女主人公エロRPG「オプスキュリテ・マジー ~ 堕落の街ルエディダリア」(瞬間フローライター)体験版感想

【30%OFF】オプスキュリテ・マジー ~ 堕落の街ルエディダリア
オプスキュリテ・マジー ~ 堕落の街ルエディダリア [瞬間フローライター]
4/2の予告新作で、なくした短剣を取り戻すべく男の支配する町にやってきた女主人公の話です(RPGツクールMV製)。体験版は情報を得て町にたどり着くところから始まり、下水道とルサルカの洞穴をプレイできました(エロシーンはモブレイプ・モンスター姦*2・ボス敗北薬物レイプ・乳揉まれ・エロマッサージ・仲間女のエロシーン*2)。本編は2020年05月上旬発売予定です。

追記:5/24に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,980円、180ポイント還元
FANZA販売ページ 1,980円、360ポイント還元
「短剣使いのルイーズ」として名を馳せる女賞金稼ぎ、ルイーズ=ファレン。
ある時、父親の形見である短剣を盗まれてしまう。
ルエディダリアという街にそれが流れ着いていることを知ったルイーズ。
しかし、その街は男尊女卑の街であった。

街中では公然と衛兵が暴漢行為を働き、
さらには凶悪な賞金首が流れ着いているルエディダリアで、
衛兵団長であるミリュシアから賞金首の討伐を依頼される。

盗まれた短刀の情報を求めて、ルエディダリアの町へ


最初に難易度選択があり、上の”ロープレモード”は1LV開始、下の”カジュアルモード”は30LV開始です。今回は、カジュアルは少し簡単すぎるように思えたのでロープレモードを選択しました。(実際やってみたところ、ロープレモードでもかなり簡単で、サクサク進みました)


オープニングはスキップ可能です(飛ばすと街に到着したあとからスタート)。 謎の独り言(体験版ではこの正体はわからずじまいでした)があったあと、


赤髪女が必死で走っているところから話は始まり、この女が本作の主人公です。即動かせまして、上へと進みます。



敵から逃げているわけではなく、敵を追い詰めているという状況です。敵4体と戦闘になりますが、難なく勝利できました。


女は奪われた短剣を取り戻そうと必死で、倒した男を問い詰めますが、短剣は既に売り飛ばされたあとでした。ルエディダリアの町で売ったという情報を得て、こうして本作の舞台になるルエディダリアに向かうという次第です。

ルエディダリアは男尊女卑なスラム街


ルエディダリアの町の入り口で衛兵による武器チェックがありますが、主人公は素直に渡します(主人公はこの町の知識をあまり得ていない模様)。



町へと入ると、路地裏で女がハメられている現場を目撃します。ヤっているのは町を守るべき衛兵で、治安はかなり悪いようです。助けに入るか思案するものの、武器を持っていない上に見知らぬ町ということで、様子見を継続します。なお町の施設には文字で看板が出ていて、非常にわかりやすくてありがたかったです。


事後、衛兵を懲らしめに入ると想定外の援軍がやってきて逃げ出します。

女に助けられ、情報を得る


衛兵達から逃げていると、謎の女性が話しかけてきて助けてくれ、この町の状況について教えてもらうことになります。(向こうとしても、男とまともに戦える女性は貴重なのでサポートしたい)


女騎士も主人公の味方をしてくれ、なくした短剣は賞金首が持っているかもしれないという情報をくれます。この賞金首(複数人いる)を倒していくのが本作のメイン行動になりました。


話が終わったら建物を出て、左からスラムへと向かいます。次に行くべきところに”NEXT”のマークが出ているのが親切で助かりました。


スラム左上の酒場前では女がクスリを必死に欲しがっており、戦闘に勝利すると賞金首の1人である”ドクターK”が短剣のことを知っているかもしれないという情報を得ます。


ドクターKのいる研究所へは下水道から行けるとのことで、女騎士が鍵をくれました。

ルサルカの洞穴で戦闘エロ


下水道のほか、ルサルカの洞穴へも行けるようになっていまして(町の右手から行けます)、今回はこちらからやっていくことにします。



戦闘はシンボルエンカウントで、エンカウントなし(触れただけで倒せる)にすることも可能です。プレイしやすいよう細かいところまで配慮されていて助かりました。あとはバトルBGMもいい雰囲気が出ていて印象に残りました。


戦闘エロは確率で発生するようで、なかなか出ない時もあれば続けて出ることもありました(なお一度見たシーンはカットできます)。エロ内容は触手エロで、テキスト長めの凝った内容になってました。



体験版でいけたのは洞窟途中まででしたが、敵は2種類いました。


楽にレベルを上げたい場合、アイテム欄からイージーモードにするとエンカウントなしで敵に勝利できて楽です。ただレベルを上げすぎるとボス戦の敗北エロを自力で見るのが難しくなったので、自力で埋めたい方はレベルの上げすぎにご注意ください。

下水道を探索


続いて町右上の下水道を探索していきます。先ほどの敵と比べるとこちらの敵はかなり弱い印象でした。なおここの敵は、先ほどのような戦闘エロはないようです(わざと防御し続けましたが何も起こらずじまいでした)。




左へ2フロア進むとイベントが起き、女騎士団長が息抜きと称して、執務室でオナニー開始です。以前犯された時のことをオナネタにしてバイブオナニーにふける様子が見られました。



