Tag Archives: Cube

近未来エロゲ「神様のような君へ」(Cube)体験版感想


神様のような君へ [Cube]
Cubeさんの新作エロゲで、ハッキングが得意な青年が主人公な近未来の学園ものエロゲです。体験版は高難度サーバーへのハッキングに成功するところから始まり、アンドロイドと交流したり人助けしたりしていく様子が見られました(エロシーンは本編中1つ、タイトルから6つ)。本編は2020/03/27発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
神様のような君へ
ハッキングが得意な青年――城前塊斗(しろまえかいと)。
塊斗は学生にもかかわらず、最高レベルのプロテクトを ハッキングで突破することで、
無数のAIを統括するC‐AI(セントラル・エーアイ)への命令権を得る。

人が生きるために必要なインフラストラクチャーの大半は、AIにより最適化されている現代。
どんなことでも可能になった塊斗は命令する。

「この俺、城前塊斗のことを大好き、という女の子と会わせてほしい!
目がぱっちりかわいくて、優しく甘えさせてくれて、あと、巨乳で!」

月サーバーにハッキング成功し、無茶な要望をする


月にあるという最高レベルの機密コンピューター(C-AI セントラルエーアイ)に主人公が”無制限オペレーター”としてのハッキング成功するところから始まり、どんな無茶な命令でも通る状況にもかかわらず、主人公は”自分のことが大好きで巨乳なかわいい子(条件を全て満たす子)と会わせてほしい”と命令します。が、AIの答えは該当者は60億人中0人というシビアなものでした(なお主人公に惚れている子はこのあと出てきたので、後半の巨乳云々が該当しなかった模様)。


そうこうしているとコンピューターのセキュリティシステムに感知され、”ノラハム”なるデコイをまき散らして逃げ延びます。このノラハムは主人公のアバター的存在で、あとでまた出てきました。


主人公が回線を切ってサーバーからいなくなったあとも、命令を受けたAIはなんとかして命令を遂行しようとしていました。”無制限オペレーター”からの命令はAIにとってどんな手を使っても絶対に遂行すべき事項なようです。

翌朝、美少女が来訪


オープニングムービーが流れまして、翌朝、”ツクヨミ”と名乗る見知らぬ美少女が主人公宅を訪れ、自分に好きなだけ甘えてほしいと言ってきます。このような美少女が来る心当たりが主人公にはなく、サギかドッキリ動画かと警戒してとっさにドアを閉めるものの、美少女は難なくドアの鍵を開けて会話の続きをしてきます。昨日のハッキングのことを詳細に語り、C-AIの単語が出てきたところで、恐怖感を覚えた主人公は思わず部屋を飛び出して逃げ出します。

続きを読む →