレデ村の支配を図っていくことにします。

少女の体に入らせてもらい、村へ入り込む



メニューはリング式でした。紫の”強化”から、レベルアップ(画面左上)して術を取得します。これで憑依する力を得られ、少女の体に同居させてもらい、怪しまれることなく村へと侵入します。


村内にはいくつか光っている箇所があり、これを調べると精気(これを使用してレベルアップできる)が手に入りました。ただ体験版ではやる必要はないようです。村の右下にある宿屋へと向かいます。


2Fへの階段は右上で、2F左端(上がったあと一番奥)がジョディの部屋です。


なお主人公の精神は男のままで、性的対象は女でした。

村にはキャラ色々


ジョディが働いているのは宿屋なものの、雑貨屋も兼ねていました。まずは魔女リザが客としてやってきます。それなりの魔力を持っていると思われますが、とりあえずここでは主人公の存在に気づくことなく帰っていきました。


続いて変わったノリ(レズ気味)の教授が来訪し、こちらは主人公の魔力に気づきました。ただまだ真相(主人公がジョディの体に取り憑いていること)には考えが行き着かず。


3人目は侍で、長期滞在の宿泊客とのことです。


ジョディ含めた4人をどう自分のものにしていくか策を練る、というところで体験版は終了です。

感想まとめ

ストーリー的には、展開が早めで、さくさくテンポよく話が進んでいきました。主人公の適応は早めで、異世界に来た時も女体を得た時もすんなりと受け入れていました。なお女体化ものということでプレイしてみましたが、残念ながら女体化感は薄く、吸血鬼であることがメインな作りでした。

システム的にはゲーム性は薄めで、発生するイベントを次々見ていく形式でした。次やることを明確に指示されるため、進行で悩む場面は特になかったです。エロシーンは、今回の体験版にはないようでした。

ボクいふっ!~ボクの異世界転生吸血鬼らいふっ!~
ボクいふっ!~ボクの異世界転生吸血鬼らいふっ!~ [プルート]

過去作品


R/R-全宇宙グルメ化計画-
密かに造られていた人〇人間21号は、恐るべき力を秘めていた。
あらゆるモノをお菓子に変え、食べることによって強くなるのだ。
抑え込まれていた魔性が覚醒し、邪悪な魂が目覚めてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)