寝取られエロRPG「爆乳エルフ嫁と早漏くん ~催眠寝取られ盗み見録~」(AVANTGARDE)体験版感想

爆乳エルフ嫁と早漏くん  ~催眠寝取られ盗み見録~
爆乳エルフ嫁と早漏くん ~催眠寝取られ盗み見録~ [AVANTGARDE]
3/20の予告新作で、新婚妻が元恩師に、催眠術で寝取られていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版ではおっぱい見せ・フェラチオ・パイズリ・全裸で服探し・足コキなどのエロシーンが見られました。本編は2019年05月上旬発売予定です。

追記:5/2に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,188円、110ポイント還元
FANZA販売ページ 1,188円
1911年、とある地方都市。
主人公「エリオ」はエルフの妻「ロレッタ」と幸せな結婚生活を送っていた。
エリオの政治家としての仕事も秘書であるロレッタのサポートもあり、
機関紙の編集長に選ばれるほどの順調である。

ただ、エッチなことが苦手のロレッタと、とあるコンプレックスのあるエリオたちは
夜の方はまだまだこれからだった。
だがエリオは勇気を絞り出し、近い内に誘おうと決意していた。
しかし突如現れた、エリオと同じ党員の「ファブロ」によって、全ての歯車は狂わされていく。

新婚夫婦が職場へ


エリオ・ロレッタ夫妻が本作の主人公です。2人は新婚で、まだ性行為はしていません。オープニング(スキップ可能)は男主人公視点、女主人公視点それぞれで描かれました。


まずはロレッタ編からやっていきます。動けるようになったあとは、左上の党本部(ここが旦那の新たな職場)に入り、奥へと進むとイベントが起きました。


ファブロというスキンヘッド男が登場し、妻を以前教えていた恩師とのことです。(この男が本作のメイン級キャラでした)

ファブロに催眠術をかけられてしまう


話が終わったら中央階段から2Fへ上がり、左の部屋に入ります。ファブロはここで支部長をやっていました。(旦那がここの編集長であることからすると、ファブロの機嫌を損ねるわけにはいかないと思われる)


話が終わったら真ん中の部屋へと入り、ここでファブロに、催眠術をかけられてしまいます(選択肢はなく、ロレッタ編での回避はおそらく不可能)。(ここは催眠のみで、エロ行為はまだなし)


建物を出ると夜に変わり、自宅(街中央左寄り)へ戻ります。エリオ(男主人公)はヤりたそうですが、ロレッタ(女主人公)はまだ早いとやんわり拒否します(選択肢なし)。


場面変わって回想で、ファブロが怪しい石を拾い、催眠能力を会得する様子が描写されます。

催眠術で逆らえず、おっぱい見せ


本部2F真ん中の部屋へ行き、ファブロに話しかけます。催眠エロで、言われるままにおっぱいを見せてしまいます。終わりには今やったことを忘れさせるなど、ファブロは早くもばっちり催眠術を使いこなしていました。

各施設の位置


ここから自由行動になります。占い屋(街上方)によると、体験版で見られるエロイベントは本部2Fで3回、温泉で2回、市民会館で2回でした。


各施設の位置は、市民会館(市民ホール)は右上にありました(警察署の右隣)。


市民会館前から右に進むことができ、温泉はここにありました。”テルメ・パネトーネ”が温泉です。

エロシーン1段階目


本部2Fのイベントはファブロで、1回目は手マン(前回と同CG)。ファブロは慣れた手つきで、潮吹きさせられてしまいます。


市民会館は、後援会会長(!マークが出ているのですぐわかる)に話しかけます。旦那が政治結社勤めなので、後援会は大事な存在と思われます。ただこの会長は、2人の仲の良さをからかってくるのみで、手を出してこず。


旦那が壇上でスピーチする様子を聞いていると、隣にファブロが座ってきます。周囲にいる聴衆を気にすることなく催眠石を使用し、フェラチオさせます(壇上の旦那はこちらの異変に気づかず)。


銭湯もファブロによるエロで、同様に催眠かけられて、男湯へと入ってしまいます。


服が盗まれ、全裸で服を探すハメになり、旦那とニアミスです。このシーンは他と違って、バレたらどうなる的な緊張感が読んでいてありました(ロレッタ自身は、近くの人物が旦那だとは気づいていない模様)。


自宅に戻って1日を終わりにすると、それぞれ次の段階に進めるようになります。なお嫁が今日されたことについて、旦那は気づいておらず(嫁も催眠効果でよく覚えていない)。

