「FalseMyth~謀欲のサクリファイス~」(不志陀羅亭)体験版感想

【30%OFF】FalseMyth~謀欲のサクリファイス~
【30%OFF】FalseMyth~謀欲のサクリファイス~ [不志陀羅亭]
4/2の予告新作で、ライランという町にやってきた主人公が街のトラブルを色々解決していくという作品です(ウルフエディタ製)。体験版では街に到着するあたりから、ダンジョン探索などを経て、誘拐事件を解決するあたりまでをプレイできました(ドットエロ数シーンあり)。本編は2019年05月25日発売予定です。

追記:5/25に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,890円、175ポイント還元(30%OFF価格、6/21まで)
FANZA販売ページ 1,890円(30%OFF価格、6/25まで)
舞台は孤島の都市ライラン。
流れ着いた剣士ルージュは三人の少女と出逢い物語は始まる。
釣り、カフェ、カジノ、闘技場とスローライフ要素は盛りだくさん。
ヒロインたちをつれて共に自由に過ごし、ライランで楽しく暮らそう。

オープニング 不審者扱いされて囚われる


ルージュという人物がお婆さんをおぶっているところから話は始まり、この人物が本作の主人公です。自分勝手な振る舞いのお婆さんに苦慮していると、


リタたち(警備兵)が登場し、不審者扱いされてしまいました。通行証を見せようとするものの老婆がよだれまみれにして使えなくしており、このままでは逮捕されそうな流れです。


戦闘になり、画面最下部の手持ち札の中から3枚選んで出す形式でした。敵は弱く、適当に選んでもすんなり勝てました。カードごとの相性云々がありまして(じゃんけんのような形式)、WINのついているカードを選んでいけば楽に勝てます(なおゲームが進んでいくと、敵の札が見えないことが多くなり、この表示はあまり出なくなります)。


勝利したものの、イカサマを使ったに違いないと決めつけられた上、老婆に気を取られた間に背後から不意打ちされて縛り上げられ、連行されてしまいます。なんとも理不尽な展開でした。


場面変わって怪しい男が2人出てきまして、何を企んでいるのかなど詳しいところはまだわからず。


場面変わって先ほどの警備兵たちの拠点で、ルージュが無実なことが明らかになります。が、素直に捕まらなかったことを咎められ、公務執行妨害の罪状がついてしまいました(この日はいったん釈放)。

薄暗い街を歩いてダンジョンへ


話が終わると動けるようになり、下へと進みます(次の目的は、泊まれそうな宿屋を探すこと)。”東にある階段を下って西に行けば商業地区に出るのでそのあたり”という、ちょっとややこしい案内でした(要するに”つ”の字のようなルートで進めばOK)。


夜で暗い上に地形が入り組んでおり、どこが道なのかもわかりにくいですが、右下方向に進んでいくと”日陰通り”に出まして、(なおピンクの矢印はこちらで入れました)


そこから左へ進むと画面が切り替わります。


さらに左方向へ進むとここが目的の商業地です。☆印でイベントで、悪人を追いかけるリタ隊と鉢合わせし、部下達からリタを援護してほしいと頼まれました。(協力してくれたら今晩泊まれる部屋をこちらで用意すると持ちかけられる)


暗くてわかりにくいですが、右に行ったところにある旗のような物がダンジョン入り口(ダンジョン名は”廃墟?”)で、ここに入ります。


ダンジョンは一本道のすごろく形式で、右端でボス戦です。ボス含めて敵は弱く(WINのカードを選んでいけばいい)、楽々勝利できました。


話的にはこの後が肝心でした。勝利後、油断している隙を狙われ、悪党が投げた謎の薬を主人公が食らってしまいます(リタを主人公がとっさにかばって被弾)。薬はすぐに体に周り、苦しみ出します。


気がつくと宿屋で朝を迎えます。


部屋左下で長いイベントがありまして、主人公の今の状態が描写される重要イベントです(これを飛ばしてしまうと話の根幹が見えなくなる)。主人公は体と心も女だと主張しているものの、胸はなく(元々貧乳だったとのこと)肉棒がついてます。ややこしい状況でしたが、先ほど食らった薬のせいで肉体が男性化してしまっていました。


