Tag Archives: くんかくんか帝国

「異世界へようこそ(NPC姦)」(くんかくんか帝国)体験版感想

【20%OFF】異世界へようこそ(NPC姦)
異世界へようこそ(NPC姦) [くんかくんか帝国]
4/26発売の作品で、異世界にやってきた主人公がNPCを犯しまくるというコメディ系作品です(RPGツクールMV製)。体験版では挨拶娘、シスター、牧場主の妻のエロシーンを見られました。

DLSite販売ページ 950円(20%OFF価格、5/23まで)
案内役の町娘も、街で遊ぶ少女も、宿屋の受付も、教会のシスターも、
ゲームの中のNPCは性の対象となる!
更にはゲームの主要人物、王女や魔王(女)も犯すことが可能!
ただ…犯せば犯すほど、鬼畜度が上がっていくというゲームの仕様もあるようだ。

挨拶娘をいきなり乳揉み


気がつくと見知らぬ世界でした。ひとまず近くにいた女の子に話しかけてみるものの、RPG定番の挨拶キャラということで、主人公が何を話しかけても同じ答えしか返ってきません。


だったら何をしても平気なのではと思いつき、いきなり乳揉みクリ責めです。女の子は顔を赤くする程度で反応示さないものの、しばらくやっているとセリフに変化が出始めました(ボイスがないのは残念でした)。

挨拶娘をレイプ


終わったあと、再度話しかけると選択肢が出まして、犯すを選ぶと正常位でレイプすることができます。レイプ初回は行為中も挨拶を繰りかえすのみで、ギャグ感ありです。


さらにもう1回犯すとキャラが壊れだし、普通にしゃべり出しました。その後はシーンはもうなく、鬼畜度が上がるのみです。

続きを読む →

女主人公エロRPG「ワイン&ローズ」(くんかくんか帝国)体験版感想

ワイン&ローズ

ワイン&ローズ [くんかくんか帝国]

2/21発売の新作で、「セントシールド~淫洛のムーラ神~」で出てきた女の子が主人公のスピンオフ的作品です(本作にはSLG要素はなくRPG)。体験版あり。

DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
ロリっ子剣士ライムは、森で出会ったガンマンのスコッチ兄弟と、
賞金稼ぎチーム「ワイン&ローズ」を結成することになる。

賞金稼ぎの仕事をこなしていくうちに、自分の過去に関わる事件の真相を知る事となる。
大人達は容赦しない。
ロリのヒロインはとんでもないほどエッチなめに合う。


ゲームを始めると即操作可能でした。戦闘はシンボルエンカウントです。ここの森は敵も少なく、回避は楽でした。


上へと進んでいくとイベントが起き、男達に絡まれます。通行料支払いを拒んで戦闘になります。敵は3人で、勝つのは厳しそうでした(ここまでのザコ敵を全部倒してもLV2が限界)。


負けると立ちバックなレイプシーンが見られます。

続きを読む →

魔法使いの少女が主人公のエロRPG「ビッチウィッチ~エッチをするたびに強くなる~」(くんかくんか帝国)体験版感想

ビッチウィッチ~エッチをするたびに強くなる~

ビッチウィッチ~エッチをするたびに強くなる~ [くんかくんか帝国]

10/6の予告新作で、魔法使いの少女が主人公のエロRPGです。体験版は今のところなし、2015年11月上旬発売予定。

追記:2016/1/28に発売になりました。体験版も出てます。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
魔法学校に入学した見習いアイナは崖っぷちだった。
暴発する魔法に、同級生や先生に「魔法の才能はない」と言われてしまう。
でも、学費を出してくれた親のために、
自分の夢のために何とか魔道師になるために努力するアイナ。

その努力も虚しく、才能がないアイナは先生から魔法学校の
退学通告を受けてしまう。

諦めきれないアイナは先生をなんとか誘って魔法の極意を聞いた。
先生は「セックスによって魔法使いとして目覚める人もいる」と言う。


落ちこぼれな主人公が退学を勧められるところから話は始まり、


なんでもするからお願いしますというとセックスを強要してきました。シチュ的にはレイプ気味ですが陵辱感は特になく、コメディ感あるテキストでした。


エロシーン後、主人公は”セックスすると相手のスキルを取得できる”という能力の持ち主なことがわかり、聞きつけた教師によって別クラス(魔道部隊)に編入することになります。

続きを読む →

エロシミュレーションRPG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)製品版感想Part2

セントシールド~淫洛のムーラ神~

セントシールド~淫洛のムーラ神~ [くんかくんか帝国]

