Tag Archives: 戦場

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想5(帝国将軍ボルデ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回は帝国将軍ボルデ(帝国軍の指揮官で、ギアの上官的存在)をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
製品版感想2(山賊インゴ編)
製品版感想3(アーデルハイト編)
製品版感想4(剣士フェイ編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

戦闘システムはアーデルハイト編と同様


話的には、帝国軍の勝利は時間の問題なものの、援軍が来る前に自分達で攻め落とさないと自分の出世に響くということで、それなりに焦りはありました。


商人は部屋左下におり、アイテムの他、奴隷女や防衛用の傭兵も買えました。


戦闘のシステムはアーデルハイト編と同様ですが、こちらは軍師はおらず、予測は”詳細情報”(消耗品)で行います。1回につき1つ使ってしまい、あまり乱用はできません。情報の精度は軍師と違って100%のようで、やった限りでは外すことは一度もありませんでした。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想4(剣士フェイ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回は剣士フェイ(アーデルハイト編で協力してくれた冒険者)をやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
製品版感想2(山賊インゴ編)
製品版感想3(アーデルハイト編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

まずは情報を求めて世界を放浪


師匠の敵(かたき)を取ることがこの主人公の目的で、他と比べると謎解きアドベンチャー的な面がありました。背中の入れ墨とショートソードの使い手という情報を元に、世界中を聞き込みして回ることになります。


まずはPUBなどの張り紙をこなして金を貯めつつレベルを上げていきます(この主人公は、インゴと違って普通に経験値が入りました)。話を進めていくと最後でボスに勝利する必要があり、いきなり謎だけ解いてもクリアできなく徒労になるのでご注意ください(ラスボス撃破の目安レベルは30程度)。


ノード軍傭兵の依頼をやっていくと、兵士から少し手がかりが得られました。アーデルハイト編などからするとラルクが目的の人物とは思えませんが、帝国軍側の依頼を受ければ会えるということです。


チャプター1で宿屋に泊まるとイベントが起き、有益な情報を5つ集めれば居場所を突き止められると指令が入ります。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想3(アーデルハイト編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回はノード王国騎士のアーデルハイトをやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」(池袋DPC)体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
製品版感想2(山賊インゴ編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

戦闘形式は特殊


アーデルハイトの副官(軍師的な役どころ)がルシールで、知的な雰囲気がうまく出てますキャラでした。


この主人公の場合、戦闘はじゃんけん的なバトルになります。勝つと一歩前に進み、負けると一歩下がるのを繰り返し、端まで押しきるか押しきられるか10フェイズ経過するかすると決着です。ルシールの予想は8割当たるということですが、体感だと5~6割程度でした(なお後のイベントでこの確率は上がります)。


適当にやると敗戦続きで、あっという間に戦況悪化していき、最終ラインを突破されてノード王国の敗北に終わりました(バッドエンド2)。なかなか特殊な形式なので、最初はシステムに慣れつつエンド埋めでいいかと思います。


なお”全軍突撃”を選んで自ら戦場に赴いくことも可能でした。レダ編と同様な兵一杯の戦場画面になり、反対側にいる総大将を倒せばステージクリアです。今回やった限りでは、総大将に勝つのは厳しかったです(ザコを避けるなどして大将までは行けるものの、大将[将軍]に勝つのが難しい)。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想2(山賊インゴ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。今回は山賊インゴをやっていきます。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

これまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

まずは近場の村を襲撃


インゴは山賊団の頭領で、レダ編グッドエンドの終わりで出てきたキャラです。ノード領の小さな村を襲うシーンから始まり、女剣士達を瞬殺します。


いきなり世界中に行ける自由度の高い作りですが、まずはすぐ南にある辺境の村から行くのが賢明です。山賊達はそこまで強くはなく、兵士に見つかると勝ち目が薄いです(デフォルト状態だと見えてませんが、砦近くや橋近くには兵士がいます)。



村荒らしは制限時間があり、これがゼロになると憲兵団に入り口を塞がれて出られなくなってしまいます。一応戦闘にはなりますが、全く勝負にならず(全員ワンパン即死)、時間切れ=ゲームオーバー確定と言えました。牛に手を出すのは最初のうちは止めておくのが無難です。