イベント後半は乳首攻められつつのフェラで、激しいテクでイかされてしまいます。


リタを傷つけないよう、元から男性だったフリをして欲しいと頼まれ、以降主人公は男性として振る舞うことになります。リタに対しては、猛毒を食らって性欲旺盛になってしまったと嘘の説明でごまかしました(=リタは主人公のことを元から男性なのだと認識)。続けてリタは主人公の弟子になると言い張り、人の良い性格な主人公は押し切られてしまいます。


話が終わったらベッドを調べて寝ます(水筒のようなマークが睡眠マーク)。


場面変わって悪人サイドで、ザンス口調の下っ端キャラは体験版ラストでまた出てきました(なお指示を出している黒幕がいるものの、名前は明らかにならず)。指示後は状況が若干わかりづらいですが、街で偶然見かけた手頃な女の子を、奴隷として売り飛ばすべく拉致したという展開です。

領主館にいるクロナのところへ

ここから体験版ラストまで、”第一章 それゆけ!ジャスティス”です。本作はひとつの章がかなりの長さでした。


先日の廃墟が住めるように掃除されており、ここが主人公+リタの拠点になりました。リタはギルドを始めると勝手に決め、舞い込む依頼を主人公がこなしていくことになります(お悩み相談・探偵事務所のような感じ)。次はライラン領主館にいるクロナに会いに行きます。


Vキーでマップが出ます。入り組んでいてわかりづらい街なので、これを使って目的地を探すといいです。大広場に行くには、ぐるっと右から回るか、拠点2F右上の扉から出ます。


領主館に着いたら”執務室”に入り(なおクロナはリタの母親)、ギルドの許可証を受け取ります。


なお主人公の精神は女のままだと自分はここまで認識してましたが、恋愛対象(性的興奮対象)は女に変わってました(肉体だけでなく精神も多少男性化している模様)。ただ”女の子に手を出そうなんてそんなことは絶対”というセリフもあり、精神のベースの部分は今のところ女性なままのようです。(なおクロナは、主人公とリタをくっつけたがっている)


法皇様が突然来訪(クロナに会いに来た)して皆が慌てたりチョコを奪われたりするイベントが終わったら下へと進み、自宅へ戻ります(なお裏口はまだ使えず、右からぐるりと回る必要あり)。

道案内したあと、虫眼鏡入手


さっそくギルドへのお客様…かと思いきや、ただの迷子でした(役所と勘違いして入ってきていて、名前はルドゥ)。道案内を順にしていき(これはプレイヤーに対しての施設案内を兼ねていると思われます)、


広場に出ている赤い星を調べるとイベントで、チンピラ(品切れなことに対してキレている+ナンパ)と戦闘になりました。


勝利後は皆に囲まれているリタをひとまず置いておき、ルドゥとともに右からぐるっと回り、左上の”裏通り”へ向かいます。裏通りを上へと進んでいくと☆印でイベントで、道案内のお礼として”見破り虫眼鏡”を貸してくれました。


これでイベント位置が↑のようにマップ上でわかるようになり、ゲーム進行がだいぶ楽になりました。なおルドゥは、主人公と別れたあと謎の人物と会話しており、何か裏があるようです。

拠点地下でダンジョン探索


話が終わったら自宅へ戻りまして、自宅地下のダンジョンに行けるようになってます。隠れていてわかりにくいですが、1F左下(カウンターの左上)に下り階段があり、(初回のみ勝手に地下へ移動)


地下の右下からダンジョンフロアへと降りられます。なおセバスチャンはお助けキャラで、会話終了後に再度話しかけ(煙状のオブジェクトがセバスチャン)、難易度変更→手助けお願い!とやっておくと以降の戦闘がだいぶ楽になりました(ターン開始時に援護攻撃してくれる)。


右上のダンジョンを調べるとダンジョン探索開始です(色々借りられますが、ここは楽にクリアできるので借りる必要はなし)。


引き続きすごろく形式で、虫眼鏡効果なのか、色々と説明・ガイドが増えていました。端まで行くとクリアです。


手に入れたアイテムを鑑定し、ダンジョンから出ます。手に入れた装備は忘れないうちに装備しておくといいです。(メニューの”ステータス”から装備変更できます)

