陵辱系エロゲ「支配の教壇II」(BISHOP)体験版感想


支配の教壇II [BISHOP]

BISHOPさんの新作エロゲで、男子学生が女教師を次々陵辱レイプしていくノベルゲーです。体験版ではヒロインの一人、川村芳乃のレイプシーンを見られました。本編は2020/05/29発売予定です。



追記:5/29に発売になりました。

FANZA販売ページ 8,030円


主人公はある学園に転校してきた男子学生。

以前から女性に対する性的な欲望を強く抱いていた彼は、

養護教諭である夢園蓮美の弱味を握ったことを切っ掛けに彼女を襲い、処女を奪って

膣内に射精を果たした際、自分でも驚くほど勢いの強い大量の精液を放つ。

その射精の強烈さたるや、それを受けた蓮美の身体の痙攣が収まらなくなるほどだった。

こうして蓮美を凌虐した一件から、主人公は女教師を己の力で支配することを何よりの喜びとするようになる。

温厚な生徒を装いつつも、内心は…


赤髪の女教師(川村 芳乃)と10年ぶりの再会を果たすところから話は始まり、昔近所に住んでいて仲良くしてもらっていた関係です。ここでは主人公は温厚な男子学生という雰囲気で、再会を喜び合う和やかな会話が繰り広げられます。


場面代わって保健室で(先ほどのは再会した時のことを思い出していた)、ここで主人公の本性が明らかになりました。主人公は保険医(夢園 蓮美)を既にレイプ済みで、女を犯すことに対して特に悪いとは思っていないような口ぶりです。撮った写真をネタに脅して言いなりにするなど、堂々とした悪人という印象でした。

続いて購買に向かおうとすると芳乃先生に見つかり、保健室で授業をサボっていたことをたしなめられ、引っ越し疲れだと言い訳をする主人公でしたが、幼なじみということで嘘なのがバレバレでした。主人公の内に秘めた強い性欲(芳野先生をなんとかして犯したい)についても、言葉にはしなかったものの薄々勘づいているようでした。


昼食を取ろうと屋上へと向かっていると次の教師が登場し、数学教師の早乙女恭香でした。主人公は当然こちらも自分のものにしたいと考えています。こちらの教師もお説教してきまして、主人公の悪い評判は教師間でかなり有名なようです。


放課後の教室で芳野先生をどう犯そうか作戦を練り、行為中に他人に見られる事態だけは避けたいと考えを巡らせ、下校時間間際がいいという結論に達しました。そうこうしていると新たな女教師から声をかけられ、日本史教師の御小柴朱梨です。自分の授業を休んで保健室に行った主人公のことを心配してくれたあと、不良学生な主人公を自分が更生させると自信満々に熱意を燃やしてきました。主人公は無難に会話を切り抜けつつ、内心ではいつか自分のものにしてやると誓います。

帰宅しようと昇降口に向かうと芳野先生と再び会い、校内をまだ把握していない教室を回っていたと説明する主人公に、時間がある時なら自分が案内してあげると提案してきます。他に主人公が転校してきた理由もここで説明されました。主人公いわく”親の都合”とのことですが、芳野先生的には(はっきり言葉にはしなかったものの)何か問題を起こして転校せざるを得なかったのではとの疑念が捨てきれないようです。敏感な主人公はそのあたりを察知し、犯すなら勘づかれる前にさっさとやってしまった方がいいと決意を固めます。

移動先を選択し、レイプ準備を進める


翌日から、校内で移動先を選択できるようになります。行動的には芳野先生を誰にも勘づかれずに犯すための下準備色々で、まずは明日の放課後に相談に乗ってもらう約束を芳野先生から取り付けました。あとは他教師の会話イベントもありますが(青枠のイベント)、体験版ではこちらのキャラのエロイベントは見られず。

2日目、芳野先生は2人きりで会うことに対して不安を覚えており、授業の片付けを手伝ってもらっているところで相談事があるなら今ここで聞くと提案してきます。主人公もそのあたりは想定済みだったのか、巧みな会話で疑惑をかわし、放課後2人きりで会うという約束を維持します。


保健室へ様子を見に行くと、女生徒(羽田 千紗)が登場し、保険医の従姉妹とのことです。狡猾な主人公は、こちらの女子のことも保険医への脅しのネタに使いました(芳野先生レイプ作戦の見張りを命じる)。

いよいよレイプ決行


そんな感じで時間を進めていき、2日目放課後に準備が整ってついにレイプ決行です。




まずは後ろから乱暴に乳揉みで、当然抵抗するものの、主人公の力にはかなわず。主人公はそのまま押し倒し、慣れた様子で挿入していきます。さらにバックでハメて、たっぷり中出しです。主人公の手際の良さと自分の欲望に忠実な様子がうまく表現されていますエロシーンでした。





終わると挨拶があり、ここもエロ要素ありでした(淡々とした口調が若干コミカルさあり)。ひととおり挨拶が終わったところで体験版は終了です。

感想まとめ

話的には、昨今珍しい直球な陵辱レイプものでわかりやすかったです。設定的には、復讐・逆恨み的な要素は(少なくとも体験版の範囲では)特になく、性欲を抑えきれずヤりたいからヤるといったところでした。

システム的には、多少場所選択があったものののゲーム要素は薄く、オーソドックスなノベルゲーで、特に悩むことはなく進められました。

エロシーンは、1回のレイプで複数の一枚絵が使われている贅沢な作りになっていて、どのCGもクオリティは高かったです。


支配の教壇II [BISHOP]

関連作品



支配の教壇

学園の勝手な事情により無実の罪で停学処分を受けた主人公。

元より素行不良の学生だった主人公にとっては痛くも痒くもない処分だったのだが、

彼をかばうことができなかったことを悔いる女教師『花守 琴実』は主人公に償いをしたいと訴えてくる。

それを受けた主人公の心に、黒く妖しい淫辱の炎が宿る――


シェアする

フォローする

モバイルPC