女主人公エロRPG「桜花見参」(古い森の奥)体験版感想

桜花見参
桜花見参 [古い森の奥]
5/4の予告新作で、女剣士が主人公の和風作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版では北の餓鬼と南の鬼をプレイできました(エロ要素はザコ敗北・門下生に脅され・発情オナニーなど)。本編は2020年06月下旬発売予定です。
クールで強気な和風女剣士が妖怪退治を繰り広げるお話です。
段階エロに特化した作りになっており、妖怪相手の凌辱や町人との町エロはもちろん、
戦闘エロへの反応など含めてほぼすべてのシーンが段階的に変化します。

さっそく人助け

オープニング(エロシーン1つあり)はスキップ可能で、飛ばした場合、ゴロツキをぶちのめして剣術道場に向かうところからスタートです。なお難易度設定的なものはなしでした。


茶屋で和んでいる剣士の”桜花”が本作の主人公で、団子について店主と談義していると悲鳴が聞こえてきます。右を見ると村娘がごろつきに襲われており、さっそく助けに入り、あっという間に撃退しました。


店に戻ろうとすると別のところから男女の声が聞こえてきます。こちらはカップルな模様ですが、桜花はこちらもごろつきだと判断したのか問答無用で男をぶちのめしました。



店に戻ると体に異変が起き、トイレを借りてこっそりオナニー開始です。妖刀の力の代償として、戦うと発情してしまうとのことです。

道場で情報収集


落ち着いたところで店主から情報収集を開始し、事件・怪異がらみを知りたいなら町の北東にある剣術道場がいいと教えてもらいます。


話が終わると移動可能になり、道場は、先ほどの揉め事があったところのすぐ上です(町の右上)。


道場主に話を聞くと、北にある森で怪物(餓鬼)を見たという話が聞けまして、これが最初の任務になります。

北の森で餓鬼退治


準備ができたら町の上から出て森へと向かいます。町のサイズがコンパクトでわかりやすいのはありがたかったです。



戦闘はシンボルエンカウントです。ここの敵は弱く、ほとんどワンパンで倒せました。敵は全然寄ってこず(むしろ逃げるような動きをする)、楽に回避可能できました。ただこの先LV1のまま突き進むのは無理なので、あえて戦ってレベルを上げておくと楽になります。



2エリアほど道なりに進むと(ややこしい分岐はなくほぼ一本道)イベントがあり、更に上に進むとボス戦です。少し敵攻撃力が高かったものの、3発で撃破できました(撃破時のレベルは4)。

石に触れてスキル取得+回想部屋へ



撃破後は自動で町に戻りまして、町の中央(道場前)にある石が反応し、謎の部屋に引き込まれます。


この部屋では、”淫気”を使ってスキルを取得できました。ただ今の時点では1しかなく、大したスキルは取得できず。他には階段を降りると回想部屋があります。町へと帰る場合は、下に3つ並んでいるうち左端の石を調べればOKです。

南の洞窟へ



道場で報告し、次は南にある洞窟が目的地になります。町の下から出て、道なりに進むと洞窟です。



ここに出る赤鬼は拘束攻撃をやってきまして、戦闘中エロありでした。本作では戦闘中エロを見ることで淫気(スキル取得に必要)がたまり、これによって攻撃系スキルを取得し強化していくことになります(レベルアップでもスキルを取得するものの、そちらで覚えるのは回復技のみな模様)。

敵の攻撃が痛く苦戦


ザコ敵の攻撃力は先ほどの森と比べてぐっと高くなっており(特に炎・氷といったスキル技のダメージが痛い)、真面目に戦ったもののやられてしまいました。気がつくと別場所で鬼に襲われており、バックでハメられるレイプシチュです。


復活はダンジョン入り口ですが、HP1なのでいったん町に戻るのが無難です。


道場の自室にある○印はオナニーで、これでは回復せず。回復するには○印ではなく、その上の光っている箇所を調べる必要がありました。


慎重に戦いながら洞窟を進んでいくと、宝箱からステータスアップアイテムが色々と手に入りました。強力な装備品である”田力尾の包帯”(店で買うと2000銭)も宝箱から手に入りまして、ひとまず逃げてこれらを回収するのもひとつの策です(ザコからの逃走は、今回やった範囲では100%成功しました)。

ボスに勝つには準備が必要



ボスの赤鬼は攻撃力・体力ともに高く、LV6で挑んだところ、回復量と食らうダメージ量がほぼ一緒なためジリ貧で(攻撃を回避できた時にだけダメージを与える余裕ができる苦しい展開)、最後はMPがなくなって打つ手がなくなり敗北でした。ボスの敗北エロはなく、ボス手前で復活です。



回復アイテム(スキル”治癒光”よりも回復量が多い)を店で買い、スキル”双月・閃”(単体2回攻撃)を取得して再挑戦し、今度は無事勝利できました。ボスからは大量の経験値が得られ、LV6→LV9に上昇です。

新たな人物が登場


勝利後、木蓮なる男が登場し、主人公にとって相当邪魔な存在らしく男に対して敵意剥きだしでした。


道場に戻った後、左に進むと話が進みます。回想らしきイベントが少し入ったあと、この道場をあとにして東へ旅立つ、というところで体験版のストーリーは終了です(引き続きプレイ可能)。

道場の門下生のエロシーン


道場内左寄りにいるレグルはゲーム冒頭でぶちのめした男で、この男にもエロ要素がありました。怪我をすごい医者が治してくれたという話になり、治療費を請求されます。最初は突っぱねかける主人公でしたが、道場に泊めさせてもらっているということで、レグルの要求を聞くことになりました(選択肢はなし)。


道場の外に出まして、後ろを向いて尻を見せる羞恥シチュです。男は後ろでしごいており、尻にぶっかけられる展開でした。レグルが慌てて逃げたあともエロシーンが続きまして、桜花はかけられた精液を見て発情しだし、1人でオナニーです。

レグルは道場内の同じ場所におり、再度話しかけると次の段階に進みます。再び後ろ向きのシチュですが、今度はぶっかけられず拍子抜けな主人公でした。なお再度話しかけたもののシーン内容は一緒で、体験版ではこのキャラのエロはこれ以上進まないと判断しました(このあたり、回想部屋にもう少し詳しいヒントが欲しく感じました)。

感想まとめ

コンパクトにうまくまとまった和風作品で、話的にも次に行くべきところが明示されるなどストレスなくスムーズにプレイできました。

戦闘の難易度はそれなりに高めでした。道中のザコからは逃げて進められましたが、ボスに勝つにはしっかりキャラ強化する必要がありました。アイテム的には、洞窟の宝箱から装備品が手に入るのはありがたかったです(その分、金を回復アイテム購入に回せました)。

エロ要素はザコ敗北・戦闘中エロ・町中エロ・発情オナニーがあり、戦闘中エロとキャラ強化がリンクしているのが面白いところでした。剣の力を使うことで発情してオナニーというのも、無理がなくいい設定でした。

桜花見参
桜花見参 [古い森の奥]

過去作品


レムと淫らな女神の衣
レムスティル・ランドフォーザは高名な冒険家の父を持つ。
ある日父が持ち帰ったのはやたらと扇情的な一枚の服だった。
姓への好奇心とちょっとした憧れからその服をこっそり身に着けてしまうが、
なんとそれには呪いがかかっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)