領主館などへ


建物2Fが自室(ルージュの部屋)になってます。眠って話を進めます。なおここまで進めると、自宅2Fの右上から大広場に出られるようになります。


クロナと法皇による話し合いが何やら行われ、教皇サイドはスラムを潰すよう指示し、どうしてもやらないなら国を潰すことも匂わせてきます。クロナ側的には予算の関係(スラム民の面倒を見るほどの金はない)で、スラムを潰すのは避けたい事情がありました。(緊迫感ある会話でしたが、体験版ではこれ絡みの話は本筋にはならず、聞き流しておいても支障なし)


自宅のメインイベントは、Cキーでリタを呼ぶ必要がありました。床の色とかぶり気味で気づきにくいですが、1F真ん中下に☆印が出ているので調べます。性欲を抑えきれずリタに思わず手を伸ばしそうになり、慌てて逃げ出し、


クロナに性欲処理してもらうべく広場から領主館へと向かい、執務室で手コキドットエロです。


自宅1Fカウンター前ににエロイベントがあるものの、リタのレベル不足でまだやれず。話を進めるには、サブイベントやダンジョン探索をやって仲間レベルを上げる必要がありました。

街のサブクエストいろいろ


マップを見るとサブクエストが色々出ていました(正確な条件はわかりませんが、ある程度サブクエストをやらないとメインクエストが進まない模様)。ピエラの遊技場はちょっとしたギャンブル(右か左かを選び続ける運ゲーム)ができ、


PUB(酒場)にもイベントありです(街のお偉いさんがなぜか働いている)。


アルバイトしてみようという話が自宅であったり、


自室で寝たあと、PUBでイベントで、アルバイトしたいと願い出ることができます。


ダンジョン探索(Cキーで仲間を連れていかないと無意味な探索になってしまうので注意)してリタの好感度を2にしたあと、自宅で緊張気味なドットエロが見られました。ここで初めてリタが主人公の股間に手を伸ばしてきまして、さらにフェラしかけるものの怖がって結局できず。最後は手コキで射精です。

拉致された少女を探すことに


メインクエストの続きは(リタによる手コキイベントがこれの発生前提になっている模様)、依頼が来ないと悩んでいると、教会シスターのナギが来訪し、さらわれた少女を助けて欲しいとのことです。他に主人公が料理に慣れていない様子がここで描写されました。


会話後、1Fの☆を調べると捜査開始です。残された人形から、さらわれたのがリタの友人のミリアであることが明らかになります。


手がかりを求めて街マップ右下の日陰通りへと向かいます。


続いて大広場の橋へ(ここはここまで行ってない場所なので気づきにくかったです)、


日陰通りから右へ進むと、ダンジョン(敵アジト)があります。


このダンジョンは後半ぐぐっと一気に難しくなりまして(ボスが強い)、向かう前に準備しておくといいです(主人公の装備を見直す、街左上の店で買い物、ダンジョン入り口で便利アイテムをレンタルするなど)。

敵アジトに乗り込み、激戦に


まずは中ボスのヘルファングがかなりの強さでした。


本作では負けた場合、やり直すか、金を払って全回復してもらった上でやり直すか、ゲームオーバーかを選べます。初見時は準備不足でここに突っ込んでしまい苦戦しましたが、金を払いつつ色々試行錯誤し、なんとか勝利できました。(なお後日やった2周目、入り口でレンタルするなどしてしっかり準備して挑んだところ、比較的楽に勝てました)


奴隷を見つけるものの、探していたミリアはいません。さらに奥へと進み、


右端でようやく目的の少女を発見です。


次がボス戦本番で、初見時は非常にきつい戦いになりました(敵が強すぎるというよりは、自分の準備不足でした)。何度かリトライした末、下キー押しての防御(繰りかえすと90%まで行ける)を使いまくってなんとか勝利できました。(こちらも準備をしっかり整えてから挑むとすんなりと勝てました)


撃破後、不意打ちした男に対して主人公が本気で怒り、ただの人間ではないような雰囲気もありました(詳しいところは明らかにはならず)。

リタと次第に親密に


ミリアを無事保護し、話が終わったら左へ戻り、自宅へと向かいます。


リア・ミリアとの会話が終わったら、礼を受け取りに教会(街上の方、裏通りの先)へと向かいます。(夜だと道がわかりづらいので、寝て昼にしてから行くのがオススメ)