続きを読む →

オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」製品版感想1(帝国兵ギア編、ノード王国女兵士レダ編)

戦乱のヘキサ
戦乱のヘキサ [池袋DPC]
4/27発売の新作で、戦乱陵辱の世を6人の主人公を通じて描いた作品です(RPGツクールVX製)。よく考えられた面白いゲームシステムで、CGのクオリティも良かったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,836円、170ポイント還元
DMM販売ページ 1,836円、340ポイント還元

体験版感想はこちら
オムニバスエロRPG「戦乱のヘキサ」(池袋DPC)体験版感想
物語の舞台は、強大な帝国軍の侵攻を受ける小王国ノード。
そのノード王国の戦乱を生きる、立場も目的も違う6名の主人公たちは、
それぞれシステムの異なる「兵士」「放浪」「指揮官」の男女。
選んだ主人公によって全く異なるストーリーが展開されます。

帝国兵ギア編

ラルクを脅して戦闘に


チャプター1と2を体験版同様に進めていき、チャプター3の戦闘前、ラルクのことを味方2人にバラして協力を求めるか、黙っておいて1人でやるかを選べます。


仲間を誘うと3人での戦闘になり、仲間2人は主人公と同等の強さでした(主人公のそのときのレベルが適用される模様)。ラルクはかなりの強さで、3人がかりでも初周のチャプター3で勝つのは厳しいです(もし負けると容赦なく殺されてゲームオーバー)。なおラルクはストーリー進行・エンディングには関わらず、無理して倒す必要はありません。

勝利後、3人で勝った場合は輪姦、1人で勝つといると自分達だけがこっそりと楽しめ、どちらの展開もいい展開でした(CGは一緒でテキストは別のエロシーン ラルクを言葉責めで追い詰めていく様子は、1人のほうがわかりやすかったです)。なお本作では、回想を埋めたい場合、セーブ+ロードでは埋まらないのでご注意ください(グッドエンドを狙う場合周回してレベル上げすることになるので、そのときついでに回収するのが効率いいです)。


エロシーン後は、他兵士達に秘密をバラすかバラさないかを選べます。秘密にしておいてやると好きなときに犯せて、一方皆にバラすと兵士達によりビキニ鎧姿にさせられます(レイプシーンあり)。秘密を見抜いた功労者ということで、仲間も主人公に対して敬い気味です。他の皆(女キャラ含む)もその話題で持ちきりで、いい雰囲気出てました。

続きを読む →

エロシミュレーションRPG「奴隷王女シャルロット」(ルさんちまん)製品版感想

奴隷王女シャルロット

奴隷王女シャルロット [ルさんちまん]

9/30発売の新作で、国を追われた王女が山賊と手を組んで戦っていくというSLGです(SRPG Studio製)。ほどよいゲームバランスで、話も面白そうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円(20%OFFキャンペーン価格)

体験版感想はこちら
エロシミュレーションRPG「奴隷王女シャルロット」(ルさんちまん)体験版感想
・山賊共の奴隷となり、山賊共と共に国を攻め落としていく王女の物語です。
・今回はSRPG。舞台は一つの国を攻め落とすまでに渡る、13ステージと大ボリュームです。
・拠点攻撃パートは王女シャルロットとなり、各ユニットへ指示を出します。
 様々なスキルや武器を使い勝利を目指しましょう。
・勝利後はもちろん山賊達による女キャラ凌辱パート。
 捕まえた女はその場で山賊共がぶち犯す!

最初にあります難易度選択は、後半の敵の強さがどの程度かわからないので、一番簡単な”すごくやさしい”を選択しました。なお右クリックでイベントがまるごとスキップできまして、CTRLキーでのスキップより格段に速いです(2周目やコンティニュー時に使うと便利)。


第三章で、西へと逃げていく盗賊を倒すと”紅の剣”が手に入ります。強さ的には攻撃11・射程1で、ちょっと強い武器という程度でした(=無理して取りに行く必要はなし)。


第三章クリア後は、コルネ(アーマーナイト)輪姦で、全裸バックでハメられてレイプ目でした。その後主人公から説明を受け、仲間に加わります。貴重な盾役として役立ちました(この先他にアーマーナイトは出てこず)。


