変身ヒロイン物エロゲ「WIZARD LINKS」体験版感想


WIZARD LINKS

筆柿そふとさんの新作で、現代が舞台の変身ヒロイン物ノベルゲームです。体験版ではプロローグの他、Hシーン5つが見られました。本編は5/27発売予定。

体験版ダウンロードはこちら
WIZARD LINKS
学生である神代ひかるは、父と母、弟との四人家族。
あるとき、奇妙な格好をした女の子と衝撃的な出会いをします。
それは金髪碧眼の魔法使いでした。
そして「悪魔」を狩る彼女と関わることになり、巻き込まれていくことに…。


プロローグは、ヒロイン母娘が舞台になる町に派遣されてくるところから始まりました。2人は魔法使いで、悪魔退治が使命ということです。住まいとしてマンションが支給されており、ここに住むことになります。


続いて剣道をやっている男子(神代ゆずる)が出てきました。姉を守るために体を鍛えているということです。親との関係も良好なようで、平和な雰囲気の一家という感じです。


登校中には生徒会長の九条旭が出てきました。姉の幼なじみで、神代ゆずるは憧れ的な好意を持ってるようです。


続いて九条旭視点で幼なじみ(神代ひかる)との思い出が語られ、幼い時の可愛い姿が描写されました。



ひかると違って運動が苦手ということで、自分はそのぶん勉強をがんばってひかるをサポートしようということで優等生でいるとのことです。



続いてひかる視点で祖母との思い出などが語られ、剣道をやめてしまった経緯もここで説明がありました。現在はいろいろな部活の助っ人として忙しく活動してます。


ここまでは和やかな雰囲気で進んできましたが、翌朝動物の殺害事件(人間の唾液が検出)の話が出てきまして、悪魔がらみのストーリーが動き始めます。


ひかると旭が2人で帰宅中に男とぶつかり、奇怪な物が頭から出てきました。取り憑かれて操られているようです。


どうした物か悩んでいると助けが入り、冒頭で出てきました魔法使いです。取り憑いた幽体や魔法使いがひかるになぜか見えてしまいます(隣にいる旭は何が起こってるのかわからず)。幽体がなくなると男は倒れてしまい、この場は一件落着です。


魔法使い側としてもひかるのような存在は珍しいということで、対処に悩みます。



数日たち平和な日々が戻ったかに見えましたが、転校生として魔法使い(エレナ)がやってきました。ひかるを監視する狙いでこのクラスを選んで来たのかと思いましたが、偶然とのことです。悪魔がらみの説明を聞くと、ひかるは協力したいと言いだし、”何かあったら連絡して”と強引に電話番号を教えます。



夜になり、悪魔が現れて退治に向かいます(ここで悪魔に手傷を負わせたことでしばらくは大人しくなる)。ひかるは戦闘には参加せず、取り憑いた幽体が抜けたあとの処理(救急車を呼んだりなど)担当でエレナに協力することになります。


ヤエルはエレナのサポートをしている守護者的な存在で、魔女と悪魔がなぜ戦うことになったのか説明してくれました。


続く戦闘シーンではエレナが過去の自分を思い出して苦悩するシーンがありました。


エレナに協力する一方、幽体が見えない旭には嘘をつかざるを得ず、しだいに旭との関係が気まずくなります(エレナと親しくしていることに嫉妬している模様)。


悪魔との戦いでは、自分の感情をコントロールすることが重要なようです。


その後しばらくは少し平和な日々で、家族ぐるみで親睦をはかったり、




女3男2でデート的に買い物を楽しんだりするシーンがありました。


その後悪魔の傷が癒え、本格的にバトルです。タイトルにもある”リンク”がストーリー的に重要なようです。


魔法使いの強さの程度ですが、悪魔を追おうとしたら車にはねられそうになって全力で回避したり(普通の人間には変身姿が見えてない)、窓ガラスが割れて落下し必死で羽を生やして助かったりなど、生身の人間に近い感じもありました。


悪魔は感情を集めると進化することができ、人間に取り憑いていたのはこれを狙ってのようです。なお選択肢はどちらを選んでも勝利でした。


勝利後、他悪魔達の会話があり、体験版はここで終了です。


Hシーンはタイトル画面の”Trial Event”から見られます。体験版では5シーンが見られ、日常系が3つ、敗北系が2つでした。



上段左側は、ひかると旭のレズ関係にゆずるが巻き込まれ、2人もてあそばれ気味に攻められるという展開です。女2人の男に慣れてない感・男性器への興味具合がうまく出てました。


上段右側は、エレナが淫魔オルフィナに攻められるという敗北系シーンです。この悪魔は、力で無理矢理というよりは洗脳系なようです。



中段左側は、蛍(ひかる・ゆずるの母)とゆずるの母子ものです。シーン以前に親しくなったようで、ラブラブ和姦という感じでした。



中段右側は、ゆずるが魔法使い2人にご奉仕される3Pです(アナルを指攻めされる描写あり)。



下段はリディア(エレナの母)が露出度高めなコスチュームに変身してしまうという羞恥系敗北エロです。いい具合に露出したデザインのコスチュームでした。

まとめ:
ストーリー的には、序盤適度に回想シーンがはいって人物関係や状況が理解しやすかったです。 テキストのテンポもよかったです。雰囲気的にはシリアス寄りという印象でした。

システム的にはオーソドックスなノベルゲームでした。途中敵と戦うシーンが何度かありましたが、コマンドバトル的な物はなかったです。

エロシーンはゆずるが受けの日常系が3つ、バトルに負けてイかされたりする敗北系が2つ見れました。前者は姉弟や母子、アナル攻めなどアブノーマルな物が多い印象でした。後者はバトルコスチュームのままでのエロシーンで、テキスト的にも敵の方が戦闘能力高いという感じがうまく出てました。

関連記事:
『WIZARD LINKS-ウィザードリンクス-』 感想(体験版) : エロゲー廃人速報改


WIZARD LINKS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)