ラブラブ調教エロゲ「ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル」(サークル冥魅亭)体験版感想

ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル
ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル [サークル冥魅亭]
11/13の予告新作で、多額の借金を背負ってしまった男主人公が獣娘のお嬢様を調教して借金返済を目指していくという話です。体験版ではトライアル4段階目までプレイでき、エロシーンは乳揉み・キス・手マン・手コキ・シックスナインが見られました。本編は2022年03月上旬発売予定です。
とある屋敷で働く主人公。
おカネ大好きな女主人の大事なツボを割ってしまい、クビになってしまった。
多額の借金を背負った主人公は、『調教師』として返済するべく働くことになる。
しかし、その相手は凶暴と名高い『ケモミミ』の少女であるウルンヒルダだった。

高価な壺を割ってしまい、多額の借金を抱える


今回プレイしたバージョンは1.0.05です。まずはオプションから主人公の名前を入力する必要がありました。とりあえず体験版の範囲では名前を呼ばれる機会はそれほどなかったので、あまり悩まなくてOKです。


本作の舞台は砂漠の街で、少し読み進めると回想に移り、主人公は元々死神にこきつかわれていました。高そうなツボを運ぶよう命じられ、金額を聞いて驚いた拍子に落として割ってしまい、こうして現在の主人(バスティ)の所に来たという次第です。回想が終わると行動可能になりますが、しばらくの間はメイドの指示通りに進めていくことになりました。まずは画面右側にある”バスティの部屋”をクリックします。


バスティという男が主人公の借金を肩代わりしてくれていましたが、別に慈善事業でやってくれたわけではなく、主人公を”特級調教師”と見込んだ投資でした。調教師というのは前の雇い主のハッタリだったわけですが、主人公としても今さら違うとは言い出せず、仕方なく調教師として振る舞うことになります。話が終わったら右クリックすると自室に戻れます。この”右クリックで自室に戻る”操作はこの先頻繁に使うことになりました。

メイドが調教の手伝いをしてくれる


続いて”ハヅキの部屋”へ移動し、このメイドが調教のやり方についてレクチャーしてくれました。話が終わったら右クリックで戻ります。


次に出てきた金髪女のウルンヒルダが本作のヒロインで調教対象です。ぱっと見人間ですが、よく見ると頭に耳が生えていました。


機嫌を取るために、まずは”情熱の花束”を入手する必要がありました。話が終わったら右クリックして自室に戻り、画面右側の”市場”を選択、画面右側の”ショップ”を選択し、情熱の花束を購入します。買い物が終わったら右クリックして自室に戻り、上から2番目の”お嬢様の部屋”を選択し、画面右側の”アイテム”から情熱の花束を選択します。

夜はエロトレーニング


次は”会話”、”遊ぶ”→ねこじゃらしと選択していき、さらに会話→遊ぶを選択、と繰りかえすと夜になりました。画面右側の”お嬢様の部屋”を選択し、画面右側の”トレーニング”を選択します。


ここでエロ展開が入り、乳揉みです。ただ主人公は触り慣れておらず、途中でお嬢様の機嫌を損ねてしまい、1日目はここで終わりでした。


2日目、”使用人部屋”を選択し、ショップを選択します。秘伝書は3種類ありましたが、まずは”知性の秘伝書”を選択しました。右クリックで自室に戻り、”アイテム”→”知性の秘伝書”と選択します。なおこのアイテムは使い捨てではなく、買ったらあとは繰り返し使えました。


次はバスティの部屋へと向かい、話が終わったら右クリックで自室に戻ります。


バスティから課される”トライアル”をこなすのが本作のメイン行動になりました。このあたりでメイドからの手取り足取りの指示が終わり、あとは目標に向かって自由に動いていけます。

こつこつステータス上げとトレーニング


まずはステータスを上げることにしました。アイテムの使用はマイルームで行います。なお本の使用は昼間しかできないようでした。


夜になったらハヅキの部屋へと向かい、画面右側のトレーニング→胸揉み訓練LV1と選択します。

トライアル突破までの流れをまとめるとこんな感じです。
1.お嬢様 トレーニングLV1(以降、ステータスが足りない場合は上げる必要あり)
2.ハヅキ(メイド) トレーニングLV1
3.ハヅキ トレーニングLV2
4.お嬢様 トレーニングLV2
5.足りないステータスを上げてトライアルの条件を満たす
6.バスティの部屋に行ってトライアルを受ける
7.次の課題が課され、1に戻る

このあとは数日ステータス上げに励みました。エロステータスはお嬢様とのトレーニングでも上がるものの、ハヅキで上げた方が効率いいです。あとは知性などは550で頭打ちでした。