ステージ間の調教では、ためた調教ポイント(敵撃破で増えていく)を使ってレベルを上げられます。普通に稼ぐよりこちらの方が楽でしたので、弱いキャラを育てたい場合などにどんどん使っていくといいです。

続きを読む →

エロシミュレーションRPG「奴隷王女シャルロット」(ルさんちまん)体験版感想

奴隷王女シャルロット

奴隷王女シャルロット [ルさんちまん]

8/11の予告新作で、王女たちを操作して戦っていくシミュレーションRPGです。体験版ではステージ3までをプレイできました(エロシーン複数あり)。2017年09月下旬発売予定。

追記:9/30に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,620円、150ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円(20%OFFキャンペーン価格)
・山賊共の奴隷となり、山賊共と共に国を攻め落としていく王女の物語です。
・今回はSRPG。舞台は一つの国を攻め落とすまでに渡る、13ステージと大ボリュームです。
・拠点攻撃パートは王女シャルロットとなり、各ユニットへ指示を出します。
 様々なスキルや武器を使い勝利を目指しましょう。


最初に難易度選択があり、今回はエロメイン(簡単な方)でプレイしました。経験値が倍入るということでガンガンレベルが上がり、説明文通りサクサクと進められました。

・第一章

話は奴隷売買シーンから始まり、女は既に調教済みです。


場面変わって小柄な王女が登場し、こちらが本作の主人公です。山賊達に囲まれてしまい、お供の男(王子)やあとを追ってきた女騎士とともに戦うことになります。

続きを読む →

女主人公エロRPG「King Exit」(深爪貴族)体験版感想

King Exit

King Exit [深爪貴族]

12/22発売の新作で、牢に捕らえられた女騎士が脱出を図るという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版あり。

DLSite販売ページ 1,620円、45ポイント還元
DMM販売ページ 1,296円(20%OFFキャンペーン価格)
街も仲間も家族も奪われた”英雄ゲオルイース”
惨劇の罪を負わされ、連行されたその先は…
大陸最大級の重犯罪者収容施設―――――”地下監獄”

そこは何者かが暗躍を巡らす要塞と化していた。
罪なき王達が投獄され、逆らえば拷問さらには命までも。
囚人ゲオルイースもその身を凌辱されていく

・・・しかし盲目の囚人少女スティアラとの出会い。
失墜の英雄は少女との絆を深め、そして決意する。
腐敗した監獄、暗躍する悪を倒すため―――――”脱獄”



動けるようになったら、まずは水を調べます。これで扉を開けられるようになります。



右の部屋でツボを調べるとロープが手に入り、これがあると奥へと進めます。


大王というのが大ボスな模様です。

続きを読む →

エロシミュレーションRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)製品版感想2(8章~ラスト)

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~ [ゴールデンフィーバー]

7/30発売の作品で、山賊の親分が仲間と共に逃亡の旅をするというシミュレーションRPGです。前回記事では囚われたおかしらを救出したところまで進みました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,555円(20%OFFキャンペーン価格)

ここまでの経過はこちら
エロシミュレーションRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)製品版感想1(序章~7章外伝)
王道的SRPGにおいて、序盤の手頃な雑魚敵として消費される『山賊』たち。
今作は彼らが主人公となり、平和を愛する為政者に喧嘩を吹っ掛けます。

村や民家は襲うもの!
無抵抗な一般人は倒して経験値にするもの!
民想いの貴族は不倶戴天の敵!
そしてもちろん――倒した戦乙女は、凌辱するもの!