エロシーン2段階目


本部2Fの次の段階は、催眠かけられて裸になり、おまんこ広げて見せることになります。毎日オナニーするよう命じられ、自宅で1日終わりにすることになりました。


温泉では、男湯で奉仕の練習と思い込まされ、ファブロ相手に足コキすることになります(このシーンは動きあり)。


自宅で休むと、旦那にバレないようにオナニーします(ここのエロシーンは体験版では見られず)。


本部2Fの次の段階はパイズリで、エルフ耳が良い形に描かれていました(ここも動きあり)。

市民会館のイベントの進め方


市民会館のイベントを進めるには、フェラチオの仕方を本部2Fで教わる必要がありました。


2Fにいるキャラが多くて悩みましたが、正解は上方にいるエルマという男でした。


教わったあと市民会館に行くと、イベントが進展します。ここもファブロが横に座り、フェラ強要してきます(動きあり)。


その後何回か自宅で寝ますと、体験版はここまでとの表示が出ました。セーブ後、ゲーム冒頭の章選択に戻ることができます。

エリオ編 ファビオによる催眠を阻止


続いてエリオ編をやっていきます。オープニング後、本部に行くと1Fに!が出ており、


東地区にある温泉へ向かい、店主に話しかけます。選択肢が出まして、強引に中に入るか、諦めて帰るかを選べました。(なおいきなりエリオ編をやった場合、この選択肢は出ませんで、ファブロの行為を阻止することはできません)


“強引に中に入る”と、嫁がファブロと一緒にいる現場に遭遇します。街に不慣れなので案内してもらっていたというファビオの説明があったあと、嫁を強引に連れ帰ります。

占い師いわく、イベントがあるのは党本部1F・党本部2F・市民会館でした。ただこの状況で行ってもイベントはありません。いったん家に戻って休息します。


本部2Fでの仕事は、横から調べるといけました(イスのマスは通行不可)。記事を書くために情報集めをすることになり、


1F右下にいる書記長に話しかけると、ファブロが以前の職場で過激な行動を取っていた(逮捕歴もある)ことを知ります。


続いて2Fへ向かい、右手にいる金髪男ブルーノに話しかけます。嫁のおっぱいについて、下品にからかわれました。


真ん中の部屋(ロレッタ編ではこの時手マンされた)に入ろうとすると選択肢があり、強引に中に入ると、嫁を助けることに成功します。


なお開けずにスルー(もしくはエリオ編からやって選択肢なし)した場合、隣室でのエロ行為がドットエロで表現されました。


自宅で休息すると、ロレッタが今日やっていたことを一部忘れていることが描写されます。ただ双方、催眠云々に考えが及ぶことはなしでした。


市民会館では、後援会長の選択肢で”はい”を選びます。ロレッタ編と同じように夫婦仲の良さをからかわれたあと主人公による講演で、選択肢で”注意深く見る”を選ぶと、ファブロの行為を阻止できました。

その後自宅で休息したあと、街を回ってみたものの、もうイベントは見当たらず。再度休息すると、体験版のエリオ編は終了です(結局、エリオ編にはエロイベントはなしでした)。

感想まとめ

内容的には催眠寝取られに特化しており、”催眠寝取られ盗み見録”というタイトルに沿ったいい内容になっていました。話的には、政党・政治云々が出てきましたほか、街の住人の会話を聞くと戦争が近いようで、過去作と比べると若干シリアスな雰囲気がありました。

システム的には、エロシーンを次々見ていくというノベルゲーに近い作りになっており、ゲーム性は薄めでした。(少なくとも体験版の範囲では)町の中のみで話・イベントが進行し、ダンジョン探索や戦闘などはなかったです。ゲーム進行的には今作も、次やるべき事を教えてくれる占い屋が便利でした。

エロシーンはいずれもファブロによる催眠で、プレイはフェラチオ・パイズリ・足コキなどでした。絵のクオリティは非常に高く、上品なお嬢様エルフ感がうまく出ていてよかったです。なお夫婦のエロ行為は、とりあえず体験版の範囲ではなしでした(嫁側が恥ずかしがって拒否)。

爆乳エルフ嫁と早漏くん  ~催眠寝取られ盗み見録~
爆乳エルフ嫁と早漏くん ~催眠寝取られ盗み見録~ [AVANTGARDE]

過去作品


MARRIAGE OR PERVERT ~短小戦士とドスケベ魔法使い~
2人はまだ恋仲になったばかりで、手もまともに繋いだことのない初初しい雰囲気を醸し出していた。
だがゆくゆくは結婚したいと思っているハルトは、もっと先に進みたいと色々なことを考えていた。
だがその矢先、街に魔物が現れたとの報告を受ける。
結婚の意思を探っていたハルトは、しょうがないと思いつつ、ユリアと魔物退治に向かっていく。
そしてこの魔物退治が終わったら、結婚を申し込もうと決意する。
だが魔物退治の旅には、文字通りさまざまな魔の手が潜んでいた……。


プリンセスは負けられない
スティヴァーレ半島の西に位置する小国『トリーニャ王国』の姫であるエリカは、現状に危機感を覚えていた。
半島内にあるいくつもの都市国家は、外の強大な近代国家による支配を受け、ほとんどが傀儡国家になっている。
このままでは駄目だと思ったエリカは、スティヴァーレ人としての誇りを取り戻すために立ち上がった。


バニーガールはくじけない
ある日、家の近くに不審者が現れ、手紙を落として逃げていった。
手紙を読むと、5つの原初の聖石が半島の各国に渡ったというものだった。
それは人を狂わす危険な聖石で、大変なことになるから止めないといけない。
こうしてアンナはスティヴァーレ半島を救う旅に出かけることになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)