女主人公エロRPG「マーレと黒き海の迷宮」(ゆめなまこん)体験版感想

マーレと黒き海の迷宮
マーレと黒き海の迷宮 [ゆめなまこん]
5/12の予告新作で、女大魔法使いが遺跡を探索していくという話です(RPGツクールVX Ace製)。体験版では遺跡3Fまでをプレイできました。本編は2018年06月上旬07月中旬発売予定です。

追記:9/21に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、140ポイント還元
国を脅かしていた竜を倒した功績から、若くして大魔法使いと呼ばれるようになったマーレは、旺盛な探究心から各地の古代遺跡や秘境を旅してまわる日々を送っていた。
そんなある日、マーレはイソラ島という場所で海底遺跡が見つかったという話を耳にする。
未知の世界と未知の魔法を求め、早速向かったマーレだが、その遺跡は入る者の力を封じ欲望を増大させる、見たことのない魔物が棲む迷宮だった……。

体験版について

まず始めに、5/30現在、体験版はダウンロードできなくなってます(行けてはいけない所に手違いで行けるようになっていたのが原因で、現在修正作業中とのことです)。今回は手元にダウンロードしてあったVer1.00(Game.exeの日付は5/8 7:10)をプレイしました。

状況について詳しくはこちら
体験版ver1.01 – ゆめなまこん – Ci-en

6/23追記:
体験版ver1.1がダウンロード可能になってます。変更点は、バグ修正・難易度選択の追加・一度見たHシーンを省略できるように・Hシーン一つ追加とのことです。


難易度設定はイージーとノーマルの2種類でした。イージーは敵から逃げやすく、ノーマルはアイテムを集めやすいということです。話を進めたい場合は逃げた方が断然楽で、最初はイージーがいいかと思います。

なお難易度はあとから変更することが可能で、自室の赤い本を調べることで何度でも変更できます。レベルが上がって楽に勝てるようになり素材アイテムを効率よく集めたいという場合は、ノーマルに変更するのもありです。

オープニング 遺跡のある街へ到着



オープニングは、まずは船上で戦闘です。主人公はかなり有名な魔法使いで、襲ってきた巨大クラーケンを難なく撃破し、船員達に感謝されます。


街に到着後は、ストーリーやらお使い的な物は特になく、すぐに遺跡へ向かってOKでした。(オープニングをスキップすると、宿の自室からスタート)


街の施設は、装備が買えるのは右上、回復アイテムが買えるのは右下です(ただ開始時点では金を大して持っていないので、後で貯まってから行けば十分です)。他には左上にギルドらしきものがありますが、体験版ではこれといったイベントはなしでした。

洞窟を抜けて遺跡へ


街出口は左で、出ると即ダンジョンです。


まずは海底の洞窟で、目的の遺跡はこれを抜けた先でした。戦闘はシンボルエンカウントです。ここは敵のエロ攻撃はなく、経験値も得られない(金のみ得られる)ので、あえて戦う意味はあまりありません。適当に避けつつ先に進みました。

遺跡第一階層



遺跡入り口の戦闘で、エロ攻撃で力を封じられ、ここからが探索本番です。いろいろバッドステータス食らったりして火力ダウンしましたが、なんとか勝利できました。なおエロ系状態異常に関して詳しくは付属の”システム説明”にあり、幻影は命中率が低下、でろでろは敏捷性が大幅に低下、と多彩です。


敵シンボルは、全体としてはそこまで多くはないですが、(Ver1.00では)場所によって↑のように密集している箇所があり、倒したあとに即また戦闘ということもありました。逃走コマンドは、結構な回数試したものの一度も成功せず。避けきれずに戦闘になった場合は、倒してしまった方が早いです。
(追記:Ver1.1[難易度イージー]でこの点は改善され、敵密集地帯はなくなってました。敵からの逃走も、イージーを選べばほぼ確実に逃げられます[やった範囲では失敗なし]。)


敵を倒したい場合は、スキル欄にある”魔力覚醒”を戦闘前に使っておくと、自動戦闘になり多少楽になります。解除したい場合は、再度使用すればOKです。


遺跡第一階層の敵はイソギンチャクのみでした。戦闘中エロは触手系で、裸黒ニーソとピンク髪がうまくマッチしてました。なおエロ攻撃を既に十分見たなどで飛ばしたい場合は、CTRLキーを押すことで早送りできます。

遺跡第二階層


第二階層はスライムがメインです。戦闘後の視界奪い(数十秒間視界が↑のように周囲1マスになる)がややうっとうしかったです(やった範囲では100%食らいました)。


スライムのエロは触手による催眠で、下着の中に手を突っ込んでオナニーし出します。なかなかレアなシチュでした。


各階にはワープポイント(白く光っている箇所)があり、調べておくと街と行き来できます。


回復は宿屋前のクリスタルを調べることでできました。宿屋ベッドでは回復はできないので注意です。

遺跡第三階層


ここは人間敵が相手で、一気に手強くなりました。LV42あたりで覚えるライトニングスコール(全体攻撃魔法)があると多少楽になります。



エロは押さえつけられてのレイプ系な絡みです。なおHPが0になると延々犯された(数ターン何もできないまま経過する)あと、諦めるを選ぶと宿屋で復活できます。



ストーリー進行的には、階段を降りたり登ったりしながら進み、


地下牢のようなところでカモメの鍵を入手したあと、


悪そうな魔術師の話を立ち聞きします。会話には主人公の話題も出てました。


カギは廃墟1Fの右手で使います。階段を降りたところで体験版は終了です(引き続きプレイ可能)。


ここまで進めると、街南の方の港にいる女(”好き”→”極めたい”と選択)が釣り竿をくれるようになり、


釣り竿があると2F右上で釣りができ、ステータスアップアイテムが釣れることがありました(ただ確率は低め)。

宿屋自室でオナニー



Ver1.00では何も起きなかった宿屋自室のベッドですが、Ver1.1でエロシーンが追加され、作成アイテムの”テンタクルゼラチン”を使ってオナニーすることができました。

“テンタクルゼラチン”の材料は魔淫片で、ザコ敵全般から手に入りました。B1Fの敵(アネモネ イソギンチャク状の敵)から手に入りましたので、そちらで集めると楽です(B2Fのスライムも落としますが、アネモネより強いほか、戦闘後の視界奪いもうっとうしく、戦闘繰り返しての素材集めには向いてません)。

感想まとめ

作品のウリの戦闘中エロは、しっかり手が込んでいていい出来になってました。敵の卑怯なエロ攻撃で苦しむ様子がうまく表現されており、絵も可愛くてよかったです。

戦闘については、Ver1.00だと、エロ攻撃をいろいろ食らってしまってなかなか倒せず逃げようとしても逃げられないという状況が発生しましたが、Ver1.1で追加されました難易度設定でイージーを選べば確実に逃げられ、こういった状況は回避できるようになりました。戦闘エロを十分見終わるなどして話を進めたい場合にサクサクと話を進められ、ありがたい改善です。

エロは戦闘中エロがメインでした。敵はおおむね各フロア1種類で、エロ内容は触手エロから催眠オナニー、人間によるレイプと、うまくバラエティーに富んだ内容になってました。他に宿屋のオナニーシーンもあり、魔物から得られた素材をうまく活用したシチュになってました。

マーレと黒き海の迷宮
マーレと黒き海の迷宮 [ゆめなまこん]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)