女主人公エロRPG「魔法少女ノーブル・ローズ」(No Future)体験版感想

【30%OFF】魔法少女ノーブル・ローズ
魔法少女ノーブル・ローズ [No Future]
7/20の予告新作で、ひょんな事から魔法少女になった主人公が悪と戦って負けて陵辱されるという作品です(RPGツクールMV製)。体験版では敵に追われての初変身から始まり、最初のボス敗北までを見られました。本編は2019年08月中旬発売予定です。

追記:8/9に発売になりました。
DLSite販売ページ 982円、91ポイント還元(30%OFF価格、8/15まで)
悪の組織から街を守る魔法少女の戦いを描いたRPGです。
ほとんどの敵が戦闘中にエッチな攻撃を仕掛けてきます。
敵の行動に伴い立ち絵が変化し、責めに耐える魔法少女の姿を見ることができます。

バイオ兵から逃げるものの、挟み撃ちされて窮地に


少女2人がバイオ兵に追われているところから話は始まり、敵は一般人が戦って勝てる相手ではなく、ひたすら逃げるほかありません(=この時点ではまだ魔法少女ではない)。


逃げ切れたかと一安心したところで、新たなバイオ兵と出くわして逃げ道がなくなります。片方が囮になってもう片方を逃がそうとするものの、見捨てて逃げるわけにもいかず。力がほしいと願うと、光に包まれて変身することができました。この舞華という少女が本作の主人公です。


さっそく戦闘で、2ターンほど経過すると、魔法”シャインスラッシュ”を使えるようになり、これを使えば撃破できます。なおこの戦闘に関しては敵は拘束攻撃はやってこず、”様子を見る”を繰りかえしてもHPが半分になったあたりで主人公が勝手にヒールを使ってしまいました(なのでこの戦闘に負けることは恐らく不可能)。

2人の関係性


場面変わって舞華の部屋で、ふたりはお嬢様とメイドという関係でした。ただ舞華としては、親しい友人・対等な関係でありたいようです。昨日何が起きたのかを2人で状況整理したあと、試しにもう一度変身してみます。メイドの方は魔法少女に思い入れがあるらしく、変身時の姿に名前を付けるべきと力説しますが、舞華の方は名前なんか別に…とテンション低めで、対照的で面白いところでした。そうこうしていると敵の出現を感知し、戦えるのは自分だけだからと、発生地に向かいます。

戦闘チュートリアル


町に出たところで戦闘チュートリアルが入ります。

要点を整理すると、
1.(拘束攻撃が続いて)MP0で絶頂させられるとアウト
2.拘束されたら”振りほどく”か”魔力解放”する必要あり
3.敵の攻撃によってステッキを落としてしまうと、”振りほどく”の成功率が大幅に下がる


説明が終わって動けるようになったらセーブしておくといいです。ここから先、戦闘でしくじるとゲームオーバーでした(=セーブしていなければまた頭からやり直すことになる)。勝ちたい場合、シャインスラッシュを使えば一撃で、話を進めたい時に楽に勝てるのはありがたかったです。MPにはかなり余裕があり、今回やった限りでは使いまくっても枯渇することはなかったです。

ザコ敵のエロ攻撃

続いてわざと何もせず、拘束エロを見ていきます。ザコ敵のエロ攻撃の頻度はやや低めで(=適当に殴っていると拘束される前に倒してしまう恐れあり)、”様子を見る”を数回繰りかえす必要がありました。


拘束されたあとは、”耐える”を選ぶと敵の行為がエスカレートしていきます。しばらくたってHP0になるとコマンド入力がなくなり、以降は敵の攻撃のみが続きます。イかされるとたまに選択肢が出て(出ないことの方が多い)、諦めるか諦めないかを選べます。諦めないを選ぶとさらにエロ攻撃が続き、この戦闘に関しては、どうやら諦めるまで同じ手マン+乳揉みが延々続く模様です。

MP0でイかされると、心が折れてゲームオーバーです。エロシーンがあるらしいものの、体験版では見られず。ゲームオーバーで、タイトルに戻ります。

進んでいくとボスと遭遇


ロードしてやり直し、今度はどんどん勝って女を助けつつ進んでいきます。右→上→左と一本道で、迷うことなく進行できました。


右上に進むと工場のようなところに出ました。建物に入り、上へと進みます(ボスがいるのはもう少し先)。


工場を抜けたら左へ進み、上へと進むと大量のバイオ兵+リーダー格と出くわし、これがここのボスです。


敵(魔族)は生き延びるために魔力が必要でした。それは一般人からも多少は得られるものの、魔法少女から得た方が断然効率よく(一度に大量の魔力が得られる)、主人公のように戦い慣れていない新人の魔法少女は格好のカモでした。

