エロアクションゲーム「永眠世界」(八卦鏡)体験版感想

永眠世界
永眠世界 [八卦鏡]
8/28発売の新作で、皆が眠ってしまった世界を舞台としたアクションゲームです(ウルフエディタ製)。体験版ではステージ1をプレイでき、ダメージを食らって服が破けていく様子などが見られました。

DLSite販売ページ 1,430円、130ポイント還元
フォーマルハウトより招かれた災厄により、人類は眠りから目覚める事なくその活動を停止した。
もはや、人類はその寿命が尽きるまで、眠りの中で悪夢にうなされ続けるだけの肉塊となった。
かつて人類が支配したその世界は、今や夢を操る夢魔たちが支配する世界となった。
そんな人類が永眠する世界で、夢魔たちの戦いを描くアクションゲーム!

人類が眠りこけた世界が舞台


最初に世界観の説明が入り、人類が眠りこけてしまった世界が本作の舞台でした。妖精らしきキャラが、自分が世界を救うと旅に出て、


最初に取り憑いたのは女子生徒です。体験版ではこのキャラを操作することになりました(一部地点で元の妖精に戻る)。

システムは、ひたすら上へと進むアクションゲーム


基本操作はZキーで決定、Xキーで攻撃です。扉に入り、ひたすら上へと進んでいきます(横方向への画面移動はなし)。敵を倒しても何も得られませんが、かといって避けて進むと↑のように囲まれてどうにもならなくなりがちで、しっかり倒しながら進んだ方が安定しました。

アクションゲームですがステージ途中でセーブが可能で、所々にあるペンのついたメモ帳を調べることでセーブができます。ただスロット的な物はなく、常に上書きでした。


一方通行(赤矢印)の箇所は、レバー操作で移動する向きが切り替わる模様です。レバーはすぐに戻ってしまいますが、それで正常でした(これに関してはもう少し説明が欲しく感じました)。


進んでいくと出てくる白大根は少し体力多めですが、間合いを取って攻撃すれば問題はなかったです。

ステージ後半は敵数が増加


ステージ後半、敵が一気に出てくる箇所は囲まれてしまいがちで、少し手こずりました。ただセーブポイントがすぐ近くにあるため、再挑戦は容易でした。


ロッカーの箇所は、幽霊が潜んでいます。こちらも出てくる場所がわかってしまえば攻撃して難なく倒せました。


ロッカー地帯を抜け(なおボス的なものはおらず)、ゴールの扉に入ったところで体験版は終了です。

感想まとめ

システム的には、成長・育成要素的なものはなく、純粋なアクションゲームという印象でした。いい操作感で、さくっとゴールまでプレイできました。

難易度は、最初のステージということもあってか比較的簡単でした。敵がまとまって出る箇所がいくつかあったものの、もしやられてもセーブ地点からやり直せるので問題はなかったです。

エロ要素については、やった限りでは体験版ではエロシーンは見当たらず(ダメージを食らうことで服が破けていく要素はあり)。サンプル画を見ると、本編では一枚絵エロシーンがある模様です。




主な過去作品


忘我の檻
留年をしない為の特別措置として、老人福祉施設への慰問の補習を学校側から提案された女子学生達。
それを承諾して指定された施設へとやって来たが、そこは恐るべき人智を超えた存在が蠢く場所だった!


迷宮学園-更生教師-
突如、謎の空間変異現象により迷宮と化した聖楓学園。
そこに取り残された生徒達は外界に出る事を拒み迷宮で生活を始めてしまった。
貴方は国家の教育機関から派遣された更生教師である。
貴方は迷宮化した聖楓学園に潜入して、
愛の鞭(教鞭)で生徒達を厳しく指導して更生させる事が任務である。


ヴァンパイア女学院-迷宮学園II-
貴族のお嬢様達が在籍するサンクトゥス女学院。
女学院は突如として空間変異を起こし迷宮と化した!
女学院に閉じ込められた女生徒を救出するように依頼を受けた探偵の男。
彼は夢魔インキュバスにして錬金術師という不可思議な肩書を持つ男。
一振りの魔剣と魔法の指輪を携え、
吸血鬼の跋扈する永遠に続く青春の迷宮の謎に挑め!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)