6/14発売の新作で、戦乱な世界が舞台のシミュレーションRPGです。前記事では第八章までクリアしました。

ここまでの経過はこちら
エロSLG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)体験版感想
エロSLG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)製品版感想Part1

DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
調教、凌辱、薬物、人身売買、魔物姦。
淫神を奉るムーラ教を相手に、
反ムーラ連合の姫と仲間達が奮闘します。

特定のタイミングで仲間が敗北すると、
その仲間のHシーンが始まり、
ムーラ教の手の者によって快楽を覚えさせられ、
淫らに染まってしまいます。

・第九章 姫騎士キッツ

ここの面は開始後しばらくすると右下からわらわら援軍が攻めてきます。敵ターンに誰が襲われるか予測しにくいため、弱いユニットは早めに左上方向に逃がしておくといいです(もしくは出撃させない)。


ボスのアラソンはボスにしては珍しく、城を出てこちらに向かって突撃してきます。


追記:誰かが話しかければ仲間にできるかもと、2周目に女キャラ一通りで試してみましたが何もなしでした。


城周辺にはこれといった難敵はおらず、この面は最初の援軍を倒してしまえばあとは楽でした。ステージクリア後、パーラの凌辱エロシーンが見られます。

続きを読む →

エロSLG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)製品版感想Part1

セントシールド~淫洛のムーラ神~

セントシールド~淫洛のムーラ神~ [くんかくんか帝国]

6/14発売の新作で、戦乱な世界が舞台のシミュレーションRPGです。丁寧に作られていてHシーンも良かったので購入してみました。

体験版感想はこちら
エロSLG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)体験版感想

DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
調教、凌辱、薬物、人身売買、魔物姦。
淫神を奉るムーラ教を相手に、
反ムーラ連合の姫と仲間達が奮闘します。

特定のタイミングで仲間が敗北すると、
その仲間のHシーンが始まり、
ムーラ教の手の者によって快楽を覚えさせられ、
淫らに染まってしまいます。

・第一章 タラル城

まずはスタート地点南の村を訪れると10000Gもらえます。武器が1つ700G程度なので、結構な大金です。

家が並んでる箇所のうち、青い屋根の家が店です。武器などが買えました(なお買い物はステージ開始前にもできます)。


真ん中当たりの山岳通路地帯は、踏み詰むと敵が一気に寄ってくる場合があるので慎重に歩を進めるのが無難です。なおこのゲームでは一度死んでしまったユニットは蘇らない模様です。


山岳地帯を抜け、西の村を訪れるとウリン(ペガサスナイト的な飛行ユニット)が仲間に加わりました。このあたりに踏み込むと城から敵2人が下りてくるため、パーラ一人で行かせると危険なのでご注意ください。

キャラ強化は1ユニットに全部倒させるより、まんべんなく強化していった方が後々楽だと思います。今回は各ユニット2体程度倒させました。パーラはこの先も敗北シーンがあると思われるので、極力戦わせないようにしました(守備力が上がりすぎると死ねなくなる)。(追記:1面で1回負けて見ておけば、あとは上げてしまってOKでした)

ボスは山賊ですが、手斧を持っていて遠隔攻撃で反撃してきます。油断して瀕死の弓兵をうっかり挑ませたりしないようにご注意ください。


続きを読む →

エロSLG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)体験版感想

セントシールド~淫洛のムーラ神~

セントシールド~淫洛のムーラ神~ [くんかくんか帝国]

6/13の予告新作で、お姫様が主人公のエロSLGです。体験版あり、2015年06月中旬発売予定。

追記:6/14に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)

製品版感想はこちら
エロSLG「セントシールド~淫洛のムーラ神~」(くんかくんか帝国)製品版感想Part1
調教、凌辱、薬物、人身売買、魔物姦。
淫神を奉るムーラ教を相手に、
反ムーラ連合の姫と仲間達が奮闘します。


説明.txtに明記はなかったですが、アイコンなどからすると先日発売になりましたSLGツクールソフト「SRPG Studio」製だと思われます。
関連記事:ターン型SLGが作れるソフト「SRPG Studio」(サファイアソフト)体験版感想


最初に難易度設定があり、3段階から選べました。今回は一番イージーな”超簡単”でプレイしました。



今の状況などが説明されたあと、王×娘な姫のHシーンです。それほど嫌ではなさそうでした。(なおCTRLキーでスキップ可能)


そのまま数ヶ月が経過し、ハメられまくったのかアヘ顔です。本作の主人公はこの時生まれた子供のようです。

続きを読む →