エロアクションゲーム「カタリナさんのお仕事」(Little Minutes)体験版感想

カタリナさんのお仕事
カタリナさんのお仕事 [Little Minutes]
8/22の予告新作で、「魔術生徒と淫魔の塔」のサークルさんの久しぶりの新作です(ウルフエディタ製)。体験版ではステージ1つ分をプレイできました。本編は2018年12月下旬発売予定です。
戦闘はアクションバトルと半リアルタイムバトルの2種類。
主人公パートはマウスとキーボードを使う横スクロールアクション。
突き進んでいく仲間を護り、技を切り替えながら互いにサポートします。
主人公、敵には得意色、苦手色がありそれによって受けるダメージや獲得オーブ数が変化する。
拾ったオーブで主人公と仲間のステータスを自由に上昇させることができます。
剣士パートではオーソドックスな半リアルタイムバトル。
服が破れると防御力が下がり、セクハラ、エッチな攻撃で恍惚度が上がると命中率が下がる。

オープニング 少女の護衛を引き受けることに

カタリナさんのお仕事
最初に難易度選択がありまして、今回は一番簡単な”イージー”を選択しました。一風変わった戦闘システムでしたので、最初はイージーを選ぶことを推奨です。

そのあとのステータス決めもなかなか重要で、自分がやった印象では、SPが一番重要に感じました(敵攻撃を食らうことはほとんどなくHPは少なくても問題なかった 一方SPは枯渇しがち)。そこまでシビアにリトライ繰りかえす必要はなかったですが、SPがあまりに少ない(一桁前半など)と戦闘が厳しくなります。

カタリナさんのお仕事
カタリナという少女が本作の主人公です。自分のことを”カタリナさん”とさん付けで呼ぶという、ちょっと変わった口調のキャラでした。

カタリナさんのお仕事
仕事を探しに、なじみのギルドへと向かいます。受付男と軽口をたたき合っていると(主人公は年下少年が大好物)、

カタリナさんのお仕事
マリアンヌという少女が慌てた様子で駆け込んできます。好きでもない相手と結婚させられそうになっていて、街へと逃げたいとのことです。このあたりコミカルな会話が面白かったです(男性向けエロゲというよりは、乙女ゲーなノリ)。

カタリナさんのお仕事
マリアンヌには好きな相手がいて、その男がリーゼ街で待っているとのこと こうして主人公が護衛することになります。マリアンヌは地下通路を通っていくことを提案しますが、体験版では関係ないので読み流しても平気です(スキップするとここからスタート)。

護衛戦闘はシューティングゲーム風

カタリナさんのお仕事
ここから動かせるようになり、体験版では”ステージ2:森”のみプレイ可能でした。

カタリナさんのお仕事
戦闘は独特な操作形式でした。移動などはキーボードの方向キーで、攻撃はマウスでやるという形式です(=キーボードとマウスを併用する必要あり)。攻撃はマウス左クリックで、丸形カーソルのある位置に向かって発射されます。

ここの操作について色々試した結果、左手でキーボード方向キー操作、右手でマウス操作、とやると安定しました。キーボードの方向キーを左手でやるのは普段やることのない体勢で、FPSゲーのようにWASDでの移動ができたらよかったのですが、(技術的な問題があるのかはわかりませんが)今回やった限りではできませんでした。

あとはゲームパッド(XBOX ONE コントローラー+JoyToKey)での操作も試してみたものの、左スティック(キーボードの上右下左を割り当て)で自キャラを移動しつつ、右スティック(マウスカーソル移動を割り当て)で攻撃カーソルを合わせつつ攻撃するのは、自分の腕だと操作が追いつかなかったです。

攻撃については、普通のシューティングゲームのようにひたすら撃ちまくっているとSPがあっという間に枯渇します。しっかりカーソルを合わせて狙って、百発百中させる勢いで撃つ必要がありました。幸い敵の動きは遅く、攻撃もさほどしてこない(イージー時)ので、じっくり狙うことができました。

敵種別的には、赤い虫のようなものにはダメージが行かないようです。もしかしたらたまに当たるのかもしれませんが、弾に限りがあるので、無視して他の敵を倒した方が効率的です。というより、敵は無理に倒す必要はありませんでした。マリアンヌに攻撃仕掛けようとしている敵だけ倒せば十分です。

