「なごりさんは六堂和里になりきれない-恋愛偏差値0の心理学- 」体験版感想



なごりさんは六堂和里になりきれない-恋愛偏差値0の心理学- [INTERHEART glossy]

INTERHEART glossyさんの新作エロゲで、経験豊富なフリをしている女講師が主人公のノベルゲームです。体験版は男子生徒の告白を受け入れるところから始まり、フェラや初H・デートなどが見られました。本編は2020/02/28発売予定です。



体験版ダウンロードはこちら

なごりさんは六堂和里になりきれない -恋愛偏差値0の心理学-


『六堂和里(ろくどう なごり)』は、大学講師を務めながら女性向けのセミナーを開く恋愛の先生。

プロポーズされた経験もあり、男性経験も4人とそこそこ愛を知っている。



だが、その経験は正体を偽るために『和里』が作った設定だ。

表では高嶺の花を演じて男性や女性を魅了。

裏では男性とデートすらしたことのない完璧な処女だった。

男子生徒の告白を受け入れ、付き合い始める


経験豊富な大人の女を演じてきた処女が主人公です。職場の大学で春野風弥(中性的な名前ですが男です)という生徒に告白されて困惑するところから話は始まり、傷つけないように言葉を選びながら優しく断るものの、熱心に食い下がられ、研究材料として使えそうと付き合い始めることになります。

いきなり同棲し、着替えを見られる


場面変わって待ち合わせで、恋愛豊富な大人の女のフリをするところが本作の見どころでした。


いったい何で学習したのか、即同棲というちょっとズレた行動をいきなり取ります。


ヤらせないまま朝を迎えたあと、洗面所で着替えているとばったり鉢合わせし、内心慌てまくるものの、平静を装って余裕あるところを見せます。彼氏は襲ってきたりはせず、恥ずかしげに逃げていきました。

非処女のフリをしてフェラ



大学では二人の関係は秘密ということに言いつけます。彼氏はきっちり約束を守って一生徒として振る舞ってくれるものの、主人公としてはどこか物足りず。



帰宅後、自室をのぞき見しているのに気づき、少しくらいならいいかと招き入れ、緊張を隠しながらフェラしていきます。童貞にも関わらず積極的な彼氏に、自分とは違うなと感心する主人公でした。

我慢できずに誘惑するもののうまくいかず



そんな感じで始まった同棲生活が数日経過しますが、彼氏はいっこうに襲ってこず、主人公は次第に欲求不満になっていきます。どうしたものかと女友達に相談しますが(ここで主人公がこれまで処女な理由などが語られました)、女友達が経験豊富すぎるせいで、結局参考になるような話は聞けず。



帰宅後、どうやったらその気にさせられるか思案し、彼氏の性癖について探ってみることを思いつきます。バスローブ姿で隣に座って誘惑するものの、彼氏はそういったことに免疫がまだなく、一目散に逃げてしまいました。

ようやく初H



授業中、彼氏は可愛い女子とペアになり、自分の時と違ってリラックスした雰囲気です。授業後も、食事に誘われるなど親しい様子に嫉妬気味です。



深夜、ベッドに彼氏がいないことに気づいて探し回ると、トイレから声が聞こえてきました(主人公をネタにオナニーしていた模様)。ここでようやく本音を言わせて関係が進展しますが、彼氏よりも主人公のほうが興奮気味です。痛いのを隠しつつリードして初Hに持ち込み、結局バレずに済みました(実は彼氏にはバレバレだったという可能性もありそうですが、少なくとも主人公はバレていないと思っています)。

いまさら初デート


翌日、生でヤったことが不安になり女友達に報告相談したあと、



セックスの味を覚えた彼氏に過激なことを要求されるかと思いきや、求めてきたのはデートでした。色々と順番がおかしいのがコミカルです。着ていく服がわからず悩むなど可愛い様子が見られました。


デートはいい雰囲気で進み、過去にどんな男と付き合ったのかの問いも慌てることなく華麗にスルーします。


帰宅後、我慢できずに風呂に乱入し、胸を押し当てて迫るものの、彼氏ははしたないと言って逃げてしまう(痴女のようなプレイはお好みではない模様)、というところで体験版は終わりです。

感想まとめ

ストーリー的には、珍しい設定がうまく話にまとまっていて面白く読めました。経験豊富なフリをする主人公がほほえましく、彼氏にどこまでバレているのか気になるところでした。

システム的にはオーソドックスなノベルゲーで、体験版の範囲では選択肢はなかったです。

エロシーンはフェラ・処女喪失セックス・お風呂で胸押し当てが見られ、エロに慣れているフリをする内心描写がうまく描かれてました。



なごりさんは六堂和里になりきれない-恋愛偏差値0の心理学- [INTERHEART glossy]

シェアする

フォローする

モバイルPC