自室で寝る(水筒印が出ているはず)とイベントが進み、法皇が少女にフェラさせているドットエロです。法皇の本性や狙いがここで少し明らかになりました。


このあとは、マップに出ているサブイベントを潰していくと、自室ベッド横に、クロナ・リタに手コキフェラされるエロイベントが発生しました。(クロナとしては主人公とリタをなんとかしてくっつけ、この街に定住させたい)


その後は自宅地下のリタLV4のイベントがあり(レベルが足りていなかったので、ダンジョン探索してレベルを上げました)、2人での修行が見られます。


自宅2Fでリタの回想イベント(日記を付けるという体裁)があり、いつのまにか主人公がだいぶ積極的になっている様子が見られます(会話の雰囲気はレズカップル感あり)。

奴隷業者と対決することに


ここまで進めると、自宅地下にメインクエストイベント(☆印)が発生しました。新たな依頼者が主人公宅に来訪し、一方的な略奪・強盗被害に遭ったのでなんとかして欲しいとのことです。さっそく犯人の特徴を尋ねていくと、特徴はリタそのもので、よく聞くと依頼者は先日潰した奴隷貿易業者でした。奴隷というといかにも悪のようにも聞こえますが、彼らは法に則って合法的に奴隷取引していました。主人公は奴隷をそのまま残したと主張しますが、よく話を聞いていくと、リタが奴隷を全員逃がしてしまっていました(=主人公たちのほうが無法者・悪人ということになる)。


いろいろ言い争いの末(全面戦争を避けるべく、リタのやった罪を主人公が代わりに被る)、敵の親玉と主人公が対決することになりました。カウンター右下の☆印を調べると、対決場所に向かいまして、体験版はここで終了です。

感想まとめ

話はかなりのボリュームがあり、一会話が相当な長さがありました。キャラそれぞれに色々と企みがあり、この先どうなっていくのが気になるところでした。探索は、初めのうちは街で迷子になることがありましたが、Vキーでマップを開けるようになったあとは迷うことなくサクサク進めていけました。

戦闘の難易度は序盤は低かった(カードを適当に選んでいても楽々勝てた)ですが、進めていくにつれてきつくなり、誘拐事件のボスに勝つにはしっかり準備をしておく必要がありました。

エロシーンはいずれもドットエロで、ほどよくレトロ感ありつつ、いい動きに表現されていました。なお絡みについては、肉体的には男と女なものの、主人公の精神は(とりあえず体験版の範囲では)基本的に女ということで、エロシーン中の会話はレズっぽさが若干ありました。ドットエロの内容は手コキやフェラなどで、主人公の受けが多かったです。

FalseMyth~謀欲のサクリファイス~
FalseMyth~謀欲のサクリファイス~ [不志陀羅亭]

過去作品


性拓三妹~ポルルカ色欲物語~
舞台はバルティコマ王国から少し海を渡った小さな島にあるポルルカ村。
その村に、バルティコマで奴隷として売られていた一人の少年が住むこととなった。
少年を引き取り連れ帰ってくれたのは、ポルルカ村で雑貨屋エルメスを営む
三姉妹の長女、ルドゥ。
彼女の紹介で、少年はポルルカ村にすぐ馴染むことができた。


猥魔道δ獣欲まみれの艦
世界を股にかけ逃亡していた性犯罪者デルタ。
だがとうとう長年彼を追い続けていた正義の番人【ワールディア】という組織に逮捕されてしまう。
そして連れ去られた先はワールディア、そしてデルタの故郷でもある【宇宙科学世界】。
本部へ向けて宇宙を漂う艦の中で今回の騒動が始まるのであった。


猥訓道δ~姫は淫奔な弟子~
前回、逃亡先の神社で一人で留守番をしていた巫女の天音を見事手中に堕とし
そのまま逃亡を続ける性犯罪者デルタ。
世界を股にかける男デルタが次にやってきた場所は幻想世界(ファンタジーワールド)。


猥撮道δ~巫女に首ったけ~
世界を股にかけ、ありとあらゆる性犯罪を行ってきた男デルタは、
当局の手から逃れるため片田舎の古い文化の世界へと逃走する。
その逃亡先の世界で一人留守番をしている巫女を発見したデルタは、
その可愛らしい容姿に迷わず彼は彼女を手中に収めるべく行動を開始した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)