カタリナさんのお仕事
左へと進んでいくとツタが道を塞いでました。このツタは、”野菜”を持っている状態で近づくと消えて通れるようになります。

カタリナさんのお仕事
“野菜”とは、ステージ右の方にあるメロンのことでした。ステージのあちこちに果物が多数配置されていますせいで、正解に気づくのに結構苦労しました。なお調べてみると、分類的には、地面に生える植物から取れるメロン(他にはスイカやイチゴが該当)は果物ではなく野菜扱いになるそうです。

カタリナさんのお仕事
マリアンヌが左端の紫奥部に到達するとクリアです。制限時間を越えても問題なくクリアできましたので、慌てなくてOKです。

夜、敵の襲撃から守り切る防衛戦闘

カタリナさんのお仕事 乱入者につまみ食いされる
メニューから休息を選ぶと、マリアンヌと2人テントで休憩です。和やかに魚を焼いていくものの、ニチェットというチャイナドレス娘が乱入してきて、カタリナ達がせっかく作った焼き魚を勝手に食べてしまいました。代償として、朝までの見張りを言いつけます。

カタリナさんのお仕事 迎撃
このモードは、ニチェットを操作して、襲撃者を撃退するのが目的です。接近してくる敵をシンボルエンカウントのコマンド戦闘で撃破していきます(ラインまで到達されるとアウト)。

カタリナさんのお仕事 戦闘
戦闘はぱっと見オーソドックスでしたが、通常攻撃でSPを消費するという特徴がありました。最初の3戦程度はガシガシ攻撃して楽に勝てましたが、SPが尽きたあとが大変です。Zキー長押し(ちょっと押すだけではダメで、ずっと押しっぱなしにする)でSPがじわじわ回復していきまして、これを利用しての回復が必須でした。

カタリナさんのお仕事 戦闘中エロ
攻撃を食らっていくと時々、乳揉まれたりなどのエロ攻撃が入りました。

カタリナさんのお仕事 見事撃退
5体ほど倒すとクリアです(時間経過なのか倒した匹数なのかはよくわからず)。翌朝、主人公の機嫌もすっかり直り、護衛要員として雇い入れます。

バイトはリズムゲー風

カタリナさんのお仕事 メニュー
再度休息を選ぶと通常の休息で、色々とメニューがありました。

カタリナさんのお仕事 フェラのミニゲーム
アルバイトはリズムゲー・音ゲーのように、タイミングよくクリックしていくというミニゲームです。

カタリナさんのお仕事 フェラのミニゲーム
タイミングはなかなかシビアで(なおパーフェクト・ナイス・バッドといったような区分はなく、成功か失敗かしかない)、何回か挑戦して結構成功するようになったものの、順位は結局最下位の10/10でした。今回の体験版でプレイできるのはおおむねこんな所な模様です。

回想部屋

カタリナさんのお仕事
回想部屋(CG LIST)はタイトルから行けまして、おそらく本編のものと思われるエンド一覧・勲章一覧・エロシーン一覧が見れました。

感想まとめ

ストーリー的には会話がコミカル軽妙で面白く、ゲーム進行もフラグ立てなどはなく、ステージを進めていけばよくわかりやすかったです。

戦闘は2種類あり、どちらもかなり変わった操作システムになっていて、特に護衛の方は理解するのに少々苦労しました。テキストでは細かい説明がありましたが、実践形式のチュートリアルなどがあると理解しやすくなるかなと感じました。難易度的には、”マウスカーソルを移動させ、慌てずしっかり狙って撃つ”というのがわかってしまえば、あとは(イージーの場合)そこまで難しくはなかったです。

エロ展開は、チャイナドレスの戦闘中エロと、バイト中のフェラが見られました。(一枚絵エロがあるのかは不明、他シーンを見つけましたら追記します)

カタリナさんのお仕事
カタリナさんのお仕事 [Little Minutes]

過去作品


魔術生徒と淫魔の塔
卒業試験の最中、突如響き渡る悲鳴。
確認しに行くとそこにはモンスターに襲われている生徒の姿が…。
明らかにおかしいと感じた主人公ルルティアは何が起きているのか
調べるため仲間と協力し、塔の最上階を目指すことに――。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)