最後まで悪を貫き通す、本編14章+外伝9章の長編SRPG。

・8章

この面は見渡す限り砂漠という作りでした。まずは右下のザコを倒していきます。

ターンが進むと、右上から敵の魔獣官が襲ってきます。攻撃が魔法なので、荒くれなど抵抗低いキャラが狙われるとかなりのダメージを食らいました(魔獣官はこの先の面でも結構出てきます、他の馬・飛行ユニットと見分けがつきづらいので注意)。


ボスは2体います。今回は左上の弓(リネット)から倒しました。リネットは射撃台の上にいるため射程が広い上、攻撃力も高く、近づくまでが一苦労でした。回復ユニットで毎ターン回復しながら進み、なんとかたどり着けました。


続くシルヴィは、久しぶりの魔法系ボスです。初見時は守備力低めなのを見て攻撃力高いキャラから順に突っ込ませましたが、反撃で次々瀕死に追い込まれるという状況になりました。


安全に倒すには、リネットがいた射撃台に弓ユニットを立たせると↑のように一方的に打ち続けることができました。


ボス2人はピックルの知り合いでした。クリア後は疑った詫びとしてさらし者にされます。シルヴィは一緒に戦ってきた配下たちに視姦されながら異物挿入され、プライド高い賢者という性格がうまく表現されてました。一方リネットの方はピックルに至近距離でじっと見られながらのハメられで、こちらも関係をうまく活かしたいいシチュでした。

続きを読む →

エロシミュレーションRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)製品版感想1(序章~7章外伝)

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~

WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~ [ゴールデンフィーバー]

7/30発売の作品で、山賊の親分がふとしたことで手に入れた洗脳アイテムを使って仲間を増やしながら逃亡の旅をしていくというシミュレーションRPGです。遅くなりましたが、面白い設定でゲームバランスもよかったので購入してみました(プレイしたバージョンは1.06)。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,555円(20%OFFキャンペーン価格)

体験版感想はこちら
エロSRPG「WE ARE BANDITS!! ウィーアーバンディッツ ~恥辱に手折られし戦場の花~」(ゴールデンフィーバー)体験版感想
王道的SRPGにおいて、序盤の手頃な雑魚敵として消費される『山賊』たち。
今作は彼らが主人公となり、平和を愛する為政者に喧嘩を吹っ掛けます。

村や民家は襲うもの!
無抵抗な一般人は倒して経験値にするもの!
民想いの貴族は不倶戴天の敵!
そしてもちろん――倒した戦乙女は、凌辱するもの!

最後まで悪を貫き通す、本編14章+外伝9章の長編SRPG。


難易度は、ソクヌキ(最も簡単)だと外伝がプレイできないということなのでシッカリ(簡単)を選択しました。終わりまで行った感想としては、初見時はシッカリでもなかなか難しく、後半の対ボスでは死人が出ることもありました(ソクヌキ・シッカリは死んでも次の面で復活します)。ギリギリ(難しい)やガチンコ(超絶難しい)は、1周目にソクヌキorシッカリで各ステージの流れや誰を育てるべきかを把握したあとの2周目以降に挑むのが無難そうでした。

・序章

手下3人と館を襲撃します。荒くれ(ゲーム後半、狂戦士にクラスチェンジ可能)は最終的には1人いれば十分だったので、3人ともバランスよく均等に上げるよりは、1~2人に絞って上げていった方が終盤役立ちます。

荒くれ・狂戦士の特徴は、力と守備が高いのが長所でした。欠点は抵抗(魔法防御)の上がりが悪いことで、ゲーム中盤以降頻繁に出てくるようになる魔法ユニットに続けざまに襲われるときつかったです(=ゲームが進むにつれて、最前線には出しづらくなる)。

・1章

馬ユニットのロンバーと、回復役のティンコラスが加わります。馬ユニットは攻撃した後移動できるのが便利で、この先意外とあまり出てこず貴重な存在です。ステージ攻略的にはまずは下へ進んで村を確保し、あとはのんびり進めていけばOKです。


ステージクリア後、エデが仲間に加わります。ユニット的には、高い”速さ”を活かして敵の攻撃をかわしまくる+3回攻撃というタイプです。技や直感が高くクリティカル率高いのも魅力的でしたが、守備力があまり上がらないのが欠点という印象でした(=運悪く敵の攻撃が連続で命中してしまうと一気に瀕死になりかねないため、馬や荒くれと比べて最前に出しづらい)。

(このキャラに限りませんが)戦わせずに放置しておいてあとの面で上げようと思っても厳しいので(前線に出しても力の差がありすぎてダメージいかず稼げない)、次の章でリスク覚悟で積極的に前に出して、ある程度レベル上げておくといいと思います。

続きを読む →