ステッキなしでは勝ち目はなく、敗北陵辱される


女3人を人質に取られ、ステッキを捨てざるを得ません(というより、ステッキを捨てることの意味を理解していない)。戦闘になったところでステッキがないと魔法が使えないことに気づくものの既に遅く、通常攻撃がほとんどダメージ出ないほか、敵の攻撃が複数回なため勝ち目はありませんでした。


この戦闘はザコと違ってすぐに拘束され、あっという間にHP0になりました(以降はほぼ何もできず)。エロ攻撃は激しく、手マンだけだったザコと違って挿入もありです。


諦めるを選ぶと、一枚絵なエロシーンに移行し、バイオ兵たちに輪姦されます。ノベル作品を多数出しているサークルさんということでエロテキストはクオリティ高く、テンポよく読みやすく、描写も的確でした。


ハメられるうち、魔力を全て奪われて変身が解けてしまい、無力な制服姿に変化します。ほぼ魔力はないにもかかわらず延々犯され、最後はゲームオーバーでタイトルに戻されました。先ほどのボスに勝つ方法は思いつかず、体験版はおおむねこんなところな模様です。

右から近づくと互角の勝負に



7/31追記:コメントで情報頂きまして、(下正面から突っ込まずに)右側から近づくと展開が変わってステッキを持ったまま戦うことができ、実力勝負に持ち込むことができました。


ただLV5だとちょっとレベルが足りず、回復しつつ必死に戦って7割ほど削ることができたものの、そのあたりで淫乱値が100%になってしまいアウトでした。



一般人がピンチではあるものの、別に慌ててボスに突っ込む必要はなく、いったん屋敷まで戻って休息しても問題はありません。中央の自室で全回復できるほか、右の部屋にはメイドがおり、アクセサリ3種類を買うことができました。それぞれ別部位の装飾品で、3種全てを装備することが可能です(3種の合計価格は1050)。(他に左の回想部屋では、回復アイテムなどを購入可能)


LV6で覚える”プロテクション”は7ターンの間拘束を防ぐ便利な魔法で、これがあると戦いが一気に楽になります(=拘束さえされなければどうにでもなる)。防御アップ効果も絶大で、アクセサリ3種を装備した状態だと1桁しか食らわず楽勝でした。技の使い方いかんでここまで展開が変わるというのは面白いところです。


勝利すると敵幹部は退却してくれまして、屋敷自室に戻ったところで体験版は終了です。

感想まとめ

うまくまとまった魔法少女敗北系で、テンポよく話が進んでわかりやすかったです。主人公の性格も、正義感強めで王道ないい設定になってました。

ゲームバランスもうまく調整されており、勝って先に進みたい場合は魔法を使えば難なく勝てて(レベル上げは不要)、一方戦闘中エロを見たい場合は待機を選び続ければ(多少ターン数かかったものの)そのうち拘束されました。

エロ要素は、戦闘中エロがザコ・ボスと別パターンであったほか、一枚絵エロシーンもありました。魔力がなくなって変身が解けるシーンがあるなど要所を押さえたいい展開になってました。

魔法少女ノーブル・ローズ
魔法少女ノーブル・ローズ [No Future]

過去作品(いずれもノベル作品)


駆動装甲フォルデア
普通の女子校生である柳瀬凛子のところに、未来から、戦闘用ボディスーツ『フォルデア』が送り込まれた!
フォルデアを身に着けた凛子は、フォルデアのナビゲーションプログラムに、こう告げられる。
「人類を抹殺するために作られた兵器―オムニサイド―を破壊してください」


電子特捜ハルナ
学生でありながら、仮想世界での犯罪を取り締まる捜査官(エレジェント)として活躍するハルナ。
そんな彼女の活躍を、好ましく思わない者がいた。
新たにハルナに舞い込んだ依頼。それは、いつも通りの、退屈な依頼に見えた。
ハルナは仮想世界へと赴く。
その依頼が、彼女を陥れるために用意された、罠だと知らずに――


魔法少女プリズム・シャーリー4 魔法少女の未来 ~戦いの果てにあるもの~
敵に捕らわれた魔法少女。
敵は魔法少女の正義の心を破壊するため、一般人をけしかけ、凌辱の限りを尽くさせます。
果たして魔法少女は、最後まで正義の心を持ち続け、悪を倒すことができるのでしょうか。

2 thoughts on “女主人公エロRPG「魔法少女ノーブル・ローズ」(No Future)体験版感想

  1. erorpg Post author

    情報どうもありがとうございます。
    おかげさまで無事ボスに勝利できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)