男主人公エロRPG「魔姦の英雄」(妄想エンデミック)体験版感想

【20%OFF】魔姦の英雄
魔姦の英雄 [妄想エンデミック]
1/29の予告新作で、男主人公が魔物女を倒してものにしていくという純愛系作品です(RPGツクールMV製)。体験版では猫耳娘と狐女を仲間にするところまでをプレイできました。本編は2020年02月下旬発売予定です。

追記:3/22に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,232円、112ポイント還元(20%OFF価格、4/18まで)
無類の女好きなのに何故かモテない男冒険者が女魔族を犯しながら魔王討伐を目指すRPGです。 猫耳、狐耳、エルフ耳等々、ヒロインは皆個性豊かな魔族達、仲間にしたら即H可能!

嫌われ者な主人公に、謎の声が届く


魔王が現れたという噂話から話は始まり、ぶっきらぼうな雰囲気のワルフという男が本作の主人公です。ギルドの受付嬢を口説くものの断られてしまいました。見た目も性格も特に悪くないのにここまで嫌われる理由は、しばらく進むと明かされます。


こうなったら無理矢理ヤってしまうかと思案していると、助けを求める謎の声が聞こえてきます。


声が終わったところで動かせるようになり、まずは町の人に話しかけて情報集めです。大変そうに思えましたが、すぐ右の男(電球マークが出ている)からあっさりと手がかりが得られました。


情報に基づき、町の右上にあるランドゥム爺さんの家へと向かいます。


ランドゥム爺さんからは、声の主は精霊だろうという情報が得られました。精霊は南のある石碑に閉じ込められているとのことです。

南へ進んで石碑へ


左下から町の外へと出られます。


戦闘はシンボルエンカウントです。主人公は強そうな雰囲気だったものの、レベルは1だったので、少し戦って上げておくことにしました。


攻撃中のコマンド入力に成功するとスキルを取得できます。入力受付時間はたっぷりあり、落ち着いてやれば余裕でした。


下へと進んでいき(まっすぐ進むと港町に入ってしまうのでまだ入らない)、目的の石碑は港町入口の手前左手にあります。

石碑で妖精と契約


指示に従い、精霊と契約を結び、出てきたのは妖精でした。どうやら騒がしいキャラらしいですが、ボイスはなしです。世界の危機ということでいろいろな英雄に思念を送ったものの助けに来てくれず、妥協して主人公のところに声が飛んできたという次第です。

主人公としては世界の危機なんか別に知ったことではなく、冒険者としてほどほどに稼げれば十分で、協力はゴメンだと立ち去ろうとするものの、精霊も契約ノルマがあるらしく必死です。このあたりコミカルな雰囲気でした。

主人公が女に飢えていることを見抜かれるものの、この妖精はヤらせてはくれず(もっともサイズ的に挿入は無理そうですが)。主人公には人間女に嫌われる呪いがかかっていることがここで明かされ、呪いを解いて人間女に好かれるようにするのは難しい(魔王を倒すより困難)ものの、魔族女ならいけるかもと提案されました。魔王直属の魔族は美女揃いと聞き、主人公もやる気になります。


