女主人公エロRPG「未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい」(煩悩ストラテジ)体験版感想

未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい
未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい [煩悩ストラテジ]
11/28発売の新作で、夫を失ったシスターが身体を売って復讐を果たそうとする話です(RPGツクールMV製)。体験版ではギルドの依頼最初の3つ(★1ランク)と、北の山脈でのボス戦までをプレイできました(エロ要素は敗北時の陵辱と娼館バイト)。

DLSite販売ページ 1,430円、130ポイント還元
一匹の魔物に故郷の村を滅ぼされ、
愛する夫を失った女神官ジゼル。
若くして未亡人となった彼女は復讐を心に誓い、
身を穢しながらも仇の魔物の行方を追っていく……。

森を抜け、ベニシダの町へ


旅するシスターがモンスターと出くわすところから話は始まり、さっそく戦闘です。


戦闘はアクション系で、操作はエンターキーで攻撃です。基本的には連打になり、体験版の範囲では攻撃スキルは出てこず(回復スキルの”ヒール”があったのみ スキルはメニューから使えます)。


左にある橋を渡り、左へ進むと町への道に出ます。


着いたのはベニシダの町で、ここに復讐相手の手がかりがあるとのことです。

回想 村が魔物に襲われ…


町に着いたところで回想に移ります。主人公は小さな村で旦那と平和に暮らしていて、


回想は途中何カ所かプレイヤーが操作する必要がありました。主人公の自宅(旦那が待っている)は左下です。


翌日、いつものようにお祈りを済ませて帰ろうとすると、ただならぬ気配に気づき、


様子を見に行くと、見たこともない魔物が村へと襲ってきていました。旦那はこの時点では無事なものの、村の皆とともに魔物討伐に向かってしまいます。


一方主人公は旦那の言いつけを守り、戦いには向かわず倉庫の隅でじっとしています。魔物が家に入ってきて見つかりそうになりますが、なんとか気づかれずに済みました。


静かになったら外に出て村の様子を見て回ります。旦那は左上にいまして、見つけた時点ではかろうじて息がありましたが、1人で逃げるよう言い残し、息を引き取ってしまいます。こうしてこの魔物を討つべく、旅に出たという事態です。

依頼1:薬草採取


ひとまずベニシダの町を拠点に冒険者として活動していくことになります。冒険者ギルドは町上の方、水色の屋根の建物です。問題なく冒険者登録が終わり、以降ここでクエストを受けられます。


町入り口付近の宿屋に泊まると話が進み、


再度ギルドへ向かうと依頼が3つ発生していました。まずは一番簡単そうな”薬草採取”からやっていきます。


“東の草原”は、町を右に出たところです。(いわゆるワールドマップ的な物はない模様)


近くのザコと戦ってみましたが、今回やった限りでは、ザコ敵を倒してもゴールドが得られるのみで、経験値は入りませんでした(得られるゴールドは1体につき5G程度)。苦労して倒してもあまり意味がなさそうでしたので、適当にスルーし、光っている箇所を回っていきました。


3箇所回り終えてノルマを達成したら、ギルドのカウンターで報告することで依頼完了です。報酬は500Gで、ザコから得られる額と比べて断然多いです。

依頼2:ゴブリン討伐


2番目の依頼”ゴブリン討伐”は、北の平原でゴブリンを5匹倒してきてほしいとのことです。


ゴブリンは勢いよく向こうから突っ込んできてくれるので、戦闘に入るのは楽でした。ただその分ノーダメージで倒すのは難しく、ダメージがかさみまして、何戦かおきにスキルのヒールで回復する必要がありました。



なおHPが0になると陵辱モードに移行し、モンスターによるエロ攻撃が繰り広げられます(終わるのを待つしかできない模様)。↑のように複数のコマで描写され、手の込んだ作りになってます。


プレイが一段落すると選択肢が出まして、撤退して町へと戻ることが可能です(ただしHPは1なので、宿屋で100G払って回復する必要あり)。

依頼3:山賊の調査


続いて西の大地で山賊調査をやっていきます。


敵を避けつつ探索していき(ゴブリンと比べると避けるのはやや楽でした)、目的の”それらしい人”は、マップ上の方にいます。

仇の手がかりを得る


3つの依頼をこなし終わるとランクアップしまして、


ギルドの建物を出ると、怪しい男が話しかけてきます。探している魔物が北の山中にいるかもという情報が得られました。あの強力な魔物に今挑んでも勝てるとは思えないですが、画面上部に表示されてます目的が”北の山脈に向かおう”に変化しました。

陵辱モード2回で娼館で働けるように



なお陵辱モードを2回やると、町の左下あたりにあります売春街(娼館)に行けるようになります。




売春はなかなか凝ったシステムになっており、どう接客するかを選択肢で決められました(客によって好みが違う模様)。接客後、報酬(ジゼルの取り分)は1回4000Gで、依頼をこなすより断然効率いいです。


少し金が貯まったので装備を買い換えようかと店を覗いてみましたが、一番いい武器の”モーニングスター”は22,000Gで手が届かず。隣の防具屋の品も、同様にいいお値段しました。

仇の情報を求めて北の山脈へ



町の北出口から出て、北に2エリア進むと山に出まして、


ここの山でルート探しに少し迷いましたが、穴に入るのが正解ルートでした。あとはどんどん上方向に進んでいきます。


山頂でボス戦ですが、敵はただ突っ込んでくるだけなのでエンター連打で楽に勝てました。勝利後、仇は町に潜んでチャンスをうかがっているという情報が得られ、体験版はここで終了です(タイトルに戻ります)。

感想まとめ

話的には、主人公の目的が旦那の仇を討つことと明確で、わかりやすくてよかったです。ゲーム進行も、ほどよく自由度がありつつ(日数ノルマ的な物はなくのんびり進めていける)、やるべきことはギルドの依頼をこなすと明確で、迷うことなく進めていけました。

戦闘・キャラ育成については、経験値・レベルアップなどの成長要素は見当たらず、装備買い換えでのみ強くなるようでした(=アクション・避けゲー寄りの作り)。敵の数はやや少なめでしたが、複数方向から囲まれると逃げ切れずに陵辱モードになってしまいがちで、先を急いでいる時にこれになると結構な時間ロスになりました(特に北1エリア目のゴブリンが足が速くてやっかい)。

エロ要素は、敵にやられてHP0になった時の陵辱モードと、娼館での客の奉仕が見られました。どちらも力の入った手の込んだ作りになっており、前者は屈辱感が、後者は目的の為に客に奉仕する様子がうまく描写されてました。

未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい未亡人神官ジゼルは身体を売っても仇を討ちたい

主な過去作品


ヒロイン全員お財布狙い!~お金を稼いで女の子に貢ぐパパ活SLG~
「女の子にお金を貢ぐ、搾取される…」をコンセプトにしたSLG形式の作品になります。
パパ活にハマっているプレイヤーは
本業やバイトでお金を稼ぎ、それを消費してパパ活を実行。
総勢6人の女の子に対してお金を貢いでいくこととなります。


このダラしのない堕女神に敗北を!~ビッチの誘惑には絶対に負けたくない系ADV~
自堕落な女の子が自分を養わせるために
こちらを籠絡しようと色仕掛けをしてくる系ADVになります。
「こ〇素晴らし〇世界に祝福を!」の2次創作となりますが、
抜き要素メインの内容なので原作を知らない方でもお楽しみいただけるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)