女主人公陵辱エロゲ「虜ノ歪 ~音大卒の元歌姫が響かせる淫らな啼き声~」体験版感想

虜ノ歪 ~音大卒の元歌姫が響かせる淫らな啼き声~
虜ノ歪 ~音大卒の元歌姫が響かせる淫らな啼き声~ [Guilty]
Guiltyさんの新作エロゲで、元歌手な女主人公が鬼畜男に犯される陵辱ものです。体験版1は平和な日常から始まって、男に処女を奪われるところまでをプレイできました(+終わりに各キャラのエロシーン各1あり)。本編は2018/05/25発売予定です。
忙しくもささやかな幸せを感じる日々を過ごす中、 幼馴染の湊奈実が主催している毎年恒例のチャリティコンサートの開催日が1ヶ月後に迫ってくる。 奈実やその母親とは幼いころから親しくしていて、詩音の店も応援のために毎年出店していた。 コンサートまで忙しくなるため臨時のコックを募集することにする詩音。


主人公”夕咲詩音”はカフェ・バーの経営者兼店員で、店は今は亡き両親が残してくれた大切なものです(自宅兼店舗)。


幼なじみの”湊奈実”が常連客としてよく来てくれていて、この幼なじみが働いている教会で近々開催するチャリティコンサートが話的に重要なイベントになります。


続いて主人公の妹”夕咲果音”やその友達”中ノ森恭子”などが帰宅し、和やかな雰囲気です。


雨月梨那は主人公のいとこで、雑誌モデルをやってます。少し大きなイベントに出たときの写真が表示され、凜々しい雰囲気が出てます。



店は、夜はバーとして営業してます。主人公の過去を知っている男性客から歌を求められるなど、常連客といい雰囲気ができてました(この男性客たちは良客で、ナンパ的な行為はなし)。主人公は以前はプロとして活動していましたが、両親の他界に伴って歌手をすっぱり引退して店を引き継ぎました。


仕事後はお風呂に入り、翌日はまた店の準備です。主人公は学校などは既に卒業済みで、店に専念している状態です。


チャリティーコンサートの準備期間手伝ってくれる人手が欲しいということで、バイト募集の張り紙をしまして、これが災いの発端になりました。早く誰か応募してきてくれないかなと思いつつ、必死で仕事をこなします。


幼なじみから、チャリティーコンサートの出演者にキャンセルが出たと聞かされます。話を聞くと不自然な状況で、誰かが妨害しているような雰囲気です。主人公に、久しぶりに歌ってみない?と提案してくれ、ブランクがあるということで悩むものの、皆に背中を押されて出演に前向きです。


そうこうしていると待望のバイト志望者が現れ、履歴書を見ると、有名な店で勤務経験ありでした。次の働き先が決まっているものの、その仕事が始まるまでしばらく間があり、その間の短期バイト先を探してました。主人公的にはチャリティーイベントまでの間しのげればいいということで、双方の利害が一致し、採用決定です。


コンサートに出るならちゃんと練習しないといけないよねと思い悩み、主人公は相当生真面目な性格のようです。出演する/しないの選択肢が出るものの、体験版では”あくまでサポートに徹する”しか選べず。


打ち合わせをするべく、コンサートをする教会へと向かいます。幼なじみはここでシスターとして働いてました。主人公は自分が出られない埋め合わせに、こっちでも出演者を探してみると約束します。


施設内の片隅には老朽化した建物があり、これが話的に重要になりました(チャリティーコンサートが成功したらこの建物は取り壊され、それをよしとしない人物がいる)。


続いてボランティアの人たちを紹介してもらいます。若い男で、ぱっと見いい人そうですが、この男が本作の攻め役のひとりです。主人公の歌手時代を知っており、設定がうまく話に使われてました。


昼食を取ったあと、午後からはピアノ弾きも手伝いに参加してくれました。特に何事もなく今日の作業は終わりです。

帰宅後、昔のツテを使って出演してくれそうな人を探します。 何人かから前向きな答えを得られ、どうやら歌手時代はそこそこ活躍していて人脈豊富なようです。


その後は皆で買い物したり、料理をしたりなどのんびりと過ごします。

バイト男が勤務開始、最初はうまくいくものの…


そうこうして、バイト男が働き始める日を迎えます。男は厨房担当で、初日はそつなく仕事をこなしてくれました。仕事が終わって自室に戻ると、コンサートの出演OKなメールが入ってます。