7の倍数の日にはレアアイテムが買えまして、14日目には性巧者の手袋を購入しました。コインはメイドの部屋でバイトをすることで貯められます。


16日目夜、ハヅキのトレーニング・胸揉み訓練LV2ができるようになりました。


お嬢様の気品が上がらず悩みましたが、これはハヅキのショップで買える”エレガントキューブ”を使うことで上げられました。


21日目、ようやく胸もみLV2ができるようになり、LV1と違って気持ちよくなってくれました。


これでトレーニングはひとまず終了で、あとは残った足りないステータスを上げれば、バスティの”調教トライアルLV1″を受けられます。客達に見られながら胸もみの成果を披露し、無事に胸もみをこなせて、評価額が大きくアップしました。

2段階目はキスと手マン


バスティアの部屋でトライアルを確認すると、次の課題は手マンでした。ただいきなり手マンには行けず、まずはキスを上げていくことになりました(キス訓練が終わると手マンができるようになります)。昼間にお嬢様の部屋とハヅキの部屋を行ったり来たりして話を進めていき、お嬢様が売りに出されてここに来たことが明らかになります。


1段階目の時と同様にステータスを上げていき、ハヅキのトレーニング・キス訓練をこなし、お嬢様の手マンLV1ができるようになりましたが、主人公が不慣れすぎてお嬢様は全然気持ちよくなかったようです。



ハヅキの手マン訓練LV1・LV2を実行すると、お嬢様の手マンLV2ができるようになりました。


あとは足りないステータスを上げ、調教トライアルLV2を突破です。

3段階目は手コキ


次のノルマは手コキで、こちらはすぐにLV1をやれます。


このあたりで書籍の話題が出まして、ハヅキの部屋・お嬢様の部屋・バスティの部屋を行ったり来たりして話を進め、秘伝書LV3が開放されました。ただ買って使ってみたものの550の壁は突破できず、今回のプレイの場合はコインの無駄遣いになってしまいました。


お嬢様LV1・ハヅキLV1・2とやったあと、各種ステータスを上げ、お嬢様LV2ができるようになりました。


手コキということで、ここまでと違ってお嬢様が射精させようと攻めたててきまして、ほどよい攻守逆転具合でした。

4段階目はシックスナイン


次はシックスナインで、今まで同様、お嬢様LV1をやったあと、ハヅキとトレーニングしていきます。


60日目、LV4のノルマを達成し、体験版はここで終了でした(強制的にタイトル画面に戻される)。

感想まとめ

過去作同様ボリュームある作りでたっぷり楽しめまして、動作も軽く完成度高かったです。操作は右クリックで帰還など若干独特な部分もあって慣れるまで少し戸惑いましたが、慣れたあとはサクサク進めていけました。ステータス上げも、なにをすればそのステータスが上がるのかがはっきり説明されてありがたかったです。

難易度については、日数制限が特にないようだったので、じっくり上げていけばそのうち達成でき、少々難しめでした過去作と比べると楽な作りに感じました。日数的には、今回は体験版終わりまで行くのに60日かかりましたが、無駄にステータスを上げてしまったりなどかなりロスがありましたので、うまくやれば相当短縮できそうです。

エロシーンはお嬢様・メイドそれぞれ4プレイが見られ、最初は下手だった主人公が確実に上達していくのが面白いところでした。なお話としては調教ものですが、鬼畜陵辱的な雰囲気はなく、ラブラブ系な雰囲気でした。

ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル
ケモミミ☆トレーニング 狂暴けもみみ令嬢調教トライアル [サークル冥魅亭]

過去作品

ダンジョンタウン 遺跡の森と夢魔の薬
ダンジョンタウン 遺跡の森と夢魔の薬
とある村に『魔界の穴』が開き、魔物があふれ出す異変が起った。
腕利きの冒険者である『遺跡渡りゼノ』は解決に向かうが、『魔物娘サキュバス』に犯され、レベルを1にされてしまう。
そこで彼に一目惚れしたサキュバスは、『精液』と『夢魔の薬』を交換する取引を持ちかけるのだが……。

【20%OFF】死神娼館  宿屋の主人に転生して女冒険者にいろいろするRPG
死神娼館 宿屋の主人に転生して女冒険者にいろいろするRPG
とある青年が死んだ。目を覚ましたら剣と魔法のファンタジー世界だった。
そんな主人公を拾ったのは「死神のシイネ」、否応もなく力を与えられ「死神代行」としてコキ使われることになる。
目的はただひとつ、やがてこの世界に訪れて人類を滅亡させてしまう「災厄(カタストロフィ)」を回避すること。
だが死神は現世に干渉することはできず、この世界の人間を導くのが「神」の仕事。
やけに強欲な「死神』に促されるまま、民間冒険ギルドである「宿屋」を経営して冒険者を集めることになる。

【20%OFF】死神教団 淫森に呑まれた村セグルメット
死神教団 淫森に呑まれた村セグルメット
とある男が教会から追放された。
彼は『神』の声を聞くことが出来る『聖人』。世界を救うという使命を帯びていた。
その救済には、我が神の受肉が必要。そのためには善なる魂を、『神』に捧げ続けなければならない。
辺境の村『セグルメット』に教団を立ち上げることに成功した彼は、教祖として『神』を迎えるための活動を始めるのであった。