男主人公エロRPG「種付けクエスト」(おとめプラス)体験版感想

種付けクエスト
種付けクエスト [おとめプラス]
11/21の予告新作で、魔王討伐の旅に出た勇者が勇者の血を残すために色々な女と子作りをしていくという話です。体験版は勇者として旅立つところから始まり、王妃や姫とのHシーンなどを見られました。本編は2021年11月27日発売予定です。
倒されたはずの魔王が復活し、再び世界を滅亡させるべく動き始めた。
1000年前の勇者たちの子孫もまた、魔王と戦うべく、立ち上がる。

ただし人間族の勇者だけは、魔王討伐以外に、もう一つ使命を与えられることになる。
勇者の血筋を確実に後世に残すこと……。
つまり、子作りだった。

勇者として旅立つことに


勇者らしき少年が母親に起こされるところから話は始まり、母親に導かれて城へと向かいます。


王様から、魔王を倒してほしいと王道RPGな依頼があり、ついでに勇者の血を残すためにどんどん子作りもしてほしいとのことです(ハートマークの出ている女とHできる)。主人公が子作りしないと勇者の血がそこで途絶えてしまうようで、筋は通っていました。

いきなり王妃や姫とH


王様との会話が終わったあと、右にいる王妃に話しかけるとさっそくHできました。すぐ横に王様がいるという状況ですが、行為中に邪魔はしてこず(なお王妃・姫との行為が終わったあとに話しかけるとリアクションがありました)。王妃はだいぶ肉付きがよく、勇者はそのまま中出しします。


王妃との行為が終わると今後は左隣のモニカ姫にハートマークが出まして、こちらは比較的普通体型でした。なおドラクエをリスペクトしているようで、いずれのエロシーンも主人公のセリフはなく、女のセリフと擬音で進行しました。

街にもエロシーンあり


下へと進んで街へと向かうと、左手に見える教会のシスターにハートマークが出ていました。いいえを選ぶとエロ選択肢が出まして、そちらではいを選ぶとエロ展開になりましたが、体験版ではこのキャラのエロシーンは見られず。



他に右手にはぱふぱふ屋があり、こちらは体験版でも見られました。終わった後再度話しかけるとHさせてもらえる展開になりますが、これは体験版では見られず。


左下が自宅で、母親にもハートマークが出ていました。繰り返しはいを選ぶとエロ展開になりますが、体験版では見られず。事後の会話からするとうまくいった模様です。

戦闘はランダムエンカウント


街にはもうハートマークはなさそうなので冒険の旅に出ました。出口は左側です。


戦闘はランダムエンカウントで、出現率はそれなりでした。いずれもワンパンでき、ストレスは感じず。左にあるほこらに入ったところで体験版は終了です(タイトル画面に戻される)。

感想まとめ

ストーリー・ゲーム展開については、普通ではヤれないようなキャラといきなり簡単にヤれてしまうのは意外性があって面白かったです。目的が魔王討伐兼子作りとはっきりしているのもわかりやすかったです。

戦闘難易度については、ザコとしか戦えなかったので確かなところはわからないですが、とりあえずザコに関しては楽々倒せました。エンカウント率も特に問題はなかったです。

エロシーンは王妃・姫との本番、ぱふぱふ女のぱふぱふが見られました。勇者の子供ができれば名誉なことなほか、高額報酬ももらえるということで皆積極的でした。

種付けクエスト
種付けクエスト [おとめプラス]

過去作品

永訣の雪夜
永訣の雪夜
妹のコハルと二人暮らしをしている主人公。
貧しいながらも兄妹で助け合って生きてきた二人は、やがて惹かれあい、結ばれる。
しかし、コハルが流行り病にかかり、死の危機に瀕してしまう。
コハルの病気を治せるのは、常世山の山頂に実る「ときじくのかぐのみ」だけ。
主人公はコハルを助けるため、雪の夜道を一人、危険な旅に出る……。