そうこうしていると、港町で魚を盗んだ猫耳娘が逃げていくのを目撃し、捕まえようとするものの逃げられてしまいます。

猫耳娘を釣るべく、魚探し


話が終わったらすぐ下の港町へと入ります。施設は怪しい店とパブがある程度で、小さな町でした。パブの方に入ります。



まずはおびき寄せるエサとして使う魚が必要です。話が終わったら港町を出て上に進み、分岐を左へと向かいます。




宿の店主から話を聞き、釣り人は通り口から外に出たところにいます(宿内でのんびりしている人たちは無関係)。


釣り人は竿がなくて困っているということで、これを探してくることになりました。



上に進んでリネスの中道へと入り、釣り竿は箱の光っている箇所で手に入ります。


釣り人に釣り竿を渡し、これで目的の魚が手に入りました。

魚を焼いて猫耳娘とバトル



魚を手に入れたら再度上へと向かいます。ややこしいですが、マップは”リネスの中道”と”リネスの山道”があり、魚を焼く山道は中道を上に進んだ先です。



ボスはため技をやってきましたが、そこまで即死級ではなく、防御しなくても耐えられました。スキル技の”氷一閃”4発で撃破できました。


勝利後お仕置きエロで、犬バックでハメていくと次第に気持ちよくなり出します。


事後、口説いて仲間にし、これで2人パーティになりました。

ギルドに戻って話を聞く



港町で報告し、すかさず2人目に向かおうとするものの、居場所がわからず、いったん最初の街に戻ることになります。移動は転移クリスタルでできました。



なお仲間がいる状態で宿屋に泊まるとデートやHができます。


雰囲気はさきほどと変わってラブラブHでした。なおデートやHで上がる好感度は、次のエロシーン解放の条件になってます。

フラウの町で情報集め


左下の冒険者ギルド(冒頭で受付嬢にフラれたところ)へと入り、


情報に基づき、港町からフラウの町へと向かいます。


これまで使えなかった埠頭の船が使えるようになっていて、すんなりと目的の町に到着です。



まずは酒場で聞き込みをし、カウンターのマスターから情報が得られました。



細工師の家は道具屋の上です。作品を代わりに総督府に届けてほしいと頼まれ、これで総督府に忍び込むことができるようになります。

総督府で狐女と対面するものの…


総督府は町の右上です。


目的の魔族に会えたものの、相手の方が格上といった雰囲気です。ここでやり合うのは得策ではないと、いったん引き下がります。


手がかりは先ほどの細工師が知っていました(選択肢は正直に話すを選びました)。

地下水道を探索



情報に基づき、街の右寄りにある地下牢へと向かいます。警戒はゆるく、あっさりと囚人と会えました。地下水道にある宝珠があれば、正体を暴けるとのことです。言われる”真なる光を”は、選択肢で必要になるので覚えておきます。


井戸は町の右下にあります。


ザコ敵は、倒したあとたまにドラクエ風に起き上がって仲間に加えることができました。これを2人加えて4人パーティにできるとだいぶ楽になります。


地下水道を進んでいき、石版で三択です。”真なる光を”を選びます。



正解すると↑から奥に進めるようになり、進んだ先で目的の品を入手です(ここはボス戦はなし)。

狐女とバトル



準備が整い、総督府に乗り込む、というところですが、推奨レベルは6と高めでした。現在LV4なので足りていないですが、魔物仲間が2人いる(4人パーティ)のでひとまず挑んでみました。


ボスはそこまで強くなく、ガンガン押して勝利できました(なお猫と同様に溜め技をやってきました)。LV4でもそれほどきつくはなかったです。(なのでLV6というのは、主人公と猫娘の2人のみで挑んだ場合の目安レベルと思われます)


女狐を縄で縛り、お仕置きHです。まだ負けを認めておらず、強気な表情で睨んできますが、突かれ始めるとあっさり気持ちよがりだしました。



猫耳娘と同様に仲間に加わり、3人目は迷いの森にいるという情報が得られたところで体験版のストーリーは終了です。

好感度を上げてフェラやパイズリ


狐女の宿屋Hは正常位です。猫娘と同様にラブラブHでした。


他に好感度を30まで上げれば茂みでエロシーンが見られますが、デート(1回につき+3)やH(1回につき+1)で30まで上げるのは結構大変です(デートをひたすら繰りかえせばいいものの、ゴールドと手間がかかる)。宿屋で買えるアイテム(1つ300G)を使うと一気に10上がるので、これを利用すると楽です。



場所は総督府右の路地で、ニャンペーの場合はフェラ、コンコンの場合はパイズリが見られました。

感想まとめ

話としては一本道なストーリーゲーで、女好きな俺様系男主人公ものの王道展開でした。雰囲気はコミカル寄りで、妖精との会話などは面白く読めました。システム的には、次行くべきところが細かく指示されるなど細かいところまで丁寧に作られていてプレイしやすかったです。

戦闘の難易度は簡単めで、特にレベル上げせずとも進めていけました。敵の配置数もほどよく少なく、ストレスなく進めていけました。ボス戦前に目安レベルが表示されたり、ボスの体力ゲージが出たりするのもありがたかったです。

エロシーンは純愛寄りで、しっかりデートもできてラブラブ感がうまく出てました。なお2人とも挿入後軽く突いただけであっさりよがり出しまして、どちらも無理矢理陵辱感は薄めでした。

【20%OFF】魔姦の英雄【20%OFF】魔姦の英雄【20%OFF】魔姦の英雄【20%OFF】魔姦の英雄【20%OFF】魔姦の英雄【20%OFF】魔姦の英雄

過去作品


新妻ゼフィラ ~寝取られたエルフ嫁~
ハーフエルフの元冒険者『ゼフィラ』は、
過酷な任務の途中で心優しい青年『ネロ』に命を救われ、そして恋をする。
やがて作家志望の彼と結婚したゼフィラは、
報われない旦那の作品を世に広める事を決意。
だが資金稼ぎの為に再び冒険者となったゼフィラに待ち受けていたのは、
善意の皮を被った3人のオオカミ達であった――。


魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記
『催眠術師の杖』の力で手に入れた眼鏡っ娘エリシャを、
他所の男に貸し出してお金を稼いだり、
古代迷宮に潜ってモンスターを倒していくゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)