Tag Archives: ランドカット

女主人公エロRPG「女騎士カレン ゴジャ島漂流記」(ランドカット)体験版感想

女騎士カレン ゴジャ島漂流記
女騎士カレン ゴジャ島漂流記 [ランドカット]
7/20の予告新作で、島へと流れ着いた女騎士が元の国に帰るべくエロ聖職者とともに島を探索していく話です(RPGツクールVXAce製)。体験版は島に流れ着くところから始まり、森を抜けて妖精と会い、村の男から精液を回収してハンマーを修理するあたりまでをプレイできました(エロシーンは羞恥系が4つあり)。本編は2019年08月中旬発売予定です。

追記:8/10に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,296円、120ポイント還元
アルフロラ王国の騎士『カレン』が所属する王国騎士隊は、
魔物との戦闘でゴジャ島に流れ着いた。
安全な場所を探すカレンは、島の魔物と遭遇し戦闘になるが、
ゴジャ島の魔物には通常の攻撃が効かずピンチに陥る。
そんな彼女の前に現れた島の聖職者『ザモ』に危ないところを助けられ、
カレンは、ザモと共に王国へ帰るための船を探すことになる。

オープニング 強敵に吹き飛ばされ、島に流れ着く



オープニングはスキップ可能です(スキップすると島に着いたところからスタート)。主人公の属する騎士隊が強敵と出くわしてピンチに陥り、他騎士は劣勢と判断して撤退しようとするものの、主人公は戦うことを主張します(逃げ切れる相手ではないという判断)。主人公は気が強く男勝りな感がありました。


魔物の力は圧倒的でしたが幸い殺されることはなく、吹き飛ばされるだけで済み、物語の舞台になる島に流れ着きます。2人いた仲間の他騎士のうち、一緒に流れ着いたのは片方のみで、もう1人は少なくとも近くには見当たらず。先ほどまで口論していた男のことを心配するあたり、人の良さがうかがえました。まずは村を探すことになります(スキップするとここからスタート)。

続きを読む →

女主人公エロRPG「隣国の王女 ラフィーリア」(ランドカット)体験版感想

隣国の王女 ラフィーリア

隣国の王女 ラフィーリア [ランドカット]

9/4の予告新作で、王女様が隣国を助けるために戦っていくという話です。体験版あり、2016年09月中旬発売予定。

追記:9/14に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、90ポイント還元
DMM 販売なし
偉大な魔導士である アルフロラ王国の王女 “ラフィーリア”は、
魔物に襲われた隣国の町から助けを求められる。

助けに行ったラフィーリアを待ち構えていたのは、
通常の攻撃や魔法が通用しない魔物だった。

その魔物達を倒すためには、闇魔法という特殊な魔法を
闇魔導士ゴズドから伝授してもらわねばならないのだが、
闇魔法を覚えるには、ゴズドの精液を体内に摂取する必要があるという…


オープニングでは主人公の立場や、隣国に赴くことになる経緯が説明されました(スキップ可能)。主人公で王女様なほか、国で一番の魔導士でもあるということです。 隣国が魔物に襲われたと聞いて、自ら助けに向かいます。


到着すると凶暴化した住民に襲われ、通常の魔法が効かずピンチになりますが、ローブ姿の魔道士が横から現れて助けてくれました。いかにも怪しいですが、言われるままに着いていってしまいます。


敵には闇魔法しか効かない、闇魔法を覚えるには精液を体内に入れる必要があると言われてやむなく従うことになります。動けるようになったあとは(オープニングをスキップするとここからスタート)、魔法陣のある部屋に入ればOKです。

続きを読む →

女主人公エロRPG「revosocie ~ mira ~」(ランドカット)体験版感想

revosocie ~ mira ~

revosocie ~ mira ~ [ランドカット]

5/25の予告新作で、女主人公なエロRPGです(RPGツクールVXace製)。体験版あり、2015年06月上旬発売予定。

追記:6/4に発売になりました。
DLSite販売ページ 972円、27ポイント還元
DMM 販売なし
帝国内で絶大な権力を持つデメルタール協会。
ミラが住むトタ村では、協会の圧政により村の若い女性が次々と村から消えていき、
今では村に若い女性がほとんどいない状況だった。
村人達の不満は次第に溜まっていくが、
そんな時、村の付近で魔物が出現する。
村を守るため、自警団であるミラの戦いが始まる・・・。


支部長と村長の会話があったあと、
(追記:この時プレイしたバージョンは1.00で、最新バージョンの1.01とは仕様が違う可能性があります)


主人公宅に場面が変わり動かせるようになります。まずは村長宅に向かいます。なおうっかり読み飛ばしてしまった場合あとから確認する手段がなく、初回プレイではここで何をすればいいのかわからずやり直す羽目になりました。

続きを読む →