バイト男は2日目、新規メニューの提案をしてきます。前向きでいい提案だと自分は感じましたが、主人公は”いなくなったあとに継続できないし、店のコンセプトにも合わないからダメ”と難色を示し、男の”期間限定ということでどうですか?”という提案も無碍に断ってしまい、男は一気に不機嫌になりました。男が機嫌悪くするのも確かに納得なまずい対応で、これが話的に大きな分岐的になりました。

男の機嫌の悪さは、盛り付けが雑など料理のクオリティに現れ、このあたりの性格の難ありさ(プライドが高くて、思い通りに行かないとすぐ不機嫌になる)が、前職を辞めた理由と思われます。男の料理の腕は確かなのでもう少し自由にやらせてもいいように感じましたが、生真面目な主人公はそうはせず、なんとか改善しないとと思案します(人を使い慣れてない模様)。


結局その後も男との関係は改善されないままで、仕事終わって入浴後、下に隠したはずの下着の位置が変わっていることに気付きます。このあたりから次第にダークな雰囲気が出てきました。


4日目、男の仕事ぶりはさらに雑・投げやりになり、客に出せない代物になります。さすがにこれはちょっとと、厳しい口調で作り直しを命じ、渋々承諾してくれるものの、関係はもはや修復不可能な気まずさになりました。仕事後、昨日に続いて下着の位置が変わっていて不気味さを覚えます(ただ主人公の危機感は薄く、犯人捜しなどはせず)。


教会ではボランティア男から、さらに出演者が減ったと聞かされます。この男的には、コンサートが成功してしまうと自分達が使っている廃屋が取り潰されてしまい困るという状況です(状況からすると、おそらく積極的に妨害行為をしている)。

下着泥棒の現場に出くわし、口止めレイプされる


帰宅し入浴後、バイト男とばったり出くわしてしまいます。下着をあさっている現場をばっちり目撃してしまい、男も言い逃れできず。一気に緊迫感ある状況になり、メリハリきいたうまい展開の仕方でした。


男はバレちまったかと開き直った態度で、主人公に襲いかかって縛り上げます。(なお運悪く他の女達は不在)


主人公は当然必死で抵抗するものの、お前がダメなら妹を犯すかと脅されると抵抗が弱まってしまいます。


乳揉まれたりなどしたあとバックで挿入で、女は処女でした。涙目で嫌がり、悲壮感がうまく出てます。男は皆が帰ってこないことを知っていて、レイプが朝まで続く、というところで体験版のストーリーは終わりです。

エロシーン 各キャラ1つずつ


エロシーンの選択は、ひとつ見るごとに選択肢に戻るので、セーブはしなくても大丈夫でした。


詩音は主人公で、エロ内容は教会にいるボランティア男によるレイプです。まずは中ノ森恭子(教会でピアノの練習をしているキャラ)視点で始まり、いるはずの詩音がおらず不思議に思います。電話してみると様子がおかしく、ハメられているのを隠す様子がいい演技です(中ノ森恭子は状況がわかってない模様)。


通話が終わったあと廃屋に切り替わり、バックで犯されている様子が描写されます。このシーンは膣穴ではなくアナル責めでした。


果音は主人公の妹で、バイト男によるレイプです。場所は倉庫でした(このキャラは学園に通ってます)。


こちらもアナル責めで、穴いじり回されたあと、バックでハメられます。


雨月梨那は主人公のいとこで、電車内でローターを入れられていて、バレないようにするという責めです(男は少し離れたところでリモコン操作)。


時々股間状況の描写に切り替わり、電車の振動で奥へ入ってしまうなどリアルな描写でした。クリを刺激されると思わず声が出てしまいますが、なんとか頑張って耐えます。


いよいよ我慢できなくなってきたところで突如動きが止まり少し安心したあと、不意打ち的にスイッチ入れられ、たまらずイかされてしまいます。リモコン操作をうまく使ってます展開でした。



イった罰として電車を降りて責めが続き、ヤらせてくれないなら詩音を狙うと言われて逆らえず。青姦バックで、ローター責めで敏感になっているせいで、喘ぎ声多めな反応でした。



中ノ森恭子は果音の同級生でピアノ弾きです。教会で練習が終わったあとメールが届き、詩音とセットで脅されているという状況です。今日は恭子だけが呼び出され、呼び出しに応じて1人で廃屋(チャリティーコンサートがもし成功したら取り壊される建物)へと向かいます。