イベント後、左上に進むとボスイベントです。敗北イベントありと丁寧に表示が出ましてありがたい作りです。


開始後数ターンは回避されてしまいますが、効果が切れたあとは普通に当たり、問題なく倒せました。

後ほどロードして敗北エロを狙ってみましたが、どうやらLV11はレベルを上げすぎてしまっていたようで、4~5しかダメージ食らわず(敵は強化が切れると攻撃力が大幅に下がる) 100ターン以上かかりそうだったのでいったん断念しました。頭からやり直すと、OPカット・CTRLスキップありで3分ほどでボス戦へと到着でき、今度はしっかりダメージを食らうことができました(強化が切れたあとも25程度のダメージ)。


エロシーンは薬物系で、薬の恐ろしさを知っている主人公は逃れようと抵抗するものの逃れられず、薬を注射されてしまいます。薬の効果に抗おうとする主人公でしたが、ガンガンハメられるうちに耐えきれなくなり、最後は自分から求めてしまいます。最後は薬物の影響で壊れ気味になるバットエンド的な展開でしたが、エロシーン後はボス戦直前に戻され、ゲームオーバーになることはなかったです。

次の手かがりを得るべく、乳揉ませる


ボス戦に勝った場合に話を戻しまして、こうして賞金首の1人ドクターKを1人倒しましたが、肝心の短剣の手がかりは得られませんでした。ケリィは街左上の酒場にいまして、次の賞金首ゲルダスはコロシアムの地下にいるとのことです。


コロシアムへの入り方の情報を求めてスラムの酒場へと向かうと、



情報料として1000ゲルド要求されました。乳を揉ませるを選ぶと、他の客がいることも気にせず揉んできます。コロシアムで優勝すればゲルダスに会える、という情報が得られたところで体験版は終了です。

スラムの宿屋で寝込みを襲われる



町には他にもエロイベントがありました。スラムの宿屋に泊まると、寝入ったところを男に襲われます。強力なお香が焚かれているらしく、結局最後まで起きることはなく、翌朝目覚めても全く気づいていませんでした。

マッサージ店でエロマッサージ



マッサージ店では、初回無料と言われて疑うことなくサービスを受けます。全裸になり、女スタッフにマッサージしてもらうエロ展開です。とりあえず体験版ではここで男が出てくることはなく、ひたすら気持ちよくさせられるのみでした。

ケリィのエロシーン




回想(メニューの”ギャラリー”から行けます)を見ると他にもエロシーンがありました。発生条件は”とあるタイミングで宿屋2Fに行くと…”とのことです。今回のプレイでは、下水に入れるようになったあと、下水ボスを倒すまでのタイミングで見ることができました(タイミングを探すのが面倒な場合は、全解放で出すことも可能です)。


内容はケリィ(主人公にいろいろと情報をくれた女)のセックスで、情報を得る為に体を使っているという展開です。ただ嫌々やっているわけではなく、セックスを楽しんでいる様子でした。

感想まとめ

まず印象に残ったのは作りの丁寧さで、施設の文字表示や次行くべきところの案内など細かいところまで丁寧に作られていてプレイしやすかったです。話もスピーディに展開しましてわかりやすかったです。

戦闘絡みの難易度は簡単でした。難しい方を選びましたが苦労する場面は全くなかったほか、戦闘をカットすることも可能で、サクサク進めていけました(ただ敗北エロを自力で埋めようとした場合、わざと負けるのに少し手間がかかりました)。

エロシーンは洞穴での触手エロ・仲間の情事・情報を得る為に乳揉ませ・ボス敗北といい具合にバラエティーに富んだ内容になってまして、どのシーンもクオリティ高いCGでしたほか、テキスト的にもじっくり描写されていて読み応えありました。

オプスキュリテ・マジー ~ 堕落の街ルエディダリア
オプスキュリテ・マジー ~ 堕落の街ルエディダリア [瞬間フローライター]

過去作品


Obscurite Magie ~ 淫堕姫騎士ユリアーナ
姫でありながら男勝りであり、姫騎士として魔物討伐も行うユリアーナ。
ある日いつものように騎士団長と鍛錬をしているとルイェド島からやってきた男が
「ダンジョンに住み着いた魔物が凶暴になってきたため、対処してほしい」と騎士団長に頼み込みに来る。
ユリアーナはその話を聞くと「ダンジョンの魔物? 私の出番ね!」と騎士団長の制止をものともせずに単身でルイェド島へと繰り出してしまう。
果たして、ユリアーナを待ち受けるのは幸福な結末か、それとも、陵辱と恥辱に満ちた未来か……!


Obscurite Magie ~ 古代遺跡の淫らな魔物
傭兵として高い腕を持ち、数々の仕事をこなしてきたサリア、 そんな彼女にある日、一人の男が依頼をする、
男の名はリウェル、 彼はあらゆる魔法を扱える武器、法剣プレストリアの開発をしており、
そのために遺跡の近くに施設を構え、研究をしているという。 遺跡は、かつて邪法を研究していた教団の本拠地だったところであり、
そこから回収した物資を使い、研究を行っているのであった。 今回の依頼は遺跡から開発に使う遺物の収集をすることと、法剣プレストリアの実戦モニター。
傭兵として名のあるサリアにその実力を見込んで依頼をしにきたということだった。


冒険者フィアナの襲われダンジョン
世界各地を冒険する女冒険者であるフィアナ、ある日、瘴気がたちこめ、住民たちに被害を及ぼしている村があった。
原因は近くにあるダンジョンに住む魔族が瘴気を村に放っているせいだという。
正義感溢れるフィアナはそのダンジョンへ赴き、瘴気を払うことを決めたのだった。


性職者ミェルタのドスケベ治療RPG
あらゆる物事に対する気力がなくなり最悪の場合死に至る病「ディステ病」
治療するためには洗礼を受けたシスターによる治療が必要だという……。
その治療方法とは、なんとシスターと性行為をすることであった!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)