シーン前半は渋々手コキフェラで、何度も口内射精されます。


行為はまだ続き、後半は両穴挿入です。無理して強気な態度を取り、いい強がり具合でした。


湊奈実は主人公の幼なじみで、教会のシスター兼ナースです。夜の森でたくし上げ、バイブ挿入する羞恥プレイで、落としたらお前の負けという勝負をするハメになります。落ちそうになり、押し込んでくださいと言わされるなど、羞恥・屈辱感がうまく出てますシーンでした。


シーン後半はナース服で手コキさせられ、ナースな設定が活かされてます。

体験版Ver2


5/18追記:新たに体験版Ver2が公開になり、”エッチシーン体験版2″でHシーン5つ(各キャラ1)が追加で見られました。なおシーン後のムービーは、一度終わりまで見れば以降は飛ばせます。


夕咲 詩音:詩音は店のオーナーで、主人公的な存在です。行為は教会の一室で行われ、男がハメつつ、もう1人がパイズリ気味に男が谷間でしごいてます。状況的には既に犯されて支配下に置かされており、嫌がってはいるものの暴れたり逃げようとするそぶりはなしでした。


夕咲 果音:果音は詩音の妹で学生です。エロ内容は、自室で半裸正常位でのレイプでした。こちらも既に犯され済みで、気持ちよくさせられ始めてます。


雨月 梨那:梨那は詩音のいとこで、ファッションモデルとして活躍してます。行為は和室でのパイズリ強要で、バイブを入れられて無理矢理感じさせられます。


中ノ森 恭子:恭子はピアノ担当で、教会でよく練習しています。行為は廃屋での正常位でした。



湊 奈実:奈実は教会のシスターです。行為は男数人で顔射後、正常位レイプでした。

感想まとめ

ストーリー的には、平和な日常から始まってレイプに至る経緯がわかりやすく描写され、展開にも無理がなくいい陵辱もの作品でした。キャラ設定も元歌手な主人公の他ナースがいたりとそれぞれバラエティーに富んでおり、女キャラ同士の関係もエロ展開にうまく使われてました(私が犠牲になるからあの子には手を出さないで的なかばい合い)。

システム的にはオーソドックスなノベルゲームで、動作も軽くスムーズで、文字も読みやすかったです。選択肢はコンサートに出る/出ないの一カ所のみでした(体験版では選択不可)。

エロシーンは体験版1では主人公が2シーン、他キャラは各1見られまして、いずれもしっかり嫌がっていてます王道なレイプ・陵辱でした。シチュ・プレイ場所もキャラによって違い、偏らないようにうまく工夫されてます。体験版2ではHシーン5つが見られ、こちらは既に一度犯された後のレイプということで、女側の抵抗はやや弱めです(諦め感が若干あったり、意に反して気持ちよくさせられたりなど)。

虜ノ歪 ~音大卒の元歌姫が響かせる淫らな啼き声~
虜ノ歪 ~音大卒の元歌姫が響かせる淫らな啼き声~ [Guilty]

主な過去作品

虜ノ鎖 ~処女たちを穢す淫らな楔~[Guilty]
虜ノ鎖 ~処女たちを穢す淫らな楔~

柚ノ木未緒は、幼馴染みの鮎川凛香や、従姉妹の生駒結衣、後輩の朝日奈このみ、お手伝いさんの兎夜栞と、忙しくも楽しい日々を過ごしている。だが、ある日唐突に、思いも寄らない不運が降りかかる……。

輪罠(わな)~白濁まみれの放課後~[Guilty]
輪罠(わな)~白濁まみれの放課後~

兄の自殺の真相を探るため男装した女の子が男子校に入学する。しかし性別が一部の男たちにばれてしまい……いつ終わるとも知れない輪姦白濁アドベンチャー

輪罠II[Guilty]
輪罠II

ある日の夜、奏の弟・響は学校から帰ってきてから部屋へ閉じこもってしまった。部屋に入った奏は、響の携帯電話から信じられない画像を見つける。真実を知るために、奏は響に変装して登校することを決意するが……

虜姫[Guilty]
虜姫

平穏な日常は唐突に終わりを告げた。無垢な令嬢に科せられた白濁輪姦の刑…。果たして彼女たちはこの地獄から抜け出す事ができるのか。それとも、ただ堕ちていく事しか出来ないのか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)